前橋のほどよい郊外//興味のままに・・・で、チャンピオンズリーグ、Jリーグ、リーガ・エスパニョーラ・・・サッカー多し
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/12/31 (Wed) アメトーーク 年末ゴールデンSP

【12/30】
◆「アメトーーク 年末ゴールデンSP」[テレ朝]
今回のSPは、『歳末・家電芸人祭り』第3弾と、『中学の時イケてないグループに属してた芸人』第2弾。
『家電芸人』も面白いし、何よりゴールデン向きだけど、『中学の時イケてない芸人』の前では「前座」だ。
第1弾は今年の最高回だと思ったけど、やはりというか、DT松本が絶賛したほか、なんでも東京新聞に主婦からすばらしいと投書があったらしい。


今回は、サバンナ・高橋、博多大吉、麒麟・川島、笑い飯・西田、ロバートのほか、よゐこ・濱口、オリラジ・中田、オードリー・春日が出演。
それぞれ中学時代の制服を再現して登場したが、ヤンキー風だけど「家着」の濱口と、前回に続いて手製鎖帷子の西田でつかみはOK(笑)

前回同様、まずはそれぞれの中学時代のあだ名を発表。

 サバンナ・高橋 「リュックびちゃ男」
 ロバート・秋山 「ショルダー」
 ロバート・馬場 「釣りジャン」 「インディカ米」
 ロバート・山本 「山本あきこ」「与謝野晶子」「与謝蕪村」
 麒麟・川島 「マスカット」
 笑い飯・西田 「粉吹き芋」 
 博多大吉 「捕虜」

第1弾に出てたメンバーは前回発表したけど、ロバート・馬場が「インディカ米」とも呼ばれてた事を追加し、ロバート・山本も、「与謝野晶子」から「与謝蕪村」に変化したことを思い出したらしい(笑)
新メンバーでは、

 よゐこ・濱口 「まゆげ」
 オードリー・春日 「梅宮辰夫」・・・水泳部で日焼けした結果(笑)
 オリラジ・中田 「滝廉太郎」⇒「タッキー&廉太郎」⇒「アンド」⇒「安藤」・・・ジャン・レノの丸メガネに憧れた結果

その後、入学式や体育祭、バレンタインなどの行事で「イケてないグループ」がどう行動してたかを、それぞれ告白。
ただ、面白かったエピソードをピックアップしたら、

 博多大吉 「入学式で2年と1年の板挟み」、「体育祭で土下座と駄馬」、「バレンタインは東京の行事」
 ロバート・山本 「ゲームソフトに■本田」、「サッカーで1トップ」

・・・と、博多大吉とロバート・山本に尽きることが分かった(笑)
今でもイケてない、トークのヘタな2人が、朴訥な語り口で淡々と話してるのが逆に説得力を生んでるに違いない。

年明けに完全版が放送されるようで楽しみだ。

最後はエガちゃんも、「プラズマテレビ」⇒「フランスのテレビ」と奇跡の聞き間違えをして有終の美。


No.2026/テレビ雑記

スポンサーサイト

テレビ | trackback(0) | comment(4) |


2008/12/29 (Mon) くんずられた遊び

=週間テレビメモ= 12/22-28

【12/22】
◆「やりすぎコージー 超3時間スペシャル!」[テレ東]
ど忘れして1時間ほど見れず・・・orz。
せっかく「やりすぎFBI」だったのに。

話は変わるが、今回の年始特番は7時間となったようだ。これでも「短縮」だ(笑)


◆映画「」[NHK BS2]
黒澤明特集も終盤。
ただ、見るのはこの作品で最後になった。
「乱」はイマイチな印象だったけど、久々に見たらそんなことはなかったな。
今まで「黒澤映画」という物差しで測ったからまずかったに違いない。「日本映画」という物差しにしたら傑作だった。

乱


【12/23】
◆「魍魎の匣」[日テレ]
第12話『脳髄の事』。

京極堂が関係者一同の前でいよいよ真相明かし。
やっぱり加菜子の事件の犯人は頼子自身だったか。
京極堂

驚きっぱなしの関口(笑)
たしかに自分の著作が頼子の犯行に影響したと聞いたら驚くか。
関口

柚木陽子は須崎に騙されていた。
それが加菜子の失踪事件に繋がったのだった。
柚木陽子
須崎が加菜子の頭部を箱に詰めて持ち出したという話から、ようやく第1話の冒頭に繋がったわけか。

そして、研究施設そのものが加菜子の生命維持装置で、一同はいわば「体内」にいたことに。
それも現在は、殺されたと思った久保竣公の生命が維持されていた!
「臓器」


【12/24】
◆「笑ってコラえて聖夜版 今夜は3H 所ジョージ明石家さんま二人きりシッポリと思ってたら瀬戸内寂聴さん!やら金城武さん!やら次々スッゴイ人達もやって来ちゃうスペシャル」」[日テレ]
最近全く見てなかったけど、未だに「ダーツの旅」は破壊力あるなあ。
「くんずられた遊び」は今年最高に笑った。


【12/26】
◆映画「ゾディアック」(V)[WOWOW]
一応ネタバレ注意。
1968年からアメリカで実際に起こり、劇場型犯罪の先駆けとなった連続殺人事件「ゾディアック事件」を採り上げた映画。
こういう実録モノって好きなので面白かったなあ。
この事件が元ネタとなった「ダーティー・ハリー」を関係者で鑑賞するシーンなんかもあった(笑)

ちなみに、事件は現在も未解決。
映画では、警察の捜査が筆跡鑑定で頓挫したあと、新聞社に勤めてた漫画家が単身で調査し、最初に警察が犯人と目星を付けたリー・アレンという男に再び辿り着く。
フィクションだったら、ここで犯人と対決して射殺か逮捕かしてハッピーエンドなのだが、そううまくはいかないのがノンフィクション。
漫画家のアピールを、刑事はあっさり却下。
でもってその後、最初に襲われて命を取り留めた後、ビビッて姿をくらましてた男が事件から22年経ってようやく現れ、犯人と断言したのがリー・アレンという・・・。
その上、映画はここで終了。
字幕で後日談が語られるが、リー・アレンは裁判の前に急死してしまったのだった。
このモヤモヤ感は実録モノでしか味わえないな(笑)

にしても、映画ではリー・アレンが犯人だとほとんど断定しててすごいな。
警察だけでなく、姉(妹だったか)も疑ってたからいいのか。

そういえば、グリコ森永事件はまだ映像されてなかったっけ?とふと思った。
まあ、この映画以上にモヤモヤした結末になるだろうが。
ゾディアック


【12/28】
◆映画「下妻物語」[TBS]
下妻物語


【12/22】
◆「リーガ」(V) 第16節:エスパニョール 2-3 アトレチコ、ビジャレアル 1-2 バルセロナ
◆「蟲師」(再)
◆「週刊美肌一族」(最終回)
◆「かんなぎ」

【12/23】
◆「まるごとプッチーニ~生誕150年記念・その人と音楽大全集~」[NHK BS2]
◆「ロンドンハーツXマス」

【12/24】
◆「名曲探偵アマデウス」(再)(V) ベートーベン/交響曲第9番
◆「水曜どうでしょうClassic」(再)・・・カントリーサイン1週目
◆「とらドラ!」
今週のみのりん。
13話はどうもついて行けなかったが、無事竜児と仲直り。
みのりん

◆「ヒャッコSP」(最終回)

【12/25】
◆「天皇杯」 準々決勝:G大阪 2-1 名古屋
◆映画「ブリジット・ジョーンズの日記」(V)[WOWOW]
◆「タイタニア」
◆「プレミアリーグ」 第17週:アストン・ビラ 2-2 アーセナル

【12./26】
◆「ケメコ・デラックス!」・・・バンダイは第11話
バニラ
◆「ごきげんよう」・・・大賞・ザブングル
◆「徹子の部屋」(タモリ)
◆「没後10年あなたが選ぶ黒澤アンコール募集」[NHK BS2]
◆「テイルズ・オブ・ジ・アビス」
◆「ロンブーXマス2008」[テレ朝]
◆「モヤモヤさまぁ~ず2」・・・年末抽選会
◆「天体戦士サンレッド」
◆「鉄のラインバレル」

【12/27】
◆「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン」[フジ]
◆「シンボルず」[テレ東]

【12/28】
◆「絶対可憐チルドレン」
不二子

◆「驚きの嵐! 世紀の実験学者も予測不可能5!」
◆「機動戦士Zガンダム」(再)
◆「篤姫 総集編」[NHK総合]
◆「プレミアリーグ」 第18週:ニューカッスル 1-5 リバプール
◆「ガキの使い」
◆「今日の5の2」(最終回)
カズミ
5の2


No.2025/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(7) |


2008/12/28 (Sun) ストラングラーズ 「ブラック・アンド・ホワイト」

ストラングラーズ 「ブラック・アンド・ホワイト」

年の瀬とは全く関係ないが、ストラングラーズの3rd。。

この前再放送が終わった「巌窟王」のOP&EDテーマをやってたのがジャン・ジャック・バーネル。
どっかで聞いたなあと思ったら、ストラングラーズのベーシストだった。

「Tank」、「Curfew」


「Sweden (All Quiet on Eastern Front)」
ボーカルのヒュー・コーンウェルはスウェーデンで生物学の研究をしてたとか。


「Toiler on the sea」


「Threatened」


「Death,Night & Blood (Mishima)」
ジャン・ジャック・バーネルが三島由紀夫に傾倒してたとか。


「Walk on by」。
ディオンヌ・ワーウィックのカバー。CDにはボーナストラックで収録されてたはず。


ロンドン・パンクの中心的存在のひとつだけど、いろんな意味で異端的存在だったらしい。
このアルバムでも、シンプルなロックンロールよりは、プログレやサイケな香りが漂ってる。
そして音楽性だけじゃなく、メンバーは高学歴だし、映像見たら驚くほど演奏巧いし(笑)

知性的な面や、オルガン(シンセ)の感じが、ドアーズを引き合いに出される所以か。


No.2024/音楽雑記P

音楽 | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/26 (Fri) ザスパ2008冬

ここまでの移籍状況をチェック。

[獲得]
 DF/川原 達也 (大宮) *レンタル
 DF/三澤 慶一 (神戸)
 MF/佐藤 穣 (前橋育英高)
 FW/都倉 賢 (川崎) *完全移籍
 FW/小池 純輝 (浦和) *レンタル

