前橋のほどよい郊外//興味のままに・・・で、チャンピオンズリーグ、Jリーグ、リーガ・エスパニョーラ・・・サッカー多し
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/11/30 (Fri) D組:セルティック劇場再び

-第5節-
セルティック 2-1 シャフタール・ドネツク

【得】4'ブランドン(2)、45'ヤロシク、90+2'ドナーティ

開始早々の失点に注意すると言ってたのにしてしまうセルティック(笑)
ケネディの中途半端なクリアがブランドンに渡ってしまい、実にあっさりシャフタールが先制。
おまけに、ネイラー、ケネディがケガにより相次いで貴重な交代枠を消費。左サイドバックにはハートリーを回さざるを得ないスクランブル状態だった。

それでも前半終了間際、セルティックが追いつく。
こちらもDF陣のミスで、シャフタール守備陣がロングボールの処理を誤ったところをヤロシクがボレーで叩き込んだ。

後半はつぶし合いが延々と続き、セットプレーなどから時折チャンスがあったくらい。
ロスタイムも2分と短くて、ドローかと思われたロスタイム2分、何かが起こっちゃうのがセルティック・パーク!
マッギーディのクロスからドナーティがボレー。これがDFに当たって絶妙のコースに決まった。
そして、次のキックオフと同時に試合終了!
なんなんだろう。
ルチェスクはセルティックを皮肉っぽく「運のあるチーム」と言ったらしいけど、まさにその通りだ(笑)

勝てば悲願の決勝ラウンド初進出だったシャフタールは、ブランドンが何度かあった2点目のチャンスを逃したのが悔やまれた。

最終節は、セルティックが敵地でミラン、シャフタールがホームでベンフィカということで、シャフタール逆転突破の可能性は充分あるけど、消化試合の時のミランの手抜きっぷりには定評があるので、今回も期待したい。
俊輔をもう一度チャンピオンズリーグで見たいので。
チャ~ンス!(セルティック 7-5 シャフタール・ドネツク )

(セルティック)

   マクドナルド  V・O・ヘッセリンク
ヤロシク               マッギーディ
S・ブラウン   ハートリー
ネイラー   マクマナス  ケネディ コールドウェル
|ボルツ|

16/ネイラー⇒ドナーティ
42/ケネディ⇒プレスリー
79/フェネホール・オフ・ヘッセリンク⇒キレン
[警告]ヤロシク、フェネホール・オフ・ヘッセリンク、コールドウェル

(シャフタール)

ルカレッリ
ブランドン     ジャジソン    イウシーニョ
レバンドウスキ  ヒュブシュマン
ラト    チグリンスキー   クチェル    スルナ
|ピアトフ|

83/イウシーニョ⇒イェゼルスキー
88ルカレッリ⇒グラドキー
[警告]ブランドン



追記:
ベンフィカ 1-1 ミラン
【得】15'ピルロ、20'マキシ・ペレイラ

ミランがピルロのFKで先制したが、マキシ・ペレイラの鮮やかなミドルでベンフィカが追いつくと、その後はミランを押し込み続けてた。
なぜ最下位?って感じだったけど、ついに逆転できず。
グループリーグ敗退が決まった。
ホームでのシャフタール戦が致命的だったな。

ミランはこれで決勝ラウンド進出。
最終節は消化試合気分でどうぞ(笑)
チャ~ンス!(ベンフィカ 10-7 ミラン )

 (ベンフィカ)

N・ゴメス
C・ロドリゲス   R・コスタ    M・ペレイラ
  ペティ   カツラニス
レオ     D・ルイス   ルイゾン   フィリペ
|キム|

74/フィリペ⇒ディ・マリア
75/ヌノ・ゴメス⇒カルドソ
88/ダビド・ルイス⇒アドゥー
[警告]ペティ

(ミラン)

ジラルディーノ
セードルフ      カカ
ガットゥーゾ         ブロッキ
ピルロ
セルジーニョ  カラッゼ   ネスタ   ボネーラ
|ジーダ|

46/セルジーニョ⇒マルディーニ
51/ブロッキ⇒グルクフ
73/セードルフ⇒オッド
[警告]カラーゼ、セルジーニョ、マルディーニ



[順位]
1 (10) ミラン
2 ( 9) セルティック
3 ( 6) シャフタール
4 ( 4) ベンフィカ


No.1523/サッカー雑記

スポンサーサイト

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(6) |


2007/11/30 (Fri) C組:最終節へ

-第5節-
ブレーメン 3-2 レアル・マドリード

【得】5'ローゼンベリ、14'ロビーニョ(3)、40'サノゴ(3)、58'ハント、71'ファン・ニステルローイ(4)

ジエゴ、フリングス、ボロウスキ、ウーゴ・アウメイダにビーゼ・・・と、飛車角どころか金銀も欠いてた感じのブレーメン。
おまけに開始6分のローゼンベリのゴールをアシストを最後に、フリッツまでも負傷交代。
貴重なリードも14分、ロビーニョの同点ゴールで失ってしまう。

しかし40分、ローゼンベリのクロスをサノゴが鮮やかにボレーで決めて勝ち越すと、58分にはイェンセンのロングパスを負傷明けのハントが決めて突き放す。
レアルの失点が、いずれもマルセロのサイドからなのは偶然か必然か。
ブレーメンはジエゴの穴をイェンセンが見事に埋めてて、こんな良い選手だったのか~。

レアルも71分、グティのパスからファン・ニステルローイが決めて1点差としたが、結局苦手とするドイツで今回も敗れた。
ファン・ニステルローイが3失点目の直前に同点のチャンスを外したのが悔やまれる。

これでグループCは全チームに可能性が残る状況で最終節に。
ラツィオ戦をホームで戦えるレアルは有利だけど、そういえば過去2試合のホーム戦、いずれも苦戦してる。
ブレーメンは、敵地でのオリンピアコス戦ということでこちらも苦戦が予想されるけど、少なくともジエゴは帰ってくる。
(ブレーメン 9-9 レアル・マドリード)

(ブレーメン)

   サノゴ    ローゼンベリ
イェンセン
ハント                 ブラニェス
バウマン
パサネン   ナウド   メルテザッカー  フリッツ
|バンダー|

6/フリッツ⇒トシッチ
76/ハント⇒ハルニク
87/サノゴ⇒カルロス・アウベルト
[警告]ハント

(R・マドリード)

V・ニステルローイ   ラウル
ロビーニョ                    グティ
 ガーゴ    ディアラ
マルセロ   メッツェルダー   ぺぺ    S・ラモス
|カシージャス|

61/ガーゴ⇒イグアイン
75/ロビーニョ⇒ロッベン
[警告]ぺぺ、セルヒオ・ラモス、ディアラ



追記:
ラツィオ 1-2 オリンピアコス
【得】30'パンデフ、35'ガジェッティ(3)、64'コバチェビッチ(2)

オリンピアコスがオリンピコで逆転勝ち。
去年までずーっと勝てなかったアウェイゲームで、今季突然2勝。
今季のオリンピアコスは違う!

ラツィオの攻撃が2トップ狙いのロングパス頼みだったことにも助けられた。
それでも、それで先制してしまうラツィオもさすがだったが。
これでラツィオはかなり苦しくなった。

オリンピアコスは最終節ブレーメンとの決戦に、ジョルジェビッチが出場停止になったのが痛い。
(ブレーメン 5-6 レアル・マドリード)

(ラツィオ)

パンデフ    ロッキ
マウリ
ムタレッリ            ムディンガイ
レデスマ
コラロフ   シビーリア  ステンダルド  ベーラミ
|バロッタ|

63/コラロフ⇒デ・シルベストリ
71/ムタレッリ⇒メグニ
77/ベーラミ⇒スカローニ

(オリンピアコス)

ルア・ルア
ジョルジェビッチ            ガジェッティ
ストルティディス   パツァゾグル
レデスマ
パントス    アンザス  ジェブワコフ トロシディス
|ニコポリディス|

56/ルア・ルア⇒コバチェビッチ
75/パツァゾグル⇒メンドリノス
90+3/ジョルジェビッチ⇒ミトログル
[警告]ジョルジェビッチ、レデスマ、コバチェビッチ、トロシディス




[順位]
1 (8) レアル・マドリード
2 (8) オリンピアコス
3 (6) ブレーメン
4 (5) ラツィオ


No.1522/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/29 (Thu) A組:リバプール復活

-第5節-
リバプール 4-1 ポルト

【得】19',78'フェルナンド・トーレス(1)(2)、33'リサンドロ・ロペス(2)、84'ジェラード(3)=PK、87'クラウチ(3)

19分、CKからフェルナンド・トーレスがヘッドでチャンピオンズリーグ初ゴール。
先制したリバプールのペースで試合は進んだが、逆に33分、ポルトが追いつく。
カズミエルチャクのクロスからリサンドロ・ロペスのヘッド。
どうでもいいが、カズミエルチャクはポルトガルでは「カズ」と呼ばれてるらしい。

これで一転ポルトのペース。
ただ、どちもDFラインでのパスミスが多くてどうも締まらなかった。

後半71分、リバプールはキューウェルに続いてクラウチを投入し、スクランブル態勢に入る。
そして78分、ようやく勝ち越しに成功。
キューウェルのパスから再びフェルナンド・トーレス!

