前橋のほどよい郊外//興味のままに・・・で、チャンピオンズリーグ、Jリーグ、リーガ・エスパニョーラ・・・サッカー多し
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/03/30 (Sun) J1第5節

(3/28) @川崎[等々力陸上競技場]
川崎(7) 1-0 (9)名古屋
【得】68大久保嘉人

前節、多摩川クラシコに圧勝してようやく初勝利を挙げたフロンターレが、3連勝中のグランパスに快勝。
主力が多数抜けて不安視されたグランパスも、さすが西野監督というか、前半は互角に戦ってたが、やはり時間とともに完成度の差が出ていったな。

決勝点は中央での細かいパスワークから大久保。
開幕直後はなかなかチャンスに絡めてなかったが、今季も調子いいな。


(フロンターレ)

大久保嘉人   小林悠
レナト              森谷賢太
中村憲剛   大島僚太
谷口彰悟   ジェシ  井川祐輔  田中裕介
|西部洋介|

90+3/レナト⇒中澤聡太

(グランパス)

ケネディ   玉田圭司
小川佳純               枝村匠馬
ダニルソン   磯村亮太
本多勇喜 田中・M・闘莉王 大武峻  牟田雄祐
|楢崎正剛|

69/枝村匠馬
80/玉田圭司⇒松田力、牟田雄祐⇒田口泰士




(3/29) @神戸[ノエビア・スタジアム神戸]
神戸(8) 3-1 (7)浦和
【得】35梅崎司、60,78ペドロ・ジュニオール、90+1マルキーニョス

11のサポーターグループの解散を発表した浦和。
でも、テレビで見てる分にはあまり変わらなかったな。弾幕も試合中は画面の背景や端に写るくらいなものだし。

宇賀神のクロスを梅崎が鮮やかにボレーで決めて浦和が先制したが、後半に神戸が猛反撃。
そしてペドロ・ジュニオールが森脇からインターセプトしてそのまま決めて同点に追いつく。
この後は再び拮抗した展開となったが、浦和に再び大きなミス。
DFラインでのもたもたした繋ぎを奪われるとまたもペドロ・ジュニオールが決めて神戸が逆転してしまった。
去年も浦和はこんな失点を繰り返してた印象だったが。
結局、ロスタイムにカウンターから神戸がトドメ。逆転勝利した。


(ヴィッセル)

マルキーニョス 
P・ジュニオール 森岡亮太  小川慶治朗
シンプリシオ  チョン・ウヨン
相馬崇人  増川隆洋  岩波拓也  高崎峻希
|山本海人|

86/相馬崇人⇒橋本英郎、高橋峻太⇒河本裕之
88/森岡亮太⇒田中英雄

(レッドダイヤモンズ)

興梠慎三
原口元気      梅崎司
宇賀神友弥 阿部勇樹  鈴木啓太  平川忠亮
槙野智章 那須大亮 森脇良太
|西川周作|

63/平川忠亮⇒李忠成
76/梅崎司⇒関根貴大
80/鈴木啓太⇒山田直輝



(その他)
横浜M(9) 1-3 (12)鹿島
C大阪(10) 0-0 (8)新潟
広島(10) 3-1 (0)徳島
鳥栖(9) 2-0 G大阪
柏(6) 2-2 (7)大宮
仙台(2) 1-1 (6)甲府
清水(4) 1-3 (5)東京

スポンサーサイト

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/30 (Sun) リーガ13/14 第31節

(3/29) @ビルバオ[エスタディオ・サン・マメス・バリア]
ビルバオ(56) 1-2 (76)アトレティコ・マドリード
【得】6ムニアイン、22ジエゴ・コスタ、55コケ

いきなりムニアインのゴールでビルバオが先制したが、アトレチコもコケの見事なインターセプトから前半のうちに追いつく。
そして後半、フィリペのクロスをコケがヘッドでねじ込んで、結局逆転勝利。
まずは大きな関門を突破した。


(ビルバオ)

アドゥリス
ムニアイン  デ・マルコス   スサエタ
   M・リコ   イトゥラスペ
バレンシアガ ラポルト  S・ホセ   イラオラ
|イライソス|

72/スサエタ⇒ギジェルモ
78/デ・マルコス⇒トケーロ
81/ミケル・リコ⇒ベニャ
[退場]86ラポルト

(アトレティコ)

  D・コスタ   R・ガルシア
コケ                   J・ソサ
M・スアレス    ガビ
フィリペ・L   ゴディン  ミランダ  フアンフラン
|クルトワ|

57/ホセ・ソサ⇒アルダ
83/ラウル・ガルシア⇒クリスティアン・ロドリゲス
90+1/ジエゴ・コスタ⇒ビジャ



@バルセロナ[エスタディオ・コルネジャ・エル・プラト]
エスパニョール(40) 0-1 (75)バルセロナ
【得】77メッシ

前節ビクトル・バルデスを今期絶望の重症で失ったバルサ。
こちらも嫌なタイミングでのバルセロナ・ダービー。
特に後半はエスパニョールのペースで進んでいたが、そんな中バルサはハンドでPKを得る幸運。
こちらも貴重な勝利を得た。
ビクトル・バルデス激励ユニ

(エスパニョール)

S・ガルシア
シモン      ピッツィ  ストゥアーニ
V・サンチェス  D・ロペス
フエンテス  H・モレノ  コロット   J・ロペス
|カシージャ|

48/エクトル・モレノ⇒シジネイ
65/ピッツィ⇒アレックス・フェルナンデス
78/シモン⇒ジョン・コルドバ
[退場]83カシージャ

(バルセロナ)

