前橋のほどよい郊外//興味のままに・・・で、チャンピオンズリーグ、Jリーグ、リーガ・エスパニョーラ・・・サッカー多し
2013/12/24 (Tue) リーガ13/14第17節

(12/22) @バレンシア[エスタディオ・メスタージャ]
バレンシア(20) 2ー3 (41)レアル・マドリード
【得】28ディ・マリア、34ピアッティ、40クリスティアーノ・ロナウド、62マテュウ、82へセ

中位に沈むバレンシアはデュキッチ監督の解任に踏み切り、この試合はニコ・エステベス暫定監督で臨んだ。
試合は激しい点の取り合い。
ディ・マリアの2人抜きドリブルからのゴールでレアルが先制すれば、ベルナトのクロスをピアッティがヘッドで決めバレンシア同点。
さらにFKからクリロナのヘッドで再びレアルが勝ち越すと、CKからマテュウのヘッドで再びバレンシアが同点に。
そして試合を決めたのは途中出場へセ。
モドリッチのパスからGKの二アサイドを強烈に破り、レアルが接線を制した。

(バレンシア)

ジョナス
ピアッティ  カルタビア   フェグリ
パレホ   ロメウ
ベルナト  マテュウ  V・ルイス J・ペレイラ
|グアイタ|

62/カルタビア→カナーレス
80/ピアッティ→グアルダード
84/パレホ→バネガ

(マドリード)

ベンゼマ
C・ロナウド   イスコ   ディ・マリア
X・アロンソ   モドリッチ
マルセロ  S・ラモス  ナチョ  アルベロア
|D・ロペス|

73/イスコ→へセ
80/アルベロア→カルバハル
87/ディ・マリア→イジャラメンディ



(その他)
バルサ、アトレティコ譲らず年越し。

ヘタフェ(23) 2-5 (46)バルセロナ
A・マドリード(46) 3-2 (20)レバンテ
A・ビルバオ(33) 2-1 (13)ラージョ
グラナダ(20) 1-3 (29)R・ソシエダ
ビジャレアル(28) 1-2 (26)セビージャ
エスパニョール(22) 4-2 (15)バジャドリード
エルチェ(17) 0-1 (20)マラガ
セルタ(16) 1-1 (15)オサスナ
ベティス(10) 0-1 (16)アルメリア



スポンサーサイト

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/16 (Mon) リーガ13/14第16節

(12/14) @バルセロナ[カンプ・ノウ]
バルセロナ(43) 2ー1 (28)ビジャレアル
【得】29,68ネイマール、48ムサッキオ

この日もメッシらを欠くバルサに対し、ビジャレアルもカニらを欠いてこの日は守備的な戦術で臨んだ。
それでもPKでバルサが先制したが、後半CKからムサッキオのヘッドでビジャレアルが同点。
しかしシャビの投入からようやくリズムが生まれたバルサはサンチェスのパスをネイマールが決勝ゴール。
首位をキープした。

(バルセロナ)

ネイマール       A・サンチェス
セスク
イニエスタ       ソング
S・ブスケツ
J・アルバ  ピケ   バルトラ モントーヤ
|ピント|

62/ソング→シャビ
84/アレックス・サンチェス→ペドロ
87/セスク→セルジ・ロベルト

(ビジャレアル)

ジオバニ
エルナン・P          アキーノ
トリゲロス   E・ラモス
ピナ
J・コスタ  ドラード  ムサッキオ  マリオ
|アセンホ|

64/エドゥ・ラモス→ウチェ
69/エルナン・ペレス→ヨキッチ




@パンプローナ[エスタディオ・エル・サダル]
オサスナ(14) 2ー2 (38)レアル・マドリード
【得】16,39オリオール・リエラ、45イスコ、80ぺぺ

下位にいるオサスナだが、バルサが開幕からの連勝を止められたこのエル・サダルはレアルにとっても鬼門だった。
マルク・ベルトランのクロスからあっさりオリオール・リエラのヘッドでしたオサスナは、さらにCKから再びオリオール・リエラのへッドで追加点。
おまけに前半終了間際にはセルヒオ・ラモスが退場し、レアルは絶体絶命のピンチだったが、直後のイスコのゴールが大きかった。
後半はさすがのレアルも攻めあぐねて敗色濃厚だったが、オサスナにも退場者が出て数的不利が無くなると、その直後のFKからぺぺが起死回生の同点ヘッド。
なんとかレアルが敗戦を免れた。