[放出]
 DF/ペ・スンジン (横浜FC) *レンタル終了
 DF/石亀 晃 (大宮) *レンタル終了
 DF/池上 礼一 (FC東京) *レンタル終了
 MF/鳥居塚 伸人 
 MF/秋葉 忠宏
 MF/金生谷 仁
 FW/岩田 正太



なんといっても、関東リーグ時代からの功労者・鳥居塚の退団。
詳しい理由は知らないけど、来年で37歳ってのがネックだったことは想像が付く。
でも、「スーパーサブ」としてまだ充分使えると思うけどなあ。
最終節も、鳥居塚の投入でリズムを引き寄せてたし。

鳥居塚とともに、同じくベテラン(34歳)の秋葉忠も放出。
こちらも守備のスーパーサブな感じだった。
ザスパの今季の躍進は、島田の復帰のほか、チェ・ソンヨン、熊林と経験豊富な選手の補強に成功したからで、やっぱり金かけなきゃ強くなれないんだな・・・という現実を、改めて思い知ったシーズンでもあった。

が、おかげでけっこうなオッサン軍団になってた(笑)
夏場以降はキツかったろうな。J2は長丁場だし。
第3クールの失速はそんなことのほか、ベテラン達を脅かすような若手が現れなかったのも大きかった。
後藤の活躍(12ゴール)なんかは、ベテラン達によって引き出された好影響だったが、他には出てこなかったな。

・・・というわけで、段階的な若返りが必須なことが2人の放出に繋がったのだろう。

そのほか主力では、センターバックのペ・スンジンがレンタルバック。
横浜FCは放出リストに入れてるから、条件面でダメだったのかな?
ただ、すでに代わりにセンターバックの川原を獲得。

あと、三澤は前橋育英出身だが、移籍リストを眺めてると気になる群馬関係の選手がちらほらと。

 MF/大野 敏隆 (東京V)・・・前橋商出身
 FW/大島 秀夫 (横浜M)・・・前橋育英出身
 FW/相川 進也 (札幌)・・・前橋育英出身


・・・あと誰かいたかな?
さすがに大島はすぐさまアルビレックスが獲得。
大野なんかも放っとかれなさそうだけど、コンディションはどうなんだろう?
ザスパだと島田とかぶちゃうな。
相川も、すでに都倉の完全移籍と小池のレンタルが決まって、FWの枠はないか・・・。
コンディション良けりゃ、欲しいタイプのFWだが。

そして、来季は佐野達監督がコーチから昇格。
だいじょうぶかなあ?(笑)


No.2023/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/24 (Wed) ジョン・レノン 「ハッピー・クリスマス」



家は曹洞宗。
南無釈迦牟尼仏・・・。

冒頭は何言ってんだろと思ってたら、ジョンとヨーコが結婚したことで疎遠になってしまったそれぞれの前夫・前妻との子供、ジュリアンとキョーコへのメッセージだった。

ザ・ジョン・レノン・コレクション

No.2022/音楽雑記V

音楽 | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/24 (Wed) リーガ第16節:バルサ止まらず

エスパニョール(13) 2-3 (30)アトレチコ・マドリード
【得】7',90+1'マキシ・ロドリゲス、58'セルヒオ・サンチェス、81'アグエロ、90+4'バルド

7分、アグエロのクロスが流れたところにどフリーでいたマキシが決め、アトレチコが先制。
パウロ・アスンソンのゴール前への飛び出しが、シュートは空ぶったけど効いた。

しかし、そこからエスパニョールも反撃。
後半58分にはセルヒオ・サンチェスのボレーで追いつかれてしまう。

しかししかし、好調アトレチコ。
81分、シナマ・ポンゴルのパスからアグエロが勝ち越しゴール。
2度DFにブロックされたが、こぼれ球はなおもアグエロの前にこぼれた。

その後、ネネのスーパー同点ゴール(左タッチライン付近からダイレクトのミドルボレーをインサイドキックで叩き込んだ)がわずかにオフサイドで救われたアトレチコは、ロスタイムにロングパスからマキシが勝負を決める3点目。
その後1点差とされたが、すでに時間はなく問題なし。
4連勝でついに2位グループを捉え、3位に浮上してクリスマス休暇に。
この勢いのままメスタージャでやりたかったな。

(エスパニョール)

カジェホン
ネネ        コロ    S・ガルシア
アンジェル    モイセス
チカ     パレハ ジャルケ S・サンチェス
|カメニ|

59/カジェホン⇒バルド
71/アンジェル⇒スミリャニッチ
84/コロ⇒ヨナタン

(アトレチコ)

アグエロ   フォルラン
シモン                マキシ
   マニシェ   P・アスンソン
ペルニア ハイティンハ  パブロ   ペレア
|L・フランコ|

76/フォルラン⇒シナマ・ポンゴル
84/シモン⇒ラウル・ガルシア
89/アグエロ⇒ルイス・ガルシア




ビジャレアル(29) 1-2 (41)バルセロナ
【得】48'カニ、54'ケイタ、66'アンリ

レアルからヒントを得たのか、ただ押し込まれたのか、自陣で守備網を引くビジャレアルにさすがのバルサも攻めあぐむ。

そして後半早々、ビジャレアルが先制に成功する。
ロッシのパスからDFの裏を取ったカニが右アングルから冷静にビクトル・バルデスを抜いた。

しかしその6分後、バルサはあっさり追いつく。
ダニエウ・アウベスのクロスからケイタのヘッド。
ゴール前のバルサ選手はケイタ一人だったのに、DFは捕まえきれず、GKディエゴ・ロペスも飛び出しが一瞬遅れた。
さらにバルサは66分、シャビのクロスをアンリがボレーで決め、とうとう逆転。

ところが75分、ピケの退場でビジャレアルが数的有利となるチャンス。
しかし、カプデビラ、フランコ、ニハト、フランコと4度あった決定機をいずれも決められず。
バルサがエル・マドリガルも攻略し、これで2位と10p差で2008年を終了。
もうバルサが疲弊して自滅でもしない限り、9割方リーガ優勝は決まったんじゃないか?

(ビジャレアル)

ロッシ
カニ      ピレス    カソルラ
エグレン   セナ
カプデビラ ゴディン ゴンサロ  アンヘル
|D・ロペス|

71/カニ⇒ニハト、ロッシ⇒フランコ
80/セナ⇒イバガサ

(バルセロナ)

エトオ
アンリ               メッシ
ケイタ    シャビ
S・ブスケツ
アビダル  プジョル  ピケ D・アウベス
|V・バルデス|

67/セルヒオ・ブスケツ⇒トゥレ
[退場]75'ピケ
80/アンリ⇒カセレス
84/エトオ⇒フレブ



(その他)
レアル、10人のバレンシアになんとか勝って連敗ストップ。

マジョルカ(14) 0 - 0 (31)セビージャ
R・マドリー(29) 1 - 0 (30)バレンシア
デポルティボ(27) 4 - 1 (13)レクレアティボ
ヌマンシア(17) 4 - 3 (23)バジャドリー
ラシン(18) 1 - 1 (22)マラガ
オサスナ(12) 5 - 2 (21)ヘタフェ
スポルティング・ヒホン(21) 1 - 0 (16)アルメリア
ベティス(18) 0 - 1 (19)ビルバオ

[順位]
1 (41) バルセロナ
2 (31) セビージャ
3 (30) アトレチコ・マドリード
4 (30) バレンシア
5 (29) レアル・マドリード
6 (29) ビジャレアル
7 (27) デポルティボ・ラ・コルーニャ
8 (23) バジャドリード
9 (22) マラガ
10 (21) ヘタフェ

11 (21) スポルティング・ヒホン
12 (19) アスレチック・ビルバオ
13 (18) ベティス
14 (18) ラシン・サンタデール
15 (17) ヌマンシア
16 (16) アルメリア
17 (14) マジョルカ
18 (13) エスパニョール
19 (13) レクレアティボ
20 (12) オサスナ



No.2021/サッカー雑記

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/23 (Tue) ニコニコ日記 2008春

メモしたまま書いておくの忘れて今頃に。
春頃ニコニコなどで見てたやつ。
危うく1年経っちゃうところだった(笑)

■Serial experiments lain
「神霊狩」を見てたら、監督(中村隆太郎)と脚本(小中千昭)が同じこともあって頻繁に名前が出てきたので見てみた。
10年前にして既にインターネットを舞台にした先見性の高いアニメだったけど、とにかく難解で一度見ただけじゃ分からないという、いかにも「エヴァ直後」って感じの作品。
僕は一度きりしか見てないので、よく分かっていない(笑)

OP 『DUVET』 by boa


■らきすた
ニコニコといえば「らきすた」。
これも「あずまんが」を見てたら、頻繁に比較(というか中傷w)されてたので見てみた。
春日部や鷲宮神社がニュースになってたのは知ってたし。
「あずまんが」の伝統を継承した感じの、可愛いキャラの日常小ネタ・アニメ。「あずまんが」と違うのはおたく成分が混じってることか。
フツーに面白かった。人気なのがよく分かったな。

クセになるOP 『もってけ!セーラーふく』  by 泉こなた(平野綾)、柊かがみ(加藤英美里)、柊つかさ(福原香織)、高良みゆき(遠藤綾)

オリコン2位のヒットで、FMで小林克也が曲紹介する音声がupされてて面白かった(笑)


■おちゃめ神物語 コロコロポロン
小さい頃好きだったので、見つけて歓喜!見てきたらまだあったぞ。
当時は吾妻ひでをがロリコンマンガの巨匠とは露とも知らなかったな(笑)
ギリシャ神話をパロったギャグアニメ。
久々に見たら、むちゃくちゃテンポがいいな
クマクマカエル ナハハデチョン♪とか懐かしかった。

OPとEDは山本正之作品。
OP 『オリンポスのポロン』 by 原良枝


ED 『気分は女神チック』 by 原良枝


■桜蘭高校ホスト部
これは面白いという評判を多数聞いたので見てみた。
ちょうど春は女性向けアニメが妙に多くて、その上微妙なものばかりで困ってたが、これは女性向けながら面白かったな。
二期希望に賛同だ。
たしか、もうニコニコにはなくてYouTubeで見た気がする。