さらにリバプールは84分、ステパノフのハンドで得たPKをジェラードが決めて勝負を決定づけると、87分にはCKからクラウチのヘッドで4点目。
後半なかばまでの苦戦は何だったの?って感じのスコアで勝利、最終節、いよいよマルセイユでの決戦!

ポルトは最終節はホームでベジクタシュだけに、有利。
ステパノフのハンドに警告が出ず、退場を免れたのはラッキーだった。
(リバプール 13-2 ポルト )

(リバプール)

  ボロニン   F・トーレス
バベル                 ベナユン
  ジェラード  マスチェラーノ
アルベロア  ヒーピア  キャラガー  フィナン
|レイナ|

63/ボロニン⇒キューウェル
71/ベナユン⇒クラウチ
85/バベル⇒カイト
[警告]ヒーピア

 (ポルト)

リサンドロ
マリアーノ               クアレスマ
カズミエルチャク  ルチョ
P・アスンソン
チェフ   B・アウベス  ステパノフ  ボジングワ
|エウトン|

65/カズミエルチャク⇒ラウル・メイレレス
77/マリアーノ・ゴンサレス⇒セクティウイ
81/パウロ・アスンソン⇒ポスティガ
[警告]パウロ・アスンソン、ステパノフ、クアレスマ



追記:
ベジクタシュ 2-1 マルセイユ
【得】27'テージョ、65'タイウォ、88'ボボ(2)

劣勢で迎えた終了間際、ボボの決勝点でベジクタシュが勝利。
リバプールでの汚名を返上するとともに、最終節まで可能性を残した。
最終節は敵地でポルトということで厳しいが。

マルセイユの方は最終節、ホームでリバプールとドローでOK。
ドローでも状況は変わらなかったわけで、ポルトにとっていい迷惑な結果だった。
(ベジクタシュ 4-7 マルセイユ )

(ベジクタシュ)

ボボ
テージョ     デルガド  セルダル・O
リカルジーニョ  シセ
イブラヒム・U  バキ  イブラヒム・T   アリ
|リュストゥ|

20/シセ⇒コライ・A
66/リカルジーニョ⇒イブラヒム・A
75/セルダル・O⇒ノブレ
[警告]バキ、イブラヒム・A

(マルセイユ)

ニアング
ゼンデン     ナスリ    バルブエナ
シェイル    サナ
ボナール   ジベ    ロドリゲズ  ズバル
|マンダンダ|

26/ナスリ⇒シセ
45+1/ズバル⇒タイウォ
64/ゼンデン⇒アイェ
[警告]ゼンデン、シェイル、ニアング、アイェ、シセ



[順位]
1 (8)ポルト
2 (7)マルセイユ
3 (7)リバプール
4 (6)ベジクタシュ


No.1521/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/29 (Thu) F組:無風区でした

-第5節-
ディナモ・キエフ 1-4 ローマ

【得】4'パヌッチ、32'ジュリ、36',78'ブチニッチ、63'バングラ

ディナモ・キエフの守備崩壊でローマが前半で試合を決着。
ブチニッチが大活躍だった。

ローマはこれで決勝ラウンド進出。
ディナモは5連敗でUEFAカップ行きもなくなった。

チャ~ンス!(ディナモ・キエフ 4-10 ローマ)

(ディナモ)

バングラ
ニンコビッチ    リンコン       グセフ
ギオアネ   ロタン
ネスマチニー バシュク  ガブランチッチ ドピルカ
|リプカ|

46/ロタン⇒ベルケビッチ
55/ニンコビッチ⇒シャツキフ
69/リンコン⇒ミレフスキー
[警告]バシュク

(ローマ)

ブチニッチ
トネット      ジュリ      タッデイ
  ピサロ   デ・ロッシ
カセッティ   フアン  フェラーリ  パヌッチ
|ドニ|

46/タッデイ⇒エスポジト
61/デ・ロッシ⇒バルッソ
84/ブチニッチ⇒シシーニョ
[警告]カセッティ





マンチェスター・ユナイテッド 2-1 スポルティング
【得】21'アベウ、61'テベス、90+2'クリスティアーノ・ロナウド

アベウの鮮やかなミドルでスポルティングが先制したが、マンUがロスタイムのクリロナのFKで逆転勝利。
5連勝で首位を決めた。

スポルティングは勝っても結果的にはUEFAカップ行きだった。
チャ~ンス!(マンチェスター・ユナイテッド 12-2 スポルティング)

(マンU)

サア
ナニ                C・ロナウド
アンデルソン    フレッチャー
キャリック
エブラ   ビディッチ ファーディナンド オシェイ
|クシュチャク|

46/ナニ⇒ギグス、フレッチャー⇒テベス
79/サア⇒ハーグリーブス
[警告]クリスティアーノ・ロナウド、エブラ

 (スポルティング)

リエジソン    プロビッチ
ロマニョーリ
イズマイロフ        モウティーニョ
M・ベロゾ
ハド     ポウガ    トネウ     アベウ
|R・パトリシオ|

68/ロマニョーリ⇒ブクチェビッチ
82/プロビッチ⇒ファルネルド、イズマイロフ⇒ペレイリーニャ
[警告]ハド、ポウガ




No.1532/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(11) |


2007/11/29 (Thu) H組:セビージャ突破

-第5節-
セビージャ 3-1 アーセナル

【得】11'ダ・シウバ(2)、24'ケイタ、34'ルイス・ファビアーノ(2)、89'カヌーテ(3)=PK

セビリアのサポーターはどうなのかなあ?
悲願のチャンピオンズリーグで、ステアウアとスラビア・プラハというUEFAカップみたいな相手に続いて、主力不在のアーセナル。
決勝ラウンド進出という目的を考えれば良いのだろうけど。


そんなわけで既に突破を決めたアーセナルは主力を温存。
それでも11分、ベントナーのクロスからダ・シウバが先制ゴールを決めたが、24分、センデロスのミスから、ヘスス・ナバスのクロスのこぼれ球をケイタが叩き込んで追いついたセビージャが、10分後にはFKからルイス・ファビアーノのヘッドで逆転。

アーセナルはビハインドの状況でセスクを引っ込めたあたり、勝負には執着してなかったようだ。

終了間際、この日シュートを外しまくってたカヌーテがPKでようやくゴールして、セビージャに3点目。
開幕戦のリベンジを果たしたセビージャが決勝ラウンド進出を決め、ついでに首位に浮上した。
(セビージャ 12-3 アーセナル)

(セビージャ)

   カヌーテ  L・ファビアーノ
アドリアーノ               J・ナバス
  ケイタ   ポウルセン
クレスポ ドラグティノビッチ ファシオ D・アウベス
|パロップ|

64/クレスポ⇒モスケラ
75/ルイス・ファビアーノ⇒ケルジャコフ
90/アドリアーノ⇒マルティー
[警告]クレスポ、アドリアーノ、パロップ、ケイタ

(アーセナル)