(オサスナ)

O・リエラ
アルメンテロス R・トーレス    セフード
F・シルバ    ロロ  
ダミアー   アリバス ロティエ M・ベルトラン
|A・フェルナンデス|

76/ロベルト・トーレス→オーイェル
[退場]79フランシスコ・シルバ
81/アルメンテロス→ロエ
86/オリオール・リエラ→オンウ

(マドリード)

ベンゼマ
C・ロナウド   イスコ     ベイル
X・アロンソ  モドリッチ
マルセロ  S・ラモス  ぺぺ  カルバハル
|D・ロペス|

[退場]44セルヒオ・ラモス
55/ベイル→ディ・マリア
65/モドリッチ→ナチョ
84/イスコ→へセ



(その他)
A・マドリード(43) 3-0 (20)バレンシア
セビージャ(23) 1-1 (30)A・ビルバオ
R・ソシエダ(26) 5-1 (10)ベティス
マラガ(17) 1-0 (23)ヘタフェ
ラージョ(13) 0-2 (20)グラナダ
レバンテ(20) 2-1 (17)エルチェ
アルメリア(13) 0-0 (19)エスパニョール
バジャドリード(15) 3-0 (15)セルタ

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/12 (Thu) 欧州CL13/14最終節 F組:ドルトムント、アーセナル死の組突破

(12/11) @ナポリ[スタディオ・サン・パオロ]
ナポリ(12) 2-0 (12)アーセナル
【得】73イグアイン、90+3カジェホン

ドルトムント勝利を前提にすると、ナポリは勝利、それも3点差が必要という厳しい状況だったが、ドルトムントがタイスコアのままという情報の中、後半73分、イグアインの巧みなターンから先制に成功する。
しかし決勝ラウンド進出がちらつき始めた終了間際、スタジアムにもたらされたのはドルトムント勝ち越しの凶報。
ロスタイムのゴールでなんとかあと1点としたが、さすがに遅すぎ。
ナポリは12ポイントを取りながら敗退する初めてのクラブとなった。
それでもサポーターは選手達に拍手を送ったのだった。



(ナポリ)

イグアイン
カジェホン     パンデフ     メルテンス
ジェマイリ     ベーラミ
アルメロ   アルビオル F・フェルナンデス マッジョ
|ラファエウ|

57/パンデフ⇒インシーニェ

(アーセナル)

ジルー
カソルラ       エジル      ロシツキー
アルテタ      フラミニ
ギブス    コシエルニ メルテザッカー ジェンキンソン
|シュチェスニー|

68/カソルラ⇒ラムジー
74/ロシツキー⇒モンレアル
[退場]76アルテタ




@マルセイユ[スタッド・ヴェロドローム]
マルセイユ(0) 1-2 (12)ドルトムント
【得】4レヴァンドフスキ、14ディアワラ、87グロスクロイツ

そんなわけで、ドルトムントはなんとか決勝ラウンド進出を果たした。
早々に先制したものの、6連敗だけは避けたいマルセイユの意地もあって追いつかれたが、前半のうちにパイエットの退場があって数的有利を得たのは、守備陣に不安のあるドルトムントには幸運だった。
なかなかチャンスを決められず危なかったが、最後はグロスクロイツが殊勲の決勝ゴール。
昨季ファイナリストのグループリーグ敗退という不名誉も避けられた。



(マルセイユ)

