前橋のほどよい郊外//興味のままに・・・で、チャンピオンズリーグ、Jリーグ、リーガ・エスパニョーラ・・・サッカー多し
2010/01/31 (Sun) フリッパーズ・ギター 「恋とマシンガン」



この前TVでやってた映画「デトロイト・メタル・シティ」で、根岸が着メロに使ってた記念。
オザケンも活動再開するような話だし。

フリッパーズ・ギターにはあまり興味はなかったけど、この曲には衝撃食らった。

にしても小山田、若いなあ(笑)当たり前だけど。


収録アルバム「カメラ・トーク」
フリッパーズ・ギター 「カメラ・トーク」


No.2397/音楽雑記V

スポンサーサイト

音楽 | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/29 (Fri) 前橋のほどよいテレビ大賞2009

ぐーたらとテレビを見てただけではもったいないので、面白かった番組を勝手に表彰して記録しておいてしまおうという「前橋のほどよいテレビ大賞」も早6年目。
今回はノーマルに部門別にやってみた。


◆バラエティ部門

雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!」 (テレ朝)
「後輩なのに山崎に憧れてる芸人」が個人的2009ベストだった。

「にけつッ!!」 (日テレ)
千原ジュニアとケンコバによる「パペポTV」の系譜第3弾。

世界の果てまでイッテQ!」 (日テレ)
深夜時代には、まさかゴールデンで人気番組になるとは。

「水曜どうでしょうClassic (BS朝日)
今さらだが、BSでついに全国再放送が始まったので。


◆スポーツ

「ツール・ド・フランス2009」 (J SPORTS)
日本人選手の活躍で例年以上に楽しめた。


◆アニメ

「化物語」 (BSジャパン)
これ以外も、新房昭之&シャフトが目立ったな。

「天体戦士サンレッド」 (ニコニコ)
ネット配信ながら、2期を制作するほどに。

「DARKER THAN BLACK -流星の双子」 (TBS)
2期も面白かった。

「デトロイト・メタル・シティ」 (WOWOW)
OVA版をWOWOWでやった。

「攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Sciety」 (NHK hi)
やっぱり神山版の方が楽しめて良いな。

「蟲師」 (NHK BS2)
これ一作で制作会社が傾いたというのがよく分かる超ハイクオリティだった。


◆その他

「行列48時間」 (NHK)
2009年に全話(といっても6話だが)見た唯一のドラマだった。

「ワイルドライフ 英国“生け垣”物語」 (NHK hi)
人間の生活と密着した自然ドキュメンタリーは良いな。

「ガンダム宇宙世紀大全」 (NHK BS2)
「宇宙世紀の歴史が動いた」だけのために。


No.2396/テレビ雑記

前橋のほどよいテレビ大賞 | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/27 (Wed) 前ほどTVランキング2009 (秋アニメ版)

秋はまずまず楽しめた。
この冬はベスト10を組めるのか?

1位 DARKER THAN BLACK -流星の双子- (TBS)
終盤急ぎ足過ぎたのが残念だったけど、面白かった。
よく分からなかったところをちゃんと理解するために、もう一度見直してみよっと。
まだ「ゲート」や「契約者」の謎は放置されたままだから、続編ありそうだな。

1期の菅野よう子に続き、今期も石井妥師の音楽がすばらしい。なぜテーマ曲を頼まないのか不思議なほど。
「猛犬ケルベロス」



「月光菩薩の涙」



2位 天体戦士サンレッド (ニコニコ)
2期もゆるぎない安定感。

ED 「溝の口Forever」 森野熊八
EDでは川崎市民の人々が出演する。



3位 夏のあらし ~春夏冬中 (テレ東)
こんなにくだらない目的でタイム・リープ能力を使うのは、「時かけ」の真琴か喫茶方舟の連中だなと思ってよく考えたら、ドラえもん以来の伝統だった(笑)

ED 「乙女の順序」 嵐山小夜子(白石涼子)、カヤ(名塚佳織)、やよゐ(野中藍)、加奈子(堀江由衣)



4位 君に届け (日テレ)
爽子vsくるみが始まってから面白いなあ。




5位 とある魔術の超電磁砲 (バンダイ)
とにかく黒子、というか新井里美の怪演に尽きる(笑)
「はんぎゃく日記」でファンになってたので、嬉しい限り。



第1クールED 「Dear My Friend -まだ見ぬ未来へ-」ELISA



6位 ささめきこと (テレ東)
「青い花」と違って、ほどよい百合具合だった。

ED 「虹色ポケット」 清浦夏実


「J・O・S・H・I・B・U」 梅枝高校女子合唱部
うっかりすると脳内でエンドレスでループする迷曲(笑)



7位 青い文学シリーズ (日テレ)
個人的に一番良かったのは「櫻の森の満開の下」で、最悪は「こころ」。異論は認める。

ちょっと流れてたEDテーマ、良さそうだったのに発売しないのか?
堺雅人


8位 こばと。 (NHK BS2)
2クール目に入り、ようやくいおりょぎの事情が明かされた。

「あした来る日 ~いちょうの木の下で」 花澤香奈、斎藤千和
花澤の歌は誰か吹き替えてもらった方が(笑)




9位 空中ブランコ (フジ)
藤津亮太がtwitterで「今期はフツーのアニメの良さを再確認」してて笑った。別にこれをディスったわけじゃないが。

ED 「Shangri-La (Y.Sunahara 2009 Remodel)」 電気グルーヴ



10位 テガミバチ (テレ東)
いつ福山は再登場するのだ。

第1クールED 「果てなき道」 HIMEKA



No.2395/テレビ雑記

前橋のほどよいテレビ大賞 | trackback(0) | comment(1) |


2010/01/26 (Tue) リーガ第19節:レアル、惜別の勝利

(1/24) @マドリード[サンティアゴ・ベルナベウ]
レアル・マドリード(44) 2-0 (17)マラガ
【得】35',39'クリスティアーノ・ロナウド

ファンニステルローイのハンブルク移籍が決まったということで、この日は試合前にセレモニーが行われ、終盤には10分近くも「ファンニステルローイ・コール」が続いていた。

レアルらしく、降格争いをしてるマラガ相手に逆に手こずってたが、グティ⇒ベンゼマ⇒カカ⇒という鮮やかなパスワークから、カカの股抜きクロスをクリロナが決めて先制すると、さらにクリロナが豪快なミドルボレーを叩き込んで追加点。
後半、クリロナが肘打ちで一発退場となるハプニングがあったものの、問題なく逃げ切り、ファン・ニステルローイに勝利を贈った。

(マドリード)

ベンゼマ  C・ロナウド
グティ                カカ
X・アロンソ  L・ディアラ
アルベロア  ガライ  アルビオル S・ラモス
|カシージャス|

45/ガライ⇒マルセロ
68/グティ⇒グラネロ
[退場]70'クリスティアーノ・ロナウド
79/カカ⇒ラウル

(マラガ)

カイセド
ドゥダ                 J・ロペス
B・アシュール  フェルナンド
トリビオ
ムティリガ ヴェリグトン I・ゴンサレス J・ガメス
|ムヌーア|

55/ハビ・ロペス⇒フォレスティエリ
62/カイセド⇒フアンミ
74/ムティリガ⇒ポルティージョ



(その他)
バジャドリード(17) 0-3 (49)バルセロナ
テネリフェ(17) 0-0 (39)バレンシア
エスパニョール(20) 1-1 (34)マジョルカ
デポルティボ(34) 3-1 (30)ビルバオ
セビージャ(33) 1-0 (18)アルメリア
ヘタフェ(30) 1-0 (23)アトレチコ
ビジャレアル(26) 4-2 (14)サラゴサ
スポルティング・ヒホン(24) 0-1 (23)ラシン
ヘレス(8) 1-2 (23)オサスナ