ベントナー
ダ・シウバ デニウソン  セスク   エブエ
G・シウバ
トラオレ   センデロス   トゥーレ   ホイト
|アルムニア|

56/セスク⇒ロシツキー
66/ホイト⇒サニャ
78/エブエ⇒ウォルコット
[警告]ホイト、デニウソン



追記:
ステアウア・ブカレスト 1-1 スラビア・プラハ
【得】12'バデア、78'シェンケジク

なんとか勝ってUEFAカップ行きの可能性は残したかったステアウア。
昨季はアウェイでは1勝したけど、ホームでは勝ってないし。

そして、復調してきてるという話し通り、ステアウアが良いリズムで攻め、序盤に先制点。
バデアがDFと交錯して倒れ、PKかと思ったら、そのままボールがコロコロとゴールに入ってた。

ところが後半巻き返したスラビアがシェンケジクのヘッドで追いつきドロー。
ほとんど唯一のチャンスだったが。
スラビアはグループリーグ敗退となったが、UEFAカップ行きは決定。
(ステアウア・ブカレスト 6-1 スラビア・プラハ)

(ステアウア)

ディカ    バデア
ネアガ                 クロイトル
ロビン    ペトレ
ネス      ラダ    ゴイアン   エメガラ
|サパタ|

65/ロビン⇒ビクファルビ
76/クロイトル⇒スルドゥ
89/バデア⇒クリストチェア
[警告]クロイトル

(スラビア)

ガウショ    シェンケジク
プディル                 ボレシャク
タバレス    シュベツ
フバチェク  ブラベツ    スヒー   クライチク
|バニアク|

29/シュベツ⇒ベライド
61/ボレシャク⇒ショウレク
77/ガウショ⇒ネチド
[警告]フバチェク、クライチク、ショウレク



[順位]
1 (12) セビージャ
2 (10) アーセナル
3 ( 5) スラビア
4 ( 1) ステアウア


No.1520/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/29 (Thu) G組:インテル突破

-第5節-
インテル 3-0 フェネルバフチェ

【得】55'クルス、66'イブラヒモビッチ(5)、90+2'ヒメネス

開幕戦に続き、フェネルバフチェが互角に渡り合う展開だったけど、インテルの先制点で試合の流れが決定的に。
後半55分、マクスウェルのクロスをルガノがぎりぎりのクリアに行ったが、クルスに当たってゴール。

そして66分、インテルが2点目を奪って勝負あり。
Pエリア内でボールを受けたイブラヒモビッチが、ロベルト・カルロスと正対しながらノーステップで右脚を振り抜き決めてしまった。
フェネルバフチェにはちょっと不運で、セミフが脳震とうかなんかで安静状態で担架で運ばれ、交代選手を準備してる最中にやられてしまった。
その後はもう戦意を喪失した感じだった。

インテルは、イブラヒモビッチとサムエルが、笑ってしまうほど分かりやすく警告累積を消化。
決勝ラウンドにリーチを持ち越すのを避け、遅延行為で通算3枚目の警告をもらってた。

結局、ロスタイムにヒメネスのゴールで3点目を奪ったインテルが勝利。決勝ラウンド進出を決めた。
フェネルバフチェは最終節、CSKAモスクワにホームで勝てば決まり。
この試合の戦いぶりみても、2位で行けそうな気がする
(インテル 9-3 フェネルバフチェ)

 (インテル)

   クルス   イブラヒモビッチ
スタンコビッチ
カンビアッソ             サネッティ
キブー
マクスウェル サムエル  コルドバ   マイコン
|J・セーザル|

72/マクスウェル⇒ヒメネス
78/イブラヒモビッチ⇒スアソ
89/スタンコビッチ⇒マテラッツィ
[警告]イブラヒモビッチ、サムエル

 (フェネルバフチェ)

セミフ
ウェデルソン   アレックス     デイビジ
M・アウレリオ  セルチュク
R・カルロス   エドゥ   ルガーノ    ギョハン
|ボルカン・D|

62/メフメト・アウレリオ⇒アッピア
66/セミフ⇒カジム・リチャーズ
83/デイビジ⇒トゥメル
[警告]ルガーノ、ギョハン



追記:
CSKAモスクワ 0-1 PSV
【得】39'ファルファン

CSKAモスクワはブラジル代表トリオとクラシッチが欠場。
UEFAカップもあきらめてたのか、あるいはビッグクラブのスカウトに見せたくなかったのか(笑)

試合はPSVが唯一のチャンスを生かして勝利。
マルセリスのクロスがDFに当たってゴール方向へ流れ、キャッチに飛び出していったアキンフェエフが逆を取られてしまい、そこをファルファンがヘッドで押し込んだ。

これでPSVはなんとか最終節まで可能性を残したが、最終節でフェネルバフチェと対戦するCSKAモスクワのドゥドゥとラヒミッチを警告累積による出場停止に追いやってしまったのは仕方ないとはいえ誤算。
でも、この試合で主力攻撃陣を出さないとなると、CSKAモスクワは最終節も手抜きメンバーかもね。
(CSKAモスクワ 9-1 PSV)

(CSKAモスクワ)

ヤンチク
ラモン     ドゥドゥ
ジルコフ  ラヒミッチ  アルドニン  センベラス
A・ベレズツキ イグナシェビッチ V・ベレズツキ
|アキンフェエフ|

61/ラモン⇒ジャネル
73/ドゥドゥ⇒オディア
86/ラヒミッチ⇒グリゴリエフ
[警告]A・ベレズツキ、ドゥドゥ、ラヒミッチ

(PSV)
ファルファン   ラゾビッチ
アフェライ
ゾネフェルト  バッカル  メンデス  マルセリス
ライコビッチ  サルシド  アウシデス
|ゴメス|

77/バッカル⇒クリナ
81/ファルファン⇒クーフェルマンス
84/ラゾビッチ⇒ペレス
[警告]メンデス、ファルファン、マルセリス




[順位]
1 (12) インテル
2 ( 8) フェネルバフチェ
3 ( 7) PSV
4 ( 1) CSKAモスクワ


No.1519/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/28 (Wed) E組:バルサ突破

-第5節-
リヨン 2-2 バルセロナ

【得】3'イニエスタ、7',80'ジュニーニョ(2)(3)=PK、58'メッシ(4)=PK

リヨンはこの大一番でベンゼマが欠場したが、バルサは疲労からかリーガで精彩がなかったアンリとロナウジーニョを温存してきた。

ところが開始3分、あっという間にバルサが先制してしまった。
カウンターから、クルキッチのクロスをイニエスタ。
クルキッチのアーリー気味のグラウンダークロスで勝負ありという感じだった。

sれでもリヨンもすぐに追いつく。
7分、ジュニーニョのFK!
といっても、クロスがそのまま入っちゃったもので、あの魔法のFKはどうやら失われ、この日何度かあったFKはどれもイマイチだった。

この1点で息を吹き返したリヨンが優位に試合を進めてた後半、それでもバルサが勝ち越してしまう。
58分、メッシのPK。
現地テレビのスイッチングミスで、メッシがPKを獲った場面はよく見えなかったけど、判定がバルサ寄りになってきたなあと思った直後で・・・。

しかし、リヨンは再び追いつく。
過去4試合見せ場もなかった途中出場のケイタがPKゲットの初仕事。
ジュニーニョが決めた。

勢いに乗って逆転と行きたかったリヨンだけど、ここからはさすがバルサ。
巧みなパスを回しで、リヨンをいなしてしまった。

結局このままドローで終わり、バルセロナの決勝ラウンド進出が決定

リヨンはどうやら最終節、レンジャーズとの決戦。
ただ、敵地での勝利が必要みたいで、うまく行けば勝てそうだったこの試合が勿体なかったな。
ベンゼマがいなかったのも響いたかな。
チャ~ンス!(リヨン 6-6 バルセロナ)

(リヨン)

フレッジ
ベン・アルファ                 ゴブ
ジュニーニョ   F・サントス
トゥララン
グロッソ  アンデルソン スキラッチ ルベイエール
|ベルクトル|

60/フレッジ⇒ケイタ
68/ファビオ・サントス⇒シェルストロム
82/ベン・アルファ⇒レミ
[警告]ファビオ・サントス、ジュニーニョ

(バルセロナ)

クルキッチ
イニエスタ                  メッシ
グジョンセン    シャビ
トゥレ
アビダル   ミリート   プジョル  ザンブロッタ
|V・バルデス|