メッシ
ネイマール               ペドロ
セスク    シャビ
S・ブスケツ
J・アルバ マスチェラーノ  ピケ D・アウヴェス
|ピント|

78/ペドロ⇒イニエスタ
81/ネイマール⇒アレクシス・サンチェス
90/セスク⇒セルジ・ロベルト



(その他)
R・マドリード(73) 5-0 (30)ラージョ
セルタ(36) 1-0 (50)セビージャ
オサスナ(30) 1-1 (50)R・ソシエダ
ビジャレアル(49) 1-1 (32)エルチェ
バレンシア(40) 1-3 (31)ヘタフェ
グラナダ(34) 0-2 (40)レバンテ
ベティス(22) 1-2 (35)マラガ
バジャドリード(30) 1-0 (30)アルメリア

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/27 (Thu) リーガ13/14 第30節

(3/26) @セビリア[エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスファン]
セビージャ(50) 2-1 (70)レアル・マドリード
【得】15クリスティアーノ・ロナウド、19,72バッカ

このタイミングで好調セビージャとのサンチェス・ピスファンというのは、レアルでもさすがにきつかったな。

それでもクリロナのFKで先制するなど前半は一方的に攻めていたが、ワンチャンスで追いつかれたのが痛かった。
後半になると、守備を修正したセビージャを攻めあぐみ、ラキティッチのスーパープレイからセビージャがついに逆転。
結局、このまま手痛い連敗。
優勝最右翼からあっという間に3位に転落してしまった。

セビジスタ

(セビージャ)

バッカ
レジェス   ラキティッチ    マリン
エムビア   イボーラ
A・モレーノ  ファシオ  パレハ      コケ
|べト|

71/マリン⇒ビトーロ
75/レジェス⇒フェルナンド・ナバーロ
83/バッカ⇒ガメイロ

(マドリード)

ベンぜマ
C・ロナウド              べイル
イジャラメンディ  モドリッチ
X・アロンソ
マルセロ    ぺぺ   ヴァラン  カルバハル
|D・ロペス|

67/イジャラメンディ⇒イスコ
90/モドリッチ⇒モラタ



(その他)
A・マドリード(73) 1-0 (34)グラナダ
バルセロナ(72) 3-0 (33)セルタ
エルチェ(31) 0-0 (56)A・ビルバオ
R・ソシエダ(49) 1-0 (27)バジャドリード
ヘタフェ(28) 0-1 (48)ビジャレアル
マラガ(32) 1-2 (40)エスパニョール
アルメリア(30) 2-2 (40)バレンシア
レバンテ(37) 1-3 (22)ベティス
ラージョ(33) 1-0 (29)オサスナ





リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/25 (Tue) リーガ13/14 第29節

(3/23) @マドリード[エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ]
レアル・マドリード(70) 3ー4 (69)バルセロナ
【得】7イニエスタ、20,24ベンゼマ、42,65,84メッシ、55クリスティアーノ・ロナウド

チーム状況的にレアルが有利と思ってたけど、そうはならないのがクラシコ。
イニエスタのゴールでバルサが先制すると、レアルは2度のディ・マリア→ベンゼマで逆転に成功。
しかしバルサもメッシで前半のうちに同点。
と、前半からスペクタクルな展開となる。

しかし後半はちょっとガッカリ。
クリロナの幸運なPKに始まり、セルヒオ・ラモス退場&メッシPK、さらにメッシの決勝PKのPKづくしで終わってしまった。
バルサが勝ったことで三つ巴の優勝争いが続くことになったからまあいいか。

liga131429.jpg


(マドリード)

ベンゼマ
C・ロナウド          ベイル
ディ・マリア  モドリッチ
X・アロンソ
マルセロ  S・ラモス  ぺぺ  カルバハル
|D・ロペス|

[退場]63セルヒオ・ラモス
66/ベンゼマ→ヴァラン
90/モドリッチ→モラタ

(バルセロナ)

メッシ
イニエスタ          ネイマール
セスク    シャビ
S・ブスケツ
J・アルバ  ピケ マスチェラーノ D・アウヴェス
|V・バルデス|

68/ネイマール→ペドロ
78/セスク→アレクシス・サンチェス



(その他)
ベティス(19) 0-2 (70)A・マドリード
A・ビルバオ(55) 1-0 (28)ヘタフェ
オサス(29)ナ 1-2 (47)セビージャ
アルメリア(29) 4-3 (46)R・ソシエダ
バレンシア(39) 2-1 (45)ビジャレアル
エスパニョール(37) 0-0 (37)レバンテ
グラナダ(34) 1-0 (30)エルチェ
セルタ(33) 0-2 (32)マラガ
バジャドリード(27) 1-1 (30)ラージョ

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/24 (Mon) 2014 J1第4節

(3/23) @埼玉[埼玉スタジアム2002]
浦和(7) 1-1 (4)清水
【得】19長澤駿、76原口元気

Jリーグ史上初の無観客試合ということで、上空を舞うヘリ含めいつもは来ないようなマスコミ連中がさいスタに大挙集結。
ニュースでもスポーツコーナーではなく、ヘッドラインで扱われたな。
まあ僕はテレビ観戦なので、過去に何度か見た無観客試合と同じで、ほぼ予想範囲内の雰囲気ではあった。

試合の方は、序盤ペースを握った清水がCKから長澤のJ1初ゴールで先制。
しかし後半、浦和が李の捨て身のタックルもあって、原口が同点ゴール。
ドローで終わった。


無観客

(レッドダイヤモンズ)

興梠慎三
原口元気       梅崎司
宇賀神友弥 柏木陽介  鈴木啓太  平川忠亮
槙野智章 那須大亮 阿部勇樹
|西川周作|

HT/梅崎司⇒永田充、平川忠亮⇒関根貴大
64/宇賀神友弥⇒李忠成

(エスパルス)

