前橋のほどよい郊外//興味のままに・・・で、チャンピオンズリーグ、Jリーグ、リーガ・エスパニョーラ・・・サッカー多し
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/11/30 (Wed) テレビ日誌-11/29

◆「マシューズBest Hit TVプラス」(磯山さやか、星井七瀬、ISSA、錦野旦、土田晃之)
なまり亭。
磯山さやか(茨城出身)が生き生き(笑)
栃木出身の星井七瀬と「関東5位」はこっちだと北関東バトルが発生。しかし、最後は土田の「5位は群馬だよ!」で終わった(笑)



◆「踊るさんま御殿」・・・瀬川、相田がこの日も天然を発揮
(陣内智則、大林素子、田中要次、南出仁寛、福田沙記、ドランクドラゴン
伊集院光、田尾安志、瀬川瑛子、細川俊之、相田翔子、若槻千夏・・・席順)

◆「リンカーン」
浜田にパイ投げorキス。フットボールアワー岩尾と松本がキス(笑)

◆「落下女」・・・合コンしゃかりきボーイズ
◆「井の中のカワズ君」(フットボールアワー)
◆「鶴の間」(くりぃむしちゅう有田)
◆「闘牌伝説アカギ」
◆「プロサッカーニュース」

No.639/テレビ雑記

スポンサーサイト

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/29 (Tue) 【F組 第5節】終焉

◆R・マドリード 1-1 リヨン
消化試合ということで今ごろ見たのだ。
もう1週間前の話だし、書くのはいいかと思ってたら、なんか「エル・ギャラクティコ」の終焉を決定づけるようなゲームで。

当然、この数日前のクラシコが終焉を象徴する一戦になるかもしれないけど、カリュウによるヒールキックでの同点ゴールを見て思いだした。
2シーズン前のCLでレアルを沈めたのもジュリ(当時モナコ)のヒールキックで、思えばレアルの転落ってこのゲームから始まってたなーって。
「終わり」はヒールキックで始まり、ヒールキックで幕を閉じたのだ。ちょっと強引だけど(笑)

(R・マドリード)

ロビーニョ
ジダン     グティ     ベッカム
P・ガルシア  S・ラモス
R・カルロス  パボン  エルゲラ  ディオゴ
|カシージャス|


(リヨン)

カリュウ
マルーダ             ゴブー
ジュニーニョ      チアゴ
ディアーラ
モンソロー  カサーパ  クリス  ルベイエール
|クペ|



No.638/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/29 (Tue) テレビ日誌-11/28

◆「スタジオパークからこんにちは」(ベッキー)
ベッキーは好きだけど、ポジティブ過ぎて疲れるな(笑)
その上、この番組はゲストをホメたおすから途中でウザくなってしまった。

◆「アメトーク」(浅草キッド)
増毛に成功したという水道橋博士。(たしかに!)
すかさず宮迫が食いついたが、いろいろやり過ぎて何が効いてるのか不明らしい。

追記:
◆「地球・ふしぎ大自然」(再)
『アマゾン・水深100mの世界』。
川とはいえかなり過酷な環境だけに、そこに住む生き物も深海魚に劣らないグロテスクさ。
最後にクライマックス的に紹介されたのは、肉食なまず・カンディルだったけど、その際のBGMはアニメ「MONSTER」のテーマ曲だったりして、ヨハン扱い。



◆「東京フレンドパークⅡ」(南海キャンディーズ)
◆「英語でしゃべらナイト」(木村佳乃)
◆「イッテQ」(夏川純)
◆「月光音楽団」(優香)

No.637/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/28 (Mon) テレビ日誌(11/27)

◆「ウチくる」(原沙知絵)
またも沢村一樹現る。で、きっちりひと笑い取っていった。

◆「あっぱれさんま大教授」(ウインズ)
斉藤舞子、フクロウをエラ呼吸と信じ、玲奈ちゃんにバカにされる

◆「Jリーグ 名古屋×新潟」
育英在学中のMF田中亜土夢が先発しててビックリ。

◆「明石家体育大学~さんまの熱血スポーツ塾」(奥寺康彦、福井烈、ジョー小泉、 大平サブロー、遠藤久美子、須藤理彩、土田晃之、進藤晶子、カラテカ)
WOWOW無料放送のさんま特番第3弾。リーガ、テニス、ボクシングの特集。
この日のためにサッカーを勉強してきた須藤理彩だったが、詳しくなったのは「ジェフ市原」(笑)

◆「義経」
『安宅の関』。先週の石原さとみはキレイだったな。

◆「おしゃれイズム」(西尾由佳理、鈴江奈々、大杉君枝)
西尾アナは掛け算が苦手らしい。いろいろツッコまれていじけてた。

◆「黒バラ」(矢口真里)
仙台旅行シリーズ。グダグダ感がなんかイイ。

◆「ガキの使い」
ピカデリー梅田。これは面白いのか?