OP&EDだけはイマイチ好きじゃなかったので、 『もってけ!セーラーふく』を使った良MADを。



■のだめカンタービレ
2期制作と聞いて、予習がてら見ることに。
放送時は開始当初こそ見てたけど、まだドラマ版の印象が残ってる頃で、同じストーリーをまた見るのに飽きちゃったんで途中リタイア。
改めて見たら面白かったなあ、やっぱり。
ちなみに上野樹里が嫌いなだけかと思ったら、よく分かった。のだめが嫌いなんだ、俺(笑)

OP&ED集。クオリティ高い曲ばかりだ。
OP 『Allegro Cantabile』 by SUEMITSU & THE SUEMITH
第2クールED 『Sagittarius』 by SUEMITSU & THE SUEMITH
第1クールED 『こんなに近くで...』 by クリスタル・ケイ


『Allegro Cantabile』 by SUEMITSU & THE SUEMITH
フル。



No.2020/ニコニコ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/22 (Mon) 森本と水野

昨夜は2人の日本選手の今季初ゴールのニュースが飛び込んできて夜中にテンション上昇。
特に水野の方はかなり苦労してるようだったから良かった。
YouTubeとニコニコに映像が上げられるまで待ち遠しかったな。
にしても、スポーツニュースってもう要らないな(笑)


=週間テレビメモ= 12/15-21

【12/16】
◆「魍魎の匣」[日テレ]
第11話『魔窟の事』。

京極堂が、あの謎の研究室で美馬坂と働いてた事を告白。
実は陸軍の施設で、京極堂は洗脳、美馬坂は不死を研究してたという。
で、そんなことしてるうちに、美馬坂が犯人だと睨んだ木場が単独でそこへ乗り込んでしまう。
それを知った榎木津達は、柚木陽子も連れてそこへ向かう。
しかし、その頃木場はすでに美馬坂と対峙していた・・・。

いよいよクライマックスだ。


【12/18】
◆「のだめカンタービレ巴里編」(最終回)[フジ]
たった11話で、たいした盛り上がりもなく終わったと思ったら、すでに3期の制作が決まってたのだった。

ED 『東京 et 巴里』 by 宮本笑里×solita。

サビのところは宮本笑里のバイオリンがとても邪魔だ。

OPは陳腐な歌詞が残念すぎるので原曲を。
ラフマニノフ 『ピアノ協奏曲 第2番 第3楽章』。
指揮:スタニスラフ・ヴィスロツキ、ピアノ:スヴャストラフ・リヒテル。



【12/21】
◆「ガキの使いやあらへんで」[日テレ]
毎年恒例、元マネージャー・藤原選定の2008年ベスト10。
1位は『遠藤たけし』で、相変わらず藤原のセンスは分からない。
でも確かに、“早くクルマ回せよ!”は、久々に聞くと破壊力があった(笑)


◆「不思議少女 加藤うらら」[テレ東]
2008年ナンバー1ドラマ(笑)、惜しくも終了。

主演の小池里奈。
小池里奈


【ニコニコ動画】加藤うらら サウナンダ



【12/15】
◆「欧州CL」(V) 第6節 C組:バーゼル 0-1 スポルティング、F組:リヨン 2-3 バイエルン
◆「ハイビジョン特集 すべては自然の贈りもの・西会津のお天気母さん」[NHK hi]
◆「ハプスブルク帝国・三つの愛の物語」[NHK総合]
◆「蟲師」(再)
◆「週刊美肌一族」
◆「かんなぎ」

【12/16】
◆「リーガ」(V) 第15節:アトレチコ 2-0 ベティス
◆「欧州CL」 第6節 D組:PSV 1-3 リバプール、F組:ポルト 2-0 アーセナル
◆「リンカーン」

【12/17】
◆「欧州CL」(V) 第6節 D組:マルセイユ 0-0 アトレチコ、H組:R・マドリード 3-0 ゼニト
◆「FIFAクラブワールドカップ」 準決勝:LDUキト 2-0 パチューカ
◆「その時~歴史が動いた」・・・平安京誕生
◆「時効警察」(再/最終回)
◆「水曜どうでしょうClassic」(再)(V)・・・韓国最終週
◆「とらドラ」
今週のみのりん。
これが、原作ファンが言ってた鬱展開の予兆なのか・・・?
みのりん
◆「ヒャッコ」

【12/18】
◆「欧州CL」(V) 第6節 B組:ブレーメン 2-1 インテル、G組:ディナモ・キエフ 1-0 ポルト
◆「FIFAクラブワールドカップ」 準決勝:G大阪 3-5 マンチェスター・U

【12/19】
◆「ケメコ・デラックス」・・・第10話分
浴衣回。
プリップリン体操
黒崎
早川
ミウラとたまこ
いずみと早川
ミウラ
◆「欧州CL」(V) 第6節 F組:ステアウア 0-1 フィオレンティーナ
◆「さんまの笑顔映像グランプリ2008」[フジ]
◆「テイルズ・オブ・ジ・アビス」
◆「フルメタル・パニック?ふもっふ」(再/始)[BSイレブン]
◆「ネットスター」(再)[NHK総合]
◆「天体戦士サンレッド」
◆「鉄のラインバレル」

【12/20】
◆「天皇杯」[NHK BS1] 準々決勝:鳥栖 1-3 横浜M、柏 3-2(延長) 広島
◆映画「影武者」[NHK BS2]
◆「神様家族」(再)
◆「黒塚」

【12/21】
◆「絶対可憐チルドレン」
◆「ウチくる」(仲村トオル)
◆「あっぱれさんま新教授」
◆「全日本総合ハンドボール選手権」[NHK教育] 男子決勝:大同特殊鋼 38-26 大崎電気
◆「FIFAクラブワールドカップ」 3位決定戦:G大阪 1-0 パチューカ
◆「ラグビー・トップリーグ」[群テレ] 神戸製鋼 35-52 三洋電機
◆映画「ダイ・ハード3」[テレ朝]
◆「プレミアリーグ」 第17週:アーセナル 1-1 リバプール
◆「今日の5の2」
今週のカズミ。
問題解決。
カズミ


No.2019/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(4) |


2008/12/22 (Mon) トヨタカップ 3位決定戦:ガンバ3位

G大阪 1-0 パチューカ
【得】29'山崎

祝「世界3位」。
『よしんば私が・・・』とか言いたくなるな(笑)

なんだかんだでマンチェスター・ユナイテッドから3点を奪ったことは、海外にはけっこうインパクトを与えたらしい。
日本代表もかくありたし・・・。
ガンバには来季も出て欲しいけど、それにはこれから天皇杯制さなきゃならないのか。
欧州の方じゃ、優勝枠を復活させたけどな。
でも、来季はもしACLに優勝したらこの時期に中東に行く事になるのか。
大変だなあ。
今まで日本に来たクラブは、ホントにご苦労様だったんだな。


にしても、ゴールデンタイムにサッカーを放送するってことだけで、日テレには感謝こそすれ文句は言えないのかもしれないし、多くの人に見て貰おうと日テレとしたら努力をしてるのは分かるのだけど、それが、ゲイに間違われそうなレインボー・マフラーや、『クラブワールドカップ』という呼び方などなどトンチンカンな方向に向かうのは、なんとも。
会議の様子を想像したら、コントだ(笑)


(ガンバ)

山崎    播戸
ルーカス            橋本
遠藤    明神
安田    山口    中澤    加地
|藤ヶ谷|

64/播戸⇒二川
77/ルーカス⇒武井
[退場]90+3’二川

(パチューカ)

クリスチアン  アルバレス
カルデナス            ヒメネス
  コレア   カバジェロ
ロドリゲス  ペレス  ロペス  アギラル
|カレロ|

46/カルデナス⇒トーレス
51/アルバレス⇒モンテス
74/カバジェロ⇒マニョン



ついでに、優勝はマンチェスター・ユナイテッドだったようだ。


No.2018/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/20 (Sat) 欧州CL 決勝ラウンド1回戦組み合わせ

チェルシー v ユベントス

ビジャレアル v パナシナイコス

スポルティング v バイエルン・ミュンヘン

アトレティコ・マドリード v ポルト

リヨン v バルセロナ

レアル・マドリード v リバプール

アーセナル v ローマ

インテル v マンチェスター・ユナイテッド



見事なほどの潰しあい!
いいぞ~~。

そんな厳しい組み合わせを尻目に、アトレチコは「当たりくじ」!
ま、ポルトも同じ感想かも知れないが(笑)

逆にリヨンは・・・orz。
今季もベスト16止まりかあ。

アーセナルは現時点では厳しい感じだけど、試合の頃までに復調できるか?

リバプールはなんとも微妙だ。
レアルが今後どうなるか、予測不可能なだけに。
ただ、リバプールって強敵相手の方が力を発揮してきた過去があるので、悪くはないか。


No.2017/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/19 (Fri) トヨタカップ 準決勝:ガンバ敗れる

G大阪 3-5 マンチェスター・U
【得】28'ビディッチ、45+1'クリスティアーノ・ロナウド、74'山崎、75',79'ルーニー、78'フレッチャー、85'遠藤=PK、90+1'橋本

ガンバ、がんばったな~。

去年のレッズも頑張ったけど、元々守備型チームということで攻撃ではミランを脅かせなかったし、何よりミラン戦の前にヘバり切ってた。
今回のガンバはレッズよりはコンディションは悪くないだろうし、攻撃型だからレッズよりはゴールのチャンスはあるんじゃないか?と思ったら、1点どころか3ゴール!
特に遠藤⇒橋本⇒山崎と崩しきって奪った、1点差に迫るゴールは痛快だった。
遠藤のコロコロPKを世界に発信できなかったのはちょっと残念だったけど(YouTubeにはあるが)、そこはさすがファン・デル・サールだったな。
ロスタイムの橋本の一発は、試合をスコア上でも「善戦」にしてくれた。

ただ、守備はかなりやられそうだという予想も的中(笑)
特に1点目直後の失点は、前半ロスタイムの失点ともども勿体なかった。
しかしながら、そこからの怒濤の3失点は、マンUのギアを上げさせたと言う点ではむしろガンバの勝利宣言でもあったと敢えて思う。