71/グジョンセン⇒ロナウジーニョ
82/ザンブロッタ⇒マルケス
[警告]トゥーレ、メッシ、シャビ、プジョル



追記:
シュトゥットガルト 3-2 レンジャーズ
【得】27'アダム、45+2'カカウ、62'パルド、70'ファーガソン、85'マリカ

既に敗退が決まってるのにスタジアムには熱気があってドイツらしいなあ。

マッカロクの負傷で途中出場したアダムが、CKから決める巡り合わせの良さでレンジャーズが先制。
しかし、前半ロスタイムにCKからカカウのヒールシュートで追いついたシュトゥットガルトが、後半62分にはパルドのミドルで逆転に成功。

雰囲気的にシュトゥットガルトの勝利の流れだったのだけど、70分、シュトゥットガルトのGK-DFの不用意なパスを奪ったネイスミスのクロスからファーガソンが決めてレンジャーズが再び試合を振り出しに。
シュトゥットガルトが4連敗な理由というか。

それでもシュトゥットガルトの勝利への執念が最後は優った感じで、85分、マニャンのクロスをマリカが鮮やかなヒールボレーで決め決勝点。
シュトゥットガルトが意地を見せた。
後々、未勝利記録とかは重圧になったりするのでけっこう大きかったりする。

レンジャーズはまあ、結果的には引き分けも負けも大差なく、最終節、ホームでのリヨン戦で引き分ければいい状況になった。
チャ~ンス!(シュトゥットガルト 9-9 レンジャーズ)

(シュトゥットガルト)

カカウ    マリカ
ケディラ
ヒツルスペルガー        ヒルベルト
パルド
マニャン  デルピエール  F・メイラ    ベック
|シェーファー|

46/ケディラ⇒ダ・シウバ
83/ヒルベルト⇒エベルトン
88/カカウ⇒タスチ
[警告]マニャン

(レンジャーズ)

ダルシェビーユ
マッカロク トムソン ファーガソン ビーズリー
エムダニ
パパチ     ウィア    クエジャル   ハットン
|マグレガー|

26/マッカロク⇒アダム
49/ビーズリー⇒ネイスミス
82/ダルシェビーユ⇒クザン
[警告]マッカロク、アダム、ハットン



[順位]
1 (11) バルセロナ
2 ( 7) レンジャーズ
3 ( 7) リヨン
4 ( 3) シュトゥットガルト

No.1518/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(1) | comment(0) |


2007/11/28 (Wed) レッド・ツェッペリン 「Ⅰ」

レッド・ツェッペリン 「レッド・ツェッペリン」


再結成ライブは延期になったのか。
ジミー・ペイジもこんな時に骨折するなんて。


実のところ、特に大ファンというわけではないし、それどころか大っ嫌いだったヘビメタの親玉ぐらいの認識だったのだけど、ふと聴いてみたらメチャクチャかっこよくて、ヘビメタは劣化コピーのなれの果てだったのか!と認識を改めたのだった。


「デイズド・アンド・コンフューズド」


アルバムの中で一番好きだけど、実は古いブルースのパクリだったりして・・・。


No.1517/音楽雑記P

音楽 | trackback(0) | comment(1) |


2007/11/27 (Tue) リーガ第13節

ラシン(23) 1-0 (24)バレンシア
【得】70'ホルヘ・ロペス

膠着状態が延々と続いた試合を決めたのは、バレンシアから今季移籍したホルヘ・ロペス。
あんな鋭いミドルシュートを持っていることを初めて知った(笑)

でも、ブレ球だったとはいえ正面のボールをクリアできないカニサレスのプレーもお粗末で、ちょっともうトップレベルでは使えないよなあ。
さっさとヒルデブラントとDFラインのコンビネーションを高めた方が・・・。


(ラシン)

ムニティス    チテ
O・セラノ                J・ロペス
ドゥシェル   コルサ
L・フェルナンデス オリオル ガライ    ピニジョス
|トーニョ|

65/オスカル・セラーノ⇒スモラレク
78/チテ⇒ディアス
85/ムニティス⇒ジョルディ

 (バレンシア)

ビジャ
ビセンテ     シルバ     アングロ
アルベルダ M・フェルナンデス
モレッティ  エルゲラ  アルビオル  ミゲウ
|カニサレス|

56/ビセンテ⇒エドゥ
68/マヌエウ・フェルナンデス⇒ホアキン
76/アングロ⇒モリエンテス




(その他)
代表戦の影響か、レアルもバルサも精彩がなかった。

ムルシア(14)  1 - 1  (29) R・マドリード
ビジャレアル(28) 1-1 (13) アルメリア
バルセロナ(27)  3-0 (12) レクレアティボ
オサスナ(12) 1-2 (25) エスパニョール
アトレチコ(24) 4-3 (13)バジャドリード
セビージャ(15)  1-2  (19) マジョルカ
サラゴサ(18) 1-1 (15)ヘタフェ
ビルバオ(14) 2-2 (13) デポルティボ
レバンテ(7) 4-3 (11) ベティス


No.1516/サッカー雑記

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/26 (Mon) 大晦日

日テレは今年も「ガキの使い」をやるようで、楽しみ。


=週間テレビメモ= 11/19-25
【11/24】
◆「電脳コイル
やっぱりミチコさんはイサコだったのか!?

もう今週が最終回なんだなあ・・。


*追記
【11/19~23】
◆「結婚できない男」(再)
そうそう、妙なタイミングで再放送してるなと思ったら、阿部寛が結婚してビックリ。




【11/19】
◆「スタジオパーク~」(松尾貴史)
◆「鶴瓶の家族に乾杯」(糸井重里)
◆「くりぃむナントカ」・・・インドアーズ
◆「精霊の守人」(再)
◆「バンブーブレード」
◆「スケッチブック」

【11/20】
◆「さんま御殿」
◆「逆境無頼カイジ」

【11/21】
◆「グータンヌーボ」
◆「さまぁ~ず・さまぁ~ず」
◆「だいじょうぶだあ2」

【11/22】
◆「神霊狩」
◆「もやしもん」

【11/23】
◆「どうでしょうリターンズ」・・・四国3・三週目
◆「タモリ倶楽部」・・・都会でキノコ狩り
◆「モヤモヤさまぁ~ず2」・・・シンガポール3週目

【11/24】
◆「Foot!」(中山淳)
◆「プレミアリーグ」 ニューカッスル 0-3 リバプール
◆「ブンデスリーガ」 フランクフルト 1-4 シュトゥットガルト
◆「やりすぎコージー」・・・俺の傷

【11/25】
◆「ハヤテのごとく」
◆「イッテQ」
◆「ガキの使いやあらへんで」・・・利きポン酢
◆「みなみけ」


No.1515/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/26 (Mon) ワールドカップ予選組み合わせ

日本の3次予選の相手は

 バーレーン
 オマーン
 タイ


になった。

まあ、ふつうに考えれば、日本に次ぐ2位争いを制するのはどこか?ってグループで、それも2位までに入ればいいのだから、この前の北京五輪予選に比べれば楽に感じる。
前回の予選を経験した分、(サポーターも含め)甘い考えはなくなってるし、バーレーン、オマーンと4年前にやってるのは大きい。
心配なのは、新体制発足間もない状況で初戦をやらなきゃならないことと、俊輔の状態か・・・。

でも何より、オーストラリアのグループ見たら、あ~良かった(笑)
イラク、中国、カタールって、まるで最終予選みたいだ。



他の地域の抽選も行われた。注目の欧州は、

[1] ポルトガルスウェーデンデンマークハンガリーアルバニアマルタ

[2] ギリシャイスラエルスイスモルドバラトビアルクセンブルク

[3] チェコポーランド北アイルランドスロバキアスロベニアサンマリノ

[4] ドイツロシアフィンランドウェールズアゼルバイジャンリヒテンシュタイン

[5] スペイントルコベルギーボスニア・ヘルツェゴビナアルメニアエストニア

[6] クロアチアイングランドウクライナベラルーシカザフスタンアンドラ

[7] フランスルーマニアセルビアリトアニアオーストリアフェロー諸島

[8] イタリアブルガリアアイルランドキプロスグルジアモンテネグロ

[9] オランダスコットランドノルウェーマケドニアアイスランド

まずは1位になった9チームが突破。
2位チームのうち、成績上位の8チームによるプレーオフで4チームが突破となる。

イングランドとクロアチアをまた同組に「する」なんて、意地悪だな(笑)