ノヴァコヴィッチ
河井陽介     長澤駿    大前元紀
六平光成   竹内涼
吉田豊 C・ヨン=ア=ピン 平川康裕  石毛秀樹
|櫛引政敏|

65/竹内涼⇒杉山浩太
69/石毛秀樹⇒本田拓也
86/長澤駿⇒高木俊幸




@鹿嶋[カシマ・サッカー・スタジアム]
鹿島(9) 0-2 (9)C大阪
【得】19長谷川アーリアジャスール、86フォルラン

ついフォルランがJリーグ初ゴール!
柿谷と長谷川のワンツーが見事だったな。

セレッソが敵地でアントラーズに快勝。アントラーズの連勝を止めた。

フォルラン


(アントラーズ)

ダヴィ
豊川雄太   土居聖真    遠藤康
小笠原満男   柴崎岳
山本脩斗   昌子源  青木剛   伊東幸敏
|曽ヶ端準|

HT/豊川雄太⇒ジャイール、土居聖真⇒本山雅志
75/ダヴィ⇒カイオ

(セレッソ)

フォルラン
南野拓実   柿谷曜一朗   杉本健勇
長谷川アーリアジャスール  山口蛍
丸橋祐介  山下達也  G・カチャル 酒本憲幸
|キム・ジンヒョン|

71/南野拓実⇒扇原貴宏
89/フォルラン⇒永井龍
90+1/長谷川アーリアジャスール⇒ミッチ・ニコルズ




(その他)
マリノスも負けて無敗がいなくなった。

甲府(5) 1-0 (9)横浜M
名古屋(9) 2-1 (5)神戸
新潟(7) 1-0 (6)鳥栖
G大阪(5) 1-1 (7)広島
大宮(6) 4-0 (1)仙台
徳島(0) 0-2 (5)
東京(2) 0-4 (4)川崎

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/23 (Sun) 2014 J2第4節

(3/22) @宇都宮[栃木県グリーン・スタジアム]
栃木(8) 3-0 (6)ザスパクサツ
【得】66、78瀬沼優司、76大久保哲哉

たしか去年もここでは0-3で負けてたな。
全く成長のないザスパクサツであった。
この結果を引きすらないことが重要だけど、エデルの怪我は大きく響きそうだ。

(SC)

大久保哲哉   瀬沼優司
近藤祐介            廣瀬浩二
小野寺達也  湯澤洋介
イ・ミンス  ドゥドゥ  赤井秀行  山形辰徳
|鈴木智幸|

75/廣瀬浩二⇒永芳卓磨
80/湯澤洋介⇒久木野聡
87/近藤祐介⇒鈴木隆雅

(群馬)

 エデル   平繁龍一
永田亮太    小林竜樹
瀬川和樹     加藤弘堅     夛田凌輔
小柳達司 クォン・ハンジン  黄誠秀
|北一真|

22/エデル⇒青木孝太
70/小林竜樹⇒宮崎泰右、黄誠秀⇒坂井洋平




(その他)
岐阜(6) 2-3 (12)湘南
讃岐(0) 0-5 (10)松本
横浜(8) 2-1 (4)山形
磐田(7) 3-3 (5)福岡
札幌(7) 3-0 (3)北九州
富山(1) 1-2 (7)京都
熊本(4) 1-1 (7)大分
長崎(7) 2-1 (4)千葉
水戸(5) 0-1 (4)岡山
愛媛(5) 2-1 (1)東京V

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/21 (Fri) ==

テレビ | trackback(0) |


2014/03/18 (Tue) リーガ13/14 第28節

(3/16) @マラガ[エスタディオ・シウダ・デ・バレンシア]
マラガ(29) 0-1  (70)レアル・マドリード
【得】23クリスティアーノ・ロナウド

苦戦を制し、バルサと差をキープしたままクラシコへ。



(マラガ)

S・クルス
アムラバト    ドゥダ    サムエル
ティッソーネ  カマーチョ
アントゥネス V・ルイス S・サンチェス アンヘレリ
|カバジェロ|

68/サムエル⇒ヤコヴェンコ、ティッソーネ⇒ポルティージョ
86/アンヘレリ⇒エル・ハムダウィ

(マドリード)

ベンゼマ
C・ロナウド            ベイル
  イスコ    モドリッチ
X・アロンソ
マルセロ   ヴァラン   ぺぺ   カルバハル
|D・ロペス|

31/ベンゼマ→イスコ
63/イスコ⇒へセ
90/モドリッチ⇒イジャラメンディ



(その他)
A・マドリード(67) 1-0 (36)エスパニョール
バルセロナ(66) 7-0 (29)オサスナ
ビジャレアル(44) (51)ビルバオ
R・ソシエダ(46) 1-0 (36)バレンシア
セビージャ(44) 4-1 (26)バジャドリード
レバンテ(36) 0-1 (33)セルタ
ヘタフェ(28) 3-3 (31)グラナダ
エルチェ(30) 0-0 (19)ベティス
ラージョ(29) 3-1 (26)アルメリア

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/17 (Mon) 2014 J2第3節

(3/16) @岡山[kankoスタジアム]
岡山(1) 1-2 (6)ザスパクサツ
【得】49夛田凌輔、57平繁龍一、88林容平

開幕2試合ともイマイチだっただけに心配してたが、前半はなんか意外と拮抗した試合。
言ってしまえば両チームとも攻撃が低調だったわけだが、アウェイのザスパクサツとしては悪くない展開で、むしろファジアーノの精彩の無さが目立った。
なるほどまだ未勝利なわけだ。低調だろうがなんだろうが1勝しとくのは重要だな。