トヴァン    ジニャク
パイエット              ハリファ
シェル     レミナ
メンディ   メンデス   ディアワラ   ファンニ
|マンダンダ|

[退場]34パイエット
46/メンデス⇒アブダラー
55/ハリファ⇒モレル
79/トヴァン⇒インブラ

(ドルトムント)

レヴァンドフスキ
ロイス      ムヒタルヤン ブワシュチコフスキ
 ケール      シャヒン
ドゥルム  ザール  パパスタソプロス グロスクロイツ 
|ヴァイデンフェラー|

66/ブワシュチコフスキ⇒ホフマン
78/ケール⇒シーバー、ロイス⇒ピシュチェク




[順位]
1 (12)ドルトムント
2 (12)アーセナル
3 (12)ナポリ
4  (0)マルセイユ

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/12 (Thu) 欧州CL13/14最終節 E組:シャルケ逆転突破

(12/11) @ゲルゼンキルヘン[ヴェルティンス・アレナ]
シャルケ(10) 2-0 (8)バーゼル
【得】51ドラクスラー、56マティプ

国内の調子から見るとシャルケは厳しいかなと思ったけど、最後はきっちり決めたなー。
ヘヴェデス負傷で交代出場したサライがイヴァノフの退場を誘ったり、勝負を決めた2点目が実は完全なオフサイドだったりと、幸運も多かった。
ただ、ああいうミスジャッジあるいは失敗がたまにあるから、あのトラップはどこも使わないんだけどね(笑)



(シャルケ)

ボアテンク
ドラクスラー   マティプ    ファルファン
ノイシュテッター マティプ
コラシナツ F・サンタナ ヘヴェデス 内田篤人
|フェールマン|

31/ヘヴェデス⇒サライ
66/ドラクスラー⇒フクス
88/マイヤー⇒ゴレツカ

(バーゼル)

シュトレラー
シュトッカー             サラー
ディエ    エルネニ
フライ
フォーザー イヴァノフ   シェル    ジャカ
|ゾマー|

[退場]31イヴァノフ
61/エルネニ⇒シオ
72/ディエ⇒アジェティ、シュトッカー⇒デルガド




[順位]
1 (12)チェルシー
2 (10)シャルケ
3  (8)バーゼル
4  (3)ステアウア

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/12 (Thu) 欧州CL13/14最終節 B組:ガラタサライ逆転突破

(12/10-11) @イスタンブール(アリ・サミ・イェン・スポル・コンプレクシ)
ガラタサライ 1-0 ユヴェントス
【得】85スナイデル

決勝ラウンド進出を賭けた直接決戦は、トルコを襲った寒波に振り回されることになった。
10日の夜にキックオフした試合は、前半20分過ぎから降り始めた霰を伴った豪雪のために、ピッチがぬかるみはじめたほかおそらく各ラインが判別不能な状態になったからだろうために31分の時点で中断し、そのまま延期。翌日の午後3時に31分から再開されることになった。
しかしながら翌日も雪まじりの雨が降り続き、ピッチの一部では水たまりでボールが止まる悪コンディションだった。

そんなわけで、試合はほとんどサッカーにならず、どちらもほとんどチャンスを作れなかったが、ユーヴェ逃げ切りかと思われた後半85分、スナイデルの起死回生のゴールでガラタサライが勝利。
逆転で決勝ラウンド進出を決めたのだった。

ガラタサライvsユベントス



(ガラタサライ)

ドログバ
ブラク     スナイデル     エブエ
  F・メロ    セルチュク
リエラ    セミッヒ   ギョクハン  シェジュ
|ムスレラ|

81/エブエ⇒ウミト
90+2/スナイデル⇒ジェイフン

(ユヴェントス)

ジョレンテ     テベス
  ビダル     マルキージオ
アサモアー     ポグバ   リヒトシュタイナー
キエッリーニ ボヌッチ  バルザーリ
|ブッフォン|