なにせ、元々戦力が違いすぎるよ(笑)
マンUだけでなく、今や欧州(特に3大リーグ)のトップクラブは、ほとんど軍拡競争のごとき超一流選手補強。
ガンバはじめ日本のクラブが本気で欧州王者と勝負を挑むためには、Jリーグの外国人枠を撤廃し、プロ野球以上のでたらめ経営で巨額の予算をつぎ込んで一流外国人を多数獲得するか、この大会にJリーグみたいな「外国人枠」設けなきゃ無理だ(笑)

(ガンバ)

山崎    播戸
ルーカス              橋本
遠藤    明神
安田    山口    中澤    加地
|藤ヶ谷|

85/播戸⇒寺田

(マンU)

ギグス    テベス
ナニ                 C・ロナウド
アンデルソン  スコールズ
エブラ   ビディッチ ファーディナンド ネビル
|ファン・デル・サール|

68/スコールズ⇒フレッチャー
70/ビディッチ⇒エバンス
78/テベス⇒ルーニー



No.2016/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/17 (Wed) リーガ第15節:バルサ、クラシコも制す

バルセロナ(38) 2-0 (26)レアル・マドリード
【得】83'エトオ、90+1'メッシ

直前にシュスター監督が解任され、フアンデ・ラモスが新監督に就任するというサプライズがあった今回のクラシコ。
ヘタしたら大敗の可能性もあったレアルが、なんとかプライドを保つために方策を尽くした感じで、これでレアルは守備的に戦う免罪符を獲得したのだった。

序盤こそバルサの攻撃に翻弄されたレアルだったけど、腐ってもレアル。
そこを凌ぐとその後はバルサの攻撃をなんとか封じ、逆に先制のチャンスなんかもあった。
独走してGKと1対1になったのがドレンテじゃなくてロッベンだったら・・・とマドリディスタは嘆いたに違いない。
おまけにスナイデルがまたもや負傷。
代わって登場したミゲル・パランカが予想以上に頑張ってたのは、レアルには数少ない光明だった。

後半も展開は変わらず。
70分過ぎにバルサがPKを得て、ついに均衡が破れるかと思った場面も、エトオのキックをカシージャスがセーブ。

しかしドローもちらつき始めた83分、ついにバルサが先制した。
CKからプジョルが渾身のヘッドで折り返すと、エトオが膝だか腿だかに当てて押し込み、PK失敗を取り戻した。
これで勝負アリな感じだったが、バルサはロスタイムにもメッシのループ弾でレアルに引導。
バルサが予想通りに勝利し、レアルと「4ゲーム差」をつけた。
レアルは3連敗で次はバレンシアと正念場が続く。

(バルセロナ)

エトオ
アンリ                 メッシ
グジョンセン    シャビ
トゥレ
アビダル  プジョル  マルケス D・アウベス
|V・バルデス|

64/グジョンセン⇒セルヒオ・ブスケツ
88/エトオ⇒フレブ
90+1/シャビ⇒ケイタ

(マドリード)

ラウル
ドレンテ    イグアイン   スナイデル
ガーゴ     グティ
S・ラモス メッツェルダー カンナバロ サルガド
|カシージャス|

36/スナイデル⇒パランカ
73/グティ⇒ハビ・ガルシア
77/イグアイン⇒ファン・デル・ファールト



アトレティコ・マドリード(27) 2-0 (18)ベティス
【得】20'マキシ・ロドリゲス、81'アグエロ

前半は良いリズムでベティスを圧倒したアトレチコ。
マニシェのパスからのマキシの先制弾は、オフサイドっぽかったが、フォルランの動きに副審が攪乱された感じ。

ただ、追加点を奪えずに、後半はベティスの反撃に苦戦。
65分過ぎのセルヒオ・ガルシアのシュートの場面は完全にDFを崩されたが、GKレオ・フランコがスーパーセーブで救った。

そして81分、フォルランのパスからオフサイドをかいくぐって独走したアグエロが試合を決める2点目。
またも勝負どころを押さえて3連勝。
順位でレアルを上回り5位浮上。

(アトレチコ)

 アグエロ   フォルラン
シモン                 マキシ
P・アスンソン  マニシェ
ペルニア ウイファルシ ハイティンハ  ペレア
|L・フランコ|

73/パウロ・アスンソン⇒ラウル・ガルシア
82/アグエロ⇒バネガ
84/マキシ・ロドリゲス⇒ルイス・ガルシア

(ベティス)

S・ガルシア
フアンマ     エマナ     ダミアー
M・アウレリオ   カピ
ベガ   フアニート  アルス   ネウソン
|カスト|

66/ネウソン⇒シスコ
74/フアンマ⇒セグラ
82/アルス⇒メッジ



(その他)
もう一つの上位対決、セビージャ勝利。

バレンシア(30) 2-1 (13)エスパニョール
セビージャ(30) 1-0 (29)ビジャレアル
バジャドリード(23) 3-0 (26)デポルティボ
ヘタフェ(21) 4-1 (13)マジョルカ
マラガ(21) 2-0 (14)ヌマンシア
ビルバオ(16) 3-0 (18)スポルティング・ヒホン
アルメリア(16) 1-1 (17)ラシン
レクレアティボ(13) 1-0 (9)オサスナ


No.2015/サッカー雑記

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/16 (Tue) 週間テレビメモ 12/8-14

【12/9】
◆「魍魎の匣」[日テレ]
第10話『鬼の事』。

まずは暢気に(笑)御筥様退治に出発した京極堂御一行。
圧倒的な知識量による論破は凄かったな、1回聞いただけじゃよく分からなかったけど(笑)
京極堂出陣

で、頼子の方は手遅れ・・・。
“筺の中の娘”状態で発見。
頼子

さらに久保竣公も殺害されて、まあやっぱり、あの謎の研究施設が黒幕なんだろな。


【12/13】
◆「タモリが古地図で原宿街歩き!ブラタモリ」[NHK総合]
臨時ニュースで一週間延期になったヤツ。
要するに、『タモリ倶楽部』だったな。


【12/8】
◆「やりすぎコージー」・・・松竹芸能の逆襲
◆「蟲師」(再/始)[NHK BS2]
◆「週刊美肌一族」
◆「リーガ」(R) 第14節:S・ヒホン 2-5 アトレチコ、バルセロナ 4-0 バレンシア
◆「かんなぎ」・・・第6話

コスプレ回。
ナギ
つぐみ

ざんげちゃん参戦宣言。
ざんげちゃん

鳴子ハナハル。
鳴子ハナハル


【12/9】
◆「リーガ」(R) 第14節:R・マドリード 3-4 セビージャ
◆「ロンドンハーツ」
◆「リンカーン」

【12/10】
◆「欧州CL」(V) 第6節 A組:ローマ 2-0 ボルドー、B組:パナシナイコス 1-0 アノルトシス
◆「J1・J2入れ替え戦」 第1戦:仙台 1-1 磐田
◆「とらドラ!」
今週のみのりん。
文化祭で大好物のお化け屋敷の出店を提案しつつ、鼻血を吹く図。
みのりん

チャイナ。
みのりん
◆「ヒャッコ」

【12/11】
◆「欧州CL」(V) 第6節 F組:セルティック 2-0 ビジャレアル
◆「アメトーーク」・・・アメトーーク大賞2008
◆「のだめカンタービレ巴里編」

【12/12】
◆「ケメコ・デラックス」・・・9話分
ミウラは早川の姉だった。CV能登。
ミウラ

◆「名曲探偵アマデウス」 モーツァルト/クラリネット五重奏曲
◆「テイルズ・オブ・ジ・アビス」
◆「タモリ倶楽部」・・・浅野祥雲
◆「鉄のラインバレル」
◆「天体戦士サンレッド」

【12/13】
◆「FIFAクラブワールドカップ」[日テレ] 準々決勝:パチューカ 4-2(延長) アル・アハリ
◆「J1・J2入れ替え戦」 第2戦:磐田 3-2 仙台
◆「めちゃイケ」・・・クリスマス夫婦SP
◆「神様家族」(再)
◆「黒塚」
◆「ブンデスリーガ」 第17節:ブレーメン 2-1 ボルフスブルク
◆「最強女優No.1決定戦」[テレ朝]

【12/14】
◆「絶対可憐チルドレン」
◆「あっぱれ!!さんま新教授」
◆「全日本男子ホッケー選手権・決勝」[NHK教育]
◆「リーガ」(V) 第15節:バルセロナ 2-0 R・マドリード
◆「FIFAクラブワールドカップ」 準々決勝:G大阪 1-0 アデレード
◆「機動戦士Zガンダム」(再)(V)
◆「篤姫」(最終回)
◆「ガキの使いやあらへんで」・・・藤原マネージャー500のこと
◆「今日の5の2」
今週のカズミ。
まさかの髪型チェンジは女子に波紋を呼び、髪型ウォーズ勃発。
カズミ

で、こんな事態に(笑)
髪型ウォーズ


No.2016/サッカー雑記

テレビ | trackback(0) | comment(1) |


2008/12/15 (Mon) トヨタカップ 準々決勝:ガンバよかった

G大阪 1-0 アデレード
【得】23'遠藤

アデレード・ペースな試合だったけど勝って良かった。
2試合完勝した相手だから逆にやりづらかった感じだったし、当然研究されたろうし。

決勝点は播戸の渾身のヘッドから遠藤。
そして、今日はルーカスの日じゃないようだったけど、ドッドの日でもなかったことで救われたなあ。
これで去年のレッズに続いて「お節介枠」(開催国枠とも言う)の犠牲にならずに済んだ。
ただ、佐々木、二川とケガしてしまったのは残念。

(ガンバ)

ルーカス
二川      遠藤     佐々木
明神    橋本
安田    山口    中澤    加地
|藤ヶ谷|

20/佐々木⇒播戸
81/播戸⇒山崎
84/二川⇒武井

(アデレード)

クリスチアーノ
カシオ      ジエゴ      ドッド
  リード    バービエロ
ジェイミソン                 マレン
オグネノブスキー コーンスウェイト
|ガレコビッチ|

71/カシオ⇒アレモン
77/クリスチアーノ⇒マリク
88/ジエゴ⇒ユーニス




No.2015/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/13 (Sat) J1・J2入れ替え戦 第2戦:ベガルタ昇格ならず