で、後半早々に流れを決定づける先制点。
エリア内にいた永田からのリターンパスを受けた夛田の左足ミドルが鮮やかに決まった。
これでリズムを掴んだザスパクサツはさらに、瀬川のクロスを平繁がニアでヘッドで合わせ追加点。

ファジアーノに全くゴールの気配がないことからこれでまあ勝ったなという感じだったが、そんな中でも終了間際に失点して最後はヒヤリとさせられ、すんなり終わらせてくれよ(笑)
それでもなんとか逃げ切って、まさかの2連勝!7位!
不思議な勝利の後の快勝、このまま波に乗ってほしいな。

岡山名物みさっきー
みさっきー
みさっきー

(ファジアーノ)

押谷祐樹
荒田智之   妹尾隆佑
田所諒    仙石廉  千明聖典  石原崇兆 
植田龍仁朗 竹田忠嗣  近藤徹志
|中林洋次|

HT/荒田智之⇒久保裕一
66/妹尾隆佑⇒林容平
79/仙石廉⇒久木田紳吾

(群馬)

 エデル   平繁龍一
永田亮太   小林竜樹
瀬川和樹    加藤弘堅    夛田凌輔
小柳達司 クォン・ハンジン  黄誠秀
|北一真|

74/平繁龍一⇒宮崎泰右
83/小林竜樹⇒横山翔平、永田亮太⇒青木孝太




(その他)
湘南(9) 2-0 (4)札幌
松本(7) 0-0 (4)長崎
磐田(6) 3-1 (3)熊本
山形(4) 3-1 (6)岐阜
北九州(3) 1-0 (6)水戸
大分(6) 1-0 (0)讃岐
京都(4) 0-0 (5)栃木
富山(1) 1-2 横浜
福岡(4) 1-1 (2)愛媛
東京V(1) 1-1 (4)千葉


◆J3情報

町田の後援会マネージャーがネット上で人気に
町田後援会マネージャー




Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/16 (Sun) 2014 J1第3節

「JAPANESE ONLY」問題は浦和がサポーターを特定し事情聴取。
「海外の人が増えて応援の統制が取りづらくなった」とか「ゴール裏は聖地」とかマヌケなことを話してたらしい。
その言葉を信じれば、噂されてた李忠成および韓国を標的としたものではないようだが、一方でそのサポーターは韓国嫌いで有名だとかネットでは報じられているのが気になる。

そして、Jリーグが下した裁定は3/23開催の浦和vs清水戦の無観客試合。また浦和は、今回の騒動を起こしたサポーターグループの無期限入場禁止、サポーターの横断幕などの掲示禁止という処分を自主的に下した。

元々アンチが多いクラブなので「甘い」とかいう声も挙がってるが、新たに設けられた厳罰を下された時点で充分重い処分だろな。
まあ日本代表や欧州CLで無観客試合というのを何度か見て、そのつまらなさは知ってるだけに、僕もできれば無観客試合はやめて欲しいなあと思ってたが。

にしても、Jリーグのトップが迷走してる時に、サポーターの方まで自爆してどうすんだよ(怒)


(3/15) @広島[エディオン・スタジアム広島]
広島(6) 0-2 (6)浦和
【得】42興梠有三、90+1原口元気

サンフレッチェ色をさらに強めたレッズが王者サンフレッチェに挑むというだけで注目だったカードは、今回のレッズの一件で余計に注目を浴びる事になった。

慎重な試合運びのサンフレッチェが前半終了間際に失点て流れは前節フロンターレ戦と全く同じで、前節は見事に逆転勝利を収めたが、柳の下になんちゃら、そううまいことは行かなかったな。

CKから興梠のヘッドで先制したレッズは、終了間際に原口が鮮やかに試合を決めるゴール。
すでに交代していた森脇がユニフォームを脱いで原口に駆け寄り、2度目に警告でレッドカードという爆笑オチ付きだった。



(サンフレッチェ)

佐藤寿人
野津田岳人   石原直樹
山岸智   森崎和幸  青山敏弘  ミキッチ
水本裕貴 千葉和彦  塩谷司
|林卓人|

69/佐藤寿人⇒浅野拓磨、野津田岳人⇒高萩洋次郎
87/山岸智⇒パク・ヒョンジン

(レッドダイヤモンズ)

興梠慎三
原口元気       柏木陽介
宇賀神友弥 鈴木啓太  阿部勇樹  平川忠亮
槙野智章 那須大亮 森脇良太
|西川周作|

79/興梠慎三⇒李忠成
82/柏木陽介⇒梅崎司
90/森脇良太⇒坪井慶介
[退席]90+1森脇良太




@大阪[ヤンマー・スタジアム長居]
C大阪(6) 4-1 (3)清水
【得】15丸橋祐介、23大前元紀、32山下達也、87ゴイコ・カチャル、90+4杉本健勇

今節もフォルランの初ゴールは見れず。
先にカチャルが初ゴール決めちゃったり最後にCFに回った杉本が決めちゃったりと、なんか巡り合わせも悪いな。
にしても、南野がイニエスタに見える瞬間があった。



(セレッソ)

 フォルラン  柿谷曜一朗
南野拓実              杉本健勇
長谷川アーリアジャスール  山口蛍    .
丸橋祐介  山下達也  G・カチャル  酒本憲幸
|キム・ジンヒョン|

78/フォルラン⇒扇原貴宏
89/南野拓実⇒楠神順平
90/柿谷曜一朗⇒ミッチ・ニコルス

(エスパルス)