87/マルキージオ⇒クアリャレッラ
90/ボヌッチ⇒ジョビンコ




(順位)
1 (16)R・マドリード
2  (7)ガラタサライ
3  (6)ユヴェントス
4  (4)コペンハーゲン

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/11 (Wed) 欧州CL13/14最終節 D組:本田、CSKAラストマッチ

(12/10) @プルゼニュ[シュトルンコビー・サディー・スタディオン]
プルゼニュ(3) 2-1 (3)CSKAモスクワ
【得】65ムサ、76コラージュ、90ワーグナー

移籍が決定的となり、CSKAモスクワでの最後の試合となった本田。
途中出場で先制点をアシストし、ユーロ・リーグを置き土産に有終の美となるはずだったが、ジャゴエフのくだらない退場劇から暗転。
逆転負けでCSKAはアウェイゴール差で最下位となってしまった。



(プルゼニュ)

テツル
ジュリス    コラージュ  ペトルジェラ
  ホジャバ   ホルヴァート
リンベルスキー               ライトラル
プロハースカ チショフスキー
|コザーチク|

58/ジュリシュ⇒コヴァリーク
70/ペトルジェラ⇒バコシュ
82/テツル⇒ワグナー

(CSKA)

ムサ
ミラノフ     ジャゴエフ     トシッチ
ヴァーンブローム  エルム
シェンニコフ                カラバエフ
イグナシェヴィッチ  A・ベレズツキ
|アキンフェエフ|

52/トシッチ⇒本田
[退場]67ジャゴエフ
74/ミラノフ⇒ツバー
90+1/ムサ⇒ヴィチーニョ
[退場]90+3ヴァーンブローム




[順位]
1 (15)バイエルン
2 (15)マンチェスター・C
3  (3)プルゼニュ
4  (3)CSKAモスクワ

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/11 (Wed) 欧州CL13/14最終節 A組:マンU無敗通過

(12/10) @マンチェスター[オールド・トラッフォード・スタディアム]
マンチェスター・ユナイテッド(14) 1-0 (8)シャフタール
【得】67ジョーンズ

2位争いのシャフタールに引導を渡す勝利で、なんだかんだで無敗で終わった。


(ユナイテッド)

ルーニー
香川真司     ヤング       ヤヌザイ
  ギグス      ジョーンズ
ビュットナー  エヴァンズ ファーディナンド ラファエウ
|デ・ヘア|

63/ヤング⇒ファン・ペルシー、ギグス⇒クレヴァリー
88/ビュットナー⇒バレンシア

(シャフタール)

L・アドリアーノ
タイソン     テイシェイラ     D・コスタ
ステパネンコ   フレッジ
シェフチュク  ラキツキー  クチェル     スルナ
|ピャトフ|

63/タイソン⇒ベルナルジ
80/フレッジ⇒フェルナンド
88/ルイス・アドリアーノ⇒フェレイラ




[順位]
1 (14)マンチェスター・U
2 (10)レヴァークーゼン
3  (8)シャフタール
4  (1)R・ソシエダ

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/08 (Sun) J1最終節

(12/7) @川崎[等々力陸上競技場]
川崎(60) 1-0 (62)横浜M
【得】54レナト

正直この試合でマリノスが勝つのは難しいだろうなとは思っていた。
最近の戦いぶり、マルキーニョスの大不振、最大級に積み重なったプレッシャー。
一方のフロンターレもホーム最終戦、一応神奈川ダービー、何よりACL出場権争いとモチベーションは充分で、ちょっと前にレッズをどん底に突き落とした試合が強い印象に残っていたことも予想の要因だった。

ただもう一方の試合、アントラーズがホームでむざむざサンフレッチェに負けることも考えづらいから、結局のところマリノスが優勝するのでは?と予想していた。
それだけに前半のうちのサンフレッチェ先制、何より大迫退場はちょっと衝撃的な情報だったな。