磐田 2-1(Agg 3-2) 仙台
【得】41',70'松浦2、90+2'リャン

最後は奇跡の大逆転昇格か?と思ったけど、さすが日本代表GK。
ベガルタ的には、1点を返すのがロスタイムじゃちょっと無理だったな。あと2~3分でもあれば。

あとは、前半のナジソンの決定機。
中途半端なバウンドだったけど、あそこからジュビロのペースになった気がした。

ベガルタは来年もよろしく・・・(笑)

*追記
今季はほとんどジュビロの試合見てなかったので、松浦を初めて知ったよ。
今後に期待だ。

(ジュビロ)

   前田   ジウシーニョ
松浦
村井    犬塚   ロドリゴ  駒野
岡田   茶野   鈴木
|川口|

69/ジウシーニョ⇒萬代

(ベガルタ)

ナジソン   中島
リャン               関口
冨田    斉藤
磯崎    渡辺    千葉    菅井
|林|

HT/ナジソン⇒平瀬
56/菅井⇒田村
78/中島⇒中原



No.2014/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/12 (Fri) アメトーーク大賞2008

【12/12】
◆「アメトーーク」[テレ朝]
今週は第2回アメトーーク大賞2008。
1年間の面白い場面が選りすぐりられたのだから、面白くないはずがない。

ゲストは関根勤、出川、有吉、バッファロー吾郎・木村、ワッキー、FUJIWARA原西、博多華丸大吉、サンドイッチマン。
特別審査員には『ベッキーすごいぞ芸人』でリスペクトを受けたベッキーが初出演。


*流行語部門
去年は有吉が『おしゃべりクソ野郎』で受賞。
有吉は、泰葉の『金髪豚野郎』にも影響を及ばしたと主張した(笑) 

・関根勤 『三遊亭ベッキー』
 『ベッキーすごいぞ芸人』で、宮川大輔がベッキーに“さん付け”したのをきっかけに、いろいろベッキーの呼び方のボケが続いた中で、関根。
にしても、ネットでは関根の評判悪いな。

・有吉 『地獄見たことねえだろ!』
『売れっ子祭り』で、有吉に姉の足を引っ張ってると毒を吐かれたmisonoが反撃したところで、がつんと有吉。
本人曰く、魂の叫び。

・ウド鈴木  『18歳から灰になるまで』
『熟女芸人』で、恋愛対象のストライクゾーンを聞かれて、ウド。
この日だけなら、これが一番吹いた(笑)

・出川  『ウッチャンと言いますと・・・チェン』
『出川ナイト』で、ふつうは“ウッチャンと言いますと・・・内村光良”と言うところで。
“上陸大陸”などなど、出川の場合多すぎて絞りきれない(笑)


流行語部門の前半終了。
有吉が、この1年であだ名を付けまくったという話から、「ポッと出の連中」に付けるとき困ってると告白。
そこで関根が、そういう場合は『カラッポ1号』、『・・・2号』と付ければいいと提案した。

そして、この日の出演者のほとんどがまだ有吉にあだ名を付けられてなかったことが分かって命名が始まったが、いきなり、よく知らないということでバッファロー吾郎・木村に『カラッポ1号』(笑)
その後、サンド・伊達『田舎のポン引き』、サンド・富澤『哀しきモンスター』、博多大吉『病み上がり』、博多華丸『無駄にオシャレ』と続き、最後は満を持して関根とベッキー。
関根『説明ジジイ』ベッキー『元気の押し売り』
さすが!


続いて後半。

・ケンコバ 『僕なりのゴールデンです』
ゴールデンSPでの『花の47年組』で、VTRで流れた若い頃の下ネタ、“恥ずかしい恥ずかしい、穴があったら入れてみたい”をスタジオでもやらかしてしまって一言。
その後、五反田で何度もやらされたらしい。


・博多大吉 『焼却炉の魔術師』
『中学時代イケてない芸人』で、文化祭の後始末を託された大吉に、“あいつに焼けない物はない”として付けられた異名。
最近、似たような中学生から熱い眼差しを受けてるらしい(笑)
『中学時代イケてない芸人』はこの1年の最高回だったが、やっぱりゴールデンSPでやるのか。


・イジリー岡田 『イジリー岡田が双子になった』
『売れっ子祭』で、スザンヌの楽屋に潜入したイジリー。リップクリームを見つけると、下条アトム風に“イジリー岡田が双子になったぁ~”と言いながら、鏡に横顔をくっつけて塗ってた。


・FUJIWARA原西 『ぐるぐるどっか~ん!』
『レギュラーなし芸人』で、NHKの子供番組の振り付けを原西がオリジナルバージョンで披露。
周囲の子供達に人気だった上に、携帯動画のダウンロードが20000件にまで達したらしい。
そんなことより見てるこっちは、この度はお母様が・・・って感じだったな。

 
大賞は、博多大吉
ところが大吉は、こういった場面にすごい弱いらしく、“逆に迷惑”(笑)
 


*反省部門
 
・ワッキー 『絶妙に笑えないメロディ』
『花の47年組』で、例によって90年代のヒット曲を知らないワッキー。
「ほっとけないよ」(楠瀬誠志郎)を歌ってみろと言われ歌ったら、妙に原曲と合っててツッコミづらかったために、続けて「格好悪いふられ方」(大江千里)を歌ったが、今度はケンコバ曰く半音違えば笑えたのに、『絶妙に笑えないメロディ』。
“格好悪いスベリ方”の声が挙がった(笑)
  
 
・ケンコバ 『セクハラ発言の数々』
中川翔子に向かって“オ●ホール”のことを聞いたり、南明奈に向かって“ア●ルセ●クスしよ!”(東京ラブストーリー風に)と言ったり、言いたい放題のケンコバ。
最近、知り合いの芸人達が手を振っていなくなる夢ばかり見るらしい(笑)
この日も、“ベッキーに入れてみたい”とやらかして、出演者や観客から手を振られていた。


・宮迫 『噛み倒す宮迫』
『売れっ子芸人』で、TKO木下へのツッコミをほとんど噛みまくり。
木下のボケがあざとかったので、本気でイヤだったんだろう。


・あぶら揚げ芸人 
企画自体がgdgdだった(笑)
でもハイライトVTRで見ると、グダグダすぎて逆に面白かったな。


・サンド・富澤 『二カ国語放送』
『地方冠芸人』で、おぎやはぎ・小木の“スタッフが狙ってる女の子が番組に出てくる”という話で盛り上がる中、ひな壇の端っこで“地元の先輩が俺等を出せと言ってくる”という話をほとんどオフ状態のまま一人で喋り、相方の伊達に「誰としゃべってんの?」とツッコまれてた。
宮迫からは、何か喋ってるのに(小木たちの)違う話が聞こえてきて、 『二カ国語放送』みたいだったらしい(笑)
 
 
大賞は、サンドイッチマン・富澤 
トークに自信が付いたらしい。
なぜ?(笑)


*グランプリ
いきなりVTRが流れ、 『花の47年組』でワッキーがダダすべりしてる映像。
テンパったワッキーは、雨上がり用のカンペを読んじゃったりして、とんでもない大事故に。
なんでこれがグランプリ?と思ったら、客席から『ワッキーがんばれ!』
この一言でスタジオは爆笑に包まれ、大事故は奇跡的な回避を遂げたのだった。
・・・ということで、グランプリは、お客さんの誰か


しかし、ワッキーの受賞者への一言に始まったこの日の大事故は、誰も救うことができなかったのだった・・・(笑)


No.2013/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(4) |


2008/12/11 (Thu) J1・J2入れ替え戦 第1戦:ジュビロ半歩リード

仙台 1-1 磐田
【得】41'ナジソン、53'松浦

リャンのパスからナジソンが右アングルから見事に決めて、前半終わり際にベガルタが先制。
しかし後半早々、松浦の強烈なミドルでジュビロが追いついてドロー。

・・・という試合で、当然アウェイゴールを奪ったジュビロが半歩リード。
でも去年も、これでサンフレッチェで決まりと思ったからなあ。
ジュビロの前田が逆転シュートを止められたことが、結果に響くのかどうか。

(ベガルタ)

ナジソン  中島
リャン               関口
冨田    斉藤
磯崎    渡辺    千葉    菅井
|林|

63/ナジソン⇒中原
87/中島⇒佐藤

(ジュビロ)

    前田  ジウシーニョ
松浦
村井    犬塚   ロドリゴ  駒野
岡田   茶野   鈴木
|川口|

47/鈴木⇒大井
60/ジウシーニョ⇒萬代




No.2012/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/10 (Wed) 欧州CL 第6節:ローマ突破

ローマ 2-0 ボルドー
【得】61'ブリーギ、79'トッティ

チャ~ンス!ローマ 3-5 ボルドー

(ローマ)

トッティ
  メネズ   J・バチスタ
ブリーギ           ペロッタ
デ・ロッシ
リーセ    フアン  メクセス  パヌッチ
|ドニ|

80/メネズ⇒シシーニョ
87/トッティ⇒ブチニッチ
89/ペロッタ⇒ピサロ

(ボルドー)

シャマフ
ベンデウ     グルクフ     グフラン
  ディアラ   フェルナンド
ジュリエッティ ディアワラ プラニュス   シャルメ
|ラメ|

58/グフラン⇒カベナギ
69/ベンデウ⇒ベリオン、シャマフ⇒ジュシエ




No.2011/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/10 (Wed) 欧州CL 第6節:パナシナイコス突破

パナシナイコス 1-0 アノルトシス・ファマグスタ
【得】69'カラグニス

今季のグループリーグはつまらないなあ。
試合内容ではなく、最終節直接決戦がこの試合含めて2試合だけってのが・・・。


序盤は勢いよく攻め込んで、ジオリスの惜しいヘッドなんかもあったパナシナイコスだったけど、徐々に守備を固めたアノルトシスの術中にはまっていく。
大一番の緊張に、ドローでもいいだけに無理せず慎重にって意識が加わって、こういう時は危険だ。
15分、カウンターからのタヘルのシュートが決まってたら、その後の展開はどうなったか分からなかった。

ただ、その場面のほかは、ジウベルト・シウバとシマオンが中盤の守備を引き締めてほとんど危なげなし。
アノルトシスがサビオの欠場に加えて、前半で守備の要・デラスとベカイが負傷交代と、流れもパナシナイコスへ傾いていた。

