前橋のほどよい郊外//興味のままに・・・で、チャンピオンズリーグ、Jリーグ、リーガ・エスパニョーラ・・・サッカー多し
2008/04/30 (Wed) J1第9節:グランパス陥落

名古屋(19) 1-2 (14)川崎
【得】21'ヨンセン、28'村上、36'ジュニーニョ

グランパスが逆転負けで2連敗、首位から陥落。
最初の正念場だ。
フロンターレが、ちょうど関塚監督の辞任で特別な結束が生まれて上昇ムードだったあたりもグランパスには巡り合わせが悪かった感じ。

逆にフロンターレは、スタートでつまずいて今年はもうダメだろとか思ってたけど、まだまだ首位とは5ポイント差。ガンバより上位だ。
優勝争いに復帰してきそう。

(グランパス)

  玉田   ヨンセン
深井           マギヌン
山口   中村
阿部   増川  パヤリツァ 三木
|楢崎|

56/山口⇒杉本、深井⇒小川
70/中村⇒藤田

(フロンターレ)

   チョン  ジュニーニョ
谷口
山岸   中村   菊地   村上
伊藤  寺田  井川
|川島|

62/チョン・テセ⇒黒津
80/村上⇒田坂
89/菊地⇒横山


(その他)
レッズなんだかんだで首位浮上。

浦和(19) 4 - 2 (7)札幌
鹿島(18) 2 - 2 (13)神戸
FC東京(17) 1 - 0 (11)大分
横浜M(16) 3 - 0 (2)千葉
G大阪(12) 2 - 3 (15)大宮
磐田(13) 2 - 0 (11)京都
柏(10) 0 - 2 (11)清水
新潟(9) 0 - 0 東京V


*4月(第9節)終了時順位

月間トップは当然レッズ。16pで、3月終了時から12チームをごぼう抜き。
月間最下位も当然ジェフ。勝利なしの1p。

順位 クラブ 勝点 得失差
浦和 19 +10
名古屋 19 +6
鹿島 18 +10
FC東京 17 +2
横浜M 16 +6
大宮 15 +5
川崎 14
神戸 13 +3
磐田 13 +2
10 G大阪 12 -1
11 大分 11 -1
12 清水 11 -2
13 京都 11 -5
14 10 -1
15 新潟 -5
16 東京V -6
17 札幌 -9
18 千葉 -13


No.1728/サッカー雑記

スポンサーサイト

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/29 (Tue) J2第10節

福岡(12) 1-1 (7)ザスパ
【得】59'久永、73'島田

敵陣に入ったところでチェ・ソンヨンが久永にボールを奪われて一気にドリブルで持って行かれると、クロスと見せかけてエリア内に切り込まれて先制点を許す。

しかし、島田が鋭い切り返しでアビスパ選手2人をかわして鮮やかにミドルを叩き込んで同点。

・・・ということで、アウェイでは2連続ドロー。
あとはホームで勝つだけなのだが。


(アビスパ)

グリフィス  黒部
久永             田中
 城後   タレイ
宮本   柳楽   長野   中村
|吉田|

59/黒部⇒大久保
82/田中⇒鈴木
86/城後⇒山形

(ザスパ)

島田   高田
熊林             鳥居塚
櫻田   松下
寺田    田中  スンジン ソンヨン
|本田|

65/櫻田⇒後藤
81/鳥居塚⇒山崎


(その他)
徳島(11) 1 - 4 (20)広島
仙台(16) 3 - 0 (15)鳥栖
愛媛(7) 1 - 4 (16) C大阪
山形(15) 1 - 0 (15)湘南
水戸(7) 1 - 3 (14)岐阜
熊本(8) 2 - 1 (13)甲府


*4月(第10節)終了時順位

月間トップはモンテディオの11p。最下位は愛媛で1p。
ザスパは4月は3分けで勝利なし。勝利どころか、ゴールのイメージさえ浮かんでこないよ・・・。

順位 クラブ 勝点 得失差
広島 20 +13
仙台 16 +4
C大阪 16 +1
湘南 15 +2
山形 15 +2
鳥栖 15 -1
岐阜 14 +4
横浜FC 14 +3
甲府 13
10 福岡 12 -2
11 徳島 11 -5
12 熊本 -4
13 草津 -4
14 水戸 -6
15 愛媛 -7


No.1727/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/28 (Mon) リーガ第34節:おあずけ

ベティス(44) 0-1 (65)ビジャレアル

バルサは負けたけど、ビジャレアルが勝ったことでレアルの優勝は次節へ持ち越し。

アトレチコはラシン、セビージャの共倒れもあって、ドローで4位キープ。
レオ・フランコのPKストップで敗戦を免れた分、ラシン、セビージャより良いムードかも。
ただ、なんだかデポルティボがものすごい勢いで浮上してきてて、不気味だ。

レバンテは降格決定。


R・マドリード(75) 3 - 0 (46)ビルバオ
デポルティボ(49) 2 - 0 (61)バルセロナ
ヘタフェ(42) 1 - 1 (55)A・マドリード
マジョルカ(47) 3 - 1 (53)ラシン
ムルシア(30) 0 - 0 (52)セビージャ
バジャドリー(42) 1 - 0 (48)アルメリア
エスパニョール(47) 1 - 1 (38)サラゴサ
バレンシア(42) 3 - 0 (40)オサスナ
レクレアティボ(40) 2 - 0 (25)レバンテ


No.1726/サッカー雑記

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/28 (Mon) J1第8節

茂原の下着ドロに、関塚監督の無念の辞任と、残念なニュースが続いたな・・・。

大分(11) 1-0 (13)横浜M
【得】31'深谷

深谷のまさかのミドル一発で、トリニータが高松、ウェズレイを欠きながら勝利。

マリノスは立ち上がりの悪さが致命傷に。

(トリニータ)

松橋   金崎
根本
鈴木 ロベルト エジミウソン 藤田
上本  森重  深谷
|西川|

83/根本⇒西山
89/松橋⇒山崎
89/鈴木⇒市原

(マリノス)

大島   ロニー
ロペス
小宮山  松田  山瀬功  田中隼
田中裕  中澤   栗原
|榎本|

65/田中隼⇒山瀬幸
73/大島⇒坂田
77/ロペス⇒兵働



京都(11) 0-4 (16)浦和
【得】57',75'高原、60',65'闘莉王

主力3人を出場停止で欠きながら、サンガ・ペースで試合は進んでいたが、田原の一発退場と直後のレッズの先制点で流れは一変。
特に高原の初ゴールってのもレッズに好影響だったかも。

勢いに乗ったレッズは闘莉王ヘッド2発であっという間に3点を奪い、最後は高原が2点目。
最後は大勝となった。

(サンガ)

柳沢   田原
徳重
渡邊   佐藤   中山   平島
手島  森岡  角田
|平井|

[退場]54'田原
70/徳重⇒斉藤
79/中山⇒林

(レッズ)

エジミウソン
永井     高原
平川   闘莉王  細貝  山田暢
阿部  堀之内   堤
|都築|

68/永井⇒梅崎
71/細貝⇒内舘
80/闘莉王⇒山田直



(その他)
グランパス初の敗戦。ヴェルディ初勝利。

東京V(7) 2 - 0 (19)名古屋
大宮(12) 1 - 1 (17)鹿島
清水(8) 1 - 0 (14)FC東京
神戸(12) 2 - 1 (12) G大阪
川崎(11) 3 - 2 (10) 柏
千葉(2) 1 - 2 (10)磐田
札幌(7) 0 - 1 (8)新潟


No.1725/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/28 (Mon) 逆襲 の 処刑台

=週間テレビメモ= 4/21-27

【4/27】
◆「コードギアス 反逆のルルーシュR2」[TBS]
TURN 4 「逆襲 の 処刑台」。

ルルーシュがどうやって窮地を脱するかと思ったら、まさかの「口車」(笑)
ただ、時間をカウントしてたあたり、「あれ」がロロのギアスだと予測してたんだな。

その後も、得意の土台崩しで処刑台ごと扇たちを中華帝国領内に逃がしたり、三文芝居でロロを手なずけちゃったりと、やること為すこと狙い通り。
でもって最後には鬼畜の如き「ロロ雑巾」発言。
ユーフェミア殺害でリミッターが外れちゃったとはいえ、ルルーシュひでえ(笑)

ロロについては、子供の頃から日常のようにギアスを使った暗殺をやってて、今回もルルーシュ殺害の任務を請け負ってた事が分かったが、そのギアスをどうやって得たのかはまだ不明。
にしても、序盤の鍵はロロがどうなるかって感じだったけど、ロロがルルーシュ側に付くとなると、二人の決着はどこかクライマックスに持ち越されそうだ。