◆「馳星周のスペインサッカー熱狂の裏側~サポーターよ熱くなろうぜ!~」(金子達仁)
このテの番組、ずっとセルジオ越後がやってたけど。

追記:
◆「さんまのスーパーからくりTV」
カナヅチ克服企画のスタートに「ちぇっ」と舌打ちの小倉優子(笑)
ところが、あっという間に25m泳げてしまい、冬のSPの目玉にしようとしてたスタッフのもくろみは敗れたのだった。

No.636/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/28 (Mon) まずは一安心

U-15に続いてU-18も1次予選を突破。

敗退の可能性も高いと言われてただけによかった。

だけど、動画中継あるの忘れてた・・・。

No.635/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/27 (Sun) 【B組 第5節】

◆トゥーン 0-1 アーセナル
10人になってもがんばってたトゥーンだけど、不運な判定に泣く。

(トゥーン)

ルストリネッリ
ビエラ  エーゲルター ピメンタ フェレイラ
ミリチェビッチ
ゴンサルベス  デウミ  ホジッチ   オルマン
|ヤクポビッチ|


(アーセナル)

アンリ    ファン・ペルシー
レジェス              リュングベリ
ソング   フラミニ
シガン   キャンベル   センデロス  エブエ
|アルムニア|



No.634/サッカー雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/27 (Sun) テレビ日誌(11/26)

◆「めちゃイケ」
「かま騒ぎ」はスピードワゴンがゲストの2本目。「鼻クワガタ選手権」がメインだったけど、どうでもいい企画だった。

前回妙にいきいきとしてたスピードワゴン小沢は、いじられたブロークンボイスを生かして早速「ガガ美」に改名(笑)
ちなみに井戸田は「すず」。「祐実」じゃないとこがナイスだ。

しかし、今回の主役はまたも極楽。
加藤は浮気の話題になった途端に「風俗は浮気なの?」「ドイツに行ったらやっちゃうわよ」とか、自ら危険地帯に突入。
そして、山本の方は「デブは無理」と女の子に悲鳴を上げて逃げられた悲しい事件を暴露をされてたのだった。

(出演)
ナインティナイン、極楽とんぼ、よゐこ、品川庄司、フジワラ
スピードワゴン、山本梓、アップダウン竹森、じゃぴょん桑折
具志堅用高、桑野信義、ウェンツ瑛二、なかやまきんに君



◆「Foot!」(金子達仁)
・・・オーストラリアvsウルグアイのプレーオフの話など

◆「スマステ5」(中井貴一)
・・・三島由紀夫特集と稲垣吾郎の映画批評

◆「やりすぎコージー」(大木こだま・ひびき、中川家、タカアンドトシ、メッセンジャー)
・・・ザ・鉄板ショー。自ら笑い所を解説した後にネタをするキツい企画

No.633/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(12) |


2005/11/27 (Sun) 【C組 第5節】バルサ、容赦なし

◆バルセロナ 3-1 ブレーメン
すでに決勝R進出を決めてることもあり、エトオやシャビ、メッシが休暇のバルサ。
でも、サンチャゴ・ベルナベウでのクラシコに完勝して、勢いに乗るバルサには関係なかった。
随所にファンタジックなプレーを織り交ぜながら快勝。

特にロナウジーニョの360度フェイントはスゴかったなー。

(バルサ)

ラーション
ロナウジーニョ              ジュリ
デコ         ガブリ
モッタ
ジオ     プジョル   マルケス   オレゲル
|V・バルデス|


(ブレーメン)

バルデス      クローゼ
ミクー
ボロウスキ          フリングス
バウマン
シュルツ   ナウド  ファーレンホルスト オボモエラ
|ラインケ|



追記:
◆パナシナイコス 1-2 ウディネーゼ
場所によってはボールが止まってしまうほどの大雨の中、ウディネーゼが逆転勝利。
同点弾はパナシナイコスの必死のクリアをイアキンタがとっさに足を出したら当たってしまったものだった。

(パナシナイコス)

マンツィオス   パパドプーロス
レオンティウ            ハララビデス
F・コンセイソン   ゴンサレス
ダルラス   コツィオス   グーマス    モリス
|ガリノビッチ|


(ウディネーゼ)

ディ・ミケーレ    イアキンタ
ディ・ナターレ
カンデラ   ムンタリ   オボド    ゼノーニ
フェリペ  センシーニ  ベルトット
|デ・サンクティス|




[順位]
1 バルセロナ   (13) ☆
2 ウディネーゼ   (7)
3 パナシナイコス  (4) 敗退  
4 ブレーメン     (4)

3位ながらパナシナイコスの敗退が決まる。
ブレーメンはバルサ頼みに。

No.632/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/27 (Sun) 神のみぞ知る・・・

なんかすごいことになってしまった。
5チームに優勝の可能性があるという状況で最終節を迎えるという、世界的にも聞いたことない事態。
フットボール・ムンディアル、取材に来るべし!