それでも終盤へかかる前に勝負を決めたいパナシナイコス。
69分、サルピンギディスのクロスをカットしたDFの不用意なバックパスをカラグニスがインターセプト。
そのまま打った強烈なシュートをGKナギは後逸してしまい、パナシナイコスに待望の先制点が入った。
シュートは急激な変化を見せたとはいえ、ベカイの交代がアノルトシスには裏目に出た格好に。

あとはパナシナイコスの決勝ラウンド進出へのカウントダウン。
パナシナイコスが3連勝で決勝ラウンド進出を決めた。
宿敵オリンピアコスを沈めてきたアノルトシスを破ってだけに、喜びも一塩だったろう。
でも、去年オリンピアコスがベスト16に入ったことが刺激になったに違いない。

敗退となったアノルトシスだけどグループBを盛り上げたくれたな。
チャ~ンス!(パナシナイコス 9-1 アノルトシス・ファマグスタ)

(パナシナイコス)

マンジオス
カラグニス    クレイトン
ジオリス          G・シウバ
シマオン
スピロプロス グマス  サリエギ   ビントラ
|ガリノビッチ|

65/クレイトン⇒サルピンギディス
82/マンジオス⇒ルカビナ
90+3/カラグニス⇒イバンシッツ

(アノルトシス)

タヘル
ラバン       ニコラウ      バルドン
ドブラシノビッチ スコペリティス
レイワカベッシー         A・コンスタンティヌ
   デラス    カツァバキス
|ベカイ|

46/デラス⇒フルソス、ベカイ⇒ナギ
70/タヘル⇒パウロ・コスタ



*第2稿


No.2010/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(5) |


2008/12/10 (Wed) リーガ第14節:アトレチコ、激戦制す

スポルティング・ヒホン(18) 2-5 (24)アトレティコ
【得】4'ビリッチ、5',44'アグエロ、54',80'フォルラン、63'バラル、73'マキシ・ロドリゲス

ヒホンのホームゲームは初めて見たけど、スペインっぽくない雰囲気だったな。
スペインだけでなくラテン系のリーグって比較的まったりした雰囲気だけど、ずっと大歓声が続いてた。
人気名門チームが来たからなのか?

いきなり4分、CKからビリッチのヘッドでヒホンが先制したが、直後にアトレチコが追いついたのが大きかったな。
FKの折り返しをアグエロがオーバーヘッド。

とにかく試合はほとんどの時間帯でヒホンのリズム。
激しいフォアチェックから速攻を繰り出す。

ところが追加点はアトレチコに入る。
前半終了間際にフォルランのミドルをGKが中途半端に弾いたところをアグエロが詰めて逆転すると、後半54分にはフォルランがDFからインターセプトしてそのままゴール。
守勢の中でわずかなミスを見逃さないあたり、好調だ。

しかしヒホンも粘る。
バラルの強烈なミドルが決まって1点差。
なおも勢いに乗って攻勢をかけたが、アトレチコがカウンターで試合を終わらせた。
パウロ・アスンソンのパスを受けたアグエロからマキシ。
さらにフォルランが、あれ?オンサイド?って感じで5点目。
アトレチコが、ヘタしたら逆のスコアになっててもおかしくない試合を制して勝利。

(ヒホン)

ビリッチ
D・カストロ    カルメロ       ペドロ
D・カマーチョ  マタブエナ
カネージャ I・エルナンデス ジェラール サストレ
|クエジャル|

59/カネージャ⇒バラル
60/ペドロ⇒ルイス・モラン
80/カルメロ⇒キケ・マテオ

(アトレチコ)

 アグエロ    フォルラン
シモン                     マキシ
   マニシェ    P・アスンソン
ペルニア ウイファルシ ハイティンハ セイタリディス
|L・フランコ|

66/マニシェ⇒ラウル・ガルシア
77/アグエロ⇒シナマ・ポンゴル
81/フォルラン⇒バネガ




バルセロナ(35) 4-0 (27)バレンシア
【得】20',28,79'アンリ、46'ダニエウ・アウベス

例によって中盤を制圧したバルサ。
トゥレ?のロングパスからDF裏を突いたアンリが先制ゴールを決めると、8分後にはフレブのパスから再びアンリ。
もう、この2点だけで勝負が決まった感じだったが、後半早々にはシャビのパスからダニエウ・アウベス。
副審のオフサイド判定で両チームの選手が動きを止めた中、ただ一人ってわけでもないが猛然とオーバーラップしたダニエウ・アウベスだった。
ちなみに、副審はグジョンセンの戻りオフサイドと勘違いしたのだが、ラストタッチがホアキンだったことを主審はきっちり見てたのだった。
さらに79分、ボージャンのパスからアンリがハットトリックを達成。
まるでバレンシアが残留争いしてる弱小チームに思えたほどのバルサの圧勝。
バルサが強すぎて、試合がつまらなかったほどだった。
強豪と対戦したら果たしてどうか?と思ったけど、セビージャ戦に続いての大勝で、当初は蚊帳の外だったアンリも機能し始めてと、ちょっと今季の優勝は決まりだよ。

(バルセロナ)

メッシ
アンリ              フレブ
グジョンセン  シャビ
トゥレ
アビダル  プジョル マルケス D・アウベス
|V・バルデス|

72/フレブ⇒ボージャン
82/メッシ⇒ペドロ
84/シャビ⇒ケイタ

(バレンシア)

ビジャ
マタ               ホアキン
      バラハ   M・フェルナンデス
アルベルダ
デル・オルノ マドゥロ アルビオル ミゲウ
|レナン|

71/バラハ⇒ミチェル
81/マタ⇒ビセンテ、ホアキン⇒パブロ



(その他)
レアル連敗。5位転落。おまけにロッベンがクラシコに使えず。

ビジャレアル(29) 3-3 (18)ヘタフェ
R・マドリード(26) 3-4 (27)セビージャ
デポルティボ(24) 2-0 (18)マラガ
オサスナ(9) 3-3 (20)バジャドリード
ベティス(18) 1-1 (13)エスパニョール
ラシン(16) 1-1 (13)ビルバオ
ヌマンシア(14) 2-1 (15)アルメリア
マジョルカ(13) 2-3 (10)レクレアティボ


No./サッカー雑記

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/08 (Mon) 週間テレビメモ 12/1-7

ハードディスクがイカれてからほぼ1年。
ずーっとDVDの方で凌いできて、ついにDVDの方もおかしくなってきて四苦八苦してたが、ようやく解決!
ただ、ブルーレイじゃないんだけどね。それどころか、ビデオが付いてるやつ(笑)
ビデオがダメになったことでHDD+DVDに変わったので、なんとかしたいビデオがあったのだ。
まあ、画質とかそんなに気にしない質だし、最近は保存用録画ってあんまりしないし、あと、宣伝がウザいうちは買わない方がいい気がした(笑)
にしても、ハードディスク録画はなんて楽なんだ。久々に使ったらよ~く分かる。

【12/2】
◆「魍魎の匣」[日テレ]
第9話「娘人形の事」。
いよいよ佳境だ。
ちょうどWOWOWで実写版やってたが、録画だけして未見。

関口と榎木津は、頼子の家に行く前に久保竣公に出くわしてたのか。
でもって、頼子をそのまま出かけさせちゃったのは仕方ないとしても、頼子の身が危ないと分かったのに、頼子の捜索は通りかかった駐在警官に任せて帰っちゃって、おいおい(笑)
案の定、その後、京極堂は久保竣公が犯人だと断定し、ラストで頼子の両腕発見の報。
ふつうなら、けっこう責任感じちゃう事態だぞ。

久保竣公(CVアムロ・レイ)。
久保竣公

在りし日の最後の姿?
楠本頼子

【12/6】
◆「めちゃイケ」[フジ]
もうフジテレビ警察24時の季節かあ。
冒頭から『ポニョ』のパロディで、『今年話題の人ばっかり逮捕 だけども泰葉はや・め・と・こ♪』(笑)

今年売れた芸人がチョイスされる恒例の助っ人警官は、世界のナベアツだった。
これに出ると大抵来年は・・・。
ついでに山下も出て、いつものようにスベって行った(笑)

そして鈴木紗理奈が結婚を報告。
サラっと流しちゃったあたりはめちゃイケらしいというか、らしくないというか。
芸能マスコミは完全に出し抜かれた訳か。

長い時間を劇団四季・ライオンキングとのコントに費やしたので、「逮捕」は少なめだった。



【12/1】
◆「リーガ」(V) 第13節:アトレチコ 4-1 ラシン
◆「欧州CL」(V) 第5節 D組:リバプール 1-0 マルセイユ、F組:バイエルン 3-0 ステアウア、
◆「やりすぎコージー」・・・ツッコミ7
◆「巌窟王」(再/最終回)
◆「週刊美肌一族」
◆「リーガ」 第13節:セビージャ 0-3 バルセロナ

【12/2】
◆「かんなぎ」(V)・・・第5話

かんなぎ料理勝負
ナギ
ナギ
うめてんてー
うめてんてー。

◆「欧州CL」(V) 第5節 C組:シャフタール 5-0 バーゼル、D組:アトレチコ 2-1 PSV 
◆「ハイビジョン特集 決定版!キク大百科・世界を彩る日本人の技と心」[NHK hi]
◆映画「タワーリング・インフェルノ」[NHK BS2]

【12/3】
◆「欧州CL」(V) 第5節 E組:オールボー 2-1 セルティック
◆「ハイビジョン特集 天空の旅人・錦秋列島を飛ぶ」[NHK hi]
◆「その時~歴史が動いた」・・・大友宗麟
◆「時効警察」(再)
◆「水曜どうでしょうClassic」(再、V)
◆「とらドラ!」
今週のみのりん。

わかめ・・・。
みのりんみのりん


◆「ミチコとハッチン」
◆「ヒャッコ」

【12/4】
◆「みなさんのおかげでした」
◆「アメトーーク」・・・森三中・黒沢ナイト
◆「のだめカンタービレ巴里編」
◆「CLANNAD~AFTER STORY」

【12/5】
◆「ケメコ・デラックス!」・・・第8話
黒崎リョーコ回。
リョーコ
リョーコ
エムエム


◆「名曲探偵アマデウス」 チャイコフスキー/くるみ割り人形
◆「テイルズ・オブ・ジ・アビス」
◆「屍姫 赫」
◆「タモリ倶楽部」(V)・・・地デジ非対応
◆「天体戦士サンレッド」
◆「鉄のラインバレル」

【12/6】
◆「Jリーグ」 J2最終節:仙台 1-0 ザスパ、J1最終節:千葉 4-2 FC東京
◆「明石家さんまの映画大事典3」[WOWOW]
◆映画「ジョーズ2」[BS朝日]
◆「神様家族」(再)
◆「プレミアリーグ」 アーセナル 1-0 ウィガン

【12/7】
◆「絶対可憐チルドレン」
ナオミ百合百合回。
ナオミ
ナオミ

◆「あっぱれさんま新教授」
◆「バルサTV」(V) 欧州CL第5節:スポルティング 2-5 バルセロナ
◆「機動戦士Zガンダム」(再)
◆「篤姫」
◆「世界の果てイッテQ 今夜は珍獣祭りSP」
◆「ガキの使い」・・・大喜利3週目
◆「今日の5の2」・・・第10話
今週のカズミ。
カズミ
カズミ

◆「不思議少女 加藤うらら」


No.2008/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(4) |


2008/12/07 (Sun) J1最終節:ミラクル・ジェフ!