あとは、かぐやがディートハルト達と同行してたり、ヴィレッタの扇へのフラグが残っててビックリしたり。

CCにも苦手なこと?
CCにも苦手なこと

ユフィーが見られるのはEDだけ?
コーネリアとユフィー
コーネリアは負傷療養でもしてるのかと思ったら行方不明らしい。


【4/26】
◆「やりすぎコージー
前週に10分ほどやった「セ・リーグvsJリーグ」の後編。
別にやき豚とサカヲタの争いではなく、千原いじと千原ジュニア(Jr.)をそれぞれ慕う芸人達の討論バトル。
まとまりのあるJリーグに対し、セリーグはJリーグ移籍を打診していた芸人がいたりと、オチ役だった(笑)

ただ、前にテレ東の深夜番組で同じようなことやってたよなあ。


【4/23】
◆「くりぃむナントカ 初回から200%増SP
ゴールデン進出初回の2時間SP。
7時台は惨憺たる感じで、「ビンカン選手権」「上田がバカならバカ騒ぎ」のあった8時台は面白かったけど、視聴率悪かったみたいだねえ。




【4/21】
◆「Jリーグ」(R) J1第7節:名古屋 3-2 千葉
◆「カウボーイビバップ」(再)
◆「モノクローム・ファクター」
◆「我が家のお稲荷様」

【4/22】
◆「踊るさんま御殿」
◆「ロンドンハーツ」
◆「リンカーン」・・・パイレーツ・オブ・ギャグビアン
◆「RD潜脳調査室」
◆「秘密」

【4/23】
◆「AFCチャンピオンズリーグ」 グループG第4節:G大阪 2-0 メルボルン
◆「その時~歴史が動いた 」・・・古事記
◆「水曜どうでしょう」・・・西表島1夜目
◆「さまぁーず・さまぁーず」
◆「ブラスレイター」
◆「クリスタル・ブレイズ」[Veoh]

【4/24】
◆「理由ある太郎」
◆「アリソンとリリア」
◆「カイバ」
◆「図書館戦争」
◆「xxxHOLiC◆継」
◆「to LOVEる」
◆「ソウルイーター・レイトショー」

【4/25】
◆「名曲探偵アマデウス」[NHKハイビジョン] チャイコフスキー/交響曲第6番悲愴
◆「タモリ倶楽部 」・・・南田マネージャー著書販促POP
◆「モヤモヤさまぁ~ず2」・・・北池袋3夜目
◆「マクロスF」
◆「イタズラなKISS」
◆「FOOT!」(中山淳)
◆「紅」

【4/26】
◆「Jリーグ」 J1第8節:東京V 2-0 名古屋、京都 0-4 浦和
◆「電脳コイル」(再)
◆「ザ・イロモネア 」
◆「persona」
◆「タモリ'sヒストリーX 」
◆「原田知世 LIFE&LIVE」[NHK総合]
◆「二十面相の娘」
◆「かのこん」
◆「ドルアーガの塔」
◆「ペンギン娘はぁと」

【4/27】
◆「絶対可憐チルドレン」
◆「あっぱれさんま新教授 」
◆「使えるニュースSHOW」[テレ朝]
◆「篤姫」
◆「パンドラ」
◆「ガキの使い」・・・実写版ヤッターマン
◆「隠の王」
◆「仮面のメイドガイ」
◆「狂乱家族日記」
◆「あまつき」[ニコニコ]



【4.26】
◆「新世紀エヴァンゲリオン」(再)
第17話「4人目の適格者」。

次回の悲劇に向け作画力温存って感じだったんだな。

夫婦ゲンカかいな。
夫婦ゲンカ

ありがと・・・。
ありがと・・

加~持さん♪
加~持さん♪


No.1724/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/26 (Sat) 電脳コイル再見 第19話

第19話 「黒い訪問者」

「関係者の噂によると、イマーゴと電脳医療には深い関わりがあるそうです」

子供たちのトラウマになってないか心配なホラー回!


[ストーリー]
連れ去られる京子を茫然と見送るヤサコとフミエ。
ベッドには電脳体に「NO DATA」と表示されたまま意識不明の京子が。
フミエは、京子からとりあえず電脳メガネを外そうとしたが、ヤサコが制する。

そして、「通路」からは京子を連れ去ったのと同じ人影のようなイリーガルが次々と侵入してくる。
ヌル
・・・ヤサコが幼少時に出会ったものと同じみたいだったが、「ちょうだ~い・・・」と呻きながらゆらゆらと歩く様は、不気味で全く違う雰囲気。

危険を感じたヤサコ達は、京子とデンスケを連れて部屋を出るが、既に家中が電脳霧で立ちこめ、イリーガルが侵入してきていた。
ヤサコはイリーガルに接触されてしまうが、デンスケが飛びかかって行って救われる。ただ、デンスケはそのまま古い空間へ入ってしまった。
逃げる!

ヤサコ達はメガばあの家(旧宅)に避難する。
そこは、メガばあによって張り巡らされていたメタタグによって結界となっていた。

ヤサコはとうとう都市伝説が真実だと確信する。
イリーガルに触れられたヤサコの手は電脳体がずれる現象が起きていた。
一方、フミエは事ここに至ってもなお、頑なに否定し続ける。
やさこマジ
・・・ヤサコは、イマーゴの機能によって逆に意識を連れ去られるのでは?といきなり核心を突いた。

その頃、イサコはハラケン宅の様子を見に行っていた。
最初の「通路」が開いた要因がハラケンだったのではないかと思いついて行ったのだった。
ハラケンと会ったイサコは、「全部忘れろ。メガネに殺されるぞ。」と警告して去っていく。
しかしハラケンは、カンナのメガネを預かっていたことを思いだす・・・。

メガばあ宅では、イリーガル達が結界を破り始めていた。
焦るヤサコ達の元へ、メガばあから電話が来る。
アナログが役に立つ
・・・電脳メガネからの連絡は不通だったが、メールが通じたんだろうか?
メガばあが架けてきたのは仏壇にあったアナログ黒電話で、結界といい全てを予期していたかのような設備。

メガばあに言われて、京子の電脳体を戻すための黒いメタタグ「コイルタグ」をメガし屋へ取りに行くヤサコ。
なんとか見つかったものの、そこにもイリーガルが現れ追いつめられてしまう。
が!突然カベが開いてヤサコはその中へ。
そこは隠し廊下で、大量のメタタグによって結界となっており、フミエのいる仏間と繋がっていた。
隠し廊下

メガばあの指示でヤサコ達は京子に電話をかけてみる。
コイルタグは電脳体が3m以内にあって効果があるらしいが、京子はウロウロ歩いて遠くに行ってしまってたのだった、
幸運にも電話は通じたが、京子がいたのは鳥居の階段だった。
それも露店なんかも並び、京子は貰ったアメを今まさに食べようとしたところだった!
よもつへぐい
・・・これって何か神話にあったなあと思ってググったら「よもつへぐい(黄泉戸契)」というものだった。
要するに、食べたらもう現世に戻れないという・・・。
ヤサコもよく知ってたな。

ヤサコの「逃げなさい」の声を聞くまでもなく、露店は消え失せイリーガルが現れたことで、京子は悲鳴を上げながら一目散に階段を下りる。
しかし、逃げた先にも次々とイリーガルが現れる上に、メガばあ宅の結界が破られたことで電話も切れてしまう。
イリーガルに追いつめられてパニック状態となった京子は思わず「うんち!」。
すると、古い空間にいたデンスケがその声に反応!
京子の元へ猛ダッシュで現れ、器用に京子を背中に乗っけて走り出す。
スーパードッグ・でんすけ
・・・京子の口癖がこんなところで役立つとは(笑)
にしても、デンスケ健気。

結界が破られイリーガルが侵入してきたことで、ヤサコ達は隠し廊下に避難する。
ところが、そこも電脳霧が発生。
なぜかそこも古い空間と繋がっていたのだ。
しかし、デンスケがそれを察知。イリーガルの群れの中を駆け抜けて、ヤサコ達の元へ京子の電脳体のとともに転がり込む。
すかさずコイルタグを貼って、京子は生還したのだった。
ただ、隠し廊下も安住の地でなくなったことで、ヤサコ達は屋外への脱出を決意する・・・。
滑り込みセーフ!


No.1723/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(5) |


2008/04/26 (Sat) J2第9節:お休み

ザスパは試合なし。

熊本(5) 1-2 (17)広島
湘南(15) 4-2 (11)岐阜
鳥栖(15) 2-1 (11)徳島
横浜FC(14) 1-1 (13)C大阪
仙台(13) 3-3 (7)水戸
甲府(13) 1-0 (7)愛媛
山形(12) 0-0 (11)福岡


No.1722/サッカー雑記

テレビ | trackback(0) | comment(6) |


2008/04/25 (Fri) ユメカイ

【4/24】
◆「XXXHOLiC◆継」[TBS]
第4話「夢買 ユメカイ」。

ヒマワリちゃんの悪夢に襲われて、百目鬼の夢で助けられる。
・・・相変わらず絶妙のバランスだ。

夢買いは夢邪鬼へのオマージュという感じで、やっぱり関西弁だった(笑)


侑子さん3連発。

侑子さんと四月一日

侑子さんと四月一日

侑子さんと四月一日


BSデジタルの再放送、別の曜日にしてくりゃれ!


