前橋のほどよい郊外//興味のままに・・・で、チャンピオンズリーグ、Jリーグ、リーガ・エスパニョーラ・・・サッカー多し
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/08/31 (Wed) M.I.A. 「ARULAR」

M.I.A. 「ARULAR」


今年の夏、一番聴いたのはこれだった。
スリランカはタミル族出身のM.I.A.、本名マヤ・アルプラガサムのデビューアルバム。
このテのものををふだん聴かない僕の耳にも届いたわけだから、やっぱり特別な存在なのだろう。
特に冒頭の「PULL UP THE PEOPLE」にやられてしまった。

で、やっぱりM.I.A.を特別たらしめてるのは、その出自。
父親が少数民族であるタミル族の独立運動家・・・というかテロリストで、まさに戦闘中行方不明(M.I.A.)状態だったとか、内戦の悪化で家族とともにイギリスに亡命したとか・・・。

その辺は歌詞やアートワークで表現されてて重要ではあるが、音楽的にはむしろイギリスでアーティストとして活躍してた彼女が、ピーチズに触発されて見よう見まねで音楽の創作活動を始めたってことの方が大きい感じだ。

よけいな先入観というか予備知識をもたない素人同然だったことと、タミル族ならではのビート感覚とが見事に化学反応を起こしたって感じがする。

ちなみに、タイトルは父親のコードネームをもじったものらしく、焦った父親から「タイトル代えろ」と連絡が入り、生存が確認されたとか。ホントかよ(笑)


追記:
「Bucky Done Gun」


「Sunshowers」


「Galang」



No.545/音楽雑記P

スポンサーサイト

音楽 | trackback(2) | comment(0) |


2005/08/31 (Wed) ちょっと予習を

-予選3回戦第2レグ-
◆ロコモティフ・モスクワ 0-1(Agg1-2) ラピド・ウイーン

ラピド・ウイーンがどんなチームなのか、予備知識を得ようということで。

オーストリアのクラブの試合を見るのは、いつぞやのCLでのシュトルム・グラーツ以来だ。
ちなみに、その時やたらと現地のTVが監督の映像を抜いてて不思議に思った。
その監督がイビツァ・オシムだったわけだ。
たぶん、オシムはグラーツでもオシム語録をたくさん残してたに違いない(笑)

で、ラピド。
こういうチームって、ホームになると豹変する場合もあるので断言はできないけど、本戦進出はまぐれだ(笑)
むしろ、ロコモティフが詰めを誤った感じ。
でも、まぐれだろうがなんだろうが、勝ち抜いちゃえばいいのだ。バイエルンやユーベと戦う機会なんてそうはない。

No.544/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/30 (Tue) リーガ開幕 その2

-開幕戦-
◆カディス 1-2 レアル・マドリード

アラベスといい、昇格チームはスタジアムが喜びに満ちてていいね。ビッグクラブだと、ホントに開幕戦?って感じにまったりしてることが多いけど。

とにかく、この試合はロビーニョに尽きたなあ。
いきなりソンブレロなんか見せただけでなく、レアルの攻撃が活性化。決勝点のきっかけもロビーニョのドリブルをロナウドが横取りしたものだった(笑)
今後が楽しみ。


◆アスレチック・ビルバオ 3-0 レアル・ソシエダ

いきなりのバスク・ダービー。
昨季サボってたために、両チームの状況を理解しながら見ることに。
ジェステ、エチェベリア、イラオラ、ジョレンテの攻撃陣がなかなかのビルバオが圧勝。


◆マジョルカ 0-1 デポルティボ・ラコルーニャ

見逃してしまったけど、大久保は良かったみたいで。
でも、こういっちゃなんだけど、大久保がエースやってちゃまずいだろう(笑)


No.543/サッカー雑記

サッカー:その他 | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/29 (Mon) 週末ウィークエンド

夏休み最後の週末ということで、いろいろ特番があった。
まとめてドン。

◆「所さんも目が点々!?…4日あれば間に合う!夏休みの宿題解決SP」
レギュラー放送は見ないけど、この夏休みスペシャルは毎年見ちゃう。
今年もまた小野寺麻衣、宮崎宣子、佐藤良子が妙に艶やかな女子高生コスプレで出演してた。