ノヴァコヴィッチ
大前元紀     竹内涼     高木俊幸
C・ヨン=ア=ピン   村松大輔
河井陽介  平岡康裕  ヤコヴィッチ 石毛秀樹
|相澤貴志|

58/高木俊幸⇒村田和哉
75/竹内涼⇒長沢駿
85/村松大輔⇒六平光成




(その他)
鳥栖(6) 0-3 (9)鹿島
横浜M(9) 3-0 (0)徳島
柏(2) 0-1 (6)名古屋
神戸(2)(5) 2-1 (2)東京
仙台(1)0-0 (4)G大阪
甲府(2) 1-1 (4)新潟
川崎(1) 3-4 (3)大宮


第2節分ゴール集

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/13 (Thu) 欧州CL13/14 ベスト16第2レグ:バルサ、危なげなく

(3/12) @バルセロナ[カンプ・ノウ]
バルセロナ 2-1(Agg 4-1) マンチェスター・シティ
【得】67メッシ、89コンパニ、90+1ダニエウ・アウヴェス


開始早々のメッシがエリア内で倒されたプレーを見逃されたことで、勝負の決着を後半のメッシのゴールまで待たなくてはならなかったバルサ。
最後はダニエウ・アウヴェスのゴールで、この試合もきっちり勝利した。

シティは早くUEFAポイント稼いでグループリーグで第1シードにならなくちゃね。
来季はどうなんだろう?



(バルセロナ)

メッシ
イニエスタ           ネイマール
セスク     シャビ
ブスケツ
J・アルバ マスチェラーノ ピケ D・アウヴェス
|V・バルデス|

80/ネイマール⇒サンチェス
86/セスク⇒セルジ・ロベルト

(シティ)

アグエロ
ミルナー     シルバ      ナスリ
      トゥレ   フェルナンジーニョ
コラロフ   レスコット  コンパニ  サバレタ
|ハート|

46/アグエロ⇒ジェコ
72/シルバ⇒ネグレド
75/ナスリ⇒ヘスス・ナバス
[退場]78サバレタ

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/12 (Wed) 欧州CL13/14 ベスト16第2レグ:アトレティコ圧勝ベスト8

(3/11) @マドリード[エスタディオ・ビセンテ・カルデロン]
アトレティコ・マドリード 4-1(Agg 5-1) ミラン
【得】3,85ジエゴ・コスタ、27カカ、40アルダ、71ラウル・ガルシア

ジエゴ・コスタのフライング・ボレーで早々に「2-0」にしたアトレティコだったが、合計180分の戦いでは2点差の危険度は2倍になる。
徐々にミランにペースを握られると、カカのヘッドで失点し「0.5点差」。つまり次の失点が逆転ゴールとなるアウェイゴールの怖さ。
心理的優勢を得たミランがさらに攻勢をかける。

が、そんな時間帯にポコッとゴールしちゃう今季のアトレティコの強さ。
アルダのミドルボレーはDFラミに当たるとGKアッビアーティの頭上を絶妙なループで抜いてしまった。

これで流れを取り戻したアトレティコは、FKからラウル・ガルシアのヘッドでとどめを刺すと、最後は再びジエゴ・コスタ。
終わってみれば合計5-1の圧勝で17年ぶりのベスト8を決めた。



(アトレティコ)

D・コスタ  
コケ      R・ガルシア    アルダ
M・スアレス    ガビ
フィリペ・L  ゴディン  ミランダ フアンフラン
|クルトワ|

72/ラウル・ガルシア⇒ソサ
78/アルダ⇒クリスティアン・ロドリゲス
82/コケ⇒ジエゴ

(ミラン)

バロテッリ
   カカ    ターラブト
エシアン            ポーリ
デ・ヨンク
エマニュエルソン ボネーラ ラミ     アバテ
|アッビアーティ|

46/ターラブト⇒ロビーニョ
68/エシアン⇒パッツィーニ
78/デ・ヨング⇒ムンタリ



欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/11 (Tue) リーガ13/14 第27節

(3/9) @バジャドリード[エスタディオ・ホセ・ソリージャ]
バジャドリード(26) 1ー0 (61)バルセロナ
【得】17ロッシ

バルサ、よもやの敗戦で優勝争いから一歩後退。

(バジャドリード)

マヌーショ   J・ゲラ
ベルグディシュ          ロッシ
  A・ルビオ  M・バリエンテ
ペーニャ ミトロウ゛ィッチ J・ルエダ ルカヴィナ
|マリーニョ|

59/マルク・バリエンテ→サストレ
65/マヌーショ→オスカル
72/ベルグディシュ→ラマ

(バルセロナ)

メッシ
ペドロ          A・サンチェス
セスク    シャビ
S・ブスケツ
アドリアーノ マスチェラーノ ピケ D・アウヴェス
|V・バルデス|

61/セスク→アレクシス・サンチェス
72/ピケ→セルジ・ロベルト
74/ネイマール→テージョ



(その他)
R・マドリード(67) 3ー0 (36)レバンテ
セルタ (30)0-2 (64)A・マドリード
バレンシア(36) 1-1 (51)A・ビルバオ
グラナダ(30) 2-0 (44)ビジャレアル
R・ソシエダ(43) 2-3 (26)ラージョ
アルメリア(26) 1-3 (41)セビージャ
エスパニョール(36) 3-1 (29)エルチェ
オサスナ(29) 0-2 (29)マラガ
ベティス(18) 2-0 (27)ヘタフェ

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/10 (Mon) 2014 J2第2節

(3/9) @前橋[正田醤油スタジアム群馬]
ザスパクサツ(3) 1-0 (0)東京V
【得】3平繁龍一

ついにオーロラにジョンが正田醤油スタジアムに!
オーロラビジョン

リプレーなんかも流れるらしくて、これは現地に行ったら感動するだろうな。
さらにスタジアムも改修工事が終わって、J1ライセンス規格になった。

・・・なんて良い話ばかりじゃなく、Jリーグが経営の調査に入るとかいうニュースが、退会の危機なんて煽り見出しとともにヤフーのトップに出てたりして。
その改善策の最初が募金らしい。