No.1721/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/24 (Thu) ACL第4節:ガンバ王手

実のところ、欧州CLより今はこっちの方が気になるのだ。

-グループG-
G大阪(10) 2-0 (3)メルボルン[オーストラリア]

【得】31',56'山崎

ガンバは、鮮やかなパスワークから右サイドを突破した遠藤のクロスを山崎が決めて先制すると、後半にFKから再び山崎が決めて追加点。
アウェイ2試合での乱戦がウソのように守備も安定してただけに、もうこれで勝負は決まった印象だった。

これでガンバが3連勝。
メルボルンに引導を渡した。
もう一方の試合がつぶし合ってくれたことで、突破に王手。

(ガンバ)

 山崎    バレー
ルーカス             二川
遠藤    明神
安田理   山口    中澤    橋本
|松代|

82/バレー⇒倉田
88/安田理⇒水本

(メルボルン)

オールソップ
パタフタ   ウォード   カセレス
ケンプ      ブロクサム  チェレスキー
バルガス  マスカット  ライアル
|テオクリトス|

HT/パタフタ⇒ポンデリャク
68/ブロクサム⇒バンテリディス
75/チェレスキー⇒レアンドロ



-グループF-
北京国安[中国](9) 1-0 (9)鹿島

【得】44'チアゴ

開幕2試合は「グループFよりナビスコカップの方がキツいんじゃないか?」と思ってたけど、さすがにACLの洗礼を受けてる感じな鹿島。
補強を怠った影響も徐々に出始めてるようだし。

ただ、直接対決でイーブンということで、勝負は得失点差。
現在は鹿島が圧倒してるだけに、敗戦の中では「最高の負け方」だった。
余程のことがなければ、残り2試合は勝てると思うので。

唯一の気がかりは、北京国安が何らかの方法で、「10-0」とかヘタすりゃ「15-0」とか、大量得点差ゲームを連発しやしないかということだ。

たしか前にあったよなあ。
日本勢のライバルがバカみたいな点差で勝って、得失点差で上回ったケースが!


[順位]
=グループF=
1 (9) 鹿島 +14
2 (9) 北京国安 +4
3 (4) クルン・タイ・バンク
4 (1) ナム・ディン


=グループG=
1 (10) G大阪
2 ( 5) チョンブリ
3 ( 4) チョンナム
4 ( 3) メルボルン


No.1720/サッカー雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/22 (Tue) リーガ第33節:優勝争い消灯

アトレティコ(54) 1-3 (44)ベティス

今週は見ずに終わったが、アトレチコはレアルの助けを借りてなんとか4位をキープ。
というか、この節でラシンは引き離させると踏んでたんだが・・・。


(その他)

優勝争いはこれでほぼ決着。
まさかクラシコが消化試合になろうとは。

そして、バレンシアはとうとうクーマン監督を解任。
残留争いに巻き込まれて予断を許さない状況だ。


ラシン(53) 0 - 2 (72)R・マドリード
ビジャレアル(62) 2 - 0 (39)バジャドリード
バルセロナ(61) 0 - 0 (46)エスパニョール
セビージャ(51) 1 - 4 (48)アルメリア
オサスナ(40) 0 - 1 (46)デポルティボ
ビルバオ(46) 5 - 1 (39)バレンシア
ムルシア(29) 1 - 4 (44)マジョルカ
レバンテ(25) 3 - 1 (41)ヘタフェ
サラゴサ(37) 3 - 0 (37)レクレアティボ


No.1719/サッカー雑記

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(6) |


2008/04/22 (Tue) J1第7節

鹿島(16) 0-0 (12)G大阪

ACL出場チーム同士の激突はスコアレスドロー。

(アントラーズ)

マルキーニョス  田代
ダニーロ          本山
 青木   小笠原
石神   大岩   岩政  伊野波
|曽ヶ端|

73/本山⇒野沢
81/田代⇒興梠

(ガンバ)

バレー   山崎
ルーカス          二川
遠藤   明神
安田   山口   中澤   橋本
|藤ヶ谷|

32/藤ヶ谷⇒松代
69/山崎⇒佐々木




浦和(13) 0-0 (11)大宮

埼玉ダービーではダービーらしくけっこうアルディージャが健闘するイメージがあったので、今季の両チームの状況を考えたらレッズ危ないかもと思ったら、まさにそんなゲーム。
レッズが1ポイントを拾ったという感じだった。


(レッズ)

エジミウソン
高原    永井
相馬   闘莉王  細貝   平川
阿部  堀之内   堤
|都築|

59/エジミウソン⇒田中達、高原⇒梅崎
82/細貝⇒山田

(アルディージャ)

D・マルケス  吉原
金澤             小林大
斉藤   小林慶
波戸   富田   レアンドロ 村山
|江角|

62/吉原⇒ペドロ・ジュニオール
87/斉藤⇒片岡
89/デニス・マルケス⇒森田



(その他)
グランパス6連勝。アルビレックスようやく初勝利。

名古屋(19) 3 - 2 (2)千葉
FC東京(14) 4 - 2 (8)川崎
横浜M(13) 1 - 1 (5)清水
新潟(5) 1 - 0 (11)京都
(10) 5 - 1 (4)東京V
神戸(9) 1 - 1 (7)札幌
磐田(7) 1 - 1 (8)大分


No.1718/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/21 (Mon) 5位

スポーツワイドショーのバカ騒ぎと、自身の調子こいたコメントによって、どうにも石川遼への嫌悪感は禁じ得ないので、負けて良かった。
さすがに「同じ土俵」で勝ったとしたら、もう認めて全面的支持に回ろうと思ってるんだけど。


=週間テレビメモ= 4/14-20

【4/15~20】
◆「第84回日本選手権水泳競技大会」[NHK総合]
さすがアテネでメダルを量産しただけに、1週間に渡って地上波で生中継。
情状酌量の余地のない、問答無用の一発勝負で4年間のすべてが問われてしまうだけに、北京行きを決めた選手の多くが直後のインタビューで泣いてしまってた。

ただ、あんまり日本記録もでなくて、スピード社の水着で次々と世界記録が生まれてる状況を考えても、北京では苦戦必死な感じ。


【4/14】
◆「ソウルイーター」
◆「もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ」(新)[テレ朝]
◆「カウボーイビバップ」(再)
エド登場。
エド

◆「ヴァンパイア騎士」
◆「リーガ・エスパニョーラ」 第31節:バジャドリード 1-1 アトレティコ
◆「我が家のお稲荷様」
◆「S・A」

【4/15】
◆「ロンドンハーツ」・・・アレなんだっけ
◆「リンカーン」・・・ドラマ出演
◆「99プラス」(ベッキー)
◆「RD潜脳調査室  」
◆「秘密」

【4/16】
◆「笑ってコラえて」・・・ダーツの旅 in みなかみ
◆「その時~歴史が動いた 」・・・全国水平社
◆「水曜どうでしょう」・・・ジャングルリベンジ最終夜
◆「さまぁ~ず・さまぁ~ず 」
◆「ブラスレイター」

【4/17】
◆「名曲探偵アマデウス」(再)[BS2]・・・ラベル/ボレロ
◆「アリソンとリリア」
◆「アメトーーク」・・・哲朗の部屋
◆「カイバ」
◆「図書館戦争」
◆「XXXHolic◆継」
◆「to LOVEる」

【4/18】
◆「ぐるナイ」・・・ゴチ。岡村ピタリ賞。
◆「理由ある太郎」(新)[フジ]
◆「タモリ倶楽部 」・・・木材
◆「モヤモヤさまぁ~ず2」・・・北池袋
◆「ゴルゴ13」
◆「マクロスF」
◆「虎ノ門」・・・キレ芸選手権
◆「イタズラなKiss 」
◆「FOOT!」(藤原清美)
◆「紅」[ニコニコ]

【4/19】
◆「Jリーグ」 J1第7節:FC東京 4-2 川崎
◆「電脳コイル」(再)
◆「めちゃイケ」
◆「トップセールス」[NHK総合]
◆「persona」
◆「ケータイ大喜利」
◆「やりすぎコージー」
◆「二十面相の娘」
◆「かのこん」
◆「ドルアーガの塔」
◆「ペンギン娘はぁと」(新)[ニコニコ]

【4/20】
◆「絶対可憐チルドレン」
◆「ウチくる」(近藤芳正)
◆「Jリーグ」 J2第8節:ザスパ 1-1 山形、J1第7節:浦和 0-0 大宮
◆「コードギアス 反撃のルルーシュR2」
◆「篤姫」
◆「ガキの使いやあらへんで」・・・被害者の笑瓶は誰だ?
◆「隠の王」
◆「仮面のメイドガイ」
◆「狂乱家族日記」



【4/19】
◆「新世紀エヴァンゲリオン」(再)
第16話。
「死に至る病、そして」。

いよいよエヴァをエヴァたらしめた心理描写が。
レリエル
なんか似たようなデザインのサッカーボールがあった気が。

無敵のシンジ様っ
意地の張り合いがシンジを危地に。

レイ
さりげなくシンジに付きそうお母さん。

デレアスカ
アスカでれる。

アスカイライラ


No.1717/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/20 (Sun) 囚われ の 学園

【4/20】
◆「コードギアス 反撃のルルーシュ R2」[TBS]
TURN 3。

相変わらず良いところで終わるな~。
ルルーシュがどうやってあの危地を逃れるのか見ものだ。

1期の呑気な学園生活は今回は見られないのかと思ってたら、なるほど、ナナリーがブリタニアに捕らえられてるという可能性も考慮すれば、ルルーシュは記憶改ざん状態を装い続けなきゃならないわけだ。
ルルーシュの記憶&ギアス復活もブリタニアはまだ未確認だったわけね。

そして、シャーリーはじめ生徒会メンバーも記憶を改ざんされてるらしいことが分かって、なるほど、シャーリーのルルーシュに対する態度が1期の終盤と違うわけだ。

でもって、序盤のキーマンはやっぱりロロみたいだ。
相手の意識を一瞬止まらせる?というギアスを使えるのか、かわいい顔してヴィレッタでさえ困惑するほどの残忍さ。
あと、あのロケットの中は何なんだろう?