すごかったのが、絵の上手な書き方。対象物(クマの置物)を逆さにして見るといいということで、三人が後ろ向きになって足の間からそれを見てたのだった。(ただし、しっかりジャージに着替えてた。)
2chをのぞくと、「立ち○ックの練習ですか?」(笑)

◆「虎の門SP 板尾のひとりしりとり戦」
「しりとり竜王戦」を録画した時なんかは、板尾のとこだけ見るほどなので、グッジョブな企画だったけど、さすがに板尾ひとりはきつい。
一番笑ったのは時間切れになった時だったし。

◆「やりすぎコージー」
「やりにげ」時代に最高視聴率を叩きだした「AV祭り」を「モンロー祭り」とお茶を濁して再び。
ただ、紋舞らんという爆弾のいた前回に比べるとインパクトに欠けたな。

そして、大橋未歩には今回も無条件に拍手。
今回は「お口出して~」に加えて「ハマグリが潮吹いた!」を何度も言わされてた(笑)

追記:


◆「24時間テレビ」
その裏で「伝説の人気番組同窓会」なるものをやってた。中でも「電波少年」のコーナーは、あの人は今?祭り(笑)
みんな見事なくらい表舞台から消えてるんだなあ。(まあ、元々そういう芸人達だからこそ、起用されたわけだが)。
そして、みんなT部長の登場に恐れおののいてて、かなりのトラウマになってるようだった。

No.542/テレビ雑記




テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/28 (Sun) リーガ開幕っ

-開幕戦-
◆アラベス 0-0 バルセロナ

いよいよ開幕、リーガ・エスパニョーラ。
果たしてバルサが連覇するのか、はたまたレアルが逆襲するのか?2強に割り込むチームが現れるのか?大久保はどうなのか?今季も楽しみだ。

唯一心配なのは、僕が中だるみしないかどうか(笑)基本的にCL好きなので、途中でいつもそうなっちゃうんだよな・・・。
専門カテ作ったのも対策の一環ってことで。

で、試合。
バルサ、相変わらず強かった!
開幕戦の難しさを割り引けば、何の問題もないゲームだった。
ただ、アラベスにボナーノがいたのが誤算だったって感じでしょうか。

No.541/サッカー雑記

サッカー:その他 | trackback(1) | comment(0) |


2005/08/27 (Sat) よかったね

隠蔽した甲斐があったってもんだ(笑)

まあ、事実上処分なしっていったって、今回の優勝がかなり薄汚い印象になったのは確かだから、これ以上高校生を社会不信にに陥らせる事はないだろう。

でも結局は、匿名で高野連に知らせたヤツがいたかいないかの差か・・・。


・・・やべっ。
どうも高校野球の話になると暗黒面が出てしまう(笑)

そうだった。悪いのは高野連で朝日新聞なんだった。いかんいかん。

No.540/どうでもいいや雑記

その他 | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/27 (Sat) 馴れない場所に来るもんじゃない

うわっ、びっくり。
「テレビ・ラジオ」のアクセス・ランキング第1位になってしまってる!

たしかにTVの話は多いけど、ここに移った動機に、一度ランキングに載ってみたいななんてセコい気持ちもあったのも事実で(笑)
最近は、サッカー話の方が多いし。
なので、なんか、もうしわけないっ

それに、他のジャンルでランキングに引っかからなかった頃より、ここ数日はアクセスが少なめになってたのでビックリだったわけだ。
まあ、今現在「テレビ・ラジオ」に設定してるブログは43しかないから、たいしたことじゃないか(笑)

まるで開幕直後に首位になっちゃって、逆に緊張して調子を崩してしまったプロビンチアのような心境だ。

No.539/ブログ雑記



その他 | trackback(0) | comment(2) |


2005/08/26 (Fri) 欧州CL グループリーグ組合せ決定っ

初めて生中継で見た。
UEFA公式サイトのフラッシュで見るのもけっこう面白かったけどね。

【A】バイエルン、ユベントス、クラブ・ブルージュ、ラピド・ウィーン
【B】アーセナル、アヤックス、スパルタ・プラハ、トゥーン
【C】バルセロナ、パナシナイコス、ブレーメン、ウディネーゼ
【D】マンチェスター・U、ビジャレアル、リール、ベンフィカ、
【E】ミラン、PSV、シャルケ、フェネルバフチェ
【F】R・マドリード、リヨン、オリンピアコス、ローゼンボリ
【G】リバプール、チェルシー、アンデルレヒト、ベティス
【H】インテル、ポルト、レンジャーズ、アルトメディア・ブラチスラバ