No.1514/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/25 (Sun) J2:ベガルタ散る

-第51節-
京都(85) 1-0 (80)仙台


3位争いの天王山。

パウリーニョ、萬代と、ともにエースがいなくて決め手を欠き、スコアレスドローでコンサドーレ昇格決定かと思われた終了間際、ボランチ石井の決勝ヘッドが決まりサンガが勝利。
札幌じゃ昇格祝いの準備が完了してたろうなあ(笑)

ベガルタは最低引き分ければ、最終節にザスパ(ホームでサンガ戦)がドラマを起こしてやったんだけど。
何の保証もないが(笑)
サポーターの熱心なチームは応援したくなるので、ベガルタにはJ1に上がって欲しいと毎年思ってるんだけど、今年もダメだったか・・・。


東京V(88) 2-1 (42)愛媛
ヴェルディはけっこう苦労して勝ったみたいだけど、これで得失点差で首位浮上。
3位サンガとの得失点差(9差)を考えれば、事実上「昇格決定」となった。



ということで事実上、残る争いはコンサドーレとサンガどっちが自動昇格するかになった。
コンサドーレは最終節、ホームでホーリーホックに引き分ければいいだけにかなり有利だ。
一方サンガはさっき書いたように、前橋でザスパ戦。
なにげにザスパは、この3ヶ月ホームでは無敗!
といっても、ほとんど引き分けだけど(笑)
ベガルタ同様、コンサドーレもJ1でやって欲しいので援護だ。
目の前で昇格されたくないしね。


(その他)
セレッソ、ベルマーレは、来年もよろしく。

水戸(34) 1-0 (79)C大阪
湘南(77) 1-2 (73)福岡
鳥栖(69) 0-0 (58)山形
徳島(33) 2-2 (41)草津


No.1512/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/24 (Sat) J1:最終節へ

-第33節-
浦和(70) 0-1 (69)鹿島
G大阪(66) 1-1 (46)神戸


アントラーズが数的不利を覆し、ガンバはロスタイムに終戦。

にしても、1ステージ制になってから、なんだかんだで最終節までもつれるね(笑)

ただレッズの最終節は横浜FC。
舞台も三ツ沢ではなく日産スタジアム。観客席は赤の方が多くなるだろう。
簡単な試合にはならないだろうけど、横浜FCの戦闘力を考えると、まあ十中八九レッズかな。

万が一が起こっても、アントラーズが「10冠」「10冠」ともう何年も言っててうるさくなってきたので、今後言わなくなっていいかもね(笑)


どうでもいいけど、マグノ・アウベス腹立つなあ。
移籍するのはいいが、仕事を全うしてからにしろ!エメルソンといいブラジル人は・・・って他にはいないか。
ガンバは最終節は消化試合になっちゃったから、契約解除撤回して試合に出して、味方サポーターから大ブーイングをお見舞いしてやればいいのに。


(その他)
ヴァンフォーレと降格が決定。
サンフレッチェの入れ替え戦行きも事実上決定。

清水(61) 2-2 (42)千葉
川崎(53) 3-0 (31)広島
横浜M(49) 1-0 (51)新潟
柏(50) 2-1 (27)甲府
大分(38) 1-0 (46)磐田
名古屋(42) 0-0 (13)横浜FC
FC東京(42) 1-2 (34)大宮


No.1511/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/22 (Thu) ユーロ2008予選:イングランド敗退!

数日前にヒディンクザマミロと書いたばっかりだったのに(笑)

こうなると残念な反面、イングランドザマーミロって感覚も沸いてくる。
「プレミアリーグ最強」?笑ってしまうよって感じに。


でもそういえば、これで英国四協会が全滅だ。
英国系のサポーターは大会を盛り上げてくれるだけに、来夏のスイス・オーストリアはちょっと寂しいことになりそうだ。


-グループA-
ポルトガル 0-0 フィンランド


引き分けでよいポルトガルと、勝てば可能性のあるフィンランド。
試合はフィンランドの狙い通り進んだ感じ。
守備的なフィンランドをポルトガルが攻めあぐんでた。

なにしろポルトガルは1トップで、それももうピークを過ぎたヌノ・ゴメスなので、いくらクリスチアーノ・ロナウドやクアレスマがサイドで頑張っても中で勝てない。
ウーゴ・アウメイダがいたらまた違ったかな。
あと、デコがいないのも当然響いた。
唯一、マニシェが前線に絡んだ時にチャンスになってたけど、この日は「マニシェの日じゃない」ようだった。

セルビアの途中経過から、勝てば逆転予選突破が濃厚となったフィンランドは、ほとんどチャンスはなかったけど、終盤のパワープレーでポルトガルを苦しめた。
フォルッセルのボレーにはポルトガルひやり。
ただ、リカルド・カルバーリョに代わって出場したぺぺ(レアル・マドリードのね)が代表デビュー戦にして主力の貫禄を見せてた。

というわけで、ポルトガルも苦労の末に本大会出場決定。
リトマネンはついに大舞台に立つことなく終わるのかな。

(POR)

N・ゴメス
クアレスマ            C・ロナウド
M・ベロゾ    マニシェ
F・メイラ
カネイラ  B・アウベス  ぺぺ  ボシングワ
|リカルド|

73/マニシェ⇒ラウル・メイレレス
77/ヌノ・ゴメス⇒マククラ
84/クアレスマ⇒ナニ

(FIN)

フォルッセル
ショルンド    リトマネン     コルッカ
ヘイキネン   タイニオ
カリオ    ヒーピア   ティヒネン  パサネン
|ヤースケライネン|

67/リトマネン⇒バイリネン
69/タイニオ⇒エレメンコ
75/コルッカ⇒ヨハンソン




[出場国決定!]
(開催国) スイス オーストリア
(A) ポーランド ポルトガル
(B) イタリア フランス
(C) ギリシャ トルコ
(D) チェコ ドイツ
(E) クロアチア ロシア
(F) スペイン スウェーデン
(G) ルーマニア オランダ

スイス、オーストリア、ギリシャという欧州では中堅クラスの3ヶ国が「第1シード」ということで、本大会グループリーグの組み合わせはどうなることやら。


No.1510/サッカー雑記

サッカー:その他 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/22 (Thu) U22、北京へ

-北京五輪 アジア最終予選-
U22日本 0-0 U22サウジアラビア


予選開始前は今回はもしかしたら・・・という感覚もあっただけに、ほっと一息。
サウジもカタールも恐れるほどのチームじゃなかったけど、日本も相手をリスペクトしすぎてたなあ。

この試合の「勝因」は青山敏のスーパーセーブだったねえ。
あれも含めて序盤はかなり危なっかしかったけど、そこを過ぎるとようやく選手の動きが良くなっていった。

ロスタイムを楽に見させてくれよということで、後半75分までに1点でもリードして欲しかったのだけど、それができないのが今回のチームらしいというか。
本大会までに誰かエースとしてブレイクして欲しいもんだ。

でも、それでもこの試合に限れば「引き分け=勝利」だったわけで、ドローでもだいじょぶという状況を作っておくことがいかに重要か。

反町監督ももうちょっと交代枠うまく使えよと思ったら、一人も交代しなかったおかげでロスタイムが1分減ってて、結果的にはGJ(笑)

誰だか忘れたけど、黄金世代が伸び悩んだ一因は厳しい予選を経験できなかったからだとか言ってて、なるほどなあと思ったもんだ。
この6試合が選手達の今後の糧になって欲しいね。


(日本)

岡崎     李
柏木
本田圭   青山敏   細貝    水野
水本   伊野波  青山直
|西川|




No.1509/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/19 (Mon) ユーロ2008予選 天王山

本大会は今度もWOWOWに決定したようで。

-グループF-
スペイン 3-0 スウェーデン

【得】14'カプテビラ、39'イニエスタ、65'セルヒオ・ラモス

CKからビジャがニアで流したところをカプテビラが右足ボレーで決め幸先良く先制すると、イニエスタ⇒シャビ⇒カプテビラ⇒イニエスタと、流れるようなパスワークで左サイドを崩しきって追加点。