にしても、改めて「合衆国日本」。
ユーフェミアを殺してしまった十字架を背負い続けてる感じだ。

シャーリー
も一発シャーリー
なんか悲劇的なことになりそうな予感がして困る。


No.1716/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/20 (Sun) J2第8節

ザスパ(6) 1-1 (11)山形
【得】22'後藤、90+2'坂井

あとはコーナーでボールをキープして終わりだったのに・・・。
なぜ3人(たしか)もいてボールをうばわれたのか・・。

これ以上書く気も起こらん。



(その他)
広島(14) 1-2 (10)甲府
岐阜(11) 2-3 (13)横浜FC
愛媛(7) 1-1 (12)仙台
福岡(10) 2-0 (12)鳥栖
C大阪(12) 1-0 (5)熊本
徳島(11) 2-0 (6)水戸


No.1715/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/20 (Sun) 電脳コイル再見 第18話

第18話 「異界への扉」

「ネットの噂によると、メガネの設計や開発の過程は複雑な利権と歴史に彩られているそうです」

終盤からいきなりホラーに!


[ストーリー]
通路が開くのを待てという猫目の指示を無視してイサコを追うオバちゃんだったが、サッチーは3機が大破させられてしまう。
それもシステム内部からの破壊だった。
・・・イサコとハラケンの取引は成立してたわけだ。
後で猫目も細工したと言ってたが・・・。

ハラケンはその頃イサコとの待ち合わせ場所にいたが、何かに引き寄せられるように歩き出す。
その先には巨大な「黒い鍵穴」!
そして、中へ入ると夕焼けの交差点!
・・・ハラケンもイマーゴ発揮。で、まさに4年前の子供たちの証言通り。

すると、そこにはカンナ!?
カンナ!?
・・・たしか、このカンナはハラケンの意識が投影されたものだとか。

驚喜してカンナの伸ばした手を取ろうとしたハラケンだったが、ヤサコの呼び声に我に返る。
ハラケン驚喜
「電脳怪奇クラブ」の掲示板にハラケンとおばしき書き込みを発見したヤサコは、異変を直感してやって来たのだった。

ほどなく「黒い鍵穴」と「夕焼けの交差点」の空間は崩壊。
ヤサコは、電脳の身体がずれた状態のハラケンを発見する。
電脳体がずれてるハラケン
到着した時には時すでに遅しだったイサコも、ハラケンが携帯していたメタタグで治癒したのを見てひと安心する。
・・・この時、付近の信号が異常な状態で、カンナの事故の直接原因がこれで明らかに。

その帰り道。
ハラケンを心配するヤサコだったが、ハラケンは自由研究がウソだったと告白し、もう構わないで欲しいと突き放してしまう・・・。
夕焼け
あの時、呼んで助けてくれたことには感謝したが・・・。

家に帰ったハラケンの前にはオバちゃんが現れる。
サッチー破壊の手助けをしたことを既に突き止めていた。
そして、オバちゃんはついにハラケンから電脳メガネを没収するのだった。
オバちゃん抱擁
カンナを救うために古い空間へ行こうとするハラケンに、オバちゃんは「死人なんかにあなたを渡してなるものですか!」と言い放つ。

その頃イサコは病院にいた。
通路が開いたことで兄が戻ってきたのではと期待したが、兄の状態は変わらなかった。
・・・って、兄の映像は偽造だから当然だが。

イサコはいつもの男と電話をしてこの日の状況を語る。
で、ついにその男が猫目であることが明かされる。
・・・猫目が空間管理室に入ったのは、イサコの活動をサポートするためだった。
もちろん、猫目一人で大黒市の人事を動かせるはずもなし・・・。

猫目は「通路の開き方は基本的に先生のやり方を再現しているだけ」。
・・・初めて猫目の背景が示唆される。「先生」とはヤサコのオジジだったわけだが。

さらに猫目は、コントロールできない通路が再び開く可能性があること、その要因はキラバグだけではないことも話す。
・・・これはイマーゴのことだったのか?
それを聞いたイサコは、「1年前のようなこと」を阻止すべく、猫目の制止を無視してモジョを市中に放つ。

一方、傷心で家に戻ったヤサコを待ってたのはフミエだった。
ヤサコの両親もメガばあも旅行で不在と知り、一晩泊まっていくことにする。

雷鳴轟く不気味なその夜、ヤサコは深刻な顔でこの日体験した出来事をフミエに話す。
ヤサコもとうとう「都市伝説」が現実のものであることに気づき始めていた。
怪談が苦手なフミエは否定したが
その時、停電とともにデンスケの鳴き声が。
デンスケ
家の中には電脳霧が立ちこめていた。

ヤサコとフミエがデンスケのいた京子の部屋に行ってみると、そこには「黒い鍵穴」!
そして、その中に黒い人影に連れられて夕焼けの交差点を渡る京子!!
連れ去られる京子


No.1714/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/18 (Fri) 朋分

【4/17】
◆「×××HOLiC◆継」[TBS]
第3話「朋分 ハンブン」。


四月一日の右目を持っていたのは女郎蜘蛛だった。
女郎蜘蛛
もろに女王様。

いじらしい座敷童。返してもらいに・・・。
座敷童
「俺の嫁」と主張する者多し(笑)

捕まっちゃってピンチ。
純粋な座敷童には妖気だけで生命の危機らしい。
座敷童
座敷童ピンチ

左目との交換を拒否されて、強硬手段に。
四月一日王子
しかし、女郎蜘蛛はその行動をほめる。
なるほど、安直な自己犠牲は自己満足に過ぎないことを侑子さんは気づいてもらいたかったわけだ。

謝る座敷童・・・。
座敷童
座敷童
座敷童
それに対して、奪われた右目のために危険な目に会わせたことを、四月一日も謝ったのだった。

オープニングはこの場面だったんだな。
座敷童

結局、四月一日の右目は女郎蜘蛛がパックンチョ、元に戻らず・・・なんて結末は「ホリック」らしいな。

で、百目鬼が右目の半分(視力の?)を侑子さんを介して四月一日にあげ、いろいろ気づいた四月一日は遠慮なく受け取ったのだった。


雨童も登場。
雨童


マロモロがタチコマと宇宙戦艦ヤマトのプラモで会話してて笑った。


No.1713/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/17 (Thu) 茂原!

トレーニングキャンプのメンバー(代表候補)が発表。
ACLの鹿島、G大阪勢は不招集。

メンバー眺めてて個人的に目を引いたのは「茂原 岳人」。
群馬(前橋育英)出身なので。

=GK=
川口 能活 (磐田)
楢崎 正剛 (名古屋)
都築 龍太 (浦和)
川島 永嗣 (川崎)

=DF=
寺田 周平 (川崎)*
中澤 佑二 (横浜FM)
田中 マルクス闘莉王 (浦和)
駒野 友一 (磐田)
阿部 勇樹 (浦和)
栗原 勇蔵 (横浜FM)
徳永 悠平 (FC東京)
長友 佑都 (FC東京)*

=MF=
中村 直志 (名古屋)
羽生 直剛 (FC東京)
西 紀寛 (磐田)
中村 憲剛 (川崎)
鈴木 啓太 (浦和)
山瀬 功治 (横浜FM)
茂原 岳人 (柏)*
今野 泰幸 (FC東京)
山岸 智 (川崎)
香川 真司 (C大阪)*

=FW=
永井 雄一郎 (浦和)
高原 直泰 (浦和)
玉田 圭司 (名古屋)
巻 誠一郎 (千葉)
高松 大樹 (大分)
大久保 嘉人 (神戸)


*は初候補。


No.1712/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) | comment(14) |


2008/04/17 (Thu) 前橋のほどよいTVランキング '07-'08

何回目になるのか、昨年度に僕がよく見てたバラエティ番組トップ50

ただ、この1年はお笑いブームの終息とシンクロするように、バラエティ番組を見る頻度も減ってしまって・・・。
1位のポイントは前年比25pダウンだし、40位以下は去年ならランク外なほど。