もうね~、リバプールとチェルシーが同居するなんてのは、予想通りです(笑)
ミランとPSVともどもUEFAのやることは全てお見通しだっ。

勝ち抜け予想は開幕前に。

No.538/サッカー雑記


欧州チャンピオンズリーグ | trackback(2) | comment(3) |


2005/08/25 (Thu) スーパー・ファーリー・アニマルズ 「ラジエーター」

スーパー・ファーリー・アニマルズ 「ラジエーター」


新作発表記念シリーズ、数えたら第6弾。
今回は、イギリスはウェールズ出身のサイケロック・バンド、スーパー・ファーリー・アニマルズ(SFA)の2ndアルバム。
いやあ、久々に聴いたけど、キモチイー!

実のところ、個人的好きなバンドランキングでは常にトップ3に入ってるほど大好きなのだ。
でも、残念なことに「UKではすごいのに、日本ではサッパリ」が枕詞みたいになってんですな・・・。今は少しは状況変わったんだろか?

ギターロックに、実験精神というよりは遊び心たっぷりに、ピーピー、ギュインギュインとテクノ・サウンドが散りばめられ、くぐもった音色のキーボードとともにサイケ感を醸し出す・・・。
それでいて無機的な印象はなく、どこか牧歌的でユーモラス。管弦楽器もところどころ使用されてることもあるか。
ピート・ファウラーによるジャケットって、見事にSFAを表してるな~。ガラスに映ってるように、その実はひねくれてる感じも(笑)

そして、SFAの本質ってやっぱり、時に美しく時にポップなメロディなのだ。
特に、中盤の「She's Got Spies」「Play It Cool」「Hermann 's Pauline」「Chupacabras」って流れは、歌い出さずにはいられない。
でも、グリフの音域って高めなんで、けっこうキツいんだよな(笑)


追記:
「Play It Cool」


「Hermann loves Pauline」


No.537/音楽雑記P


音楽 | trackback(0) | comment(269) |


2005/08/24 (Wed) 「世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す」

「世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す」

1956年制作のSF映画を昼間にBSでやってた。
こういうトホホなB級SF映画ってなんか好きで、もうタイトル見ただけで録画予約(笑)

こんなのNHKがやるなんてなんか信じられないけど、前に「アタック・オブ・ザ・キラートマト」もやったことあるんだよね。

かのハリーハウゼンが特殊効果に名を連ねてたけど、期待にそぐわぬ作品でした(笑)

No.536/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/24 (Wed) ベティスの歴史的一夜

-欧州CL3次予選 第2戦-
◆モナコ 2-2(Agg2-3) ベティス

フランスのTV局?によるベティスを表す画面表示「SEV」に、サポーターははらわたが煮えくり返ってたに違いない。
「BETIS SEVILLE」ってことでらしいけど、どうみても憎っくきセビージャ(笑)


ベティスが序盤に先制して大きな有利(2失点までOK)を得たものの、モナコはジェラールの一撃で1点返し、さらにPK。
これが決まったら、モナコの逆転は時間の問題・・・と思ったら、GKがストップ。

それでも後半の半ば、モナコはマウリダのヘッドで「1点差」に迫り、さすがにこれでモナコの逆転は時間の問題・・・と思ったら、今度はオリベイラが一人でスルスルと持って行っちゃってあっけなくベティスが突き放してしまった。

馴れない舞台にもかかわらず、したたかなベティス。
ところが実は試合はこれで終わってなかった。次から次へとモナコのチャンスが訪れて、ひとつでも決まってたら(アデバヨルのポストを叩いたヘッドなんか特に)、ロスタイムに劇的ゴールなんてあったかもしれない。

この前書いたように、どうもリーガ勢目線で見てしまうので、かなりヒヤヒヤ(笑)
ベティスはアデバヨルの高さとキープ力にかなり手こずってたのだった。
そんなわけで、ベティスが歴史的な一歩を記した。


その他、リバプール、パナシナイコス、ローゼンボリというなじみの名前が本選出場を決めたけど、目立つのはウディネーゼ、ラピド・ウィーン、チュン、アルトメディア・ブラチスラバと、ベティスも含め新鮮な名前が多いことだ。

特に、セルティックを破ったアルトメディア・ブラチスラバの本選出場には驚いた。(パルチザン・ベオグラードにPK勝ち。)
だって、1次予選でカザフスタンのカイラットに延長の末ようやく勝ったチームなのだ!