試合の方は、開始早々にCKから幸先良く先制。
しかしその後はヴェルディの反撃に遭い、何度ポストやクロスバーに助けられたか。
4~5回はあったか。
それでも今の段階では結果が重要。
なんとか逃げ切って今季初勝利を挙げた。

同じように経営難で有望な若手さえ放出し、若い選手ばかりのヴェルディにこんなに劣勢ってのはちょっとまずいな。
というか、まだ若い選手がJ2レベルに馴れる前にヴェルディと当たれたのは幸運だった。

(群馬)

 エデル    平繁龍一
宮崎泰右    小林竜樹
瀬川和樹     加藤弘堅     夛田凌輔
小柳達司 クォン・ハンジン  黄誠秀
|北一真|

79/宮崎泰右⇒永田亮太
85/小林竜樹⇒青木孝太
89/夛田凌輔⇒久富良輔

(ヴェルディ)

平本一樹   常盤聡
高木大輔              前田直輝
姜成浩   田村直也
舘野俊祐   金鐘必  吉野恭平  安西幸輝
|佐藤優也|

HT/舘野俊祐⇒楠美圭史
84/高木大輔⇒菅嶋弘希、前田直輝⇒中後雅喜



(その他)
岐阜(6) 3-0 (1)富山
長崎(3) 0-3 (6)湘南
愛媛(1) 0-2 (6)水戸
熊本(3) 0-1 (6)松本
栃木(4) 1-1 (2)横浜
札幌 (4)1-1 (1)山形
讃岐(0) 1-4 (3)磐田
福岡(3) 1-0 (3)京都
大分(3) 1-0 (0)北九州
千葉(3) 1-0 (1)岡山


■明治安田生命J3開幕!

これでついにJリーグ・クラブは51クラブまで来たのか、感慨深いな。
この日はスカパーで琉球vsU-22選抜の試合を生中継していたが、前にニコ生で琉球の試合をやってた時は金子達仁(クラブのアドバイザーだっけ)が思いっきり琉球に特化した解説してて面白かっただけに、ふつーの実況・解説になって残念。

相模原(0) 0-4 (3)金沢
町田(3) 3-0 (0)藤枝
琉球(3) 3-0 (0)J22選抜
長野(3) 1-0 (0)福島
YS横浜(1) 1-1 (1)秋田
鳥取(1) 0-0 (1)盛岡

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/09 (Sun) 2014 J1第2節

寿人のスーパゴールも柿谷の凱旋も、今節は浦和サポの「JAPANESE ONLY」で吹っ飛んでしまったな。
当事者の言い分も含めて今後の展開がどうなるか。


(3/8) @広島[エディオン・スタジアム広島]
広島(6) 2-1 (1)川崎
【得】45+2小林悠、57佐藤寿人、90+5塩谷司

ホーム開幕戦ながら前半は守備的だったサンフレッチェ。
しかし前半ロスタイムの小林のボレーでフロンターレに先制を許し、罰が当たった感じ。

しかし後半はほぼ一方的なサンフレッチェの攻勢。
やればできるんだな。
そして寿人の同点ゴールは、またもスーパー。
ノールック反転ボレーループシュートは、風の影響も受けて計ったようにゴール右上隅に吸い込まれたのだった。

そしてドローかと思われた後半ロスタイム、塩谷が強烈なFKを叩き込んで逆転勝利。
なんだかんだで勝ってしまうサンフレッチェに王者の風格を感じた一戦だった。



(サンフレッチェ)

佐藤寿人
野津田岳人     石原直樹
山岸智   森崎和幸  青山敏弘  ミキッチ
水本裕貴 千葉和彦  塩谷司
|林卓人|

63/森崎和幸⇒柴崎晃誠
72/野津田岳人⇒高萩洋次郎
78/佐藤寿人⇒浅野拓磨

(フロンターレ)

大久保嘉人
レナト     中村憲剛      小林悠
山本真希   稲本潤一
登里享平  井川祐輔  ジェシ   田中裕介
|西部洋平|

64/稲本潤一⇒パウリーニョ
[退場]90+2ジェシ
90+4/レナト⇒中澤聡太
90+6/山本真希⇒森島康仁




@鳴門[鳴門・大塚スポーツパークポカリスウェット・スタジアム]
徳島(0) 0-2 (3)C大阪
【得】10山口蛍、13OG(千代反田充)

ヴォルティスJ1での初ホーム戦、そして徳島で更正(笑)し、今や時の人となった柿谷の「凱旋」も重なり注目された一戦。
体調不良で代表を辞退した柿谷も無事先発した。

が、分かっちゃいたけど、ヴォルティスはかなりきついな。
山口のFKで先制されると、さらに丸橋の突破を許してのオウンゴールであっという間に2失点。
その後もセレッソのパス回しに全く付いていけなかった。

後半になってようやくペースを掴んだが、セレッソの方もまだまだ低調だったこともあったし。

柿谷が自費で徳島新聞に感謝の広告を出したとか
徳島新聞

(ヴォルティス)

 津田知宏   ドウグラス
大崎淳矢              衛藤裕
斉藤大介   濱田武   
アレックス 千代反田充 橋内優也  小暮大器
|松井謙哉|

HT/小暮大器⇒福元洋平
68/衛藤裕⇒那須川将大
78/津田知宏⇒クレイトン・ドミンゲス

(セレッソ)