まあ、どのチームも肝心なところで勝てない、ある意味どんぐりの背比べな感じだけど、リーグ的には最高に面白いシチュエーションになった。

[第33節暫定順位 (優勝戦線)]

順位   pts   差   最終節
 1 C大阪  58 + 8(H) FC東京
 2 G大阪  57 +22(A) 川崎
 3 浦和  56 +24(A) 新潟
 4 鹿島  56 +18(H) 柏
 5 千葉  56 +13(H) 名古屋

セレッソはまたガッチガチになるんじゃないかなー(笑)それも相手は今ごろ状態が上がってきてるらしいFC東京。悪夢再びの予感。
で、ガンバも川崎にやられて、浦和が奇跡の逆転優勝っなんて予想をしてみた。

下位ではついに東京Vの降格が決定か。「天皇杯王者、翌年不振説」はもう確実なものになった感じ。

それからJ2の入れ替え戦枠争いも最終節までもつれこんだようで。京都も福岡もイジワルだな(笑)

No.631/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(21) |


2005/11/26 (Sat) テレビ日誌(11/25)

◆「タモリ倶楽部」
ホリプロ・南田マネージャーの持ち込み企画「埼京線ダービー」の第2週。

同じ鉄道マニアのサンズ・東出マネージャーとの初共演が実現したものの、やっぱり南田マネージャーの独壇場(笑)
こちらも鉄道マニアのタモリによるマニアックな運転手コントに、「これは時刻表を立てたんですね」とか、些細な仕草に的確な解説をつけてたのだった。

企画も予想以上に盛り上がり?、最後は昼間には滅多に見れない(らしい)貨物列車の通過に出演者みんなで大歓声を挙げてた。

(出)
タモリ、安斎肇
南田マネージャー、ほんこん、劇団ひとり、山崎樹範、東出マネージャー、豊岡真澄、大網亜矢乃



◆「笑っていいとも」(ゲスト:熊川哲也、米倉涼子、天海祐希)
◆「ぐるナイ」(ゲスト:オセロ松嶋、梅沢富美男、沢村一樹、叶姉妹、元木大介、長州小力)
・・・かぶっちゃや~YO!
◆「爆笑問題の検索ちゃん」
◆「爆笑問題のススメ」(ゲスト:テリー・ギリアム)
・・・信者・太田の熱弁にギリアム氏うざそう(笑)
◆「さんまのまんま」(ゲスト:シティーボーイズ、中村ゆうじ)

No.630/テレビ雑記


テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/26 (Sat) 【G組】クラウチ・ショー

◆リバプール 0-0 ベティス
クラウチ、チャンスを外しまくったけど、なんか憎めないなー(笑)
アンフィールドで初ゴール決めたら、すっごい騒ぎになりそうな。

スペイン風味vsスペイン勢だけに、ダイレクトパスがバシバシ回る気持ち良いゲーム。
それも、ほかは疲れ気味な試合が多い中で、シーズン序盤のようなほぼ全編フルスットルの展開だった。
リバプールが決勝ラウンド進出。ベティスは敗退。

(リバプール)

モリエンテス    クラウチ
ゼンデン              ジェラード
シソコ    ハマン
リーセ   カラガー  ヒーピア  フィナン
|レイナ|


(ベティス)

フェルナンド
シスコ     アルス     ホアキン
リベラ    M・アスンソン
O・ロペス  リバス  フアニート  メッジ
|ドブラス|



追記:
◆アンデルレヒト 0-2 チェルシー
ついに12連敗。

(アンデルレヒト)

ムペンザ
ホール        セルハト ウィルヘルムション
バンデル・ヘーゲ   バンデン・ボーレ
デシャフト  ティヒネン  コンパニ  ジェブワコフ
|プロト|


(チェルシー)

クレスポ
ダフ               J・コール
ランパード    グジョンセン
エシアン
デル・オルノ  テリー   R・カルバーリョ  ガラ
|チェフ|



[順位]
1 リバプール   (11) ☆
2 チェルシー   (10) ☆
3 ベティス      (7) UEFAカップ
4 アンデルレヒト  (0) 敗退

あとは首位争い。
チェルシーがどっちになるかって、けっこう重要だ。

No.629/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/26 (Sat) 【H組】ツキは残ってた

◆ポルト 1-1 レンジャーズ
相手をバルサやチェルシーと勘違いしてるんじゃないかと思うほど守備的だったレンジャーズ。最近の不振で自信をなくしてるのか。
ポルトも攻めあぐんだものの、さすがに今どきこれで90分はもたない。
リサンドロ・ロペスの渾身のヘッドでポルト先制。

その後、反撃しようにもプルショ不在で攻撃の起点が出来なかったのだが、ほとんど唯一といっていいチャンスをマコーマックなんて選手が決めちゃってドローにもちこんでしまった。
で、最終節は首位も決めてモチベーション限りなくゼロのインテル。
来季は予備選も無理そうだけに、マクリーシュの置きみやげになるか。

(ポルト)

リサンドロ
クアレズマ            ジョルジーニョ
ジエゴ          ルチョ
P・アスンソン
C・ペイショート P・エマヌエル  ぺぺ    ボジングワ
|V・バイーア|


(レンジャーズ)

ジェファーズ
ロベンクランズ   ファーガソン    ナムーシ
レイ      エムダニ
マレイ   キリヤコス  アンドリューズ  リクセン
|ワーテレウス|



◆インテル 4-0 アルトメディア
アドリアーノのハットトリックなどでインテルが大勝。首位で決勝ラウンド進出。

アルトメディアの細かいパスワークからのカウンターも見応え充分だったけど、個人能力の差は如何ともし難く。

(インテル)