あと、ロコモティフ、モスクワが負けたのは残念だな(ホームでチュンに敗れた)。あの、ブーブーうるさいチアホーンは今季は聞けないようだ(笑)

No.535/サッカー雑記




欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/23 (Tue) どうするんだろ?高野連

すごいね。バレたら辞退で、黙ってたら優勝だって。

すわ、優勝取り消し?
たしかに、そうでもしなけりゃ本来は筋が通らない気がする。
でも、大丈夫。高野連にそんな度胸はない(笑)
最悪でも優勝旗返すぐらいで済むだろう。

でもって、何も変わらず、古くさい姿のまま、高校野球は続くのだ。

軍隊の行進みたいな選手入場に始まって、開会式でのそらぞらしい選手宣誓、地上波の半日分を費やすNHK、なぜかBSは準々決勝から。ふつー逆だ(笑)
明日なき戦いに敗れ涙する高校生に視聴者はもらい泣き。リーグ戦の創設なんか、思いもよらないんだろうな。
そして大会終盤、エースは大変だ。3連投あたりは当たり前。プロに入った時はもう使い物にならないケース多し。
決勝は真夏の午後1時、炎天下で試合開始。競技の性質の差こそあれ、高校総体・サッカー決勝は午後6時開始だよ。
で、暴力事件や喫煙による出場停止処分なんかも無くなんないんだろね。


うわっ、なんかウダウダネチネチと書いてしまった・・・。

でも、今の日本のスポーツを取り巻く状況って、ほんとフラストレーションばっか溜まるんだよなあ。

No.534/もやもや雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/22 (Mon) ガンダム後夜祭 その2

◆BSアニメ夜話スペシャル「まるごと!機動戦士ガンダム」
●第3部 「BSアニメ夜話スペシャル 激論!モビルスーツ」
結局、映画以外でちゃんと見たのはここだけだったな。

だけど、すごいね土田は。「シード・デスティニー」まで見てるとは!
「ファースト」好きとしたら、「蛇足」をはるかに越えて、手や耳や翼や拘束具まで付け足しちゃった代物なのに(笑)
ちなみに僕は「Z」の序盤で早々にリタイア(笑)

改めて見ると、僕も岡田斗司夫同様に深海魚のようなエキセントリック感のするモビル・アーマーの方が好みだけど、モビル・スーツならドム(黒い三連星の方)かな。
ホバーシステムのために、ズゴックのようにゴキブリのように手足をすばやく動かすこともなく(笑)スムーズに地上を高速移動するところは結構鮮烈だった。
例えるなら、ホッケーとアイスホッケーのスピード感の差って感じか。
それに、意外と簡単に負けちゃったので、もっと見たかったなあという思いもあったし。

それにしても、TVシリーズの短縮は視聴率ではなくおもちゃの売り上げだったんだなあ・・・。(ゴックやズゴックなどが夏商戦向けって話には笑った)。恐るべし、スポンサーの力。
そういや、エヴァのスタッフも玩具メーカーにはかなりムカついてたというし。なるほど、脱税したくなるのも分かる気が(笑)少しでもスポンサーの影響から脱したかったんだろうなあ。

●劇場版「機動戦士ガンダム Ⅲ めぐりあい宇宙編」
さすがに翌日にビデオで見た。
久々に見たら、オープニングはすごかったんだな。
特に、ゼロ地点から現れるアムロは、序盤のシャアのような凄味。いわば「白い彗星」って感じ。
あっという間にムサイを沈めて、つかみはオッケーって感じだった。