守備も、イブラヒモビッチなんて核弾頭がいるのを忘れてしまうくらい、ほとんど何もスウェーデンにさせなかった。

舞台がサンチャゴ・ベルナベウということで「ラウル」コールも起こったが、マドリディスタの期待に応えるように後半にはセルヒオ・ラモスが3点目のゴール。

最後の最後にスペインが完璧な勝利。
本大会出場を決めた。

スウェーデンは突破おあずけとなったが、最終節はホームでラトビア戦な上に、北アイルランドがアウェイでのスペイン戦ということでほぼ決まりかな。

 (ESP)

ビジャ
シルバ               イニエスタ
セスク     シャビ
アルベルダ
カプテビラ プジョル マルチェナ  S・ラモス
|カシージャス|

52/ビジャ⇒タムード、イニエスタ⇒ホアキン
66/シルバ⇒リエラ

(SWE)

 ローゼンベリ  イブラヒモビッチ
リュングベリ       ウィルヘルムション
  スベンション  D・アンデション
エドマン   ハンソン   メルベリ  ニルソン
|イサクション|

46/D・アンデション⇒シェルストロム
60/ローゼンベリ⇒アルベック
79/ウィルヘルムション⇒バキルジョグリュ




(出場決定国)・・・太字が新たな決定国
【ホスト】スイス、オーストリア
【A】ポーランド
【B】イタリアフランス
【C】ギリシャ
【D】チェコ、ドイツ
【E】クロアチア
【F】スペイン
【G】ルーマニア、オランダ

最注目だったグループEのロシアは敵地でイスラエルに痛恨の敗戦!
ありえない話ではないと思ってたけど、ザマミロヒディンク!!(笑)
救われたイングランドの最終戦は、もう突破を決めて消化試合のクロアチア。
多額のマネーがクロアチア協会に動きそうだ。

グループCでは、トルコが敵地でノルウェーを破って大逆転。
最終戦、ホームでのボスニア・ヘルツェゴビナ戦に勝てば久々の大舞台だ。

それにしても、なんだかんだで強豪国が順当に出場を決めてきた。
グループBのスコットランドがイタリア落としに失敗したのは残念だが、「悪役」がいないとつまらないか(笑)



No.1507/サッカー雑記

サッカー:その他 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/19 (Mon) フジテレビカップバレー

先週で女子大会が終了。例によって全く見なかったけど。

で、結果は史上最低の7位。

まあでも、フジテレビとしたらむしろ、何か間違って3位以内に入っちゃって五輪出場権獲っちゃう方がイヤだったんじゃない?
もう一度視聴率を稼ぐために、せっかく最終予選を日本開催(まただよw)にしたんだし。

にしても、今大会はちょっと興味深かった。
今までやってた生中継のフリをやめたのか、午後9時放送開始とか多くて。
この前の世界選手権で、テレビコンテンツとしての価値を微妙に下げてたのか。




=週間テレビメモ 11/12-18=
◆「電脳コイル
イサコ&デンスケショックを引きずる中、何かいろいろあったけど、ラストシーンで全てが吹っ飛ぶ。

ヤサコがイジメで転校してきたというイサコの推察は当たってたわけか・・・。

ヤサコの過去をはじめ、やっぱり金沢で何かあったんだねぇ。

【11/12】
◆「月光音楽団」(ペナルティ)
◆「精霊の守り人」(再)[NHK BS2] 
◆「バンブーブレード」
◆「スケッチブック」

【11/13】
◆「さんま御殿」
◆「ロンドンハーツ」・・・キャバ嬢の世界から見た日本
◆「リンカーン」・・・ギャグウォーズ
◆「逆境無頼カイジ」

【11/14】
◆「花屋ひなげし」[NHK総合]
◆「超時空要塞マクロス」

【11/15】
◆「うたばん」(ジュアルkb、環境野郎Dチーム)
◆「みなさんのおかげでした」(優香vs桜井翔)
◆「神霊狩」
◆「もやしもん」

【11/16】
◆「スタジオパーク~」(長谷川京子)
◆「どうでしょうリターンズ」・・・四国八十八カ所3週目
◆「タモリ倶楽部」・・・さんまの食べ方
◆「検索ちゃん」
◆「モヤモヤさまぁ~ず2」・・・荻窪

【11/17】
◆「Foot!」(鈴木良平)
◆「全国高校サッカー 東京A予選」 帝京 2-0 つばさ総合
◆「黄金の洋楽ライブ」・・・デビッド・ボウイ
◆「ケータイ大喜利」
◆「全国高校サッカー 東京B予選」 都立三鷹 2-1 早稲田実

【11/18】
◆「イッテQ」
◆「ガキの使いやあらへんで」・・・笑瓶ショータイム
◆「全日本総合バドミントン選手権」・・・オグシオ4連覇
◆「みなみけ」


No.1506/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(9) |


2007/11/18 (Sun) J2:コンサドーレ、また昇格おあずけ

-第50節-
札幌(88) 2-2 (82)京都

前半に先制されながら、後半逆転に成功したコンサドーレ。
昇格決定目前のところでPK獲られて追いつかれドロー。

でも、これで「マジック1」。昇格へ前進した。
次節は試合がなくてサンガが引き分け以下になれば決定。
決まらなくても最終節のホーリーホック戦(ホーム)で引き分ければ良くなった。

仙台(80) 2-3 (77)湘南
ベガルタは次節サンガと敵地で決戦。
入れ替え戦枠争いってことになったが。
できれば有利な状況で迎えたかっただけに、この敗戦は痛いな。


草津(40) 2-2 (79)C大阪
セレッソは2点のビハインドを追いついたものの、ベガルタを抜くチャンスを逃いた。


(その他)
福岡(70) 2-0 (32)徳島
愛媛(42) 1-2 (68)鳥栖
山形(57) 1-0 (31)水戸


No.1505/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/18 (Sun) J1:レッズお疲れドロー

-第32節-
浦和(70) 0-0 (60)清水
鹿島(66) 1-0 (47)

FC東京(42) 1-1 (65)G大阪


レッズは現状でエスパルス戦でワシントンもいないとなると、この日もドローで良しだろうねえ。

一方でガンバが鬼門・味スタで痛恨のドロー。
レッズを助けてしまった。

次節、レッズが久しぶりに1週間休んだところで、直接アントラーズ叩いて決まりかな。
たとえ負けたとしても、最終節は横浜FCだし。


(その他)
残留争い直接対決は、ヴァンフォーレが致命的なドロー。

横浜FC(12) 0-2 (51)新潟
磐田(46) 1-3 (50)川崎
千葉(41) 2-3 (46)横浜M
広島(31) 1-1 (45)神戸
大分(35) 1-3 (41)名古屋
甲府(27) 0-0 (31)大宮


No.1504/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/18 (Sun) U22、首位奪回

-北京五輪 アジア最終予選-
U22ベトナム 0-4 U22日本

【得】9',25'李、41'本田圭、87'細貝

FKから李のヘッド、本田圭のクロスから再び李のヘッド、さらにPKと、前半で3点を奪う狙い通りの展開。
この調子なら最低でも5,6点と思ったけど、後半は逆に押され気味になっていつもの調子に。
結果的にはさっさと選手交替しても良かった。

ようやく終了間際にCKからの細貝のヘッドで1点を加え、さらにPKで1点追加というところだったが、これを本田が失敗してしまった。
この1点が後々響かなければいいなあと思ったけど、朝になって響かなかったと分かりひと安心。

最後はカタールを破ったサウジとの直接決戦になった。
ドローでもOKってのが大きい。

(日本)

岡崎    李
本田圭                水野
 柏木    青山敏
伊野波   水本    青山直   内田
|西川|

70/伊野波⇒梅崎
75/青山敏⇒細貝
79/岡崎⇒興梠



No.1503/サッカー雑記

日本代表 | trackback(4) | comment(0) |


2007/11/16 (Fri) オシム・・・

密かに心配してたことが現実になってしまった・・・。


まだ日本サッカーがオシムから学ぶことは多々あるのに・・・。


心の底から回復を願う。



一方で現実的なことを考えると、次期監督を考えることになるのかな・・・。


回復した後でも、もうこれ以上無理はさせられないだろう。



No.1502/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/15 (Thu) ユーリズミックス 「スウィート・ドリームス」

ユーリズミクス 「スウィート・ドリームス」


この前BSで過去のライブ映像を放送してたのだ。
ちょうど、この2作目発表後の映像で、ほとんどこのアルバムからの曲だった。

アニー・レノックスとデイブ・スチュワートが恋人関係を終わらせてから始まったという変わったエピソードを持つエレポップ・ユニット。

MTVの影響で世界的ヒットを飛ばして80年代の「ブリティッシュ・インベージョン」の一翼を担った。
でも、アニーの男装は当時の保守的なアメリカ人には強烈だったようで、たしか最初PVは放送禁止になったような(うろ覚え)。

「Sweet Dreams」はちょっと前にマリリン・マンソンがカバーして話題になった。


「Sweet Dreams (are made of this)」


「Love is the Stranger」



No.1500/音楽雑記P

音楽 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/15 (Thu) レッズ、「ジュビロ以来の」アジア制覇!