千葉 4-2 FC東京
【得】39'カボレ、53'長友、74'新居、77',85'谷澤、80'レイナウド

今季は優勝争いの方はおそらく何も起こらないと予測して、残留争いの方を見ることにしたら大当たり!
Jリーグ史上に残る奇跡的な試合を目撃できた。

勝利しかないジェフが後半早々までに2失点。
ジュビロ、ヴェルディもリードを許してたものの、そのままズルズル残り15分ほどになったところで、ジェフおわた・・・。
74分にようやく新居のゴールで1点を返したものの、この勢いでもう1点取らない限り・・・と思った途端に谷澤が同点ボレー。
もうこうなると勢いは止まらない。
スタジアムに充満した逆転の期待と予感は、エリア内で今野がレイナウドを引っかけたプレーで主審がペナルティスポットを指し示した時点でマックスになり、レイナウドがPKを決めた80分、とうとう現実のものに!
そして、直後のFC東京の波状攻撃を凌いだジェフは、カウンターから谷澤が独走ゴール。
「安全圏」に突入し、あとは他会場。
で、こうなったらジェフの大逆転残留を見たいなという期待通りの結果になってしまった。

サッカーファン的には、最終節の主役は完全にジェフだったね。

(ジェフ)

   巻    レイナウド
深井                工藤
  戸田    ミシェウ
青木    早川    池田    坂本
|櫛野|

56/ミシェウ⇒新居
63/深井⇒谷澤
86/工藤⇒下村

(FC東京)

 赤嶺    カボレ
鈴木                羽生
今野    浅利
長友    茂庭    佐原    徳永
|塩田|

63/羽生⇒大竹
81/鈴木⇒近藤
86/浅利⇒平山



(その他)
レッズひどす。
アントラズ、フロンターレ、グランパスが来季のACLへ。

札幌 0-1 鹿島
東京V 0-2 川崎
大分 0-0 名古屋
京都 1-3 清水
浦和 1-6 横浜M
新潟 3-2 G大阪
神戸 0-2 
磐田 0-1 大宮

[最終順位]
1 (63) 鹿島
2 (60) 川崎
3 (59) 名古屋
----------ACL
4 (56) 大分
5 (55) 清水
6 (55) FC東京
7 (53) 浦和
8 (50) G大阪
9 (48) 横浜M
10 (47) 神戸
11 (46) 柏
12 (43) 大宮
13 (42) 新潟
14 (41) 京都
15 (38) 千葉
----------入れ替え戦
16 (37) 磐田 -8
----------降格
17 (37) 東京V -12
18 (18) 札幌



No.2007/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(7) |


2008/12/06 (Sat) J2最終節:ベガルタ、入れ替え戦進出

仙台(70) 1-0 (53)ザスパ
【得】67'関口

前半はベガルタがチャンスを逃しまくり、0-0。
やっぱり重圧からは逃れられなかったな。不思議なほど決まらなかった。

後半になると、すでに前半で1点リードされてたベルマーレのビハインドが2点となり、セレッソも先制され、とベガルタに追い風が吹くが、ベガルタの方もピンチの連続。
ザスパは今季でチームを去る鳥居塚の投入が効いたようで、いいのかなあ?
ただ、今度はザスパがチャンスを逃しまくる。こっちも不思議なほど決まらない。
後藤がDFをかわしてGKと1対1になった場面はさすがに決まったかと思ったら、シュートは左。
でも、あの瞬間むしろホッとしたのは、ベガルタにJ1へ上がって欲しいからだ(笑)

でもって、ベガルタが先制したのはまさにその直後ってのも、さもありなん。
リャンからエリア内深くでパスを受けた関口のターンに尾本がすっこけて勝負アリだった。

ベルマーレはさらに失点して終わったのに対して、セレッソは逆転してただけに、ベガルタはドローだとアウト。
追加点が奪えなかったことで、ベガルタにはスリリングな終盤となったが、なんとか逃げ切って勝利。
入れ替え戦に進出となった。

(ベガルタ)

平瀬    中島
リャン              関口
冨田    斉藤
磯崎    渡辺    千葉    菅井
|林|

59/平瀬⇒中原
88/中島⇒ナジソン
90+/関口⇒佐藤

(ザスパ)

後藤    高田
島田                山崎
熊林    松下
寺田    尾本    喜多  ソンヨン
|本田|

HT/山崎⇒鳥居塚
79/後藤⇒氏原



(その他)
広島(100) 3-0 (29)徳島
山形(78) 1-0 (47)水戸
C大阪(69) 2-1 (37)愛媛
福岡(58) 3-1 (65)湘南
岐阜(42) 1-0 (64)鳥栖
横浜FC(50) 0-0 (59)甲府

*追記
[最終順位]
1 (100) 広島
2 ( 78) 山形
---------昇格
3 ( 70) 仙台
---------入れ替え戦
4 ( 69) C大阪
5 ( 65) 湘南
6 ( 64) 鳥栖
7 ( 59) 甲府
8 ( 58) 福岡
9 ( 53) 草津
10 ( 50) 横浜FC
11 ( 47) 水戸
12 ( 43) 熊本
13 ( 42) 岐阜
14 ( 37) 愛媛
15 ( 29) 徳島



No.2006/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(8) |


2008/12/03 (Wed) 巌窟王

【12/1】
◆「巌窟王」(再)[NHK BS2]
最終幕『渚にて』。
面白かったなあ。初見だったので、毎週楽しみだった。

パリ空襲の中、モンテ・クリスト伯爵が死に、アルベール親父が自殺した壮絶な前回から一転、最終回はほぼ全編エピローグ。
ストーリー物はこのくらいの余裕で作った方がいいよな。最近では電脳コイルとか神霊狩・・・以下略(笑)

ユージェニーはピアニストとして成功したようだ。
なにげに強欲親父の開いたリサイタルが役に立ったな。
ユージェニー
ショートカットの方が良い。

アルベールに助けられたエデは女王に。
エデ

ペッポはジュエリーのイメージモデルなんかしてて笑た。
まだ騙してるのか。
ペッポ
エデへのプレゼントを探してたバティスタンは、この広告を見て取り止め(笑)

OP。ジャン・ジャック・バーネル(!)『We were lovers』。


フィナーレも『We were lovers』。


アルベールとユージェニーの再会を描かないとは小憎らしい。
バランティーヌもマクシミリアンとけこーんで、伯爵の復讐は子供達へは及ばぬ結果に。
でもフランツの死は永久に背負うことになるか。


来週からは「蟲師」が始まるようだ。
これも見たことないけど評価が高いようで、この枠は”アニメ名作劇場”の様相を呈してきた。


No.2004/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/02 (Tue) リーガ第13節:アトレチコ、3点差の辛勝

アトレティコ・マドリード(21) 4-1 (15)ラシン
【得】7'チテ、21'シモン、34'アグエロ、78',81'フォルラン

チャンピオンズリーグの決勝ラウンド進出を決めて腑抜けてしまったのか、7分にPKで先制されてしまったアトレチコ。
21分、アグエロのクロスをフォルランが落とし、シモンがボレーという鮮やかな同点劇の後も一向にパフォーマンスが上がらない。
それだけに31分、優勢にも関わらず、ラシンのセサル・ナバスが一発退場の愚行を犯したのはアトレチコには助かった。
直後にフォルランのパスからアグエロが久々の逆転ゴール。
このゴールも大きかった。なにせ、その後も10人のラシンは数的不利を問題にせず、互角の戦い。
試合を決めた78分のフォルランの3点目も、パウロ・アスンソンのファウル気味のチェックのこぼれ球と、アトレチコには幸運だった。
直後に4点目を決めたフォルランは全得点に絡む活躍。
苦しい試合をものにしたのは大きい。

(アトレティコ)

 アグエロ   フォルラン
シモン                   マキシ
P・アスンソン   マニシェ
ペルニア ウイファルシ ハイティンハ セイタリディス
|L・フランコ|

85/マニシェ⇒ルイス・ガルシア、シモン⇒バネガ、マキシ・ロドリゲス⇒ラウル・ガルシア

(サンタンデール)

J・ペレイラ   チテ
O・セラノ           ムニティス
コルサ    ラセン
マルカーノ   ガライ  C・ナバス ピニジョス
|トニョ|

[退場]31'セサル・ナバス
77/ピニジョス⇒ゴンサウベス
82/ラセン⇒カナレス、コルサ⇒リュクサン



セビージャ(24) 0-3 (32)バルセロナ
【得】20'エトオ、78'.90'メッシ

(セビージャ)

   カヌーテ  L・ファビアーノ
アドリアーノ            デ・ミュル
マレスカ   ファシオ
F・ナバロ エスキュデ スキラッシ モスケラ
|パロプ|

53/デ・ミュル⇒ディエゴ・カペル
63/マレスカ⇒ロマリック
74/スキラッシ⇒レナト
[退場]86'ルイス・ファビアーノ

(バルセロナ)

