2015 J1チャンピオンシップ準決勝

2015.11.29.Sun.23:24
(11/28) @さいたま[埼玉スタジアム2002]
浦和 1-3(延長) G大阪
【得】47’今野泰幸、72’ズラタン、118’藤春廣輝、120+1’パトリック

激しい好ゲームだったな-。
ゴールデンタイムの放送じゃなかったのが残念に思えたほど。
夏場は仕方がないとしても、涼しい時期の上位対決はこの試合を標準にして欲しいもんだ。

同じ一発勝負の天皇杯でも、これほどの熱い試合はあまり記憶がない。
やっぱり、リーグタイトルの重みなんだろう。

まあでも、決勝点はJリーグ史上に残る珍プレーだった(笑
丹羽の苦し紛れのバックパスがミスとなり、GK東口の頭上を超えてゴールへ向かった時は、正直こんなのが決勝点になっちゃうの?と脱力しかけたが、東口が懸命に伸ばした脚にかろうじてボールがかすり、軌道が変わってポストに救われる奇跡。
でもって、ふつーはDFの動揺を抑えるためにGKはボールを保持して時間をかけ、落ち着かすものだが、なぜか東口は間髪入れずに前へフィードしてしまう。
ところが、これが逆にレッズの虚を突くカウンターに。遠藤のワンタッチの縦パスが見事だった。
そして、フィニッシュも藤春が右脚でボレーを決めてしまうという奇跡(とは言い過ぎか)。
もう一連のプレーには呆然とするしかなかった。

試合を分けたのは結局先制点だったな。
延長に入って両チームともかなり疲弊してたけど、特にレッズはビハインドを負ったことで先に2枚同時投入に踏み切ったことで、動けなくなった選手を替えることが出来なくなってしまってた。

あと、FC東京を逆転してガンバが3位に滑り込んだ時点で、なんかこうなる予感はしていた(笑

しかしレッズ、というよりペトロヴィッチはタイトルに届かないなあ。



(レッドダイヤモンズ) 監督/ペトロヴィッチ

李忠成
武藤雄樹      梅崎司
宇賀神友哉 阿部勇樹  柏木陽介  関根貴大
槙野智章  那須大亮  森脇良太
|西川周作|

63/梅崎司⇒ズラタン、那須大亮⇒青木拓矢
75/宇賀神友哉⇒平川忠亮

(ガンバ) 監督/長谷川健太

宇佐美貴史   パトリック
大森晃太郞        阿部浩之
遠藤保仁   今野泰幸
藤春廣輝  丹羽大輝  西野貴治 オ・ジェソク
|東口順昭|

72/宇佐美貴史⇒倉田秋
81/阿部浩之⇒米倉恒貴
Ex91/大森晃太郞⇒井手口陽介



関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する