欧州CL13/14 ベスト16第2レグ:アトレティコ圧勝ベスト8

2014.03.12.Wed.18:34
(3/11) @マドリード[エスタディオ・ビセンテ・カルデロン]
アトレティコ・マドリード 4-1(Agg 5-1) ミラン
【得】3,85ジエゴ・コスタ、27カカ、40アルダ、71ラウル・ガルシア

ジエゴ・コスタのフライング・ボレーで早々に「2-0」にしたアトレティコだったが、合計180分の戦いでは2点差の危険度は2倍になる。
徐々にミランにペースを握られると、カカのヘッドで失点し「0.5点差」。つまり次の失点が逆転ゴールとなるアウェイゴールの怖さ。
心理的優勢を得たミランがさらに攻勢をかける。

が、そんな時間帯にポコッとゴールしちゃう今季のアトレティコの強さ。
アルダのミドルボレーはDFラミに当たるとGKアッビアーティの頭上を絶妙なループで抜いてしまった。

これで流れを取り戻したアトレティコは、FKからラウル・ガルシアのヘッドでとどめを刺すと、最後は再びジエゴ・コスタ。
終わってみれば合計5-1の圧勝で17年ぶりのベスト8を決めた。



(アトレティコ)

D・コスタ  
コケ      R・ガルシア    アルダ
M・スアレス    ガビ
フィリペ・L  ゴディン  ミランダ フアンフラン
|クルトワ|

72/ラウル・ガルシア⇒ソサ
78/アルダ⇒クリスティアン・ロドリゲス
82/コケ⇒ジエゴ

(ミラン)

バロテッリ
   カカ    ターラブト
エシアン            ポーリ
デ・ヨンク
エマニュエルソン ボネーラ ラミ     アバテ
|アッビアーティ|

46/ターラブト⇒ロビーニョ
68/エシアン⇒パッツィーニ
78/デ・ヨング⇒ムンタリ



3 ガビのクロスをD・コスタがボレーで決め「2-0」
    (4 R・ガルシア
    (7 ラミ 
9 FKからR・ガルシア? 右
16 バロテッリのFK 壁
24 アバテのクロスからバロテッリ GK
27 ポーリのクロスをカカがヘッドで決め「1-2」
36 ショートCKからカカがヘッド 上
40 アルダのミドルボレーがDFに当たって決まり「3-1」
42 フアンフランのクロスをR・ガルシアがオーバーヘッド 左
    (45+2 バロテッリ)・・・次戦出場停止

    (46 ターラブト⇒ロビーニョ)
46 ?のパスからD・コスタ 左
48 D・コスタのパスをガビ GKセーブ
60 バロテッリのFK 壁
62 D・コスタのクロスをミランダがヘッド GK
64 ?のクロスからR・ガルシア 上
67 ロビーニョのシュート? GKクリア
    (69 エッシェン⇒パッツィーニ)
69 ?のミドルをガビ 合わず
70 FKからR・ガルシアがヘッドで決め「4-1」
    (72 R・ガルシア⇒ソサ)
73 カカのクロスをロビーニョがボレー バー
    (74 ロビーニョ
    (78 アルダ⇒C・ロドリゲス)
    (78 デ・ヨンク⇒ムンタリ)
    (81 コケ⇒ジエゴ)
85 ソサのパスからD・コスタが決め「5-1」
86 ?のパスからパッツィーニ 上
関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する