No.2394/サッカー雑記

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/25 (Mon) 週間テレビメモ 1/18-24

【1/18】
◆「水曜どうでしょうClassic」[BS朝日]
『サイコロ4』最終週。
ミスターが「甘味自殺」を図ったりしながらも比較的元気にここまで来た一行だったが、宇都宮でついに深夜バスとの決戦を迎える。
敵意むき出しの大泉に、ミスターは無抵抗の「ガンジー作戦」を提唱する。深夜バスでやられてるのは自分たちだけだと気づいたのだったが、藤村Dは「基本的に僕らは今まで深夜バスで何もしていない」と、その作戦に疑問を呈するのだった(笑)
結局、博多まで逆戻りして時間切れとなって終了。


【1/19】
◆「君に届け
梅の見事な玉砕ぶりに逆に惚れる。

梅も梅で苦労してたのだった
中学生うめ
うめ

玉砕。
強がった捨て台詞がよし。
うめ
うめ玉砕
うめ

うめ覚醒(笑)
うめ覚醒
うめ
うめライバル宣言



【1/18】
◆「男子アルペンスキー FIS W杯」(R) スラローム:ウェンゲン
◆映画「攻殻機動隊 Stand Alone Complex Solid State Sciety」[NHK BS2]
◆「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」

【1/19】
◆「未来少年コナン」(再)
◆「こばと」
◆「ロンドンハーツ」・・・女芸人格付け
◆「人志松本の○○な話」[フジ]
◆「リーガ」(R)[WOWOW] 第18節:バレンシア 4-1 ビジャレアル

【1/20】
◆「水曜どうでしょうClassic」(再)[群テレ]・・・四国八十八カ所・2週目
◆「にけつッ」
◆「バカとテストと召喚獣」

【1/21】
◆「ぐるナイ」
◆「とんねるずのみなさんのおかげでした」[フジ]・・・きたなシュラン
◆「アメトーーク」・・・DVD第3弾
◆「のだめカンタービレ・フィナーレ」
◆「ひだまりスケッチ×☆☆☆」
◆「おおかみかくし」

【1/22】
◆「.hack//SIGN」(再)
◆「舞-HiME」(再)
◆「タモリ倶楽部」・・・手ぬぐい
◆「そらのおとしもの」
◆「うみねこのなく頃に」(再)
◆「デュラララ」

【1/23】
◆「Foot!」(R)(粕谷秀樹)
◆「密室謎解きクイズ!脱出ゲーム!DERO」[日テレ]
◆「男子アルペンスキー FIS W杯」(R) スーパーG:キッツビューエル
◆「男子アルペンスキー FIS W杯」 ダウンヒル:キッツビューエル
◆「めちゃイケ」
◆「テガミバチ」
◆「亡念のザムド」(再)
◆「COBRA The Animation」
◆「戦う司書」

【1/24】
◆「スクール革命」[日テレ]
◆「イッテQ」
◆「男子アルペンスキー FIS W杯」 スラローム:キッツビューエル
◆「FAカップ」 4回戦:ストーク 3-1 アーセナル
◆「ガキの使い」・・・新年会
◆「はなまる幼稚園」



*今週の映画
◆「百万円と苦虫女」(09/11/1)[WOWOW]
蒼井優主演。
些細な事件で前科者となり家に居づらくなってしまった少女が、「自分を探さない旅」に出て、各地を転々としていたが・・・。


【1/23】
◆映画「デトロイト・メタル・シティ (テレビ用オリジナル版)」[フジ]
残念な出来なのが多いマンガ原作の実写映画の中では面白かった。
特に松雪泰子の怪演は凄かった。
「不適切な表現」をいろんなSEやモザイクで消してて、苦心が垣間見えたな。




*今週の奈穂子
鈴木奈穂子


No.2393/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/23 (Sat) ペット・ショップ・ボーイズ 「イントロスペクティヴ」

ペット・ショップ・ボーイズ 「イントロスペクティヴ」

正月にBSでライブの再放送をやってた記念。
1989年と1991年の映像で、案内役は小西康陽だった。

PSB(ペット・ショップ・ボーイズ)の初期と言えば、やっぱり「ウエスト・エンド・ガール」の収録されてる「プリーズ」や、「イッツ・ア・シン」の収録されてる「アクチュアリー」なのが一般的なんだろな。
異端な?僕はこのアルバムが大好きだ。

実はこのアルバムは、かなり変則。
新曲3曲(先行シングル含む)、セルフカバー1曲、カバー2曲(既発シングル含む)の計6曲のみながら、時間的にはフルアルバムの長さなのだが、それというのも全曲リミックス・ヴァージョンで収録されてるためで、最短でも1曲6分あるという作品なのだ。
ちなみに当時はリミックスと言えば、ディスコでなるべく長く踊るためにイントロや間奏を長くするようなものだったためにこうなったわけだが。



「Left To My Own Devices」
短いヴァージョンでシングルカットされた。


「Domino Dancing」
先行シングルで先に聴いたからか、これは短い方が良かったな。そのシングル・ヴァージョンしか見つからず。


「I'm Not Scared」
エイス・ワンダー版にはないグルーヴ感が良い。


「I'm Not Scared」 by エイス・ワンダー
そりゃ、ボーカルはパッツィー・ケンジットの方が良いけど。


「Always On My Mind / In My House」
没後10周年イベントで発表してシングル化されたエルヴィス・プレスリーのカバーのリミックス。「In My House」と繋げてある。


「Always On My Mind」
これはシングル・ヴァージョンも好きだ。


「It's Alright」
スターリング・ヴォイドのハウス・クラシックのカバー。感動的な音楽賛歌だ。


「It's Alright」 by スターリング・ヴォイド
で、原曲。あっさり見つかってYouTube万歳。ネットがなければ聴くことなく終わってたかも。



No.2392/音楽雑記P

音楽 | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/22 (Fri) Jリーガー・ランキング2009 (高校・クラブ版)

「2009」なのは別に間違ってるわけではない(笑)
毎年どこかでやってるに違いないJリーガーの出身校別選手数ランキングを、フツーに人数だけ数えるのはつまんないので、選手の基本評価であるリーグ戦出場試合数を元にポイント化してランキング。
今回は2009年の記録で作成したから「2009」なわけだ。

 J1出場数×2
 J2出場数×1
・・・を基本。

さらに、ボーナス・ポイント。
 欧州リーグ出場数×3
 日本代表Aマッチ出場数×4
・・・を加算した

欧州リーグ出場は、日本代表経験者のみカウント。
出場なしの選手は、仕方ないので「0.5試合」で計算した。
ついでに、特別指定選手も含む。

都道府県ランキングは、特に上位はほぼ人口と比例したりしてあんまり面白くないので今回はやめた。



・市船が2連覇。J1所属選手数最多ってのが効いたか。
・そして国見が2位浮上。黄金期には勝利至上主義を揶揄されたけど、人材も輩出。
・ヴェルディはほとんどJ2ながら3位浮上。森本が代表入りしてカウント可能になったのも効いた。
・サンフレッチェは予想通りJ1復帰による生え抜き選手のポイントUPで上昇。
・地元・群馬の前橋育英が6位浮上!
・静岡勢は分散してトップ10に入らず。
・ユース生え抜き選手を多用したレッズが、分かりやすく上昇。
・中澤だけでランクインしてた三郷工、今回は54位に落ちた(笑)