エトオ
アンリ                メッシ
ケイタ    シャビ
トゥレ
プジョル  マルケス  ピケ  D・アウベス
|V・バルデス|

75/ケイタ⇒セルヒオ・ブスケツ
88/シャビ⇒グジョンセン
90/アンリ⇒フレブ



(その他)
レアル、非常事態続く。
エスパニョールはマルケス監督解任。

レクレアティボ(7) 1 - 2 (28)ビジャレアル
バレンシア(27) 3 - 2 (17)ベティス
ヘタフェ(17) 3 - 1 (26)R・マドリード
アルメリア(15) 0 - 1 (21)デポルティボ
バジャドリード(19) 3 - 0 (13)マジョルカ
マラガ(18) 4 - 2 (8)オサスナ
エスパニョール(12) 0 - 1 (18)スポルティング・ヒホン
ビルバオ(12) 2 - 0 (11)ヌマンシア

[順位]
1 (32) バルセロナ
2 (28) ビジャレアル
3 (27) バレンシア
4 (26) R・マドリード
5 (24) セビージャ
6 (21) アトレチコ
7 (21) デポルティボ
8 (19) バジャドリード
9 (18) マラガ
10 (18) ヒホン

11 (17) ベティス
12 (17) ヘタフェ
13 (15) ラシン
14 (15) アルメリア
15 (13) マジョルカ
16 (12) ビルバオ
17 (12) エスパニョール
18 (11) ヌマンシア
19 ( 8) オサスナ
20 ( 7) レクレアティボ


No.2002/サッカー雑記

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/02 (Tue) 週間テレビメモ 11/24-30

【11/24】
◆「リーガ」(V) 第12節:セビージャ 0-0 バレンシア
◆「FIFA U-20女子ワールドカップ チリ2008」(V) 日本 2-1 ドイツ
◆「やりすぎコージー」・・・売れっ子芸人の相方は今
◆「巌窟王」(再)
◆映画「バルジ大作戦」[NHK BS2]
◆「週刊美肌一族」
◆「かんなぎ」・・・第4話
仁の想像上のざんげちゃん。
ざんげちゃん
リアルざんげちゃん。腹黒キャラ花盛り。
ざんげちゃん
ひん剥いて縛っちゃおうかしら♪
姉妹ゲンカ

【11/25】
◆映画「ハリーの災難」(V)[テレ東]
◆「ハイビジョン特集 桂離宮・知られざる王朝の美」[NHK hi]
◆「ロンドンハーツ」・・・格付け
◆「リンカーン」・・・視聴者考案ゲーム
◆「魍魎の匣」
◆「欧州CL」 第5節 H組:ゼニト 0-0 ユベントス

【11/26】
◆「欧州CL」(V) 第5節 G組:アーセナル 1-0 ディナモ・キエフ、H組:BATE 0-1 R・マドリード
◆「とらドラ!」
今週のみのりん。

シリアス・モード。
みのりん
だけじゃない(笑)
みのりん暴走


みのりんロイツマMADが登場。

◆「ヒャッコ」

【11/27】
◆「スタジオパークからこんにちは」(友近)
◆「欧州CL」(R、V) 第5節 A組:CFR 1-3 ローマ
 B組:インテル 0-1 パナシナイコス、G組:フェネルバフチェ 1-2 ポルト
◆映画「オーメン」[テレ東]
◆「アメトー-ク」・・・サウナ芸人
◆「タイタニア」
◆「のだめカンタービレ巴里編」
◆「夜桜四重奏」
◆「CLANNAD~AFTER STORY」

【11/28】
◆「ケメコ・デラックス!」・・・第7話分
イズミちゃんコスプレフェスティバルだったな。

エロ女教師。
エロ女教師
ゴスロリ。
ゴスロリ
なめくじ。なんじゃこれ(笑)
なめくじ

こっちは普段着らしい。
早川美咲
大胆な止め方。
大胆な止め方
サザエ(笑)
サザエ(笑)
へっぷちゅ。
エムエム

◆「欧州CL」(V) 第5節 A組:ボルドー 1-1 チェルシー、B組:アノルトシス 2-2 ブレーメン
◆「名曲探偵アマデウス」 ベートーベン/バイオリンソナタ第9番クロイツェル
◆「屍姫 赫」
◆「タモリ倶楽部」・・・水門
◆「モヤモヤさまぁ~ず2」
◆「天体戦士サンレッド」
アニマルソルジャー、可愛すぎ(笑)
アニマルソルジャー
◆「鉄のラインバレル」

【11/29】
◆「Jリーグ」 J1第33節:清水 3-1 千葉、J2第44節:草津 0-4 C大阪
◆「めちゃイケ」・・・寒イイ話
◆「神様家族」(再)
◆「黒塚」

【11/30】
◆「ウチくる」(矢口真里)
◆「あっぱれさんま新教授」
◆「Jリーグ」 J2第44節:鳥栖 4-1 仙台、愛媛 2-3 山形・・・モンテディオ昇格
◆「FIFA U-20女子ワールドカップ チリ2008」(R) 日本 3-1 コンゴDR
◆「篤姫」
◆「欧州CL」(V) 第5節 F組:フィオレンティーナ 1-2 リヨン
◆「ガキの使いやあらへんで」・・・大喜利2週目
◆「ブンデスリーガ」 第13節:ボーフム ハンブルガー
◆「今日の5の2」
ファッションリーダーらしい。
ユウキ
ユウキ


No.2002/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(5) |


2008/12/01 (Mon) J2第44節:モンテディオ昇格

愛媛(37) 2-3 (75)山形
鳥栖(64) 4-1 (67)仙台

開始時間間違えて前半途中に見たら、すでに両試合とも「2-1」だった。
しかし、そこからの展開は好対照。
前半にベガルタが3失点目を食らったところで、モンテディオの昇格はほぼ決まった感じだった。

モンテディオは、後半にベガルタが4失点を喫したことも知らなかったんだろな。
知ってりゃもっと楽にやってたろうに。
でもおかげで劇的な逆転勝利で昇格に花を添えられた。

ベガルタは最終節に勝てば入れ替え戦。
相手はザスパ!
ちなみに、昨季最終節にザスパが戦ったのはサンガだ。


(その他)
熊本(39) 1-2 (97)広島
草津(53) 0-4 (66)C大阪
湘南(65) 3-0 (37)岐阜
甲府(58) 0-1 (55)福岡
水戸(47) 2-3 (49)横浜FC


No.2001/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/01 (Mon) 欧州CL第5節 F組:リヨン突破

録画エラーの連続でなかなか見られん・・・。

(11/25)
フィオレンティーナ 1-2 リヨン
【得】15'マクン、27'ベンゼマ、45'ジラルディーノ

リヨンはグループ首位・3位フィオレンティーナと5p差と優位に立ってるとはいえ、よく考えたらここで負けて最終節のバイエルン戦でも引き分け以下だったりしたら敗退もあるという、なにげに安閑とはできない状況だった。

それだけに勝ってひと安心。
ケイタのミドルからの波状攻撃から、ベンゼマのパスをマクンが叩き込んで先制すると、ジュニーニョのボール奪取からベンゼマがあっさりミドルを沈めて追加点と序盤で2点のリードを奪い、反撃を前半終了間際の1点に抑えた。
これでリヨンが決勝ラウンド進出。フィオレンティーナは敗退となった。

リヨンはジュニーニョのFKが復活してきたのとシンクロするように、攻撃力は数年前のレベルに戻ったような印象だったな。
ただ守備は、この日も何本のシュートをクロスバーやポストに救われたことか。
チャ~ンス!(フィオレンティーナ 12-11 リヨン)

(フィオレンティーナ)

ジラルディーノ
ムトゥ                サンタナ
  モントリボ    クズマノビッチ
F・メロ
バルガス  ダイネッリ  ガンベリーニ  ザウリ
|フレイ|

46/ダイネッリ⇒クロルドルップ
55/サンタナ⇒ヨベティッチ
79/フェリペ・メロ⇒オズバルド
[警告]ダイネッリ、ザウリ、ムトゥ

(リヨン)

ベンゼマ
ゴブ                 ケイタ
   マクン    ジュニーニョ
トゥララン
グロッソ  ブムソング   クリス    メンサー
|ヨリス|

80/ケイタ⇒エデルソン
90+1/ベンゼマ⇒ピキオーヌ
[警告]ジュニーニョ、クリス



バイエルン・ミュンヘン 3-0 ステアウア・ブカレスト
【得】57',71'クローゼ、62'トーニ

ステアウアの抵抗に手こずったバイエルンだったけど、終わってみれば快勝。
決勝ラウンド進出を決めた。
チャ~ンス!(バイエルン 13-5 ステアウア)

(バイエルン)

クローゼ   トーニ
リベリ        シュバインシュタイガー
ゼ・ロベルト  V・ボメル
ラーム   V・ブイテン  ルシオ    オッド
|レンジンク|

78/ルシオ⇒ブレーノ
82/トーニ⇒ボロウスキ

(ステアウア)

スタンク
セケリー    D・モレノ    ニコリツァ
ラドイ    ペトレ
マリン   ギオネア   ゴイアン  ゴラニスキ
|サパタ|

63/セケリー⇒セメド
66/ペトレ⇒ロビン
78/スタンク⇒ティアゴ・ゴメス
[警告]ペトレ、ゴイアン、ゴラニスキ



[順位]
1 (11) リヨン
2 (11) バイエルン
3 ( 3) フィオレンティーナ
4 ( 1) ステアウア・ブカレスト

*第2稿


No.2000/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

PROFILE

ペンギンジャンプ

CALENDER

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ENTRIES

ONGAKU

ビョーク 「ポスト」 ドアーズ 「ウィンタータイム・ラヴ」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ 「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」 電気グルーヴ 「虹」
ビートルズ 「リボルバー」 チャラ  「あたしはここよ」
カヒミ・カリィ 「アイ・アム・ア・キトゥン」 ジミ・ヘンドリックス 「ブードゥー・チャイルド(スライト・リターン)」
ルー・リード 「トランスフォーマー」 椎名林檎 「無罪モラトリアム」
吉川晃司 「モダン・タイム」 矢野顕子 「峠のわが家」

[アーカイブス]
…けっこうな動画集になってしまった
    

Twilog

    

CATEGORY

ARCHIVES

SouthAfrica2010

   

EURO2008

予備サイト
[ENTER]

GERMANY2006

折角なのでしばらく残しとこ。



DENTAKU

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

Gallery

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

FC2カウンター

OTENKI

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。