こうなるともう事実上勝つしかないマリノス。
なんとか苦しい前半を凌いで、さあ後半というところだったが、カウンターから致命的といえる失点を喫してしまった。
時間は充分あったが、なんだかこれで優勝はサンフレッチェで決まったなという感じだったな。
実際には惜しいチャンスもあったけど、フロンターレのGK西部が容赦なくセーブ。見てて全くゴールできる気がしなかった。

そうこうするうちにサンフレッチェ2点目の情報が入り、マリノスのかすかな希望も潰えたのだった。

試合終了とともにピッチに崩れ落ちて号泣する俊輔の痛々しい姿が、すべてを象徴していたな。

(フロンターレ)

大久保嘉人
レナト     中村憲剛    大島僚太
稲本潤一   山本真希
登里恭平  井川祐輔  ジェシ   田中裕介
|西部洋平|

72/大島僚太⇒小林悠
87/レナト⇒伊藤宏樹

(マリノス)

マルキーニョス
齋藤学     中村俊輔    兵藤慎剛
富澤清太郎   中町公祐
ドゥトラ   中澤佑二  栗原勇蔵  小林祐三
|榎本哲也|

67/中町公祐⇒藤田祥史
76/兵藤慎剛⇒佐藤優平
90/ドゥトラ⇒端戸仁




@鹿嶋[カシマサッカー・スタジアム]
鹿島(59) 0-2 (63)広島
【得】35,80石原直樹

そんなわけでサンフレッチェが逆転で連覇を達成。

現在の戦力拮抗大混戦のJリーグの連覇は凄いな。
Jリーグ王者として来季はACLにも期待したい。


(その他)
浦和(58) 2-5 (59)C大阪
新潟(55) 2-0 (47)名古屋
東京(54) 2-0 (45)仙台
清水(50) 1-2 (48)
甲府(37) 0-0 (46)鳥栖
湘南(25) 0-1 (45)大宮
磐田(23) 3-1 (14)大分

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/08 (Sun) Jリーグ2013終幕

=J1昇格プレーオフ=
(12/1)
準決勝:京都 0-0 長崎
準決勝:徳島 1-1 千葉
(12/7) 
決勝:京都 0-2 徳島

というわけで、ヴォルティスが四国初のJ1昇格を達成。
ザスパクサツのJ1参入同期だけに以前は対抗意識を燃やしてたもんだが、さすがに資金力が違いすぎて最近はどうしようもなかった。

サンガは大木監督のスタイル的にこういう一発勝負には向いてない気がするだけに、今季はガンバ、ヴィッセルという強敵がJ2に落ちて来ちゃったのが不運だったな。


後ろの観客席に、ヴォルティス・サポとして知られる俳優・大杉漣が映っていたらしい(笑)
oosugi.jpg


=J2・JFL入れ替え戦=
(12/1)
第1戦:讃岐 1-1 鳥取
(12/7)
第2戦:鳥取 0-1(Agg 1-2) 讃岐

こっちはカマタマーレが悲願のJ2昇格ということで、この日は四国の日だったな。
ガイナーレは第1戦の方がのびのびとやってて、重圧に負けてしまった感じ。

ちなみにザスパクサツは今季ガイナーレとは2引き分けだ(笑)



来季のJリーグは・・・

(J1)
サンフレッチェ広島、横浜F・マリノス、フロンターレ川崎、セレッソ大阪、鹿島アントラーズ、浦和レッド・ダイヤモンズ、アルビレックス新潟、FC東京、清水エスパルス、柏レイソル、名古屋グランパス、サガン鳥栖、ベガルタ仙台、大宮アルディージャ、ヴァンフォーレ甲府、ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、徳島ヴォルティス