順位 高校名  ポイント  昨季順位  最多ポイント
市立船橋[千葉] 1068.5 (⇒1)  阿部翔平
国見[長崎] 911.0 (△4) 大久保嘉人
東京ヴェルディ・ユース[東京] 878.0 (△5)  森本貴幸
ガンバ大阪ユース[大阪] 853.5 (▼3)  橋本英郎
サンフレッチェ広島ユース 
[広島]
781.5 (△11)  駒野友一
前橋育英[群馬] 717.5 (△9)  青木剛
横浜F・マリノス・ユース 
[神奈川]
717.0 (△8)  谷口博之
鹿児島実[鹿児島] 716.0 (▼2)  遠藤保仁
ジェフ・ユナイテッド千葉ユース[千葉] 715.0 (▼6)  阿部勇樹
10 滝川第二[兵庫] 619.0 (△12)  岡崎慎司
 
11 清水市商[静岡] 618.5 (▼7)  小林大悟
12 静岡学園[静岡] 615.0 (△14)  永田充
13 東福岡[福岡] 547.0 (▼10)  長友佑都
14 清水エスパルス・ユース[静岡] 477.0 (△16)  枝村匠馬
15 藤枝東[静岡] 458.0 (△19)  長谷部誠
16 桐光学園[神奈川] 450.5 (▼15)  中村俊輔
17 帝京[東京] 445.5 (⇒17)  横山知伸
18 浦和レッドダイヤモンズ・ユース 
[埼玉]
441.0 (△38)  原口元気
19 清水東[静岡] 398.0 (▼13)  内田篤人
20 FC東京U-18[東京] 372.5 (△26)  権田修一
 
21 柏レイソル・ユース[千葉] 360.5 (▼20)  明神智和
22 大津[熊本] 348.0 (▼21)  巻誠一郎
23 ジュビロ磐田ユース[静岡] 324.0 (⇒23)  山本康裕
24 桐蔭学園[神奈川] 303.0 (▼18)  内田潤
25 習志野[千葉] 298.0 (▼24)  玉田圭司
26 鹿島アントラーズ・ユース[茨城] 284.5 (△30)  曽ヶ端準
27 四日市中央工[三重] 274.5 (△29)  北村知隆
 坪井慶介
28 大分トリニータ・ユース[大分] 270.0 (△52)  西川周作
29 星稜[石川] 253.5 (△32)  本田圭佑
30 浦和東[埼玉] 248.5 (△61)  川島永嗣
 
31 奈良育英[奈良] 243.0 (▼25)  楢崎正剛
32 湘南ベルマーレ・ユース[神奈川] 241.0 (△37)  臼井幸平
33 名古屋グランパス・ユース[愛知] 231.0 (⇒33)  吉田麻也
34 武南[埼玉] 228.5 (▼22)  宮沢克行
35 セレッソ大阪ユース[大阪] 226.5 (△41)  松岡亮輔
36 広島皆実[広島] 225.0 (△39)  森重真人
37 初芝橋本[和歌山] 222.0 (▼35)  吉原宏太
38 鹿児島城西[鹿児島] 202.0 (△55)  大迫勇也
 西田剛
39 流通経済大柏[千葉] 199.0 (△62)  長谷川悠
40 八千代[千葉] 198.5 (▼27)  羽生直剛
 
41 渋谷幕張[千葉] 182.0 (△45)  闘莉王
41 京都サンガ・ユース[京都] 182.0 (▼36)  角田誠
43 コンサドーレ札幌U-18[北海道] 178.5 (▼40)  新居辰基
44 北海[北海道] 172.0 (▼34)  北野貴之
45 多々良学園[山口] 161.0 (▼31)  高松大樹
46 東海大翔洋(東海大一含む[静岡] 157.0 (▼28)  鈴木啓太
47 鵬翔[宮崎] 150.5 (▼46)  興梠慎三
48 久留米[東京] 147.0 (▼44)  中村憲剛
48 大宮東[埼玉] 147.0 (▼47)  河原和寿
50 浜名[静岡] 144.0 (▼42)  矢野貴章


No.2391/サッカー雑記

高校サッカーランキング | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/19 (Tue) リーガ第18節:バルサ、リベンジ

(1/16) @バルセロナ[カンプ・ノウ]
バルセロナ(46) 4-0 (30)セビージャ
【得】49'OG(エスキュデ)、70'ペドロ、85',90+1'メッシ

バルサがコパ・デル・レイのリベンジ。

マルケスのクロスをピケが合わせたシュートがオウンゴールを誘い先制すると、シャビの絶妙パスからペドロ、ダニエウ・アウヴェスのクロスからメッシ、アビダルのパスから再びメッシと終盤に畳みかけて大勝。

セビージャはこの日もGKパロップの活躍で粘ったけど、これだけ主力が欠けると勝機なし。4連敗となった。

(バルセロナ)

イブラヒモヴィッチ
アンリ                 メッシ
イニエスタ    シャビ
S・ブスケツ
アビダル  プジョル   ピケ  D・アウヴェス
|V・バルデス|

45/プジョル⇒マルケス
63/アンリ⇒ペドロ
87/イニエスタ⇒ボージャン

(セビージャ)

   コネ         J・カルロス
J・ナバス
ロロ           スタンケヴィシウス
M・バリエンテ
F・ナバロ ドラグティノヴィッチ エスキュデ コンコ
|パロップ|

45/マルク・バリエンテ⇒ドゥシェル、ホセ・カルロス⇒ディエゴ・カペル
59/コンコ⇒アドリアーノ



@パンプローナ[レイノ・デ・ナバーラ]
オサスナ(20) 2-0 (19)エスパニョール


(その他)
レアル、サン・マメスで敗れる

ビルバオ(30) 1-0 (41)R・マドリード
バレンシア(38) 4-1 (23)ビジャレアル
マジョルカ(33) 2-0 (31)デポルティボ
マラガ(17) 1-0 (27)ヘタフェ
アトレチコ(23) 3-2 (24)スポルティング・ヒホン
ラシン(20) 1-1 (17)バジャドリード
アルメリア(18) 1-1 (16)テネリフェ
サラゴサ(14) 0-0 (8)ヘレス


No.2390/サッカー雑記

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(1) |


2010/01/18 (Mon) 週間テレビメモ 1/11-17

【1/11】
◆「水曜どうでしょうClassic」(再)[BS朝日]
『サイコロ4』3週目。
登山家大泉が最も心配していたトロリーバスに続き、「乗った時いた者が降りる時いなくなることもある」「方角を見失う」(笑)というロープウェーに乗り継ぎ、“トロ~リ~”のかけ声とともに黒部ダムを徒歩で通過、ついに立山を越えた一行。
伊勢へ向かう途中の高速では、憎き仇敵・深夜バス博多号に遭遇。散々悪態をついたものの、思いっきり抜き去られて再び敗北を喫したのだった。

そして、この回で『1/6の夢旅人』発表。



◆「アニソンぷらす」[テレ東]
何をトチ狂ったのか、小林ゆう+金田朋子という劇薬調合再び(笑)
金朋が歩道橋で突然“グミチョコレートパイン”を始めただけでなく、ジャンケンに負けてるのに階段を昇っていってしまい、さすがの小林ゆうが戸惑っていた。

2週間したら消されるのだが、記念に貼っておく。




【1/11】
◆「全日本総合バスケットボール選手権」[NHK教育] 男子決勝:アイシン vs 日立
◆「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」

【1/12】
◆「リーガ」 第17節:R・マドリード 2-0 マジョルカ
◆「男子アルペンスキー FIS W杯」(R) GS:アーデルボーデン
◆「草なぎ剛の女子アナ2010 人気芸人が女子アナを丸ハダカSP」[フジ]
加藤綾子のソプラノがけっこうツボった。
加藤綾子