 杉本健勇   柿谷曜一朗
南野拓実    長谷川アーリアジャスール
扇原貴宏   山口蛍
丸橋祐介  山下達也 G・カチャル 新井場徹
|キム・ジンヒョン|

64/南野拓実⇒フォルラン
74/柿谷曜一朗⇒楠神順平
89/杉本健勇⇒永井龍



(その他)
鹿島(6) 2-0 (0)仙台
浦和(3) 0-1 (6)鳥栖
清水(3) 0-1 (6)横浜M
新潟(3) 0-2 (6)G大阪
大宮(0) 1-2 (3)名古屋
神戸(2) 1-1 (2)柏
東京(2) 1-1 (1)甲府

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/04 (Tue) リーガ13/14 第26節

(3/2) @マドリード[エスタディオ・ビセンテ・カルデロン]
アトレティコ・マドリード(61) 2ー2 (64)レアル・マドリード
【得】3ベンゼマ、28コケ、 45+1ガビ、72クリスティアーノ・ロナウド

今回ほどハイレベルで拮抗し激しかったマドリードダービーは初めて見たかもしれないなー。

ショートCKからベンゼマが決めてレアルが先制し、今回はやはりここへ来て好調なレアルかと思いきや、アトレティコもアルダのパスからコケが決めて追いつくと、前半ロスタイムにはガビがブレ球ミドルを叩き込み逆転。
しかし後半、カルバハルのパスからクリロナが同点弾。
激闘はドローに終わった。
アトレティ

(アトレティコ)

D・コスタ
アルダ   R・ガルシア    コケ
M・スアレス   ガビ  
フィリペ・L ゴディン ミランダ フアンフラン
|クルトワ|

73/アルダ→クリスティアン・ロドリゲス

(レアル)

ベンゼマ
C・ロナウド          ベイル
ディ・マリア   モドリッチ
X・アロンソ
コエントラン S・ラモス  ペペ  アルベロア
|D・ロペス|

59/コエントラン→マルセロ
71/アルベロア→カルバハル
72/ディ・マリア→イスコ



(その他)
バルセロナ(61) 4-1 (26)アルメリア
A・ビルバオ(50) 4-0 (27)グラナダ
ビジャレアル(44) 1-1 (15)ベティス
セビージャ(38) 1-0 (43)R・ソシエダ
レバンテ(36) 2-0 (29)オサスナ
ラージョ(23) 1-0 (35)バレンシア
ヘタフェ(27) 0-0 (33)エスパニョール
エルチェ(29) 1-0 (30)セルタ
マラガ(26) 1-1 (23)バジャドリード

 

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/03 (Mon) 2014J2開幕戦

(3/3) @長崎[長崎県立総合運動公園陸上競技場]
長崎(3) 2-0 (0)ザスパクサツ
【得】12東浩史、71野田紘史

スコッド的は昨季のメンバーが中心でそれほど補強をしなかったザスパクサツだったが、開幕直前にフロントに大きな変化があった。
植木繁晴・代表取締役&GMの退任と都丸晃・新社長の就任、そして菅原宏・新取締役就任。
クラブライセンス関係で死活問題となる脆弱な経営のてこ入れを施しつつ、特にJ3参加を表明していたtonan前橋の菅原氏のフロント入りで、なんとなくザスパクサツとtonanの合併が現実味を帯びてきた感じだ。

まあ、群馬と地域名を変更したものの、現実的には草津生まれ・現住所前橋のチームとなっているザスパクサツ。
現状でも観客動員に苦戦していることを考えると、同じ前橋のtonanがもしJリーグ参加しても共存はかなり難しい。
となると合併は自然な流れでもあったなー。

元々前橋の古い?サッカーファンにとっては、最初にJリーグへの夢を見ていたクラブは「図南」。
なので、ゆるいファンである個人的には全く違和感も抵抗感もないけど、両クラブの熱心なサポーターの反応やいかに。


えーと、試合はザスパクサツには見るべき所もなく、昨季プレーオフ進出クラブと残留争い参加クラブの差を見せられての完敗だった。
おわり。

(V・ファーレン)

小松塁
東浩史    奧埜博亮
野田紘史  三原雅俊  前田悠佑  神崎大輔
古部健太 山口貴弘 下田光平
|大久保択生|

69/小松塁⇒佐藤洸一
86/東浩史⇒中村祐哉

(群馬)

平繁龍一
 永田亮太    D・ロビーニョ
瀬川和樹  加藤弘堅  坂井洋平  夛田凌輔
小柳達司 クォン・ハンジン  黄誠秀
|北一真|

57/ダニエル・ロビーニョ⇒青木孝太
68/長田亮太⇒宮崎泰右
80/坂井洋平⇒小林竜樹




(その他)
北九州(0) 1-3 (3)京都
東京V)0) 1-3 (3)松本
岐阜(3) 3-1 (0)讃岐
千葉(0) 0-2 (3)栃木
水戸(3) 2-1 (0)大分
熊本(3) 2-1 (0)福岡
湘南(3) 1-0 (0)山形
磐田(0) 0-1 (3)札幌
岡山(1) 0-0 (1)富山
横浜(1) 0-0 (1)愛媛

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2014/03/03 (Mon) 2014J1開幕戦

(3/1) @大阪[ヤンマー・スタジアム]
C大阪(0) 0-1 (3)広島
【得】71塩谷司

柿谷のメディア押しによって急造した女性ファン「セレ女」によってセレッソはただでさえ注目クラブとなっていたが、そこへさらにフォルラン獲得のビッグニュース。
コアなサッカー好きからも注目されることになった。
で、開幕戦の相手は昨季王者サンフレッチェ。うまいことやるなJリーグ。
ただ雨天の影響か、観衆は4万まで届かなかったな。