好きだった番組はトーンダウンしていったり終わったりする一方で、始まる番組は無難なものだったりイマイチなものばかりという傾向が続いて、毎週必ず見たいという番組が減っちゃったなあ。
春のゴールデンの新番組の傾向を見ると、もうネタが尽きた感じだし。

そんな中で1位は「ロンハー」で、我ながらちょっと意外だった。
まあ、PTAの嫌がらせにもめげずにゴールデンでがんばってるご褒美だ。

 
順位 番組名 pt 06年度
ロンドンハーツ  [テレ朝系] 138
*「格付け」のほかでは「オトコ試験」が目立った1年。年末SPでは麒麟・田村がドッキリの餌食に。田村の引っかけ役だった「霧子」(酒井瑛里)の可愛さににネットが騒然としてたな。
モヤモヤさまぁ~ず2  [テレ東系] 136
*4月からレギュラー化。ハワイがレギュラー回なのに、SPは北赤羽なのが「モヤさま」らしい(笑) 10月にやったゴールデンSPも常磐線だったし。 とにかく大江麻里子アナが可愛いのだ。
テレ土(やりすぎ本番) やりすぎコージー  [テレ東系] 133
*8月には「都市伝説」でゴールデンSP。その他、「やりすぎFBI」のミニコントは完成度を増し、NHKの「ケータイ大喜利」とのコラボなんてことも。
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!  [日テレ系] 123
*2年連続で日テレの年越し番組に。収録後にココリコ遠藤が離婚を発表するなんてオマケ付きだった。この1年で強烈に残ってる企画は「山崎プロデュース」の松本・田中・由紀さおりの歌だった(笑)
雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!  [テレ朝系] 122 10
*9月にはゴールデンSPやったり、2週連続「出川ナイト」があったり、アメトーク大賞をバナナマン日村が獲ったりといろいろあったが、有吉が品川を称した「おしゃべりクソ野郎」に尽きる1年だったのではないか(笑)
さまぁ~ず・さまぁ~ず  [テレ朝系] 115
*ミランカで放送したトークライブがレギュラー化。
3月にはDVD宣伝ついでにウッチャンがゲスト出演した。
タモリ倶楽部  [テレ朝系] 113
*開館前の鉄道博物館に行ったりと、この1年も「タモリ電車クラブ」は活発。その他では「国道ランキング」が面白かったな。
踊る!さんま御殿!!  [日テレ系] 113
*なんか途中で飽きたなと思ったら、巨人戦中継減少の影響で、以前より放送が増えたからだった。
レギュラーでもゲストの呼び方を工夫するようになった。
ウチくる!?  [フジ系] 92
*飯島愛に代わって久保純子がレギュラーに。同時に青木さやかもコーナー・レギュラーになったけどいらないよな。春と秋、2度のゴールデンSPがあった。
10 どうでしょうリターンズ  [群テレ] 90 29
*「欧州20ヶ国」を機に、遅ればせながらマイブームとなってしまいまして。鳥取砂丘事件はあちこちで再放送が続く「どうでしょう」らしい一件だったな。
 
11 とんねるずのみなさんのおかげでした
 [フジ系]
80 11
*「モジモジくん」の一企画『脳カベ』は、世界各国で企画を買われる人気だったらしい。
12 めちゃイケてるッ!  [フジ系] 77
*矢部の破局も企画にしてしまった。秋のSPではエグザイルの売り上げに貢献。
12 くりぃむナントカ  [テレ朝系] 77 15
*この4月からまさかのゴールデン昇格。「ナントカ-1グランプリ」や「へそくり選手権」「インドアーズ」など、好きだった企画はゴールデンでやれるか?
14 リンカーン  [TBS系] 71 13
*「どんだけぇ~」が流行語大賞にノミネートされたりしたが、当然無視(笑)
15 あっぱれさんま新教授  (~大教授)  [フジ系] 56 14
*10月からゲストが3人に増えてリニューアル。人選もも星野真里とか、さんまのお気に入りが中心に。
16 グータンヌーボ  [フジ系] 54 16
*秋のSPでは元MC篠原涼子がゲストで久々に出演。
17 月光音楽団  [TBS系] 46 18
*昨春、突然年上に変わった夏川純に、ベッキー達がこれまでのタメ口を謝ってた(笑)
17 アイチテル!  [TBS系] 46 21
*9月に終了。面白かったけど、外国人ならではの過激な発言が響いたのかな?
19 世界の果てまでイッテQ!  [日テレ系] 41
*「弾丸トラベラー」は確実に、この番組のベッキーの企画から生まれたよな。
20 虎の門  [テレ朝系] 40 23
*10月から異例の半年間休止。この4月に復活してひと安心。
 
21 クイズプレゼンバラエティ Qさま!!  [テレ朝系] 37
21 さんまのまんま  [フジ系] 37 31
23 ライオンのごきげんよう  [フジ系] 177/5 26
24 ぐるぐるナインティナイン  [日テレ系] 35 24
25 中井正広のブラックバラエティー  [日テレ系] 35 27
26 メレンゲの気持ち  [日テレ系] 33 40
26 志村けんのだいじょうぶだあ2  [フジ系] 33
28 ザ!鉄腕!DASH!!  [日テレ系] 32 32
29 爆笑問題の検索ちゃん  [テレ朝系] 31
29 Shibuya Deep A  [NHK BS2] 31
*Qさま・・・「クイズプレゼン」はどこへやら・・・。
*ごきげんよう・・・大賞は温水洋一。
*ぐるナイ・・・「ゴチ」では仕組んだかのように井上和香がクビ。
*ブラバラ・・・中居のプロ野球選手のマネは「細かすぎるものまね選手権」でも通用しそうだ。
*だいじょぶだあ2・・・3月で終了。いつものように4月からマイナーチェンジ。
*Deep A・・・ゲストのさくらが「万個」を連呼する事件。
31 シンボルず  [テレ東系] 28
32 業界技術狩人 ギョーテック  (oh♪dolly 悲宝館) [テレ朝系] 26 25
33 ダウンタウンDX  [日テレ系] 24 21
34 うたばん  [TBS系] 23 34
34 99プラス (ナイナイサイズ)  [日テレ系] 23 45
36 アートエンターテインメント 迷宮美術館  [NHK] 19 33
36 浜ちゃんと!  [日テレ系] 19
38 ラジかるッ  [日テレ系] 94/5
39 恋のから騒ぎ  [日テレ系] 17 42
40 森田一義アワー 笑っていいとも!
笑っていいとも!増刊号
 [フジ系]
94/6 28
*シンボルず・・・「確珍犯」などなど、みうらじゅんワールドの深夜番組。ATP賞テレビグランプリ優秀賞ってホントかいな(笑)
*ギョーテック・・・10月からリニューアル。
*99プラス・・・10月から曜日を変えてリニューアル。
*ラジかる・・・まさかゴールデンでSPやるとは。
41 いきなり!黄金伝説  [テレ朝系] 15
41 うぇぶたまww  [テレ東系] 15
41 奇跡体験 アンビリーバボー  [フジ系] 15
44 スタジオパークからこんにちは  [NHK総合] 73/5
45 世界一受けたい授業  [日テレ系] 14
45 たべごろまんま  [日テレ系] 14
45 未知の世界を撮りたい
 驚き(秘)映像ハンター! ドリームビジョン
 [日テレ系]
14
48 美しき青木ド・ナウ  [テレ朝系] 13
48 天才!志村どうぶつ園  [日テレ系] 13
48 ホレゆけ!スタア大作戦 ~まりもみ一触即発!  [BS日テレ] 13
*うぇぶたまww・・・ネットの面白い物を採り上げてた深夜バラエティ。9月終了。この4月から「3」で復活。
*スタジオパークからこんにちは・・・07年6月から武内陶子アナがMCに。
*たべごろまんま・・・けっこう群馬に来てたな。3月終了。
*ドリームビジョン・・・07年4月にレギュラー化したが、あえなく9月終了。
*ホレゆけ!スタア大作戦・・・この1月からBSデジタルが入ったことで、BS日テレでようやく視聴可能に。



No.1711/テレビ雑記

前橋のほどよいテレビ大賞 | trackback(0) | comment(7) |


2008/04/16 (Wed) ナビスコカップ第3節

浦和(2) 1-1 (5)京都
【得】15'林、39'梅崎

山田のパスミスを拾った林のゴールで京都先制。
前半のうちに梅崎のゴールで追いついたレッズだったけど、後半も4-3-3に変更したサンガのペース。
「負けずに済んだ」という感じだったな。

レッズはアントラーズ戦に精神的ピークがいってた上に、かなり振り回された消耗もあったのかもしれない。
1次リーグ突破へ後が無くなった。

(レッズ)

エジミウソン  高原
梅崎
相馬   鈴木   細貝   山田
阿部   闘莉王   坪井
|山岸|

60/山田⇒岡野
69/高原⇒永井
82/梅崎⇒堀之内

(サンガ)

 林    田原
中山    佐藤
渡邊      森岡      平島
中谷 シジクレイ 増島
|平井|

HT/佐藤⇒斉藤、平島⇒パウリーニョ
74/林⇒柳沢



(その他の結果と順位)
[グループA] 名古屋 2-0 神戸
1 (6) 名古屋
2 (5) 京都
3 (3) 神戸
4 (2) 浦和

[グループB] 清水 5-0 東京V、FC東京 1-1 磐田
1 (7) 清水
2 (4) FC東京
3 (4) 磐田
4 (1) 東京V

[グループC] 千葉 0-0 札幌、川崎 3-0 柏
1 (5) 千葉
2 (5) 札幌
3 (3) 川崎
4 (2) 柏

[グループD] 横浜M 4-0 大宮、新潟 1-1 大分
1 (7) 横浜M
2 (4) 大分
3 (2) 新潟
4 (2) 大宮


No.1710/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/15 (Tue) リーガ第32節:優勝は決まった?