◆「こばと」
◆「リンカーン」[TBS]・・・堀北真希 in リストランテ
◆「君に届け」
裏番伝説
裏番爽子
くるみ敗北
くるみ

【1/13】
◆「男子アルペンスキー FIS W杯」(R) スラローム:アーデルボーデン
◆「水曜どうでしょうClassic」(再)[群テレ]・・・四国八十八カ所・1週目
◆「ゴッドタン」[テレ東]・・・エロ悲しい座談会
◆「にけつッ」
◆「バカとテストと召喚獣」

【1/14】
◆「FAカップ」 3回戦再試合:リバプール 1-2(延長) レディング
◆「ぐるナイ激変ゴチ新メンバーは最年少だ披露スペシャル!!」・・・新メンバー・佐々木希
◆「アメトーーク」・・・新春SP延長戦
◆「モヤモヤさまぁ~ず2」
◆「のだめカンタービレ フィナーレ」(新)[フジ]
◆「ひだまりスケッチ×☆☆☆」
◆「おおかみかくし」
◆「POLYSICS ~COUNTDOWN JAPAN 08/09~」(再)[WOWOW]

【1/15】
◆「.hack//SIGN」(再)
◆「舞-HiME」(再)
◆「そらのおとしもの」
◆「タモリ倶楽部」・・・役に立たない機械
◆「うみねこのなく頃に」(再)
◆「Foot!」(R)[J SPORTS](マリーニョ、藤原清美)
◆「デュラララ」

【1/16】
◆「全日本卓球選手権」[NHK教育]
◆「ジャンプ・ワールドカップ 札幌大会」[NHK BS1]
◆「Jリーグ・タイム」[NHK BS1]
◆「プレミアリーグ」[J SPORTS] 第22節:ストーク・シティ 1-1 リバプール
◆「亡念のザムド」(再)
◆「COBRA THE ANIMATION」
◆「戦う司書」
◆「ベルリン・フィルのジルベスター・コンサート2009」[NHK hi]

【1/17】
◆「リーガ」 第18節:バルセロナ 4-0 セビージャ
◆「ウチくる」(山本高広)
◆「全日本卓球選手権」
◆「ザ!鉄腕!DASH 名犬目指して大挑戦!ダメ犬デブ犬克服SP」[日テレ]
◆「機動戦士ガンダムZZ」(再)
◆「名曲探偵アマデウス」[NHK hi] ブラームス/交響曲第1番

◆「N響アワー」[NHK教育]・・・1928パリのめぐりあい
◆「男子アルペンスキー FIS W杯」(R) ダウンヒル:ウェンゲン
◆「ガキの使い」・・・大晦日SP未放送2週目
◆「はなまる幼稚園」
◆「リーガ」 第18節:ビルバオ 1-0 R・マドリード



*今週の映画

【1/15】
◆「プラダを着た悪魔」[日テレ]
アン・ハサウェイとメリル・ストリープのための映画だったなあ。
でもエミリー・ブラントも良かった。
公開時のTVCM見ただけでこれは面白そうだと直感したけど、その直感を上回る面白さ。
なるほど、フジが「リアル・クローズ」をドラマ化したくなるのもよく分かった(笑)


【1/17】
◆「荒野の決闘」[NHK hi]
ジョン・フォード監督、ヘンリー・フォンダ主演の名作。
初見の時はつまらんとか思ったけど、久しぶりに見たら名画の看板通りだったな。




*今週の奈穂子
鈴木奈穂子
鈴木奈穂子
鈴木奈穂子


No.2389/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/15 (Fri) レディオヘッド 「ゼア・ゼア」

年末のHDD整理で、1年前に録ったきりだった日本でのライブをやっと見たのだった。

「イン・レインボウズ」は最初は微妙だったけど、後になって地味ながら傑作だなと思い直したな。
ただ、ライブの中では過去の名曲群の引き立て役になっちゃってた。

そんな名曲群の中から。



収録アルバム 「ヘイル・トゥ・ザ・シーフ」
レディオヘッド 「ヘイル・トゥ・ザ・シーフ」


No2388サッカー雑記

音楽 | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/14 (Thu) 日本代表:ベネズエラ戦メンバー発表

今年最初の「フル代表」が昨日発表。
今回は国内組だけのようだ。

なんといっても石川の復帰が嬉しい。
そして、イエメン戦を戦った「B代表」からただ一人、デビュー戦ハットトリックを達成した平山が「昇格」。
村松は新型インフルのためにイエメンで見られなかったことで改めて招集したらしい。

でもって何で今さら小笠原?と思ったら、「攻撃的MF」でテストしたいようで、なるほど。
1トップの場合、大久保、松井が去年パッとしなかったことで、今のところ左サイドだけが「空席」。
金崎、香川も含めて解決策を模索ってところなんだろう。
あとは俊輔があんな状況なので、保険ってこともあるか。


=GK=
楢崎 正剛 (名古屋)
川島 永嗣 (川崎)
西川 周作 (広島)

=DF=
中澤 祐二 (横浜M)
田中 マルクス 闘莉王 (名古屋)
駒野 友一 (磐田)
岩政 大樹 (鹿島)
今野 泰幸 (東京)
徳永 悠平 (東京)
長友 佑都 (東京)
内田 篤人 (鹿島)
村松 大輔 (湘南)

=MF=
小笠原 満男 (鹿島)
遠藤 保仁 (G大阪)
中村 憲剛 (川崎)
石川 直宏 (東京)
阿部 勇樹 (浦和)
大久保 嘉人 (神戸)
金崎 夢生 (名古屋)
香川 真司 (C大阪)

=FW=
玉田 圭司 (名古屋)
佐藤 寿人 (広島)
平山 相太 (東京)
岡崎 慎司 (清水)
興梠 慎三 (鹿島)




No.2387/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) | comment(1) |


2010/01/13 (Wed) 09/10高校サッカーランキング (高校版)

続いて高校ランキング。
過去5年間の、高校総体、全日本ユース、高校選手権の成績を元に作成したトップ50。

ポイント計算は、
・1回戦勝利 = 1ポイント
・2回戦勝利 = 2ポイント
・3回戦勝利 = 3ポイント
・準々決勝勝利 = 4ポイント
・準決勝勝利 = 6ポイント
・決勝勝利 = 10ポイント

・・・を基本に。

・PK負け = それぞれの半分のポイント
・出場ポイント

・・・などを加算


・流通経済大柏が、今季は目立った活躍はなかったものの初のトップ!
・市立船橋は、5年前の「総体準優勝」「選手権準優勝」のポイントがごっそり抜けて3位に転落。
・そして、都道府県ランキング同様の事件。黄金期の貯金がなくなったことで、国見が10位からトップ50さえも落ちてしまった。ちなみに56位までの大幅ダウン。
・さらに鹿児島実も、5年前の選手権優勝のポイントが抜けて3位からトップ10落ち。
・地元・群馬の前橋育英は、総体優勝で4位浮上!選手権はもったいなかったな。初戦勝ってれば、次は優勝した山梨学院大付と当たってた。
・その山梨学院大付は、111位から93ランクという急上昇で18位に。


順位 高校名  ポイント  昨季順位  今季の
 主な成績
流通経済大柏 [千葉] 93.3 (△2) 全日本Y1次
青森山田 [青森] 77.0 (△4) 選手権準優勝
市立船橋 [千葉] 67.1 (▼1)  
前橋育英 [群馬] 53.2 (△13) 総体優勝
滝川第二 [兵庫] 52.9 (⇒5)  
作陽 [岡山] 51.9 (△8) 選手権16強
広島皆実 [広島] 49.0 (⇒7) 総体2回戦
広島観音 [広島] 44.0 (△11) 選手権8強
大津 [熊本] 37.3 (△15) 総体4強
10 野洲 [滋賀] 36.8 (△12) 選手権1回戦
 
