ビョーク cornucopia @東京ガーデンシアター

2023.04.01.Sat.21:28
3/31、今回のビョーク来日公演の後半というか第二部というか、2パターン目のライブ「コーニュコピア」に行ってきた。

テクノエレクトロニカ・サウンドとハープが心地良く鳴り響き、植物や菌類をモチーフとした映像がユートピアのような世界を紡ぎ出す。その中で今回も圧倒的なボーカルで存在感を放っている”唄うクリーチャー”ビョークの周りを、フルート楽団が演奏しながら妖精のように舞い踊るシアトリカルなステージ。
とにかくシンプルだった先日の「オーケストラル」とは対照的なライブだった。
最近のビョークの作品はアブストラクトというかアンビエントというか、聴いててちょっと飽きちゃう曲が多いが、そんな曲でも全く飽きさせなかった立役者がフルート・ダンサーズ(ヴィーブラというグループらしい)。個人的には途中からがそっち見るのが楽しくなってきて、ずっと目で追ってしまった笑
セトリでは「ペイガン・ポエトリー」が聴けてよかった。「イゾベル」はこの日もやってて2つのバージョンで聴けた。

_20191117_154810.jpg

FsjS_duaMAY_apI.jpg





2021ロサンジェルスの映像


追記:3/28東京公演の音源

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する