ただ、試合は少々地味な展開。特に他の試合のスコアが動きまくってたこともあり。
セレッソは新監督ポポヴィッチ流ポゼッションサッカーがまだ馴染まないのか、むしろ柿谷やフォルランがDF裏にフリーランした方がチャンスになってたな。
フォルランもまだまだだし。というか、インテル、インテルナシオナルでの成績思うと、あまり期待しすぎない方がいいかも。
一方のサンフレッチェはスーパーカップ、ACLとちょっと過密日程の中で主力が数人怪我してのアウェイ開幕ってことで無理せず。そんなわけであまりチャンスのない試合になってしまった。

サンフレッチェの決勝点は、石原の粘りのプレーからのクロスを塩谷がボレーで叩き込んだゴール。
今年もなんか強そうだな。
いきなりサンフレッチェってのはセレッソには気の毒だったかも。
開幕戦で強豪同士が当たるなんてのはJリーグならではだ。

フォルランがいた!
フォルラン

あだっちーもいた!
あだっちー


(セレッソ)

フォルラン  柿谷曜一朗
南野巧実    長谷川アーリアジャスール
扇原貴宏   山口蛍
丸橋祐介  山下達也  藤本康太  酒本憲幸
|キム・ジンヒョン|

81/フォルラン⇒杉本健勇
85/扇原貴宏⇒ゴイコ・カチャル
90+3/長谷川アーリアジャスール⇒楠神順平

(サンフレッチェ)

佐藤寿人
野津田岳人    石原直樹
山岸智   柴崎晃誠  青山敏弘 ファン・ソッコ
水本裕貴 千葉和彦  塩谷司
|林卓人|

61/ファン・ソッコ⇒パク・ジンヒョン
65/佐藤寿人⇒浅野拓磨
87/山岸智⇒宮原和也




@吹田[万博記念競技場]
G大阪(0) 0-1 (3)浦和
【得】43槙野智章

やっぱりこの2チームの対戦は「ナショナル・ダービー」って雰囲気がまだあるなー。
宇佐美の戦線離脱が残念だ。

試合はどっちも守備の課題を抱えていただけに、そっちに意識が強かったのか、こちらもまたゴール前のシーンが少ない守り合いになってしまったな。
レッズの決勝点はCKから槙野が押し込んだ。
昨季終盤、1点差逃げ切り失敗から崩れただけに、そのトラウマ払拭の意味でもこの逃げ切り完封はレッズにとっては大きいな。
ガンバは宇佐美不在が想像以上に大きいかも。


(ガンバ)

佐藤晃大   遠藤保仁
二川孝広              倉田秋
今野泰幸   内田達也
藤春廣輝  丹羽大輝  岩下敬輔   加地亮
|東口順昭|

HT/二川孝広⇒大森晃太郎
74/内田達也⇒リンス
85/加地亮⇒米倉恒貴

(レッズ)

興梠有三
原口元気     梅崎司
宇賀神友弥 柏木陽介 阿部勇樹  平川忠亮
槙野智章 那須大亮 森脇良太
|西川周作|

67/梅崎司⇒李忠成
75/那須大亮⇒永田充
81/興梠慎三⇒鈴木啓太




(3/2) @横浜[日産スタジアム]
横浜M(3) 1-0 (0)大宮
【得】17藤本淳吾、87伊藤翔

スーパーカップ、ACLと完敗が続き心配されたマリノスだったが、齋藤の突破から藤本がボレーで鮮やかに流し込んで先制したことで危なげなくプレーしてた。
終盤には伊藤が豪快にロングシュートを叩き込んで試合を決着。
新戦力2人の活躍で、J1は好スタートを切った。

アルディージャはマリノスとの試合勘の差もあったかもしれないけど、去年の今頃の姿が見る影ないなー。

10番俊輔
俊輔


(マリノス)

伊藤翔
齋藤学     中村俊輔    藤本淳吾
富澤清太郎  中町公祐
下平匠   中澤佑二  栗原勇蔵  小林祐三
|榎本哲也|

80/藤本淳吾⇒兵藤慎剛
90+2/中町公祐⇒小椋祥平
90+3/伊藤翔⇒矢島卓郎

(アルディージャ)

ラドンチッチ
チョ・ヨンチョル 家長昭博    渡邉大剛
 金沢慎    片岡洋介
村上和弘  高橋祥平  菊池光将  今井友基
|清水慶記|

53/ラドンチッチ⇒ズラタン
74/チョ・ヨンチョル⇒泉澤仁
75/金沢慎⇒長谷川悠




(その他)
ヴォルティスのJ1デビュー戦は大敗に。

鳥栖(3) 5-0 (0)徳島
甲府(0) 0-4 (3)鹿島
名古屋(0) 2-3 (3)清水
仙台(0) 1-2 (3)新潟
川崎(1) 2-2 (1)神戸
柏(1) 1-1 (1)東京

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

PROFILE

ペンギンジャンプ

CALENDER

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ENTRIES

ONGAKU

ビョーク 「ポスト」 ドアーズ 「ウィンタータイム・ラヴ」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ 「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」 電気グルーヴ 「虹」
ビートルズ 「リボルバー」 チャラ  「あたしはここよ」
カヒミ・カリィ 「アイ・アム・ア・キトゥン」 ジミ・ヘンドリックス 「ブードゥー・チャイルド(スライト・リターン)」
ルー・リード 「トランスフォーマー」 椎名林檎 「無罪モラトリアム」
吉川晃司 「モダン・タイム」 矢野顕子 「峠のわが家」

[アーカイブス]
…けっこうな動画集になってしまった
    

Twilog

    

CATEGORY

ARCHIVES

SouthAfrica2010

   

EURO2008

予備サイト
[ENTER]

GERMANY2006

折角なのでしばらく残しとこ。



DENTAKU

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

Gallery

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

FC2カウンター

OTENKI

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。