11 盛岡商 [岩手] 36.6 (▼9)  
12 星稜 [石川] 35.2 (▼6) 選手権2回戦
13 佐賀東 [佐賀] 30.9 (△21) 総体4強
14 那覇西 [沖縄] 29.3 (⇒14) 総体16強
15 初芝橋本 [和歌山] 27.6 (△17)  
16 鹿児島実 [鹿児島] 27.5 (▼3)  
17 鹿児島城西 [鹿児島] 27.4 (△18)  
18 山梨学院大付 [山梨] 27.2 (△111) 選手権優勝
19 神村学園 [鹿児島] 26.4 (△24) 選手権8強
20 鹿島学園 [茨城] 23.0 (⇒20)  
 
21 静岡学園 [静岡] 22.6 (⇒21) 全日本Y1次
22 米子北 [鳥取] 22.5 (△76) 総体準優勝
23 藤枝東 [静岡] 21.3 (▼16)  
24 高川学園 [山口] 20.2 (▼19) 総体1回戦
25 帝京 [東京] 17.6 (△28) 総体1回戦
26 國學院久我山 [東京] 16.4 (△29)  
27 遠野 [岩手] 16.3 (△31) 総体2回戦
28 東福岡 [福岡] 16.1 (▼25) 全日本Y1次
29 室蘭大谷 [北海道] 15.9 (▼27)  
30 桐光学園 [神奈川] 15.3 (▼26) 全日本Y16強
30 藤枝明誠 [静岡] 15.3 (△-) 全日本Y8強
 
32 真岡 [栃木] 14.5 (△34) 総体2回戦
33 丸岡 [福井] 14.4 (▼32) 総体2回戦
34 関西大学第一 [大阪] 14.2 (△60) 選手権4強
35 八千代 [千葉] 13.2 (△38) 選手権16強
36 大分鶴崎 [大分] 12.4 (▼35)  
37 東海大五 [福岡] 12.3 (▼33)  
38 日章学園 [宮崎] 12.1 (△40) 選手権16強
39 韮崎 [山梨] 11.9 (▼36)  
40 矢板中央 [栃木] 11.4 (△86) 選手権4強
 
41 桐蔭学園 [神奈川] 11.3 (▼29) 総体2回戦
42 鹿島 [茨城] 11.2 (▼38) 選手権2回戦
42 玉野光南 [岡山] 11.2 (△51) 総体8強
44 岐阜工 [岐阜] 11.1 (△68) 総体16強
45 大阪桐蔭 [大阪] 10.8 (▼41) 全日本Y16強
46 香川西 [香川] 10.3 (△47) 選手権16強
47 立正大淞南 [島根] 9.6 (△56) 総体16強
48 津工 [三重] 9.3 (▼37)  
49 徳島商 [徳島] 9.1 (⇒49) 総体2回戦
50 神戸科学技術 [兵庫] 9.0 (△85) 総体8強


No.2386/サッカー雑記

高校サッカーランキング | trackback(0) | comment(1) |


2010/01/13 (Wed) 09/10高校サッカーランキング (都道府県版)

毎年恒例お遊び企画。
過去5年間の、高校総体、国体(2005年のみ)、全日本ユース、選手権の成績を元に作成。

ポイント計算は、
・1回戦勝利 = 1ポイント
・2回戦勝利 = 2ポイント
・3回戦勝利 = 3ポイント
・準々決勝勝利 = 4ポイント
・準決勝勝利 = 6ポイント
・決勝勝利 = 10ポイント

・・・を基本に。

・PK負け = それぞれの半分のポイント
・出場ポイント

・・・などを加算


・今季は「無冠」に終わった千葉だけど、圧倒的トップは変わらず。
・そして今季はちょっとした事件。ここずっと千葉と覇を競っていた長崎が、国見黄金期の貯金が底をついて一気に36位までダウン。
・地元・群馬は、前橋育英の活躍で5位浮上!
・山梨学院大付が選手権を制した山梨も13位にアップ。
・下位では、今季ダメなら5年間勝利なしだった京都が踏ん張って最下位脱出。ちなみに来年は愛媛が頑張らないと5年間無勝利の危機。


順位 都道府県名  ポイント  昨季順位  今季の主な成績
千葉 162.4 (⇒1) 八千代:選手権16強
広島 98.4 (△3) 広島観音:選手権8強
鹿児島 83.6 (▼2) 神村学園:選手権8強
青森 76.2 (△7) 青森山田:選手権準優勝
群馬 70.5 (△10) 前橋育英:総体優勝
静岡 70.1 (▼4) 藤枝明誠:全日本Y8強
岡山 67.3 (△9) 玉野光南:総体8強
兵庫 63.1 (▼5) 神戸科学技術:総体8強
岩手 56.7 (▼6)  
10 滋賀 48.4 (▼8)  
 
11 熊本 44.9 (△20) 大津:総体4強
12 東京 42.2 (⇒12)  
13 山梨 40.5 (△27) 山梨学院大付:選手権優勝
14 大阪 38.6 (△23) 関西大学第一:選手権4強
15 福岡 35.3 (⇒15)  
16 神奈川 35.1 (▼13) 桐光学園:全日本Y16強
17 石川 34.5 (▼11)  
18 茨城 34.2 (△19)  
19 沖縄 33.9 (▼17) 那覇西:総体16強
20 和歌山 33.7 (▼16)  
 
21 佐賀 32.0 (△25) 佐賀東:総体4強
22 鳥取 30.2 (△36) 米子北:総体準優勝
23 大分 27.2 (△26) 中津工・中津東:総体8強
24 栃木 27.0 (△29) 矢板中央:選手権4強
25 山口 24.7 (▼18)  
26 北海道 22.1 (▼24)  
27 宮崎 19.7 (▼21) 日章学園:選手権16強
28 埼玉 18.9 (▼22)  
29 三重 18.0 (▼28)  
30 岐阜 15.7 (△34) 岐阜工:選手権16強
 
31 福井 13.5 (△32)  
32 香川 12.5 (△33) 香川西:選手権16強
33 宮城 10.2 (▼31)  
34 島根 9.2 (△37) 立正大淞南:総体16強
35 徳島 9.2 (△38)  
36 長崎 8.7 (▼14)  
36 愛媛 8.7 (▼30)  
36 高知 8.7 (△46) 高知:選手権16強
39 奈良 8.2 (△40) 一条:総体8強
40 秋田 6.5 (▼39)  
 
41 富山 5.7 (△42)  
42 京都 5.5 (△47) 久御山:総体16強
43 福島 5.0 (⇒43) 尚志:選手権16強
44 愛知 4.7 (▼40)  
45 山形 4.2 (▼34)  
46 新潟 3.9 (▼44)  
47 長野 3.7 (▼45)  


>>■09/10高校ランキング

No.2385/サッカー雑記

高校サッカーランキング | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/12 (Tue) リーガ第17節:レアル、雪中の勝利

(1/10) @マドリード[サンティアゴ・ベルナベウ]
レアル・マドリード(41) 2-0 (30)マジョルカ
【得】8'イグアイン、50'グラネロ

レアルはカカが戦列復帰。
欠場中にトップ下を勤めて好プレーを見せていたファン・デル・ファールトを左サイドにもってきて共存をテストしたが、今度はファン・デル・ファールトがケガしてしまって途中交代。
欧州を襲ってる寒波がマドリードまで及び、雪の中での試合だったことが影響した感じ。

うっすらと積雪する難しいコンディションの中、イグアインのゴラッソなミドルと、クリロナのクロスからのグラネロのボレー2発でレアルが勝利。
4位と躍進していたマジョルカを一蹴して2010年初勝利を挙げた。