(J2)
湘南ベルマーレ、ジュビロ磐田、大分トリニータ、京都サンガ、ジェフユナイテッド千葉、V・ファーレン長崎、松本山雅FC、コンサドーレ札幌、栃木SC、モンテディオ山形、横浜FC、ファジアーノ岡山、東京ヴェルディ、アビスパ福岡、水戸ホーリーホック、ギラヴァンツ北九州、愛媛FC、カターレ富山、ロアッソ熊本、ザスパクサツ群馬、FC岐阜、カマタマーレ讃岐

そして来季からはJ3が新設される。

(J3)
ガイナーレ鳥取、AC長野パルセイロ、SC相模原、FC町田ゼルビア、ツエーゲン金沢、ブラウブリッツ秋田、FC琉球、Y.S.C.C.横浜、藤枝MYFC、福島ユナイテッドFC、グルージャ盛岡、JFL/JリーグU-22選抜チーム



今でさえ分厚すぎるJリーグの選手名鑑、来季はどうなるんだろう(笑)

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/03 (Tue) リーガ13/14第15節

(12/1) @ビルバオ[エスタディオ・サン・マメス・バリア]
ビルバオ(29) 1ー0 (40)バルセロナ
【得】70ムニアイン

今季オープンしたビルバオの新ホームスタジアムに初見参となるバルサを迎えたビルバオ。
未だに無敗を続けるスタジアムをバルサが攻略できるか注目だったが、メッシの怪我による不在はやはり大きかった。
粘り強く守りつづけたビルバオは後半、ショートカウンターからスサエタのクロスをムニアインが決勝ゴール。
バルサの開幕からのリーガ無敗をついにストップした。

(ビルバオ)

トケーロ
ムニアイン  アンデル・H   スサエタ
イトゥラスペ   M・リコ  
バレンシアガ ラポルト グルペギ  イラオラ
|イライソス|

72/バレンシアガ→アルビスア
86/ムニアイン→イバイ
88/ミケル・リコ→サン・ホセ

(バルセロナ)

ネイマール       A・サンチェス
セスク
イニエスタ     シャビ  
S・ブスケツ
アドリアーノ マスチェラーノ ピケ  モントーヤ
|ピント|

78/シャビ→セルジ・ロベルト
74/イニエスタ→ペドロ



(11/30) @マドリード[エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ]
レアル・マドリード(37) 4ー0 (12)バジャドリード
【得】33,64,89ベイル、36ベンゼマ

ケディラの大怪我により4ー2ー3ー1の布陣に変更しているレアル。
クリロナの負傷欠場も重なり攻めあぐんでいたが、ディ・マリアのシュートのこぼれをベイルがヘッドで押し込み先制すると、立て続けにベイルのピンポイントクロスをベンゼマがヘッドで決め追加点。
後半もベイルがハットトリックを達成するなど、余裕の大勝だった。

(マドリード)

ベンゼマ
ディ・マリア    イスコ      ベイル
X・アロンソ   モドリッチ
マルセロ  S・ラモス   ぺぺ   カルバハル
|D・ロペス|

74/ベンゼマ→モラタ、ディ・マリア→へセ

(バジャドリード)

J・ゲラ
ベルグディッシュ ロッシ    ラーション
A・ルビオ   サストレ
ペーニャ  J・ルエダ M・バリエンテ アルカトラス
|マリーニョ|

46/ラーション→オマール
74/ハビ・ゲラ→マヌーショ
85/サストレ→オソリオ



(その他)
エルチェ(17) 0-2 (40)A・マドリード
ビジャレアル(28) 1-1 (14)マラガ
エスパニョール(18) 1-2 (23)R・ソシエダ
ヘタフェ(23) 1-0 (17)レバンテ
グラナダ(17) 1-2 (22)セビージャ
バレンシア(20) 3-0 (13)オサスナ
セルタ(15) 3-1 (12)アルメリア
ベティス(10) 2-2 (13)ラージョ