レコバ   アドリアーノ
ソラリ                フィーゴ
カンビアッソ    ベロン
ウォメ   サムエル  コルドバ  サネッティ
|J・セーザル|


(アルトメディア)

ハレナール    オブジェラ
フォドレク              バシュチャク
コザーク    ボルベリ
ウルバネク  ドゥリツァ  デブナール  ペトラシュ
|チョベイ|



[順位]
1 インテル     (12)☆
2 レンジャーズ   (6)
3 アルトメディア  (5)
4 ポルト       (4)

アルトメディアとポルトはインテルに望みを託すことに。


No.628/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(1) | comment(0) |


2005/11/25 (Fri) 【E組 第5節】4点取れば大丈夫

◆フェネルバフチェ 0-4 ミラン
今節はなかなか見れなくて、2日でやっと4試合と遅いペース。

生き残りをかけた大一番に、アレックスを始め攻守の主力を欠いちゃフェネルバフチェに勝ち目はなかった。
不慣れな布陣でどこかぎこちなく、ミランのカウンターの餌食に。

そして、こんな展開になったら、ラフプレーに走って退場者が出たりするのがトルコやギリシャのクラブにありがちなパターンなんだけど、なんかそんな気力もない感じで、トルコ・サッカー界がワールドカップ予選を引きずってるような印象も受けたのだった。

(フェネルバフチェ)


アネルカ
トゥンジャイ    アッピア     メフメト
セルチュク   ウミト
デニズ    オンデル   セルベト   セルカン
|ボルカン|


(ミラン)

ジラルディーノ    シェバ
カカ
セードルフ           ガットゥーゾ
ピルロ
セルジーニョ マルディーニ ネスタ    シミッチ
|ジーダ|




◆シャルケ 3-0 PSV
なんか、ミランとの2連戦で力尽きてしまったかのようなPSV。
ちょっと不運なPKで先制されると、攻守に精彩を欠き完敗。
ミランに勝った時は昨季よりも強いんじゃ?と思ったけど、選手層の薄さ(というか、無さ)が響いてきた感じだ。

(シャルケ)

クラニー
コビアシビリ   リンコーン     バレラ
エルンスト  ポウルセン
クルスタイッチ D・ロドリゲス ボルドン  アルティントップ
|ロスト|


(PSV)

ホベルチ
アイサティ            ファルファン
コクー       アフェライ
シモンス
ラメイ   オーイェル  アレックス  レイツィハー
|ゴメス|




[順位]
1 ミラン         (8)
2 シャルケ       (8)
3 PSV          (7)
4 フェネルバフチェ  (4)

ミランが次の大一番(シャルケ戦)を落とすことはないだろうし、それどころかゲルゼンキルヘンの倍返しとばかりにボッコボコにする気もするので、あとはPSVがどうなるか。
勝てば決勝R。疲弊の見えるチーム状態を上昇させることができるか。

No.627/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/23 (Wed) 【A組 第5節】無風状態

◆ユベントス 1-0 クラブ・ブルージュ
状況的には一応3pts差だったから、決勝ラウンド進出をめぐる決戦だったけど、まあ、イブラヒモビッチがいなくても力の差は歴然で。

それでも、0-0のまま進んで残り5分なんか行けば何が起こるか分からなかったが、外しまくってたデル・ピエロが最後に帳尻合わせ。
結果的には難なく決勝ラウンド進出。


どうやら、バイエルンも決勝ラウンド進出決めたみたいで(まだ見てないのだ)、予想通りグループAは無風区だった。

(ユーベ)

デル・ピエロ    トレゼゲ
ネドベド             カモラネージ
ビエラ      エメルソン
キエリーニ カンナバーロ テュラム ザンブロッタ
|アッビアーティ|


(クラブ・ブルージュ)

ポルティージョ
ベルヘイエン    レコ     ドゥフェル
ベルマン     クレマン
グボゼノビッチ スピラル マールテンス バナウデナールデ
|ブティナ|



◆バイエルン 4-0 ラピド・ウィーン
ダイスラーの3試合連続弾、カリミのCLデビュー弾、マカーイの復活弾2発でバイエルンが大勝。
決勝ラウンド進出とともに、首位奪還。

(バイエルン)

ピサロ     マカーイ
カリミ
ゼ・ロベルト              ダイスラー
デミチェリス
リザラズ   ルシオ   イスマエル   サニョル
|カーン|


(ラピド)

キンツル   アカギンディズ
イバンシッツ              ホフマン
フリンカ   バラホビッチ
カッツァー  ベイブル  Mart・ヒデン  コルショシュ
|パイヤー|



[順位]
1 バイエルン      (12)☆
2 ユベントス      (12)☆
3 クラブ・ブルージュ  (6) UEFAカップ
4 ラピド・ウィーン    (0) 敗退

残すはバイエルンとユーベの首位争いだけど、こだわってくるかな?