ついでにグティがようやくペジェグリーニと和解したようでこちらも復帰。
ただ、サポはあんまり沸かず。

(マドリード)

C・ロナウド   イグアイン
カカ
V・D・ファールト      X・アロンソ
ガーゴ
マルセロ   ガライ  アルビオル アルベロア
|カシージャス|

21/ファン・デル・ファールト⇒グラネロ
69/カカ⇒ベンゼマ
84/シャビ・アロンソ⇒グティ

(マジョルカ)

アドゥリス
G・カストロ   B・バレーロ J・アルバレス
M・スアレス マルティー  
アヨセ     ルベン    ヌニェス    ホセミ  
|アワテ|

57/フリオ・アルバレス⇒ケイタ
77/アドゥリス⇒ペッツォラーノ
84/マルティー⇒ビクトル



(その他)
俊輔はそろそろ出番かというところで勝ち越しゴールがあって不出場。

テネリフェ(15) 0-5 (43)バルセロナ
ヘレス(7) 1-3 (35)バレンシア
デポルティボ(31) 1-0 (17)オサスナ
セビージャ(30) 1-2 (19)ラシン
スポルティング・ヒホン(24) 1-0 (27)ヘタフェ
マラガ(14) 1-1 (27)ビルバオ
ビジャレアル(23) 1-1 (17)アルメリア
バジャドリード(16) 0-4 (20)アトレチコ
エスパニョール(19) 2-1 (13)サラゴサ


No.2384/サッカー雑記

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(1) |


2010/01/11 (Mon) 週間テレビメモ 1/4-10

【1/4】
◆「水曜どうでしょうClassic」(再)[BS朝日]
『サイコロ4』2週目。
日本アルプスを行くことになり、大泉が登山家として訥々と語り出す。
登山家・大泉によれば、この日は「立山の怪物」が訪れたあの冬と同じ天気ということで、特に「トロリー(バス)」への不安を隠さないのだった(笑)


【1/9】
◆「めちゃ×2イケてる! テレビの力は超無限大お年玉自腹スペシャル」[フジ]
今回は『歌へた紅白スペシャル』がメイン企画。
オードリー・若林と山口もえは(音程の)「つかみ合い」に失敗し、松野明美は猫の霊に憑かれ、光浦は「アゴ歌唱法」で失敗と、常連メンバーが安定感さえも感じるクオリティーを発揮する中、新たなスターが誕生した(笑)

ガッツだぜ?


夢の共演が実現




【1/4】
◆「日本美ナンダコリャこれくしょん」(再)[NHK hi]
◆「リーガ・ダイジェストDX!」[WOWOW]
◆「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」(新)[テレ東]
◆「おねだり!!マスカット」[テレ東]
◆「アニソンぷらす」

【1/5】
◆「こばと。」[NHK BS2]
◆映画「ゴッドファーザー PART2」[NHK hi]
◆「君に届け」[日テレ]
まだ自分の感情に気づかない爽子でした。
爽子&風早

策士策に溺れる
くるみ

シャドーボクシング(笑)
爽子

矢野ちん、くるみをとっちめる
矢野ちんvsくるみ


【1/6】
◆映画「壬生義士伝」[NHK BS2]
◆「水曜どうでしょうClassic」(再)[群テレ]・・・東北2泊3日・最終週
◆映画「ゴッドファーザー PART3」[NHK hi]
◆「にけつッ!!」[日テレ]
◆「バカとテストと召喚獣」(新)[テレ東]

【1/7】
◆「アメトーーーーーーク テレビ界に新春卍固め 家電じゃない方SP!!」[テレ朝]
◆「電脳コイル」(再)[NHK hi]
◆「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!」・・・町工場芸人
◆「ひだまりスケッチ×☆☆☆」(新)[TBS]
◆「おおかみかくし」(新)[TBS]

【1/8】
◆「森田和義アワー 笑っていいとも!」[フジ]
◆「クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス」(再)[NHK総合] パガニーニ/24の奇想曲
◆「バルサTV」(R)[J SPORTS] リーガ第16節:vsビジャレアル
◆映画「もののけ姫」[日テレ]
◆「.hack//SIGN」(再)
◆「舞-HiME」(再)
◆「そらのおとしもの」
◆「タモリ倶楽部」[テレ朝]・・・スカイツリー鑑賞物件
◆「うみねこのなく頃に」(再/始)[BSイレブン]
◆「デュラララ!!」(新)[TBS]
◆「おまもりひまり」(新)[BS日テレ]

【1/9】
◆「激○王」[フジ]
◆「土曜スタジオパーク」[NHK総合](成海璃子)
◆「09/10プレミアリーグ」(R)[J SPORTS] 第21節:アーセナル 2-2 エバートン
◆「亡念のザムド」(再)
◆「COBRA THE ANIMATION」
◆「天体戦士サンレッド」
◆「戦う司書」[BSイレブン]

【1/10】
◆「ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート2008」(再)[NHK hi]
◆「ウチくる!?」[フジ](里田まい)
◆「さんまのまんま」[フジ](藤川優里)
◆「全日本総合バスケットボール選手権」[NHK教育] 女子決勝:JOMO vs アイシン
◆「機動戦士ガンダムZZ」(再)
◆「グレート・サミッツ 美しき世界の名峰へ」[NHK hi]
◆「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」[日テレ]・・・大晦日SP未放送映像
◆「はなまる幼稚園」(新)[テレ東]

今週の奈穂子
鈴木奈穂子
鈴木奈穂子
鈴木奈穂子
鈴木奈穂子


No.2383/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/06 (Wed) デヴィッド・ボウイ 「スペース・オディティ」

「寅年」や「2010」にちなむものを考え抜いた結果、

2010から、あらすじさえも忘れた映画「2010」映画「2001年宇宙の旅」(「2010」は続編)と繋がり、「2001年宇宙の旅」からデヴィッド・ボウイがインスパイアされた名曲「スペース・オディティ」と、こじつけにこじつけを重ねて決定(笑)



過去の名声に悩まされたデヴィッド・ボウイは後々、歌詞は麻薬中毒者の「トム少佐」の妄想だということにしちゃったが。



デヴィッド・ボウイ 「スペース・オディティ」
デヴィッド・ボウイ 「スペース・オディティ」


No.2382/音楽雑記V

音楽 | trackback(0) | comment(1) |


2010/01/05 (Tue) リーガ第16節

(1/2) @バルセロナ[カンプ・ノウ]
バルセロナ(40) 1-1 (22)ビジャレアル
【得】7'ペドロ、51'ダビド・フステル

試合前にはクラブ・ワールドカップ優勝のセレモニーがあったバルサ。
サポーターは元よりビジャレアルのイレブンもパシージョでバルサの選手を迎えてた。

試合も、アンリのボレーがバーを叩いたこぼれ球をペドロが決めて幸先よく先制したが、バルサのDFライン~中盤へ積極的にプレスをかけるビジャレアルの戦術が的中。バルサはいつものリズムがでない。
そして後半早々、カニのクロスをダビド・フステルがハーフボレーで合わせてビジャレアル同点。
バルサは負傷明けのイニエスタを投入して攻撃力を高めたが、ビジャレアルの守備に最後まで手こずり、決定機も生かせず。
主審の判定にも苛つかされ、結局新年初戦をドローで終えた。

(バルセロナ)

イブラヒモヴィッチ
アンリ                ペドロ
ジョナタン   シャビ
S・ブスケツ
アビダル  プジョル  ピケ D・アウヴェス
|V・バルデス|

58/ドス・サントス⇒イニエスタ
86/ペドロ⇒ボージャン

(ビジャレアル)