・サイド6
ミライとカムランの再会に始まり、アムロと父の再会、アムロとララァの出会い、アムロとシャアの対面と、短期間にいろいろありすぎなサイド6。

でも個人的には、戦闘をテレビが生中継してる!ってとこが印象的だった。
サイド6の人々が「おおっ、やられた」とか言いながら見てる他人事感は、なんか近未来的で、今では現実になっちゃったが。

・ソロモン
MS、MAなどがたくさん出て来ただけでワクワクしたな。

子供の時はゴリラにしか見えなかったドズルが、けっこう善き夫・善き父で、そのうえ(特にザビ家の中では)まともな人格者で優れた指揮官だったので、後々驚いた。
そして、ドズルなくしてビグザムなし。

あとはスレッガーの死か。
ミライも殴った相手を好きになるなんて、いつの時代の話だよ、というかドM?って感じだったけど、確かに子供心にもカッコよかった。
だから、リュウの死よりも残念だったな(笑)

・セーラとララァ
映画では入浴シーン(それもヌード)まであったセーラさん(なんか「さん」付けしちゃうな)。
ご多分に漏れず?僕もセーラさんのファンだった。
たぶん「Z」にセーラさんがもっと出てたら、ちゃんと見直したろう。

でも改めて見て分かったのは、ララァもイイ!
ブロンドの(実は)お嬢様として子供にもわかりやすいヒロインだったセーラに対して、インド系で髪型もナンだし登場期間も短いララァは当時の僕には分からなかったんだろうな。(ただの好みの変化か?)。
なので、なんかララァの悲劇的な死の後は、もうどうでもいいやって感じで(笑)
アムロとシャアがその後も引きずり続けたのも頷けるね。

・ア・バオア・クー
これまでのアニメなら最後に出て来るMSは最強だったけどね・・・。改めて見ると、ジオングは明らかにエルメス以下だったんだな。「有線」だし(笑)
ララァのエルメスでさえ凌駕していたアムロには敵じゃないのだった。
その上、今はシャアなんてどうでもいいやって感じに逃げられかけるし(笑)
ガンダムは「赤い彗星」が地に落ちていく話でもあるのだな。

ソロモン同様というか、それ以上にたくさん出て来てこれまたワクワクした記憶。
中でもボールがけっ飛ばされる場面は爆笑してしまった。ボールのパイロットって嫌だろうなあ(笑)
あと、MSの残骸や兵士の死体がふつーに散乱・浮遊してる光景は衝撃的だった。

でもって、ガンダムが頭部と左腕を失う場面も鮮烈だった。主役メカの最期に、ああ・・・終わるのか・・・って感じにクライマックス感を煽られたな。
そして、ガンダムってサイド7からのロードムービーなので、ガンダム同様にホワイトベースの最期にもちょっとした感慨を覚えてしまったのだった。

最後に、映画版は歌が良い。
「哀・戦士」しかり「ビギニング」「めぐりあい」しかり。
井上大輔さんに合掌。
ちなみに、やしきたかじんってガンダムで初めて知った(笑)


追記。
あの実物モビルスーツ「ランドウォーカー」って、ガンダムよりはむしろザブングルって感じだったなあ。



No.533/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/20 (Sat) ガンダム後夜祭

◆BSアニメ夜話スペシャル「まるごと!機動戦士ガンダム
ガンダムのことを書く機会なんて滅多になさそうなので、たくさん書いてしまおうと思った。

●第1部 生放送「まるごと!機動戦士ガンダム」
録画で見たけど、なんだかどうでもいい感じだったので、途中から早送りしちゃった。
山崎バニラの大正琴をこんなとこで聴けるとは(笑)

●劇場版「機動戦士ガンダム I」
子供心に鮮烈だったのは「補給」の概念だったなあ。
バルカン砲やビームライフルの弾が切れ、シャアがザクの補充を要請する・・・なんて風な。
でも、そんなリアルな描写に惹きつけられつつも、「連邦軍=主人公側=正義」「ジオン=敵=悪」という単純な見方はしてた。アムロに感情移入して。
個人的には、まだまだ所謂リアル・ロボットの影響からは脱し切れてなかったのだ(笑)子供だったし。