-AFCチャンピオンズリーグ 決勝第2戦-
浦和 2-0(Agg3-1) セパハン

【得】22'永井、71'阿部

やったなあ~、レッズ!

祝!アジア・チャンピオン!!


心配したとおり後半は疲労が感じられて、かなり押し込まれてたけど、そこで逆に追加点を奪ってしまう勝負強さ。
最終ラインで凌ぎまくってあたりも含め、今季の戦いぶりを象徴する試合だった気がする。
先制点もよく見るとオフサイドっぽくてちょっとラッキーだった(笑)
でも永井のシュートは見事だったねぇ。

とにかく、チャンピオンズリーグ移行後、日本勢は苦しんでただけにホッとした。


ただ、ちょっとメディアの取り上げ方は気になった。
確かに「チャンピオンズリーグ」では日本勢初優勝だけど、少なくともJリーグ開幕後でもジュビロがアジア王者になってるんだけどな。
それも、決勝まで来る過程はレッズの方が厳しかった気がするけど、優勝の決まる決勝第2戦はイランで戦ったのだ。
今みたいに「カップウィナー」は出場してなくて「リーグチャンピオン」だけの大会だったし。

とはいえ、ゴールデンで生中継という大英断を下してくれたテレ朝には感謝。
角沢と松木は相変わらずサイテーだったけどね(笑)


ついでに、フジの「すぽると」で三宅アナが『朋ちゃんも嬉しそうです』とかコメントして、本田朋子が照れてて可愛かった(笑)

・・・試合ではなく、こっちの映像載せるのはどうだろう?(笑)

(レッズ)

ワシントン   永井
ポンテ
平川    長谷部   鈴木    阿部
堀之内  闘莉王   坪井
|都築|

81/ポンテ⇒内舘
86/永井⇒田中達
90/ワシントン⇒岡野

(セパハン)

リダ
ロビニアン  ナビドキア   ハミディ
ハジサフィ   ラベド
ムジリ   アヒリィ  ベンガル   バヤト
|モハマディ|

30/リダ⇒カリミ
46/ハミディ⇒パピ
60/バヤト⇒カゼミ



No.1499/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/13 (Tue) リーガ第12節

-第12節-
アルメリア(12) 0-0 (21)アトレチコ・マドリード


派手な試合が続いたアトレチコ。
その反動か、低調なスコアレスドロー。
レオ・フランコのPKストップがなければやばかった。

(アルメリア)

ネグレド
クルサ      ウチェ  Ju・オルティス
F・メロ   ソリアーノ
マネ   アカシエテ  C・ガルシア ブルーノ
|コベーニョ|

65/ウチェ⇒コロナ
74/Ju・オルティス⇒Jo・オルティス
83/ソリアーノ⇒フアニート

(アトレチコ)

アグエロ
シモン      マキシ     レジェス
マニシェ  C・サンタナ
A・ロペス   ペレア  パブロ セイタリディス
|L・フランコ|

46/セイタリディス⇒ファビアーノ・エレル
59/レジェス⇒ルイス・ガルシア
74/シモン⇒モッタ



(その他)
バルサはヘタフェに苦手意識?

レアル・マドリード(28) 4-3 (16)マジョルカ
ビジャレアル(27) 3-2 (15)セビージャ
ヘタフェ(14) 2-0 (24)バルセロナ
バレンシア(14) 3-0 (24)ムルシア
エスパニョール(22) 2-1 (13)ビルバオ
デポルティボ(12) 0-1 (20)ラシン
ベティス(11) 2-1 (17)サラゴサ
バジャドリード(13) 1-0 (4)レバンテ
レクレアティボ(12) 1-0 (12)オサスナ


No.1497/サッカー雑記

リーガ・エスパニョーラ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/12 (Mon) NHKに欧州サッカーが帰ってきた

NHK-BS1でプレミアリーグの放送をいきなり開始。

WOWOWがゲッツする前のリーガ・エスパニョーラ以来だ。


記念すべき(ってほど大したことではないかw)「開幕戦」はリバプールvsフラム。

Jスポーツで見たけど、また見てしまった(笑)

ゆるねばの流れるアンフィールドをNHKで見られるとはね~。


No.1496/サッカー雑記


テレビ | trackback(0) | comment(2) |


2007/11/12 (Mon) 週間テレビメモ 11/5-11

◆「電脳コイル」[NHK教育]
クライマックスを迎え、一度見ただけじゃもうワケわからなくなってきた電脳コイル。

おまけに今回は、イサコとデンスケが悲しい最期・・・。
個人的には特にデンスケには涙だよ・・・。

いやでもNHK教育で、ペットと同級生があっちの世界へいなくなってしまいました・・・なんて救いのない終わり方をするのか?
残り3回、何かまだあるに違いない。

にしても、猫目はいったい何を考えて生きているのでしょう(笑)


【11/5】
◆「お茶の間の真実」
◆「バンブーブレード」
◆「スケッチブック」

【11/6】
◆「スタジオパーク~」(糸井重里)
◆「踊る!さんま御殿!!」・・・芸能家族SP
◆「ロンドンハーツ」・・・オトコ試験第2弾
◆「リンカーン」・・・リストランテ・ウド鈴木編
◆「逆境無頼カイジ」

【11/7】
◆「笑ってコラえて決定版 ダーツの旅最強伝説」
◆「さまぁ~ず・さまぁ~ず」
◆「だいじょうぶだあ2」

【11/8】
◆「奇跡体験!アンビリバボー」
◆「神霊狩」
◆「もやしもん」

【11/9】
◆「どうでしょうリターンズ」・・・四国八十八ヵ所第3弾・1週目
◆「タモリ倶楽部」・・・カール・ゴッチ

【11/10】
◆「めちゃイケ」・・・オカザイル未公開
◆「ブンデスリーガ」 ドルトムント 1-1 フランクフルト
◆「やりすぎコージー」
◆「プレミアリーグ」 リバプール 2-0 フルアム

【11/11】
◆「ハヤテのごとく」
◆「FOOT!」(鈴木良平)
◆「芸能人秋の学力テスト 一攫千金ヤマワケQ」
◆「黒バラ」
◆「ガキの使いやあらへんで」
◆「みなみけ」

No.1495/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/11 (Sun) J2:コンサドーレ昇格おあずけ

-第49節-
東京V(85) 1-1 (80)仙台

注目の激突は、ベガルタが先制点を守り切れずドロー。
惜しかったなあ。

昇格が見えてきたヴェルディだけど、フッキ不在がどう響くか。


鳥栖(65) 1-0 (87)札幌
場合によったら昇格が決まったコンサドーレだったけど、サガンに足を掬われれおあずけ。
次はサンガとの直接。
こういう時は、下位チームよりやりやすいもんだが。


京都(81) 2-1 (54)山形
C大阪(78) 4-0 (67)福岡
サンガが逆転勝ちで3位浮上。


(今後の日程)    11/18   11/25   12/1
札 幌(87)   (H)京都  ===   (H)水戸
東京V(85)   ===   (H)愛媛  (A)C大阪
京 都(81)   (A)札幌  (H)仙台  (A)草津
仙 台(80)   (H)湘南  (A)京都  (H)徳島
C大阪(78)   (A)草津  (A)水戸  (H)東京V


(その他)
湘南(74) 2-1 (39)草津
水戸(31) 1-0 (42)愛媛


No.1494/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/11 (Sun) J1:レッズ戦、延期してやればいいのに