ニウマール
カソルラ   D・フステル     カニ
ブルーノ   M・セナ
カプデビラ マルカーノ ゴディン  J・ベンタ
|D・ロペス|

68/カソルラ⇒エスクデロ
76/ニウマール⇒ロッシ
90+1/ダビド・フステル⇒エグレン



 @バレンシア[メスタージャ]
バレンシア(32) 1-0 (16)エスパニョール
【得】90+3'ジギッチ

前半は珍しく守備組織が機能してうまくバレンシアを封じてたエスパニョール。
しかし後半はバレンシアの個人能力に防戦一方。
俊輔投入で流れを変えにいったがうまくいかず。
それでもなんとかドローに持ち込めそうだったが、ロスタイム、ホアキンのクロスをジギッチにヘッドで決められ、土壇場で1ポイントを逃してしまった。
逆にバレンシアは、これまで同様にホームでポイントを落としそうなところでの劇的勝利で勢いに乗りそうだ。

エスパニョールは前半、今さらながらポゼッションサッカーを意識してたようで、それなら俊輔も存在意義を見いだせそうなところだが、ハビ・マルケスがその中心として頭角を現してしまっててピンチ変わらず。

(バレンシア)

ビジャ
J・アルバ   マタ    ホアキン
  バネガ  アルベルダ
ブルーノ アレクシス D・ナバロ  ミゲウ
|セサール|

64/ヨルディ・アルバ⇒ジギッチ
74/バネガ⇒マヌエウ・フェルナンデス
80/アルベルダ⇒マルチェナ

(エスパニョール)

カジェホン
コロ      ベルドゥ  L・ガルシア
J・マルケス  モイセース
チカ   フォルリン  パレハ ロンカリア
|カメニ|

61/コロ⇒中村
79/ベルドゥ⇒ピジュ
90+2/カジェホン⇒ペドラサ



(その他)
レアル首位奪回逃す。

オサスナ(17) 0-0 (38)R・マドリード
マジョルカ(30) 2-0 (26)ビルバオ
アトレチコ(17) 2-1 (30)セビージャ
サラゴサ(13) 0-0 (28)デポルティボ
ヘタフェ(27) 1-0 (16)バジャドリード
スポルティング・ヒホン(21) 2-2 (13)マラガ
ラシン(16) 2-0 (15)テネリフェ
アルメリア(16) 1-0 (7)ヘレス


No.2381/サッカー雑記

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/04 (Mon) 週間テレビメモ 12/28-1/3

【12/28】
◆「水曜どうでしょうClassic」[BS朝日]
『サイコロ4』。
「カントリーサイン」の続きと思わせて、スタート地点・島根へ向かう大泉騙し。
フツーならクルマの走行ルートで早々に勘づくところだったが、地図も読めない大泉、空港に着くまで気づかないのだった(笑)
出雲神社の話から大泉が、各地の神社からやってきた神様が集うという「神様サミット」にも参加した神様であるとを告白。
三吉さんや成田さん、お伊勢さん、靖国さんの裏話を聞かせてくれた(笑)


【1/1】
◆「歌うお正月!6時間笑いっぱなし生伝説~ライブ・ザ・よしもと2010~」[テレ東]
歌が中心と聞いて心配してたら不安的中。
1~2時間ほど見てあとはビデオに録ったものの、ほとんど早送りで終わらせてしまった。

そんな中、板尾が出てきたところだけ見たら面白かった。
新喜劇がなんかで歌ったらしい、『祭』という北島三郎っぽい歌を熱唱。

はあ~ 祭りだ祭りだ 祭りが祭りが 今年は中止だ~
毎年やると思うなよ 今年はやらねえぞ
それが江戸っ子だ それが日本人
三百年も続いたが 今年はやらねえぞ
帰れ
それが男だ それが若さだ
ふんどし姿の若い衆 今年は集まるな
解散

あんた、今年の祭りはほんまに中止やの?
やかましやい! 酒や酒や、酒返してこい!




【12/28】
◆「FISワールドカップ・アルペン」(R) ダウンヒル:ボルミオ
◆「爆笑大日本アカン警察」[フジ]
◆「ビートたけしのもう1回だけ見ちゃいけないTV」[TBS]

【12/29】
◆「天皇杯」[NHK総合] 準決勝:清水 1-1(PK3-5) 名古屋、G大阪 2-1 仙台
◆「女自転車ふたり旅 in ハワイ ふたりのビッグアイランド」[NHK総合]・・・長澤まさみ&水川あさみ
◆「サッカー日本代表・W杯ライバル徹底分析 ~岡田武史監督・勝利への戦略」[NHK BS1]
◆「行列48時間」[NHK総合](再)

【12/30】
◆「プレミアリーグ」[J SPORTS] アストン・ビラ 0-1 リバプール
◆「モヤモヤさまぁ~ず 年末スペシャル」
◆「行列48時間」(再)
◆「ささめきこと」(終)

【12/31】
◆「プレミアリーグ」[J SPORTS] ポーツマス 1-4 アーセナル
◆「第88回全国高校サッカー選手権」[日テレ] 1回戦:境 1-0 東久留米総合
◆「ETV50 もう一度見たい教育テレビ フィナーレ」[NHK教育]
◆「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP」

【1/1】
◆「芸能界ライバル激突 志村&所の戦うお正月 仁義なき頂上決戦2010」[テレ朝]
◆「第89回 天皇杯全日本サッカー選手権」[NHK総合] 決勝:G大阪 4-1 名古屋
◆「芸能人格付けチェック! これが真の一流品だ! 2010お正月スペシャル」[テレ朝]
◆「生中継! ウィーンフィル ニューイヤーコンサート2010」[NHK教育]
◆「着信御礼!ケータイ大喜利 お正月スペシャル」[NHK総合]
◆「.hack//SIGN」(再)[BSイレブン]
◆「舞-HiME」(再)[BSイレブン]
◆「そらのおとしもの」[BSイレブン]
◆「バラエティ7スペシャル モヤさま・アリケン・ゴッドタン テレビ東京ラジー賞 ~明日のテレビを考える~」[テレ東]
◆「アニソンぷらす ライブ初挑戦スペシャル」[テレ東]
許してやって(笑)

野中藍
野中藍


【1/2】
◆「雅の世界・百人一首」[NHK総合]
◆「史上空前!笑いの祭典ドリームマッチ2010! ~正月恒例ネタ祭り~」[TBS]
◆「亡念のザムド」(再)[BSイレブン]
◆「COBRA THE ANIMATION」(新)[BSイレブン]
◆「天体戦士サンレッド」[ニコニコ]
◆「FAカップ09/10」[J SPORTS] 3回戦:レディング 0-0 リバプール
◆「黄金の洋楽ライブ」(再)[NHK BS2]・・・ペット・ショップ・ボーイズ

【1/3】
◆「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」[WOWOW] 第16節:バレンシア vs エスパニョール
◆「新BSディベート」(R)[NHK BS1]・・・2010FIFAワールドカップ どう戦う日本・勝利への道
◆「今田東野!北の果ては俺の旬」[TBS]
◆「クイズ☆タレント名鑑」[TBS]
◆「世界の果てまでイッテQ! 新春珍獣祭りSP」[日テレ]
◆「お正月から笑いを獲れ 新春イロモネアSP!」[TBS]
◆「機動戦士ガンダムZZ」(再)[BSイレブン]
◆「FAカップ」 3回戦:ウエストハム 1-2 アーセナル
◆「リーガ」(R) 第16節:バルセロナ vs ビジャレアル


No.2380/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/02 (Sat) モヤさま・アリケン・ゴッドタン テレビ東京ラジー賞