バジャドリード(39) 1-1 (54)アトレティコ・マドリード
【得】69'マキシ・ロドリゲス、90+1'オグベチェ

苦労しつつも後半なかば、フォルランのシュートのこぼれ球をマキシ・ロドリゲスが叩き込んで先制したアトレチコ。
終盤何度かあったチャンスを決められなかったツケがロスタイムに・・・。

(バジャドリ)

ジョレンテ
J・セスマ    ビクトル       シシ
カマーチョ  A・ルビオ
O・サンチェス G・カルボ J・バラハ P・ロペス
|セルヒオ|

77/シシ⇒アギーレ、カマーチョ⇒オグベチェ
90+3/ビクトル⇒ボルハ

(アトレチコ)

 アグエロ  フォルラン
シモン               マキシ
R・ガルシア  カマーチョ
ペルニア  ペレア  パブロ  A・ロペス
|L・フランコ|

HT/カマーチョ⇒クレベル・サンタナ
66/シモン⇒レジェス
78/アグエロ⇒ルイス・ガルシア



(その他)
バルサ分けて、レアルと再び9差。

R・マドリード(69) 1 - 0 (29)ムルシア
レクレアティボ(37) 2 - 2 (60)バルセロナ
アルメリア(45) 1 - 0 (59)ビジャレアル
バレンシア(39) 1 - 2 (53)ラシン
マジョルカ(41) 2 - 3 (51)セビージャ
エスパニョール(45) 0 - 1 (40)オサスナ
デポルティボ(43) 3 - 0 (43)ビルバオ
ベティス(41) 0 - 1 (22)レバンテ
ヘタフェ(41) 0 - 0 (34)サラゴサ


No.1709/サッカー雑記

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/15 (Tue) J1第6節

東京V(4) 1-2 (11)FC東京
【得】43'フッキ、62'羽生、90+'OG

3年ぶりの東京ダービーということで、スタジアムも良い雰囲気だったな。

ダービーらしいつぶし合いの中で前半リズムの良かったヴェルディが、右サイドのFKからフッキが叩き込んで先制。

しかし後半はFC東京の流れに。
大竹投入がスイッチだったかのように、羽生の鮮やかなミドルボレーで追いつく。
そしてロスタイム、クロスを今野がヘッドで落としたところを長友がトラップ。
ヴェルディ守備陣の必死のクリアはオウンゴールとなってしまい、FC東京に劇的な決勝点。


(ヴェルディ)

フッキ
レアンドロ ディエゴ    井上
富澤   福西
服部   那須   土屋   和田
|土肥|

64/井上⇒柴崎
84/レアンドロ⇒平本
[退場]90+'フッキ

(FC東京)

 赤嶺   カボレ
羽生
今野            梶山
浅利
長友   藤山   佐原   徳永
|塩田|

61/浅利⇒大竹
69/羽生⇒金沢
77/赤嶺⇒平山



浦和(12) 2-0 (15)鹿島
【得】49',91+'永井

劣勢を凌いで迎えた後半、レッズは永井投入が的中。
オフサイドをかいくぐった闘莉王のパスを永井が決めて先制。
・・・ただ、高原は日本代表的にも大問題だな。

その後のアントラーズの反撃を凌ぐと、ロスタイムに再び永井がインターセプトから独走ゴール。
やはりというか、アントラーズを止めたのはレッズだった。

ある意味、優勝候補の中で序盤から「100%」で戦ってるのはアントラーズだけなわけで、言ってしまえばあとは落ちるだけかもしれないわけで、ここでレッズが勝ったのは大きいな。

(レッズ)

エジミウソン  高原
闘莉王
平川   細貝   鈴木   山田
阿部  堀之内   堤
|都築|

HT/高原⇒永井
70/細貝⇒梅崎
88/エジミウソン⇒坪井

(アントラーズ)

マルキーニョス  田代
ダニーロ           本山
小笠原   青木
新井場  大岩   岩政  伊野波
|曽ヶ端|

76/本山⇒増田
86/伊野波⇒興梠
89/新井場⇒中後



(その他)
グランパス首位浮上。

清水(4) 0-2 (16)名古屋
横浜M(12) 2-0 (7)柏
京都(11) 2-1 (8)神戸
G大阪(11) 2-2 (2)新潟
千葉(2) 2-4 (10)大宮
大分(7) 0-0 (8)川崎
札幌(6) 2-1 (6)磐田


*まだ続く、FC東京移籍状況チェック
昨年苦労したDFラインに日本で実績のある選手を補強。
ただ、ルーカス、伊野波の放出は目立つな。

=獲得=
城福監督
GK荻(神戸、レンタル)
DFブルーノ・クアドロス(札幌)、佐原(川崎、レンタル)、長友(明治大)、椋原(U-18)
MFエメルソン(イラクリス)、羽生(千葉)、大竹(U-18)、 下田(秋田商高)
FWカボレ(慶南)、近藤(神戸、レンタル終了)

=放出=
原監督
GK土肥(東京V)、廣永(横河武蔵野FC)
DFエバウド(サントス、レンタル)、 伊野波(鹿島)、八田(横浜FC)
MF福西(東京V)、鈴木(神戸)、馬場(千葉)
FWルーカス(G大阪)、リチェーリ(山形、レンタル)、小沢(ガイナーレ鳥取、レンタル)


No.1708/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/14 (Mon) 99位

森田あゆみがようやくトップ100入りしたらしい。

錦織に負けずにがんばってほしいな。


=週間テレビメモ= 4/7-13
【4/10】
◆「アメトーーーーク 春の売れっ子芸人30人祭り 徹子の部ーーー屋スペシャル」[テレ朝]
今回のゴールデンSPは、
 「子供売れっ子芸人 vs 子供人気なし芸人」
 「華の昭和47年組」
 「徹子の部屋芸人」

の3つ。

中でも「徹子の部屋芸人」が面白かった。
厳密に言えば、「徹子の部屋に出演してダダすべりしてきた芸人たち」(笑)
黒柳徹子のペースに巻き込まれて次々とスベらされる芸人達の映像は、涙なくしては見られないほど爆笑してしまった。
にしても、黒柳徹子はあの天然キャラが愛されてきたんだろうが、ちょっと殺意を覚えた(笑)

これから出演予定の小島よしおが友近を徹子役にシミュレーション。
友近の徹子ぶりが見事だったな。


【4/13】
◆「クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス」[NHK BS2]
筧利夫演ずる探偵・天出臼夫が、持ち込まれる依頼をクラシックの曲の解説とともに解決するという、なんだかフジの深夜番組黄金時代のような音楽バラエティ。

2回目の今回は「ブラームス 交響曲第4番」。
あるサラリーマンからの依頼で、『ブラ 4』のメモを残して失踪した妻の真意を解き明かした。
気を取り直した男は、干してあるブラウス4枚を取り込むよう妻から言われたことを思い出し帰って行った・・・orz(笑

第1回の「ボレロ」見逃して残念に思ってたら、新たに再放送があるようでGJ。




【4/7】
◆「カウボーイビバップ」(再)
◆「ヴァンパイア騎士 」(新)[テレ東]
◆「うぇぶたま3」(新)[テレ東]
◆「モノクローム・ファクター」(新)[テレ東]
◆「リーガ・エスパニョーラ」
 第31節:セビージャ 2-0 ビジャレアル、アトレチコ 6-3 アルメリア
◆「我が家のお稲荷様」(新)[ニコニコ]
◆「S・A」(新)[ニコニコ]
◆「ムネモシュネの娘たち」

【4/8】
◆「ロンドンハーツ 2008春 3時間SP 」・・・国民的アルバム美少女コンテスト&俺たちのNo.1
◆「RD潜脳調査室 」(新)[日テレ]
◆「秘密 ~The Revelation~」(新)[日テレ]