ここでの印象的なエピソードといえば、個人的には(テレビ版でいうところの)
・「大気圏突入」(ザクが燃え尽きる場面なんかが鮮烈)
・「ガルマ散る」(なんつっても、ジオン公国に栄光あれ~!のすさまじい修羅場)
・「再会、母よ」(母の目の前で発砲!)
あたりか。
母との再会のエピソードでは、連邦軍の腐敗・堕落なんかも描かれててけっこうポイントかも。

あと映画版にはなかったけど、難民の母子が何もない荒野を目的地のセント・アンジェと知って愕然とする場面なんかも印象的だったな。

どうでもいいけど、「コロニー落とし」ってムチャクチャだ(笑)

●第2部 富野由悠季ロングインタビュー「富野、吠える!」
ここも、ほとんどスルーしてしまった。

●劇場版「機動戦士ガンダム Ⅱ 哀・戦士編」
ここはいろいろ思い出深いなあ。

特にランバ・ラル隊とのエピソードは、名シーン・名ゼリフが多かった。
ソドンのレストランでの場面とか、砂漠に寝転がるアムロの上をグフとザクが飛び越えていくところ・・・。
そして、白兵戦を挑んだ話はもう子供なんか無視した血なまぐささ(笑)
ここでラルが敗北を悟り、「戦いに敗れるとはこういうことだあ!」と自爆したセリフは有名だが、(セーラと再会して話し込んでるところを撃たれ)「ランバ・ラル、戦いの中で戦いを忘れた」とハモンへ遺言したセリフも味わいたっぷりだった。

その他、特攻をかけたハモンにさらに特攻したリュウの死(弾はなかったのか?)、黒い三連星のジェット・ストリーム・アタックを邪魔して死んじゃったマチルダさあ・あ・あ・あ・んとか、ガンガン戦死者が出たので濃いね。

でも、だ。僕が一番好きというか一番やるせなかったのは、ミハル・ラトキエの死だったな。
両親を亡くし、小さい弟妹を養うためにジオンのスパイになったなんて設定だけで涙ものなのに、罪滅ぼしに参加した戦闘で人知れず命を落とすなんて、救いがなさすぎる!
あの弟と妹はどうなっちゃうんだ?なんて子供ながら心配した記憶がある。

最後のジャブロー攻防戦はやっぱり、シャアの再登場だな。
アホの子のように走ってきたジムをクロー一撃でズドン!爆風避けてしゃがんで、スローで立ち上がる・・・(笑)
でも、ズゴックってかっこいいイメージあったのに、改めて見ると、岡田が言ってたように陸上ですばやく動く様子はゴキブリっぽかった(笑)

そのほか、たくさんモビルスーツや戦闘機が出て来て、初めて連邦軍vsジオン軍の総力戦っていうのを認識して新鮮だった。
オデッサ作戦がなんかイマイチ盛り上がりに欠けてたので。

あー、疲れた。つづく!

No.532/テレビ雑記




テレビ | trackback(0) | comment(9) |


2005/08/20 (Sat) 日本スポーツ界の粗大ゴミ

やっと終わったようだ・・・。
正直、今の高校野球って「高校生の夢」を直接人質にとってる点では、プロ野球よりタチが悪い。
ナベツネに怒り、古田に拍手を送った人達がのんきに何も感じず見てるのが僕には信じられないのだ・・・。
構造はほとんど一緒なのに。

もちろん、高校生達には何の非もない。逆に、勝手な「理想的高校生像」を押しつけられてかわいそうなこっちゃ。

だけど、そんな選手達を、メジャーのスカウトが眉をしかめるような過酷な環境でプレーさせ、そのうえ過剰なヒロイズムを押しつけて美化する高野連やメディアには吐き気を覚えるのだ。
「熱闘甲子園」みたいにさ(笑)


まあ、いずれプロ野球の改革が進めば、プロ・アマ問題から高校野球の改革に発展して、旧態依然としたシステムはぶっ壊されるだろうけど、今度のドラフト制度「改悪」を見ると、何十年先のことになるやら・・・。


・・・って、ネガティブな話ばっか書いてるけど、駒大苫小牧の快挙には文句なしに拍手だ

No.522/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/19 (Fri) ガンダム祭りじゃー

◆BSアニメ夜話スペシャル「まるごと!機動戦士ガンダム」
NHKが何をとち狂ったのか(笑)、9時間30分もの大特集!
FGの映画版3作に、富野氏へのインタビュー、「激論!モビルスーツ」などをやるらしい。

以前「アニメ夜話」でガンダムやったけど、録画とはいえ55分で足りるはずもなく、消化不良だったので楽しみだった。
生放送だったらしい第1部は見れなかったので、詳細な感想は明日にしよ。

ちなみに僕はファースト・ガンダム至上主義だ。

それでは一緒に、ジーク、ジオン!