【1/1】
◆「バラエティ7スペシャル モヤさま・アリケン・ゴッドタン テレビ東京ラジー賞 ~明日のテレビを考える~」[テレ東]
去年、「モヤさま」「アリケン」「怒りオヤジ」のメンバーでやって正月番組ナンバー1の面白さだった忘年会が、終了した「怒りオヤジ」を「ゴッドタン」に変更して再び。
さらに、去年は不参加だった大江マリリンも出演し、ゴッドタンからも松丸アナが参加。
それぞれの番組の「ドイヒー」な場面を振り返り、「ラジー賞」を贈った。

クライマックスはやっぱり主演女優賞。
「ゴッドタン」でおなじみの松丸アナのコマネチを、大江マリリンと大橋アナもやらされた(笑)

とても大江アナらしい控えめなコマネチ
大江マリリン

さすが、「やりすぎ」などで鍛えられてる(笑)
大橋未歩

三村曰く「本家を越えた」(笑)
×○
大賞のプレゼンターとして登場した及川奈央でさえも、松丸アナにコマネチ勝負を挑んで完敗したほどの完成度(笑)


No.2379/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/02 (Sat) 天皇杯決勝:ガンバ連覇

(1/1) @東京[国立競技場]
G大阪 4-1 名古屋
【得】6'ルーカス、40'中村直志、77',90+2'遠藤保仁、86'二川孝広

序盤はグランパスの方が良い感じとか思ってたら、あっさりがガンバ先制。
6分、遠藤⇒二川⇒山崎と見事なパスワークから最後はルーカス。

グランパスも14分に阿部のクロスを玉田がヘッドで合わせたが、シュートはGK正面。
17分、ガンバもFKから山口のヘッドがグランパスゴールを襲うが、こちらもGK正面だった。

ガンバの早いプレスにカウンターもできず、逆にボールを持たされてカウンターを受けていたグランパスだったが、マギヌンを右に移動して打開策を図る。
30分には、するすると攻撃参加した吉村のシュートがポストを叩くチャンス。

そして40分、グランパスが追いつく。
玉田のクロスをケネディがヘッドで落としたところを中村がヘッドで押し込んだ。
ずっとケネディを封じてたガンバだったが、ほんのわずかな隙を与えただけで仕事をされてしまった。

そして後半は一進一退。
49分にグランパスにケネディのヘッドのチャンスがあれば、53分にはガンバも橋本のボレー、遠藤のバイシクルと立て続けのチャンス。
さらにガンバは60分に遠藤のボレーの好機があったが、グランパスも65分、マギヌンのクロスがケネディの足をかすめる場面があった。

この後グランパスはブルザノヴィッチ、ガンバはチョ・ジェジンを投入したが、どちらもあまり効果はなし。

72分、ガンバは二川にチャンスが来たがシュートミス、一方グランパスは玉田が山口に引っかけられてすわPK?という場面があったが、ダイブを取られて逆にイエロー。
VTR見たらナイスジャッジだった。

そして77分、試合を決めたのはやっぱりというか、遠藤だった。
明神のパスを受けると吉田をパスカット寸前でかわし、さらに詰めてきたバヤリツァもひらりとかわして左脚を一閃。珍しいドリブル突破からのシュートで鮮やかに楢崎を破った。
今シーズンの締めくくりにふさわしく、新年の始まりにもふさわしいファインゴールだったな。

グランパスは巻、アレックスを投入して総攻撃体勢に入ったが、なぜかアレックスを中央に配置。せっかくのツインタワーも生きなかった。

そしてグランパス最後のチャンスとなったCKからのガンバのカウンター。
アレックスの中途半端な対応から明神がドリブルで突破すると、二川からパスを受けた遠藤がエリア内で二川にパスを返す余裕で試合を決める3点目。
さらにロスタイムにも遠藤が4点目を決めたガンバが快勝で天皇杯連覇を達成した。

決勝戦となると膠着しがちだけど、面白い試合だったな。

ついでに、これで来季のACLにサンフレッチェが出場することが決定した。

(ガンバ)

山崎雅人   ルーカス
二川孝広           橋本英郎
遠藤保仁  明神智和
安田理大  山口智  中澤聡太  加地亮
|松代直樹|

70/山崎⇒チョ・ジェジン

(グランパス)

ケネディ
マギヌン             玉田圭司
小川佳純   中村直志
吉村圭司
阿部翔平  吉田麻也 バヤリツァ 田中隼磨
|楢崎正剛|

65/小川佳純⇒ブルザノヴィッチ
80/中村直志⇒巻佑樹、吉村圭司⇒三都主アレサンドロ



思わず吹いた(笑)
グランパスくん


No.2378/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/01 (Fri) ガキの使い大晦日スペシャル

【12/31】
◆「ダウンタウンのガキの使い 大晦日スペシャル!! 絶対に笑ってはいけないホテルマン24時!」[日テレ]
今回は6時間もの長さということで少々不安だったけど、予想以上というか年越しSPになってからでは一二を争う面白さだったあ。
特に前半は凄かった。

とにかく通勤バスの一発目・林家マー子が今回のクオリティを象徴してた感じで、序盤にも関わらず最も強烈な印象が残った。
林家マー子
ハッハ~というパー子の愛想笑いのマネも完璧。女優魂を感じた(笑)

マツコはすでに鉄板ネタ(笑)
デラックス隊長

ホテル前のタクシーにも強力なネタが。
スカルノ無線
他のタクシー運転手と揉めて小競り合いをしてた(笑)

今回の受付嬢はI am 前田美波里。
前田美波里
遠藤⇒エンドレに吹いた。


今回も激しい潰し合いが展開された控え室。
ホテル紹介ビデオには、常連・千秋だけでなく、ついにハマタの嫁も初出演。
小川菜摘

いっくんはボソボソとネタをやり、若林に容赦なくツッコまれていた。
オードリー・いっくん

神経衰弱は良い企画だったなあ。
岸部シロー

今回の板尾はただ馬に乗ってきただけで笑かしてくれた。
板尾

身内ネタではハマタの嫁を越えるサプライズ。遠藤の実弟が3代目おにぃになった(笑)
遠藤弟

タンバリン芸を見事にコピーした大沼Dは会心のドヤ顔(笑)
大沼D

今回のgdgd演劇は「ロッキー」だったが、ロッキー役がまさかのクラウディア(笑)
クラウディア
で、エイドリアン役が梅宮辰夫だった。

フロントでは、コブラ&レディというか、レディが一番吹いた(笑)
目黒佑樹&おばちゃん

ボインジャー
叶姉妹&村上
なにしろ、江頭の影が薄いほどだった。

ジミーの天然に頼ったネタはあんまり好きじゃないんだけど、「しょ」は笑た。
ジミー
ちなみに今年を一言で表した。

来年も頼むぞ、ガースー。
ガースー


No.2377/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

PROFILE

ペンギンジャンプ

CALENDER

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ENTRIES

ONGAKU

ビョーク 「ポスト」 ドアーズ 「ウィンタータイム・ラヴ」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ 「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」 電気グルーヴ 「虹」
ビートルズ 「リボルバー」 チャラ  「あたしはここよ」
カヒミ・カリィ 「アイ・アム・ア・キトゥン」 ジミ・ヘンドリックス 「ブードゥー・チャイルド(スライト・リターン)」
ルー・リード 「トランスフォーマー」 椎名林檎 「無罪モラトリアム」
吉川晃司 「モダン・タイム」 矢野顕子 「峠のわが家」

[アーカイブス]
…けっこうな動画集になってしまった
    

Twilog

    

CATEGORY

ARCHIVES

SouthAfrica2010

   

EURO2008

予備サイト
[ENTER]

GERMANY2006

折角なのでしばらく残しとこ。



DENTAKU

電卓

リンク

Gallery

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

FC2カウンター

OTENKI