【4/9】
◆「UEFAチャンピオンズリーグ」 準々決勝第2戦:リバプール 4-2(Agg 5-3) アーセナル
◆「その時~歴史が動いた 」・・・モーツァルトはロックだった
◆「AFCチャンピオンズリーグ」 第3節:メルボルン 3-4 G大阪
◆「水曜どうでしょう 」・・・ジャングルリベンジ6週目
◆「さまぁ~ず・さまぁ~ず 」
◆「ブラスレイター」(新)[クラビット・アリーナ]

【4/10】
◆「スタジオパークからこんにちは」[NHK総合](千原ジュニア)
◆「UEFAチャンピオンズリーグ」 準々決勝第2戦:バルセロナ 1-0(Agg 2-0) シャルケ
◆「アリソンとリリア」
◆「アメトーーク」・・・ゴールデンSP延長戦
◆「カイバ」(新)[WOWOW]
◆「図書館戦争」(新)[フジ]
◆「×××HOLiC◆継」
◆「To LOVEる」
◆「ソウルイーター・レイトショー」(新)[テレ東]

【4/11】
◆「THE POLICE Live in Concert」(VTR)[WOWOW]
◆「キミ犯人じゃないよね?」(新)[テレ朝]
◆「タモリ倶楽部 」・・・東京名階段ツアー
◆「モヤモヤさまぁ~ず2」
◆「ゴルゴ13」(新)[テレ東]
◆「マクロスF」
◆「イタズラなKiss」
◆「FOOT!」(木村浩嗣)

【4/12】
◆「Jリーグ」 J1第6節:清水 0-2 名古屋
◆「電脳コイル」(再)
◆「ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア~笑わせたら100万円SP~」(新)[TBS]
◆「persona」
◆「新世紀エヴァンゲリオン」(再)
レイでれる。
レイ

いわくつきトリオ。
リツコミサトカジ

◆「やりすぎコージー」・・・やりすぎ爆笑レストラン
◆「二十面相の娘」(新)[フジ]
◆「ドルアーガの塔」
◆「かのこん」

【4/13】
◆「絶対可憐チルドレン」
◆「男子ホッケー 北京五輪予選」[NHK BS1] 決勝:日本 0-4 ドイツ・・・日本、五輪出場ならず
◆「コードギアス 反逆のルルーシュR2」
◆「篤姫」
◆「隠の王」
◆「純情ロマンチカ」(新)[群テレ]
◆「ネオアンジェリークAbyss」
◆「仮面のメイドガイ」
◆「狂乱家族日記」(新)[ニコニコ]


No.1707/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/14 (Mon) R2-02

【4/13】
◆「コードギアス 反撃のルルーシュ R2」[TBS]
TURN2。

ついに25話の後のことが明かされた。
生身の格闘戦になったらさすがにスザクの方が強い。
で、捕まって皇帝の前にしょっ引かれてしまった・・・という展開で、あそこで終わらせたのはうまかったな。

そして、初めてブリタニア皇帝がギアスを持ってることも明かされる。
やっぱラスボスはそうでないと(笑)
ルルーシュの記憶を改ざんしたのも皇帝だった。
けど、それを覆したということはCCの方が能力は上?

最後にはロロもギアスを持ってて、ナイトメアの瞬間移動はロロのギアスだったのか?
やはりルルーシュの弟じゃなかったけど、ルルーシュ同様に記憶を操作されてる様子。


どうやら今回は中華帝国が鍵を握るのかと思ってたが、まさか「亡命」するとは。
ディートハルト達も中華帝国にいたし、黒の騎士団も再編が進みそうだ。


ゼロ復活!
合衆国日本建国宣言!
ゼロ復活

かぐやも健在。
かぐや

また見てギアス。
また見てギアス


No.1706/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/13 (Sun) J2第7節:引き分けたらしい

鳥栖(12) 1-1 (5)ザスパ
【得】68'藤田、83'後藤

今節は、脳が観戦拒否。
でも、1ポイント取ったからあとで見てみよう。


(その他)

広島(14) 4-1 (9)C大阪
湘南(12) 1-0 (7)甲府
福岡(7) 1-5 (11)岐阜
仙台(11) 1-1 (8)徳島
山形(10) 1-0 (10)横浜FC
水戸(6) 2-2 (5)熊本


No.1705/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/12 (Sat) 電脳コイル再見 第17話

第17話 「最後の夏休み」

「人は死んだらどうなるのか、その心がどこに行くのか、本当のことは誰も知りません」


[あらすじ]
カンナの出て来る同じ夢を見るハラケン。
ただし、その夢は交差点に鳥居の階段、迫ってくるトラックと、カンナの事故や都市伝説を思わせる。
オバちゃんの依頼で受けさせられた病院での検査は異常なしだったが、頭痛だけでなく不整脈まで起きてるまずい状態。
医者も、メガネとの関連は不明としながら、「本物の何か、手に触れられる何かで遊んだ方が良い」と忠告した。
ハラケン
・・・オバちゃんも、ハラケンの目的がカンナだと見抜いていた。

ハラケンが病院で見たワイドショーと、ヤサコが図書館で見ていたサイト「電脳怪奇倶楽部」で、キラバグについて語られる。
「異界への扉を開く通路」、「ある隔離された空間へ接続するプログラム」などと言われたが、オカルト的存在で、作り話として終息してしまってるという。
突然声かけられてヤサコ大声
・・・思いっきり正確な情報で、ワイドショーの方も情報源は猫目だろう。

図書館に合流したハラケンに、ヤサコはイサコの事を教える。
イサコの兄とカンナを重ね合わせ、思い詰めたような表情のハラケンに何か不安を覚えたヤサコは、「自由研究を適当に終わらせて、最後の夏休みをもっと楽しく過ごそう」と提案する。
その場では同意したハラケンだったが、何かを決意した表情だった・・・。
ハラケン
・・・ヤサコが言ったのは「小学生最後の夏休み」という意味だったが、フツーならハラケン死亡フラグだったよなあ。
NHK教育だから安心だったが(笑)
ヤサコ告白未遂
・・・ついでにヤサコの告白は未遂に。

翌日、ヤサコが見つけた古い空間のある場所へ、これで何もなかったら最後ということで一緒に行くはずだったハラケンは、一人でそこに来てしまっていた。
そこでは、イサコとガチャギリ、ナメッチがイリーガル捕獲作戦を展開していた。
イサコのキラバグは臨界目前で、まさに最後のミッション。
しかしそこには、それを察知したオバちゃんも張っていて、作戦の阻止を狙っていた。
ガチャギリ、ナメッチと遭遇したハラケンは、イサコに会わせてくれるよう懇願する。
・・・ヤサコから、イサコがいたことも聞いたのだろう。
オバちゃんは、イサコの暗号のルーツがメガばあのメタタグと同じルーツであることも突き止めていた。

それでも、オバちゃん+サッチーによる妨害をかいくぐり、イサコはイリーガルの捕獲に成功。
ついにキラバグは臨界点を迎える。
が、ポチ、タマだけでなく、チビ、コロ、ミケと5台のサッチーを投入してきたオバちゃんは、路上に張り巡らされた暗号を削除。
ガチャギリ、ナメッチの逃走先にイサコがいるとみて追跡させる。
ポチ!タマ!チビ!・・・コロ!ミケ!
・・・削除された暗号はよりにもよって「コントロール性」。
イサコは「去年のあの時のように」なることを危惧。カンナの事故の原因の一端がついに明かされた!

サッチーがイサコに迫り来る中、イサコの前に現れたのはハラケンだった。
ハラケンは、サッチーの命令プロセスのアクセスコードと引き換えに取引を申し込む。
代わりにハラケンは「あっちに連れてってくれ!」と要求する!
イサコ


No.1704/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/11 (Fri) マドンナ 「ヴォーグ」

久々音楽エントリー。
ちょっと前にロックの殿堂入りしたとかいうニュースがあった時に準備したんだが(笑)

全盛期の80年代は保守的なグラミー賞に完全無視されたりと、音楽に対する正当な評価はされなかったが、まあそんなもんだよな。



最先端のものへの目利きという点では、90年代のビョークとも比較されるマドンナ。
このPVでもゲイカルチャーで流行ってたとかいうダンス「ヴォーギング」をフィーチャー。
デビッド・フィンチャーの監督によってエレガントな雰囲気に仕上がってて、MTVの申し子と言えるマドンナの中でも、最高傑作のPVの一つだと思う。


ついでにMTVアウォードでの圧巻のパフォーマンス。


マドンナ 「ヴォーグ」


No.1703/音楽雑記

音楽 | trackback(0) | comment(8) |


2008/04/11 (Fri) コロッケ

【4/10】
◆「XXXHOLiC◆継」[TBS]
第2話。

さすが百目鬼家の蔵。
四月一日の右目を取り返す方法を記した書があったが、そこにあったのが(さすが)ひまわりから貸された本。
本の虫が発生して文字をパクパク食ってしまった。

四月一日の右目は「あっち」で取り合いになってるとネコ娘。
そして、カラス天狗がやって来て座敷わらしの救出を侑子さんに依頼。
健気な座敷わらしが四月一日の右目を守ろうとしたことが予想つくな。

相変わらず厳しい侑子さん、四月一日が気づくべきこととは?