No.626/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/23 (Wed) 【D組 第5節】マンU危うし

◆マンチェスター・U 0-0 ビジャレアル
ロイ・キーンの突然の退団に揺れるマンU。
ショック療法になるかとも思われたけど、リケルメもフォルランもキケ・アルバレスもいないビジャレアルとスコアレスドロー。
終了と同時に「キーン」コールがスタジアムにこだました。


(マンU)

ルーニー    ルート
C・ロナウド           フレッチャー
スコールズ    スミス
オシェイ   シルベストル  リオ      ブラウン
|ファン・デル・サール|


(ビジャレアル)

ホセ・マリ    フィゲロア
ロジェール
ソリン                  セナ
タッキナルディ
アルアバレナ  ペーニャ  ゴンサロ    J・ベンタ
|バルボサ|



No.625/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/23 (Wed) なんだかな・・・

G大阪が負け、C大阪はドロー、鹿島も負けて、浦和も負けた。

こんなナイーブなチーム達が、日本のトップリーグの優勝争いをしてるのかよと思うと、なんか情けなくもあり(笑)


それから、福岡がJ1昇格決定。
こちらもスコアレスドローで、そんなんじゃ来季きついぞ~とは思うけど、目的は達成したからまあOKだろう。
若い選手が多いだけに、涙よりは笑顔が多かったのが印象的。


No.624/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/22 (Tue) ドS姉さんが行く!

◆「月光音楽団」
ドSキャラをどんどん確立し、先週はついに自称ドMのウェンツによるリスペクトも受けてしまった山本梓(笑)
この日はとうとうゲストもなしで、「ドS姉さん」っぷりをフィーチャーだ。

ただ、そのきっかけとなった出来事はかなり強烈だったらしく、出演者同士のないしょ話にとどまり分からず。
安田美沙子が「ありえへん・・・」とつぶやいた事件とはなんだったのだ?

そして、その後はドS全開。
シミュレーションで恋人役をした石垣佑磨を汗だくにさせると、その後で反論した石垣にきっつい口調で「何、その反撃?」(笑)
恋人は「鵜飼いの鵜」である!とベッキーを啓蒙したのだった。


なんか、前に「から騒ぎ」に出てた山下彩佳(みさえ)を思い出した。

No.623/テレビ雑記

テレビ | trackback(1) | comment(0) |


2005/11/21 (Mon) 「ラグビー・プラネット」

◆「ラグビー・プラネット」
2011年ワールドカップ開催地決定の一夜をフィーチャー。
既にニュースになったとおり日本は落選。ニュージーランドになったのだった。

予想外の結果・番狂わせというものが、スポーツの大会をどれだけ面白くしてるのかを個人的に再認識したのが、前回のラグビー・ワールドカップだったりしたんだけどなー。
つまりは、前回大会は波乱らしい波乱が全くない、ある意味とてもつまらない大会だったのだ。

僕みたいな素人でもベスト8進出国が100%の確率で予想できてしまうなんてのはいかんだろう(笑)


No.622/スポーツ雑記

テレビ | trackback(1) | comment(0) |


2005/11/20 (Sun) 浅田真央、優勝

浅田真央のいないオリンピックなんて・・・見る価値なし!


でも、たぶん見る(笑)

けど、フィギュアスケートへの興味は半減だ。


No.621/スポーツ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/20 (Sun) 神戸降格と優勝争い

何度もギリギリで残ってたのに、三木谷氏がオーナーになった途端(2年目だけど)に落ちるとは、なんという皮肉。

でも、監督の拙速な交代や中途半端な補強策を見てれば自業自得な感じで、直接は関係ないけど野球の方の楽天イーグルスともダブるなー。
三木谷氏にスポーツチームのオーナーとしての才能はない感じだ。
まあ、これまでの体質をリセットする良い機会ととらえればいいんじゃないかな。・・・と、無責任に言ってみる。


一方の優勝争いはなんか大変なことになってしまった。
G大阪が名古屋に敗れ、鹿島も大分とドロー。ついにC大阪が2位に浮上してしまい、4位浦和も首位と4pts差。
G大阪も鹿島も首位争いのプレッシャーの中でともに消耗してる感じで、むしろC大阪や浦和の方が漁夫の利を得そうな雰囲気がある。


にしても、序盤は鹿島が独走し、中盤からは2強のマッチレースの感じだったけど、最後は4チームの混戦状態。
1ステージ制の醍醐味だなー。


No.620/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(2) | comment(0) |


2005/11/19 (Sat) 森田あゆみ、プロ初タイトル

◆「全日本テニス選手権 女子シングルス決勝」
森田あゆみが米村知子を2-1で破り見事に初優勝。プロ1年目で初タイトルを獲得した。
第1セットを落とし、第2セットも「1-4」(それも2ブレイク・ダウン)とリードされてからの大逆転だった。