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/01 (Sun) J1第33節

(11/30) @横浜[日産スタジアム]
横浜M(62) 0-2 (52)新潟
【得】72川又堅碁、90+3鈴木武蔵

観客数62632人!
いつもは3万人入ってもガラガラに見えてしまう日産スタジアムが、ほぼ満員に映る映像は壮観で感動的ですらあったな。
NHK地上波での全国中継も含めて、マリノス優勝のための舞台は全て整っていたのだが・・・。

後半戦絶好調のアルビレックスの強烈なプレスに手こずりながらも、時間の経過とともにそれが緩むとマリノスのペース。
あと一押しで先制できるという感じだったが、そんな後半半ば、アルビレックスCKから栗原のヘッドでのクリアは川又への見事な折り返し、ホント目を疑うほどのクリアミスを豪快に川又に叩き込まれて先制されてしまう。

こうなるとマリノスは苦しかった。
この雰囲気を変えられるような控えが見当たらない。
もう三ヶ月もゴールのないマルキーニョスはもうとっくに先発落ちしててもいいもんだが、控えが藤田じゃなあ。
今さらながら小野が残ってればと思わざるを得ない状況だった。

結局、ロスタイムにカウンターからトドメを刺されて敗戦。
まだ優位な位置にいるとはいえ、最終節がアウェイでのフロンターレ戦ということを考えると、予断を許さない状況になった。
マリノスにとって幸運なのは、最終節で優勝の可能性が残る2チーム・サンフレッチェとアントラーズが直接対決、それも鹿嶋で対戦すること。
アントラーズはホームで強い上に、マリノスとは得失点で大きく下回っているから、例えマリノスが引き分け以下で終わっても・・・という可能性があることだ。

しかし結局最終節までもつれ込むんだなあ。
中澤も「2ステージ制の必要ないんじゃ?」と言ったとか(笑)

(マリノス)

マルキーニョス
齋藤学     中村俊輔    兵藤慎剛
富澤清太郎   中町公祐
ドゥトラ   中澤佑二  栗原勇蔵  小林祐三
|榎本哲也|

76/兵藤慎剛⇒藤田祥史
90/中町公祐⇒ファビオ

(アルビレックス)

川又堅碁    田中達也
岡本英也              田中亜土夢
 成岡翔     L・シルバ
金珍洙  大井健太郎 舞行龍ジェームズ 三門雄大
|東口順昭|

63/田中達也⇒鈴木武蔵
76/岡本英也⇒藤田征也
90+4/成岡翔⇒本間勲





@鳥栖[ベストアメニティ・スタジアム]
鳥栖(45) 4-1 (58)浦和
【得】15早坂良太、37,90,90+6豊田陽平、90+2那須大亮

レッズ、惨敗で派手に終戦。


(その他)
広島(60) 1-0 (25)湘南
C大阪(56) 1-2 (59)鹿島
大分(14) 0-1 (57)川崎
(45) 4-1 (51)東京
仙台(45) 1-2 (50)清水
名古屋(47) 0-0 (36)甲府
大宮(42) 3-0 (20)磐田

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

PROFILE

ペンギンジャンプ

CALENDER

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ENTRIES

ONGAKU

ビョーク 「ポスト」 ドアーズ 「ウィンタータイム・ラヴ」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ 「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」 電気グルーヴ 「虹」
ビートルズ 「リボルバー」 チャラ  「あたしはここよ」
カヒミ・カリィ 「アイ・アム・ア・キトゥン」 ジミ・ヘンドリックス 「ブードゥー・チャイルド(スライト・リターン)」
ルー・リード 「トランスフォーマー」 椎名林檎 「無罪モラトリアム」
吉川晃司 「モダン・タイム」 矢野顕子 「峠のわが家」

[アーカイブス]
…けっこうな動画集になってしまった
    

Twilog

    

CATEGORY

ARCHIVES

SouthAfrica2010

   

EURO2008

予備サイト
[ENTER]

GERMANY2006

折角なのでしばらく残しとこ。



DENTAKU

電卓

リンク

Gallery

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

FC2カウンター

OTENKI