追記:山崎バニラさん、生放送がんばれ~

No.532/テレビ雑記



テレビ | trackback(1) | comment(0) |


2005/08/19 (Fri) サ●ボマスターがいくら語りかけても僕はそれを無視する(笑)

◆「トップランナー」(再)
・・・といいつつ見ちゃったけど(笑)
でも、どうもダメなのだ。生理的に。
かなり無理した。

最初はなかなか良いなあと思ってたのだけど、某音楽誌でインタビュアーにグダグダからんでるの読んでから、もうアウト。
音楽以前にウザくなってしまった。

エリート的な洋楽至上主義は僕も嫌いだけど、海外文化への憧れもまた日本人のDNAに組み込まれてるもんな・・・。


そんなわけなので、早く消費されて消えてねっ。

No.531/テレビ雑記



テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/18 (Thu) uefa.com、リニューアルっ

UEFAの公式サイトがリニューアル。 http://jp.uefa.com/index.html
まだちょっと、新しいレイアウトに馴染めず(笑)

でも、感動したのが「フットボール・ヨーロッパ」(プルダウンメニューてやつ?のところ)。
日本語版サイトに、欧州すべての国内リーグ情報も載ってる!

日本語版サイトの誕生の時もそーとー感動したけど、たしか「フットボール・ヨーロッパ」(要するに各国リーグ)のところは主要国しかなかったのだ。

以来、主要国以外の国内リーグ情報は英語版サイトまで行ってたので、既にあったのだったらまぬけだけど(笑)

No.530/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/18 (Thu) 絶対負けられない戦いはこっちにあった!

-ワールドカップ2006 アジア最終予選-
◆ウズベキスタン 3-2 クウェート

いや~持つべきものは2ch(笑)
スコア中継見てて居ても立ってもいれなくなり寄ってみたら、あっけなくサウジのチャンネル2を発見。

もう終盤だったけど、ウズベキスタンの大逆転弾(0-2をひっくり返した)と歴史的?勝利を見届けられた。

これで、プレーオフはウズベキスタンvsバーレーン。
どうやらNHKでやってくれるらしい。
さすがに録画だけど、情報シャットアウトして見るぞ。
誰か言ってた。ワールドカップの醍醐味は予選にこそあり!

No.529/サッカー雑記

サッカー:その他 | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/17 (Wed) 予選終了~

-ワールドカップ2006・アジア最終予選-
日本 2-1 イラン

「こんな消化試合、よくぞ大金払って見に行くもんだっ」と思ったけど、そういやワールドカップ出場を決めてからは初のホームか。
ある意味「凱旋試合」みたいなもんなんだなと。

それに、選手個人にとっても、コンフェデから始まった本大会代表入りを賭けた貴重な「選考レース」のひとつ。
特に先発メンバーは東アジア選手権でブザマな姿見せちゃったし、ヘタな試合は出来なかったろう。

でもって、なんだかんだで勝利!
加地、初ゴール!
別に順位なんかどうでもよかったけど、フランスWCの時の2位はプレーオフだったことを思うと、首位になるのも意味なくはない。

けっこうビックリしたのがイラン・サポーターの多さ。いずれイラン系のすごい選手が出て来てくれないかな~。(野球じゃダルビッシュが既にいるし)
移民に関しちゃ、いろいろあるけどさ。