-第31節-
川崎(47) 1-1 (69)浦和

レッズがPKで追いついてドロー。

にしても、Jリーグはレッズにアジア王者になって欲しくないのかな?
なって欲しいのなら、今日の試合は延期にしても良かった気がする。
この後、中2日でACL決勝第2戦なんて酷すぎる。

レッズだけでなく、Jリーグのステイタスも高まるタイトル。
ここまで来たらちょっと優遇しても良かった。
トヨタカップの不必要な「Jリーグ枠」も使わずに済むしね。

最近の欧州の方のチャンピオンズリーグも、優勝争いから落ちたりなど比較的に楽に終盤戦を戦ってるクラブが優勝する傾向なんだよね・・・。

ちなみに、調べたらイランリーグは秋春制で、まだ中盤迎えるところみたいだ・・・。


G大阪(64) 2-0 (41)千葉
横浜M(43) 2-3 (63)鹿島
追う2チームはきっちり勝利。
特にガンバは、精神的ピークを迎えた直後で落とし穴がありがちな状況だったが。

(その他)
清水(59) 3-1 (30)広島
新潟(48) 2-1 (41)FC東京
柏(47) 1-1 (12)横浜FC
名古屋(38) 0-0 (46)磐田
神戸(44) 4-1 (26)甲府
大宮(30) 1-2 (35)大分

No.1493/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/10 (Sat) G組:インテル2点差逆転勝利

-第4節-
インテル 4-2 CSKAモスクワ

【得】23'ジョー、31'バグネル・ラブ、32',75'イブラヒモビッチ、34',67'カンビアッソ

インテルが2点差をひっくり返して逆転勝利。
2失点目直後のインテルの1点がポイントだった。

ジョー、イブラヒモビッチの豪快なミドルもすごかったけど、マイコン⇒クレスポスルー⇒カンビアッソというインテルの同点ゴールも鮮やか。

CSKAモスクワは敗退が決定。
来年は出れないし、ブラジル代表の選手を引き留められるのかな?
(インテル 15-4 CSKAモスクワ)

(インテル)

    クレスポ  イブラヒモビッチ
マクスウェル            サネッティ
カンビアッソ  ダクール
キブー   サムエル   コルドバ  マイコン
|J・セーザル|

63/クレスポ⇒クルス
66/マクスウェル⇒ソラリ
84/イブラヒモビッチ⇒スアソ
[警告]ダクール

(CSKA)

ジョー      V・ラブ
D・カルバーリョ
ジルコフ   ラヒミッチ   ドゥドゥ   クラシッチ
V・ベレズツキ グレゴリエフ A・ベレズツキ
|アキンフェエフ|

46/ジョー⇒アルドニン
69/V・ベレズツキ⇒エドゥアルド
83/ドゥドゥ⇒タラノフ
[警告]ラヒミッチ、ドゥドゥ、V・ベレズツキ、ジルコフ



フェネルバフチェ 2-0 PSV
【得】28'OG,30'セミフ

クーマン監督をバレンシアに奪われてしまったPSV。
影響があったのかなかったのか、良いところなし。

2位はフェネルバフチェになりそうだな・・・。
(フェネルバフチェ 8-3 PSV)

(フェネルバフチェ)

セミフ
ウェデルソン  アレックス K・リチャーズ
デニズ  M・アウレリオ
R・カルロス  エドゥ   ヤシン    ギョクハン
|ボルカン|

71/アレックス⇒アリ
86/カジム・リチャーズ⇒アッピアー
88/ギョクハン⇒オンデル

(PSV)

ファルファン  ラゾビッチ
ペレス
ファン・デル・レーフテ       メンデス
シモンス
アウシデス  サルシド  マルセリス クロンカンプ
|ゴメス|

46/クロンカンプ⇒ゾネフェルト
63/ペレス⇒クーフェルマンス
80/ファン・デル・レーフテ
[警告]サルシド



[順位]
1 (9) インテル
2 (8) フェネルバフチェ
3 (4) PSV
4 (1) CSKAモスクワ


No.1503/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/10 (Sat) F組:スポルティング勝利逃す

-第4節-
スポルティング 2-2 ローマ

【得】4'カセッティ、22',64'リエジソン、90'ピサロ

展開的にグループFの天王山って感じだった一戦。

ホームゲームの立ち上がりが毎回悪い印象のスポルティング。
この日もいきなりカセッティにミドルを決められて先制されてしまう。

ローマの方はトネットが急遽欠場したとかで、いつもは右サイドのカセッティを左で起用したのが当たって棚からぼた餅。

しかしスポルティングも、イズマイロフの絶妙なアーリーグラウンダークロスがメクセスのクリアミスを呼んで追いつくと、その後は一方的な攻勢。

後半になり、イズマイロフのシュート性クロスにリエジソンがダイビングヘッドで反応し、ついに逆転に成功した。

ところが終了間際、FKを流してのピサロのミドルが、ポウガに当たって決まりローマ同点。
こういう相手セットプレー直前の選手交替ってロクなことにならない印象があるけど、なぜやるんだろう?

トッティ不在の中、ローマが1ポイントを拾い、グループFもほぼ決着か。
(スポルティング 8-4 ローマ)

(スポルティング)

リエジソン   ジャロ
ロマニョーリ
モウティーニョ       イズマイロフ
ミゲウ・ベロゾ
ロニー   ポウガ    トネウ   アベウ
|ティアゴ|

63/ジャロ⇒ブクチェビッチ
89/イズマイロフ⇒ペレイリーニャ
[警告]アベウ、ミゲウ・ベロゾ

(ローマ)

ブチニッチ
マンシーニ   ペロッタ      ジュリ
  ピサロ   デ・ロッシ
カセッティ   フアン  メクセス  シシーニョ
|ドニ|

46/メクセス⇒フェラーリ
80/ペロッタ⇒エスポジト
90+1'/ジュリ⇒ブリーギ
[警告]シシーニョ、ブチニッチ、カセッティ、ペロッタ



追記:
マンチェスター・ユナイテッド 4-0 ディナモ・キエフ
【得】31'ピケ、37'テベス、76'ルーニー、88'クリスティアーノ・ロナウド

マンUの先制点はよく見るとオフサイドでディナモ・キエフには不運だったけど、まあ結果には影響なかったに違いない。

マンUは4連勝で決勝ラウンド一番乗り。逆にディナモは4連敗で敗退決定。
(マンチェスター・U 15-5 ディナモ・キエフ)

(マンU)

テベス    ルーニー
C・ロナウド               ナニ
フレッチャー  キャリック
エブラ   ビディッチ   ピケ  シンプソン
|ファン・デル・サール|

46/ファン・デル・サール⇒クシュチャク
68/テベス⇒サア
73/ピケ⇒エバンズ
[警告]ルーニー

(ディナモ)

ミレフスキー
ロタン               グセフ
ギオアネ   コレア
エルカドゥリ               マルコビッチ
フェドロフ  バシュク  ディアハテ
|ショフコフスキー|

46/ロタン⇒レブロフ、グセフ⇒リンコン
76/ミレフスキ⇒バングラ
[警告]ディアハテ、コレア



[順位]
1 (12) マンチェスター・U
2 ( 7) ローマ
3 ( 4) スポルティング
4 ( 0) ディナモ・キエフ

No.1492/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

PROFILE

ペンギンジャンプ

CALENDER

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ENTRIES

ONGAKU

ビョーク 「ポスト」 ドアーズ 「ウィンタータイム・ラヴ」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ 「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」 電気グルーヴ 「虹」
ビートルズ 「リボルバー」 チャラ  「あたしはここよ」
カヒミ・カリィ 「アイ・アム・ア・キトゥン」 ジミ・ヘンドリックス 「ブードゥー・チャイルド(スライト・リターン)」
ルー・リード 「トランスフォーマー」 椎名林檎 「無罪モラトリアム」
吉川晃司 「モダン・タイム」 矢野顕子 「峠のわが家」

[アーカイブス]
…けっこうな動画集になってしまった
    

Twilog

    

CATEGORY

ARCHIVES

SouthAfrica2010

   

EURO2008

予備サイト
[ENTER]

GERMANY2006

折角なのでしばらく残しとこ。



DENTAKU

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

Gallery

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

FC2カウンター

OTENKI

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。