15歳8ヶ月という3番目の若さらしいけど、もうグランドスラムで活躍する同年代の選手も多いだけに、まだまだこれは通過点。

願わくは日本人に同年代のライバルが出て欲しいなあ。

No.619/スポーツ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/17 (Thu) 天国と地獄

-アジア・北中米カリブ間プレーオフ 第2戦-
◆バーレーン 0-1(Agg1-2) トリニダード・トバゴ

テレ朝で録画中継が始まるのを偶然発見。あぶね。

とにかく最低1点が必要なトリニダード・トバゴが押し気味に試合を進めると、後半早々にCKから先制。
バーレーンはサルミーンの出場停止が響いたのか、前半はカウンターも機能せず、後半の反撃も迫力無かった。
そして、GKのパントキックの瞬間をかっさらったセコい(でも、気持ちはよ~く分かる)ゴールも認められず。


-欧州予選プレーオフ 第2戦-
トルコ 4-2(Agg4-4、アウェイゴール0-2) スイス
いきなりアルパイのハンドからスイスがPKで先制。

ただ、攻めるしかなくなったトルコと守りに入りたくなるスイスのメンタル関係、そして審判のバランス感覚が加われば4点なんて分からないぞ・・・と思ったら、ホントに後半初めまでに3点を返してしまった。
トルコのメンタルの強さはスゴい。

もうトルコの逆転は時間の問題に思えたけど、イスタンブールの魔力はここで切れてしまった。
トルコの不安定な守備とスイスの鋭いカウンターが復活。
シュトレーラーの「決勝点」も、トルコ選手の無理な体勢からのロングパスがミスになったプレーからだった。

それでも、なおもトゥンジャイのゴールで「0.5点差」に迫るあたりは、ターミネーター2のT-1000のような生命力だったが、なんかスタジアムがあきらめムードだったのが残念だった。

そして、試合終了の瞬間がいかにもイスタンブール。両チームの選手が掃除機に吸い込まれるゴミの如くあっという間にロッカーへの入口に(笑)
果たしてスイスの帰りのバスは無事だったろうか?と心配になってしまった。


◆チェコ 1-0(Agg2-0) ノルウェー
スコア以上にチェコは危なっかしかった印象。GKがチェフじゃなかったらどうなったか。

それでも、カウンターの迫力はすさまじく(決勝点もそうだったが)、総攻撃に移ってもいいはずのノルウェーの腰を引かせていた感じ。

そして、試合終了の瞬間、ピッチに突っ伏していたネドベドが印象的だった。
使命を果たしたって感じもしたけど、歓喜の輪に松葉杖ついて加わってたコレルとともに本大会出場を願う。

それから、バーレーン、トルコと試合後が寒々しい状況が続いただけに、トヨタ・アレナの歓喜に満ちた雰囲気がとてもイイ感じだった。


にしても、プレーオフを見てて思ったのは「当事者にはなりたくないなー」ってことだった(笑)


No.618/サッカー雑記

サッカー:その他 | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/16 (Wed) オーストラリア、ドイツへ

◆-オセアニア・南米間プレーオフ 第2戦-
オーストラリア 1-0(Agg1-1、PK4-2) ウルグアイ

PK戦にまでもつれこむ死闘を制し、オーストラリアが実に32年ぶりの本大会出場を決めた。
日本の試合もやってたけど、この極限のゲームを見逃す手はないっ。


序盤はオーストラリアがなんだか地に足がついてない感じで、逆にウルグアイがレコバのセットプレーからいつアウェイゴールを奪ってもおかしくない状況だったけど、30分頃にキューウェルの投入とともに4バックへ変更すると、これが当たってしまう。
35分にキューウェルのシュートミスがブレシアーノへの絶好のパスになり先制、というか同点。
ヒディンク、おそるべし。

これで流れはオーストラリアに傾いたけど、大きかったのが後半のレコバの途中交代。
オーストラリアにとって最大の脅威がなくなり、かなり楽になった感じだった。
ただ、オーストラリアもそんな良い流れをつかむだけの力はなく、それだけにPK戦突入はウルグアイに有利かとも思ったのだけど。
レコバと代わったサラジェタが失敗したというのも皮肉だった。

にしても、金色に染まった8万のスタジアムは壮観。特にゴールの瞬間、最後のアロイージのPKが決まった瞬間はスゴかった。
そして、さすがラグビー大国。応援もラグビーの試合でよく耳にする自然発生的な地鳴りのような歓声がメインで新鮮だったな。


No.617/サッカー雑記


サッカー:その他 | trackback(2) | comment(0) |


2005/11/14 (Mon) 「トリック 新作スペシャル」

いきなり「新作スペシャル」として「トリック」が復活。
TVシリーズ3作に劇場版までやれば、もう終わりにしても良さそうなもんだけど、劇場版第2作まであるようで、需要がある限り続ける姿勢やヨシ。

内容はまあ、いつものとおり「ハッタリだらけのマジック大会」(笑)
小ネタも満載で、いきなり麿赤児の目の前で大駱駝艦のパロディなんてスゴかった。
まあ全体的には、これまでの作品でハードルが高くなってることもあり「こんなもんか」ってとこだっただけど、もうただ久々に再会できただけで嬉しいのだった。

