2014 J1 最終節

2014.12.07.Sun.20:39
(12/6) @鳴門[鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム]
徳島(14) 0-0 (63)G大阪

というわけで、ワールドカップ中断時の14ポイント差をひっくり返すという史上最大の大逆転劇をガンバが成し遂げ、9年ぶり2度目の優勝を飾った。

とはいえ、ここまで追う側だったガンバが突然追われる側となったことでかなり重圧に苦しんでた。
すでに降格の決まったヴォルティスが何故これが今までできなかったのかという乾坤一擲の善戦を見せたことで大苦戦。
先制されてもおかしくない場面が何度もあった。

そして、さいたまではレッズが先制してたこともあり、何かが起こりそうな予感もあったが、元監督の率いるグランパスに救われる形になったな。
優勝を争う3チームが揃って勝利できないという、ちょっと消化不良な幕切れではあった。

これでガンバは国内3冠に「王手」。
相手がモンテディオだけに確実だろう。

ガンバ



(ヴォルティス) 監督/小林伸二

キム・ジョンミン
大崎淳矢                 衛藤裕
エステバン      濱田武
斉藤大介
那須川将大 橋内優也  福元洋平 藤原広太朗
|長谷川 徹|

67/衛藤裕⇒アレックス
75/キム・ジョンミン⇒高崎寛之

(ガンバ) 監督/長谷川健太

宇佐美貴史   パトリック
大森晃太郎              阿部浩之
遠藤保仁   今野泰幸
オ・ジェソク 岩下敬輔  丹羽大輝  米倉恒貴
|東口順昭|

HT/阿部浩之⇒倉田秋
63/米倉恒貴⇒藤春廣輝
81/大森晃太郎⇒リンス



@さいたま[埼玉スタジアム2002]
浦和(62) 1-2 (48)名古屋
【得】2槙野智章、72牟田雄祐、89永井謙佑

後半71分までは首位に返り咲いていたレッズだったが、結局自滅の逆転負け。
ヴォルティスのアシストを無にしてしまい、今季もまた無冠に終わった。

(レッドダイヤモンズ) 監督/ペトロヴィッチ

李忠成
 梅崎司     柏木陽介
宇賀神友弥 青木拓矢  阿部勇樹  平川忠亮
槙野智章  那須大亮  森脇良太
|西川周作|

65/宇賀神友弥⇒関根貴大
74/青木拓矢⇒マルシオ・リシャルデス
86/平川忠亮⇒鈴木啓太

(グランパス) 監督/西野朗

川又堅碁   永井謙佑
矢田旭                  小川佳純
ダニルソン   田口泰士
本多勇喜 田中・M・闘莉王 牟田雄祐  矢野貴章
|楢崎 正剛|

52/田中マルクス闘莉王⇒田鍋陵太
68/小川佳純⇒松田力
90+2/川又堅碁⇒中村直志



(その他)
アルディージャの残留力もついに尽きた

鹿島(60) 0-1 (60)鳥栖
新潟(44) 0-2 (60) 12/8開催
神戸(45) 1-2 (55)川崎
東京(48) 1-1 (51)横浜M
広島(50) 2-0 (38)仙台
清水(36) 0-0 (41)甲府
大宮(35) 2-0 (31)C大阪

1 (63) ガンバ大阪
2 (62) 浦和レッドダイヤモンズ
3 (60) 鹿島アントラーズ
4 (60) 柏レイソル
----------------ACL枠
5 (60) サガン鳥栖
6 (55) 川崎フロンターレ
7 (51) 横浜F・マリノス
8 (50) サンフレッチェ広島
9 (48) FC東京
10 (48) 名古屋グランパス
11 (45) ヴィッセル神戸
12 (44) アルビレックス新潟
13 (41) ヴァンフォーレ甲府
14 (38) ベガルタ仙台
15 (36) 清水エスパルス
----------------J1残留
16 (35) 大宮アルディージャ
17 (31) セレッソ大阪
18 (14) 徳島ヴォルティス


関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する