次回は四月一日+管狐&カラス天狗が、座敷わらし救出へ。
3週連続のシリーズは初めてだ。

侑子さん
侑子さん
今回は3パターンの衣装を披露。

ネコ娘
ネコ娘キタッ。

ネコ娘
超ミニスカ!
ただしスパッツ。


No.1702/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(5) |


2008/04/10 (Thu) 欧州CL:バルサ重症

-準々決勝 第2戦-
バルセロナ 1-0(Agg 2-0) シャルケ

【得】43'トゥーレ

シャルケが序盤から積極的に来たとはいえ、そのまま押し込まれてしまうバルセロナ・・・。
それもカンプ・ノウだから、重症な感じだなあ。
14分のクラニーのヘッド、21分の同じくクラニーのボレーと先制されてもおかしくなかった場面も。
序盤のわずかなチャンスもシャビのシュートはノイアーがファインセーブ。

それでも先制したのはバルサ。
クルキッチのクロスをDFがクリアしたボールが浮き球となってシャルケ・ゴールへ吸い込まれそうなところでギリギリのクリア。
しかし、そのボールはトゥーレへのパスとなってしまった。

これで勝負は決着。
前半は「0-0」でもよかったシャルケだったけど、結果的には序盤の逸機が響いてしまった。


後半はシャルケも燃え尽き、バルサもグダグダ。
この日一人気を吐いてたクルキッチを下げたことで、ライカールトへ白いハンカチが降られた。

この様子じゃ、オールド・トラフォードでは悲惨なことになるぞ。

チャ~ンス!(バルセロナ 9-6 シャルケ)

(バルセロナ)

エトオ
アンリ               クルキッチ
イニエスタ   シャビ
トゥーレ
アビダル  プジョル  テュラム  ザンブロッタ
|V・バルデス|

73/クルキッチ⇒ドス・サントス
81/トゥーレ⇒マルケス
90+1/アンリ⇒グジョンセン
[警告]プジョル

(シャルケ)

クラニー   アザモア
アルティントップ
コビアシビリ           ジョーンズ
エルンスト
ベスターマン クルスタイッチ ボルドン ラフィーニャ
|ノイアー|

32/コビアシビリ⇒グロスミュジェル
69/アザモア⇒サンチェス
77/ラフィーニャ⇒ラルセン
[警告]ラフィーニャ、ベスターマン




No.1701/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/10 (Thu) ACL第3節:日本勢好調

-グループG-
メルボルン[オーストラリア](3) 3-4 (7)G大阪

【得】4',65'オールソップ、31'二川、38'バレー、41'バルガス、68'山口、89'ルーカス

にしても、ACLのガンバは劇的な試合ばっかする。

いきなりカセレスのミドルの対応をを藤ヶ谷がミスって先制されたが、二川のスーパーミドルシュートで追いつくと、CKからバレーのヘッドで逆転。
しかし、直後にFKから追いつかれて前半終了。

後半、4バックに戻したガンバは、完全に中盤を支配。
ところが、またもFKから再逆転を許してしまう。

それでも、こちらも直後にCKから山口のヘッドで追いつくと、終了間際、安田のクロスをルーカスがヘッドで決めて再々逆転。
乱戦を制して敵地で2連勝。首位に立った。

(ヴィクトリー)

オールソップ
ウォード         カセレス
ケンプ    ベイス  ブロクサム チェレスキー
バルガス マスカット  ライアル
|テオクリトス|

40/ベイス⇒バンテリディス
81/カセレス⇒パタフタ
82チェレスキー⇒バシレフスキー

(ガンバ)

 山崎    バレー
二川
安田    遠藤    明神    橋本
水本   山口   中澤
|藤ヶ谷|

HT/水本⇒ルーカス
62/山崎⇒寺田
90+/二川⇒福元



-グループF-
鹿島(9) 1-0 (6)北京国安[中国]

【得】53'ダニーロ

こちらも勝って3連勝。

日本勢は無敗だ。


[順位]
=グループF=
 1 (9) 鹿島
 2 (6) 北京国安
 3 (3) クルン・タイ・バンク
 4 (0) ナム・ディン

=グループG=
 1 (7) G大阪
 2 (4) チョンブリ
 3 (3) メルボルン
 4 (3) チョンナム


No.1700/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(8) |


2008/04/09 (Wed) 欧州CL:アーセナル散る

-準々決勝 第2戦-
リバプール 4-2(Agg 5-3) アーセナル

【得】13'ディアビ、30'ヒーピア、69'フェルナンド・トーレス、84'アデバイヨル、85'ジェラード=PK、90+2'バベル

何はともあれ1点は取らなきゃならないアーセナルが序盤に攻勢。
そして、先制点を奪う。
波状攻撃から、フレブのパスを受けたディアビが右アングルから叩き込んだ。

しかし、アーセナルのリードは前半ももたず。
CKからヒーピアの強烈なヘッドでリバプール同点。
マークに付いてたセンデロスが情けないほどあっさりマークを外されてた。

こうなると一転、ゲームはリバプールのペース。
さらにアーセナルには誤算も襲った。
フラミニが負傷交代してしまい、攻撃力と交代枠一つを失ってしまった。

後半に入ってもリバプールが優勢のまま。
53分にはファビオ・アウレリオのミドルをクラウチがディフレクトするチャンス。

アーセナルもようやく59分にフレブのシュートで反撃。
その後、試合は膠着していった。

そして、ベンゲル、なぜ動かないと思ってた69分、勝ち越したのはリバプールだった。
ロングパスをクラウチがヘッドで競り勝ったところにフェルナンド・トーレス。
またもセンデロスをあっさりかわすと、すばやいモーションで右足を一閃して決めた。

アーセナルはあわててファン・ペルシーとウォルコットを投入。
しかし、直後にアデバイヨルが絶好機を外した時点でアーセナルの命運は尽きたかに思えた。
リアリズムな戦いもできるからリバプールが守りを固める前に、ウォルコットあたりは入れるべきだった・・・。

・・・と思ったら、そのウォルコットが歴史に残るスーパードリブル!
リバプールがカウンターから攻め込んでいた84分、アーセナルのゴール前でボールを拾ったところから、いつぞやのアルゼンチン戦のオーウェンを彷彿とさせる感じにチェックに来たリバプール選手をブッちぎってリバプールのゴールエリア内に侵入し、アデバイヨルの「逆転ゴール」をお膳立てしてしまった。

ところがどっこいその直後、アーセナルに悪夢、リバプールに歓喜。
バベルの突進をトゥーレが引っかけてPK。
第1戦でのカイトがPK採られなかったようなファウルで、アーセナル不運。

さすがにこの1点はアーセナルには重かった。
ロスタイムにバベルが勝負を決める4点目。
プレミア対決はリバプールに軍配が上がった。

やっぱりアンフィールドでのリバプールは勝負強いし強運を持ってるな。

アーセナルはやっぱりミラン戦がピークだった感じだなあ。
あれで優勝候補とか言われたけど、あっさり負ける予感がしてた(笑)
あとダ・シウバ・ショックも尾を引いた気がする。
文句なく今季世界最高のサッカーしてたけど、勝つのは結局リアリズムなんだな・・・。
チャ~ンス!(リバプール アーセナル)

(リバプール)

クラウチ  F・トーレス
ジェラード                 カイト
マスチェラーノ X・アロンソ
F・アウレリオ ヒーピア シュクルテル キャラガー
|レイナ|

78/クラウチ⇒バベル
87/フェルナンド・トーレス⇒リーセ
90+3/カイト⇒アルベロア

(アーセナル)

アデバイヨル
ディアビ     フレブ      エブエ
フラミニ   セスク
クリシー  センデロス ギャラス  トゥーレ
|アルミニア|

42/フラミニ⇒ジウベルト・シウバ
72/ディアビ⇒ファン・ペルシー、エブエ⇒ウォルコット
[警告]センデロス、トゥーレ




No.1699/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

PROFILE

ペンギンジャンプ

CALENDER

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ENTRIES

ONGAKU

ビョーク 「ポスト」 ドアーズ 「ウィンタータイム・ラヴ」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ 「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」 電気グルーヴ 「虹」
ビートルズ 「リボルバー」 チャラ  「あたしはここよ」
カヒミ・カリィ 「アイ・アム・ア・キトゥン」 ジミ・ヘンドリックス 「ブードゥー・チャイルド(スライト・リターン)」
ルー・リード 「トランスフォーマー」 椎名林檎 「無罪モラトリアム」
吉川晃司 「モダン・タイム」 矢野顕子 「峠のわが家」

[アーカイブス]
…けっこうな動画集になってしまった
    

Twilog

    

CATEGORY

ARCHIVES

SouthAfrica2010

   

EURO2008

予備サイト
[ENTER]

GERMANY2006

折角なのでしばらく残しとこ。



DENTAKU

電卓

リンク

Gallery

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

FC2カウンター

OTENKI