映画よりはテレビシリーズをまたやって欲しいけど、なんか出てない役者を探すのが大変になってきた感じ。

No.616/テレビ雑記

テレビ | trackback(1) | comment(0) |


2005/11/13 (Sun) 最終決戦 DAY1

-欧州予選プレーオフ 第1戦-
◆ノルウェー 0-1 チェコ

パスとドリブルが持ち味のチェコには絶望的なピッチ状態だったけど、それがノルウェーのアドバンテージにはならず。
ベルグデルモが軟弱なピッチに足を取られてすっこけてスミチェルをどフリーにしたことで、決勝点は生まれたのだった。

重要な局面で必ず復帰してくれるという希望的観測を持ってたネドベド。もう、さすがの存在感。
いきなり出て来てこれなんだから、途中のテストマッチなんかいいから本大会には出て欲しいな。
って、まだ決まっちゃいないけど。

-オセアニア・南米間プレーオフ 第1戦-
◆ウルグアイ 1-0 オーストラリア

まずはフォルランが出て来てビックリ。もしやケガ情報はメディア戦略?と思ったら、やっぱりダメだったようですぐに交代。そりゃ、無理だよ(笑)

レコバのFKをダリオ・ロドリゲスがヘッドで合わせた1点でウルグアイが先勝したものの、この程度は明らかにオーストラリアの想定の範囲内。
試合前の出来事といい、流れはオーストラリアに来てる感じだ。

ただ、コンフェデでも改めて分かってしまったけど、オーストラリアってチームとしては厳しい試合の経験が少ないから、良い試合はしても勝負弱い印象があるんだよなー。
それとも今回はヒディンクの魔法が効くかな。

-欧州予選プレーオフ 第1戦-
スペイン 5-1 スロバキア

序盤はウルグアイvsオーストラリアとザッピングだったので、ルイス・ガルシアの2点は見逃す・・・。でも、アラゴネスの采配は的中だ。

その後、これまでの如く決定機を外しまくった挙げ句、ルイス・ガルシアがネメトに絶妙のパスを送ったあたり(バックパスミスです)は、プレーオフに回るだけの理由を垣間見た感じでありゃりゃ・・・。
でも、ルイス・ガルシアはきっちり汚名返上。3点目のPKを誘うと(ついでに相手の退場も誘った)、自らハットトリックも達成。
結局大量5ゴール。第1戦にしてスペインが本大会出場を99.9%決めてしまった。

「スペインは今回もベスト8止まりか・・・」なんてのも、なんだかんだでワールドカップの名物なんで(笑)やっぱり、いないと寂しいよ。



その他ではスイスがホームで2点差先勝、アウェーゴール1でバーレーンがドローですか。
スイスとバーレーンで決まりかな。


追記:
-欧州予選プレーオフ 第1戦-
◆スイス 2-0 トルコ

スカパーより先にNHKで見られるとは。でも、国歌吹奏を省いちゃいかん。

組織のスイスvs個人技のトルコって感じで、ひとつのゲームとしても見応え充分だったなー。
とにかく目立ったのが、スイスの攻守の切り替えの早さと、トルコの不安定なDFライン&GK。
ミランもかかったイスタンブールの魔法があれば、2点差ぐらいなんといかなりそうな気もするけど、スイスがカウンターから1点取る確率の方が高そうで、そうなるとトルコは4点が必要になってしまうのだった。

No.615/サッカー雑記




サッカー:その他 | trackback(6) | comment(2) |


2005/11/13 (Sun) 運命の日・・・の前に

◆イングランド 3-2 アルゼンチン
良い試合だったなー。
親善試合とはいえ因縁たっぷりの対決だけに、ともに最後の最後まで勝利に拘った結果、オーウェンの劇的ロスタイム弾が生まれ、イングランドが逆転勝利したのだった。

そして、散々叩かれてるらしいクラウチがけっこう重要な存在なことも証明された感じ。


ということで、チェコ1点リード。いいぞ。
この後、ウルグアイ戦、スペイン戦と徹夜するのだ。

No.614/サッカー雑記

サッカー:その他 | trackback(1) | comment(0) |


2005/11/10 (Thu) ポリシックス 「Now is the time!」

ポリシックス 「Now is the time!」

ハイテンションなハヤシのボーカル曲に紛れて、KAYOがボーカルの「Baby Bias」が一服の清涼剤のように現れる。
先行シングルになってることもあり、「クラリネットをこわしちゃった」だよな(笑)とか思いつつキモチイーなー。

個人的なポリシックスのツボって、大半はKAYOのボーカルに違いない。


追記:


Polysics-I My Me mine-
ã?¢ã??ã??ã?­ã?¼ã??æ?½è¡?è?? kuromegane



No.613/音楽雑記

音楽 | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/09 (Wed) 【H組 第4節】アルトメディア豹変

◆アルトメディア 2-2 レンジャーズ
まあ、ホームとアウェイで戦い方を変えることはそう珍しくはないんだけど。

これまでの3試合とは違う攻撃的なプレーで2度のビハインドを追いついたアルトメディアがドローに持ち込んだ形に。
これで決勝ラウンド進出争いに終盤まで絡む大健闘になった。

(アルトメディア)

ハルティグ
オブジェラ    フォドレク   バシュチャク
ボルベリ   コザーク
ウルバネク  ドゥリツァ  デブナル  ペトラシュ
|チョベイ|


(レンジャーズ)

