FC2ブログ
前橋のほどよい郊外//興味のままに・・・で、チャンピオンズリーグ、Jリーグ、リーガ・エスパニョーラ・・・サッカー多し
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/03/26 (Sat) イラン戦を冷静に振り返る

忘れるとは言ったものの、やっぱり。

試合が始まって分かったのは、10万人の観衆だとか煽ってたほど、敵地の怖さがなかったことだ。イランが慎重に来たこともあり、なんだ、だいじょぶって感じだった。
実際、事故のような失点はあったものの、イランの攻撃は単独ドリブル頼み。厄介だったけど、危険なシーンは少なかったはず。

一方で、日本の攻撃も全く機能せず。特に、起点となるべき高原と玉田は見る影もなかった。
そして、こんな時に武器になってきたセットプレーも不発。特に、あれだけフィーチャーされてた三浦アツが一度もFKを蹴れないとは・・・。
いつもはダメFW扱いしてた、鈴木の芸術的ダイブが惜しまれる。ただ鈴木の場合、「鈴木がいればな~」より「こんな時にケガしやがって」になるから、あら不思議(笑)

ポイントはやっぱり、同点後だったなあ。イランが焦ってリズム崩してるの見て、こりゃ逆転できる!と思ったんだけど・・・。

1点を追う終盤は最悪だった。何にもできなかった。なんでドリブルで突っかけられる選手出さないんだ、本山とか!と思ったら、いなかったんだな、ベンチに・・・。

これで、バーレーン戦は「絶対に負けられない」よりさらに難しい「絶対に勝たねばならない」試合になった。
むこうには何人か欠場者が出そうだけど、日本の強行日程でチャラな感じ。何より、イランよりイヤなイメージが強い相手だ。

とにかく重要なのは引きずらないことだ。8年前のように。僕は引きずるけど(笑)



No.377-2/サッカー雑記
関連記事
スポンサーサイト

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


<<「晴ときどきカミナリ」と、脊山アナ | TOP | ザスパ4連敗・・・>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://9742.blog3.fc2.com/tb.php/231-dcb2aecc

| TOP |

PROFILE

ペンギンジャンプ

CALENDER

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ENTRIES

ONGAKU

ビョーク 「ポスト」 ドアーズ 「ウィンタータイム・ラヴ」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ 「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」 電気グルーヴ 「虹」
ビートルズ 「リボルバー」 チャラ  「あたしはここよ」
カヒミ・カリィ 「アイ・アム・ア・キトゥン」 ジミ・ヘンドリックス 「ブードゥー・チャイルド(スライト・リターン)」
ルー・リード 「トランスフォーマー」 椎名林檎 「無罪モラトリアム」
吉川晃司 「モダン・タイム」 矢野顕子 「峠のわが家」

[アーカイブス]
…けっこうな動画集になってしまった
    

Twilog

    

CATEGORY

ARCHIVES

SouthAfrica2010

   

EURO2008

予備サイト
[ENTER]

GERMANY2006

折角なのでしばらく残しとこ。



DENTAKU

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

Gallery

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

FC2カウンター

OTENKI

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。