トンプソン   プルソ
ロベンクランズ             リクセン
  エムダニ   ファーガソン
ベルナール  キルギアコス ロドリゲズ ハットン
|ワーテレウス|



◆インテル 2-1 ポルト
ウーゴ・アウメイダのウルトラ・キャノンFKでポルトが先制したものの、終盤にインテルが逆転し勝利。

(インテル)

マルティンス  アドリアーノ
ウォメ                 フィーゴ
ピサロ      ベロン
ファバッリ  サムエル  マテラッツィ ブルディソ
|J・セーザル|


(ポルト)

H・アウメイダ
クアレズマ   ジョルジーニョ    アレン
ルチョ   P・アスンソン
チェフ   P・エマヌエル  ぺぺ   ボジングワ
|V・バイーア|



[順位]
1 インテル     (9)
2 レンジャーズ  (5)
3 アルトメディア (5)
4 ポルト      (3)

ポルトにとっては、レンジャーズとアルトメディアの2分けはラッキーだなー。

No.612/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(1) |


2005/11/07 (Mon) 【E組 第4節】ヒディンク恐るべし・・・

◆PSV 1-0 ミラン
対ミラン・変則3-3-3-1システムで臨んだPSVが完勝。ヒディンクの采配に改めて唸った。

ミランの2トップを3バックで封じ、中盤も数的優位を保ってかなりの時間帯を制圧。
SBの攻撃参加にも両ウイングが対応したために、苦し紛れにネスタやマルディーニがドリブルで上がっていく場面も何度かあったほど。

そして、ミランが空き気味のサイドを活用すべく後半からカカを右ハーフに回し、ヤンクロフスキ、セルジーニョを左サイドに投入すると、すかさずレイツィハー投入で4バックに変更。サイドのスペースを消してしまった。

でもって、17歳のアイサティ!老練なミランを相手に堂々たるプレーを見せててビックリ。

(PSV)

フェネホール
ビーズリー   アイサティ   ファルファン
コクー           アフェライ
シモンス
ラメイ    オーイェル  アレックス
|ゴメス|


(ミラン)

ビエリ   ジラルディーノ
カカ
セードルフ        ガットゥーゾ
ピルロ
カラーゼ  マルディーニ  ネスタ    スタム
|ジーダ|



◆シャルケ 2-0 フェネルバフチェ
アレックス不在で攻撃のままならない上に、フェネルバフチェは二人の退場者を出す苦しい展開。
ただ、シャルケは先制こそしてたものの、数的有利を全く生かせず、チーム状態の悪さが出てた感じ。
ただ、それでも勝利。グループEがおもろくなってきた。

(シャルケ)

クラニー
コビアシビリ   リンコーン  アルティントップ
エルンスト   ポウルセン
クルスタイッチ D・ロドリゲス ボルドン  ラフィーニャ
|ロスト|


(フェネルバフチェ)

ノブレ
トゥンジャイ   アネルカ   セルチュク
アッピア  M・アウレリオ
ウミト   ルシアーノ   オンデル   セルカン
|ボルカン|


[順位]
1 PSV         (7)
2 ミラン        (5)
3 シャルケ      (5)
4 フェネルバフチェ (4)

PSVのトップ通過もあるなー。
ミランは再びイスタンブールで悪夢を見るのかっ!?

No.611/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/06 (Sun) ナビスコカップ決勝のアンビバレント

◆千葉 0-0(PK5-4) G大阪
「初優勝好き」な僕には最高の組合せとなったファイナル。
なので、千葉の優勝はとても嬉しいし、特にオシム監督に妥当(まだ低いかな)な成果が生まれて良かったのだが、その反面、G大阪の準優勝にはちょっと心が痛むのだった。
こうなったら是が非でもG大阪にはリーグ優勝して欲しくなったなー。

日本一になってもないのにパレードを見に行ったみなさん、今度はこっちに全面的サポートを!
(そうか、大阪はセレッソも優勝争いに加わってるんだ・・・。)

No.610/サッカー雑記


Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(7) |


| TOP | next >>

PROFILE

ペンギンジャンプ

CALENDER

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ENTRIES

ONGAKU

ビョーク 「ポスト」 ドアーズ 「ウィンタータイム・ラヴ」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ 「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」 電気グルーヴ 「虹」
ビートルズ 「リボルバー」 チャラ  「あたしはここよ」
カヒミ・カリィ 「アイ・アム・ア・キトゥン」 ジミ・ヘンドリックス 「ブードゥー・チャイルド(スライト・リターン)」
ルー・リード 「トランスフォーマー」 椎名林檎 「無罪モラトリアム」
吉川晃司 「モダン・タイム」 矢野顕子 「峠のわが家」

[アーカイブス]
…けっこうな動画集になってしまった
    

Twilog

    

CATEGORY

ARCHIVES

SouthAfrica2010

   

EURO2008

予備サイト
[ENTER]

GERMANY2006

折角なのでしばらく残しとこ。



DENTAKU

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

Gallery

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

FC2カウンター

OTENKI

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。