ちなみに今、プレーオフ進出を賭けたウズベキスタンvsクウェートやってる。
スコア中継しか見れないけど、おそらく死闘だろうな

No.528/サッカー雑記

日本代表 | trackback(2) | comment(0) |


2005/08/16 (Tue) 聖おじさんの行進

他の話題が多くて、なかなか音楽関係には手が回らず。

電気グルーヴ×スチャダラパー 「電気グルーヴとかスチャダラパー」


◆電気グルーヴ×スチャダラパー 「電気グルーヴとかスチャダラパー」
ホント、なんで今まで一緒にやんなかったの?って組合せだ。

最初に「トワイライト」聴いた時は、えっ!この路線?と心配したけど、「聖おじさん」で安心(笑)
アルバムも、ゆる~い笑いが全編に漂い、気負いすぎてなくてイイ感じ。
最後にはなぜか堀江美都子さんまで引っ張り出して来てて(笑)


でも、一番“らしい”のは「Ani VS 瀧」「瀧 VS Ani」(ディスり合いというらしい)。
どこか最近のヒップホップをおちょくりつつも、小ネタ満載で。

「塩素系と何かは混ぜると危険」
「納豆、おくら、芽かぶ、山芋などのねばねば食品は血液さらさら効果が高いと心得よ!」
「ここでひとつお前をヨメにもらう前に言っておきたい事がある、歯を磨く時水を出しっ放しにしないだけで一人あたり月々35円もお得!」

「平成のモンブランことピエール瀧on the mic~好きな座り方は体育~」
「そこのアニとかいうBSで序二段くらいから大相撲見てるやつ」

書いてるとアホらしくなるな(笑)




No.527/音楽雑記



音楽 | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/15 (Mon) 沢尻エリカ祭り

ついにフジの連ドラ(「1リットルの涙」火曜21時)に主演だとか。

沢尻エリカ


すっかり女優だ。

No.526/テレビ雑記





テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/15 (Mon) 世界陸上もいつの間にやら終了

世界水泳同様に、イマイチのめり込めないうちに終わってしまった。

原因は明快、オダユージ(笑)
記者会見で開き直りやがったこの人を、的確なリモコン操作で回避し続けたまでは良かったんだけど、避難先の番組が面白かったりしてちっとも競技に集中できず、もう途中からどうでもよくなってしまった(笑)
先日の為末もほとんど偶然目撃したって感じだったのだ。

次回は大阪かあ~。
本来はとっても楽しみなはずだけど、たぶんTBSだろ?
確実に舞い上がるね。こわいな~(笑)

No.525/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/15 (Mon) 特集「あの日 昭和20年の記憶」

太平洋戦争時の一般の人々の様子を、著名人の証言によってつづるミニ番組のシリーズのスペシャル。
今回は「8月15日」の特集。
不謹慎かもしれないけど、爆笑しながら見てしまった。

もちろん、終戦の当日未明に爆撃された熊谷の話(森村誠一が被災)など、痛ましいものもあったけど、戦時下という非常時だからこそ巻き起こる混乱は、まるでドリフのどたばたギャグなのだった。
戦争を滑稽に描く映画が多いのも分かるね。

特に玉音放送をめぐる話にそんなのが多い。
それというのも、文語調の演説がレコードに録音されたものを性能の悪いラジオで聴いたからで、子供は何言ってるか分からないし、大人の中にも雑音にかき消されて内容の分からない人も多々。
そのために、「ソ連への宣戦布告」と勘違いして意気上がり、真実を知り唖然なんて事が起こるのだった(笑)

その他、おそらくいじめられてた下士官が上官を日本刀持って追いかけ回してたり、やることのなくなった予科練で演芸大会やったりなんて、まさにコント(笑)

一方で、遠く離れた満州で戦う兵士達にとっては、よく聞こえないラジオはシャレで済まない。勘違いして進軍を続けた部隊がシベリア抑留なんてことになったようだ。
ただ、そんな中でも「終戦コント」は展開された。
「敗戦」を知らせる電報が来てガックリしてたところへ、「逆に日本が勝利」という第2報が来て一転酒宴に(笑)結局第3報でやっぱり負けたことを知るのだった。

それから、皇居前で自殺を図る人を見た帰りに銀座で「銀ブラ」するアベックを見た関根潤三の話や、当日に出征した近所のおっちゃんが、しばらくしたら(軍の兵舎から?)毛布を大量にパクって帰ってきた大村昆の話なども印象的だった。

No.524/テレビ雑記


テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/14 (Sun) 大橋未歩祭り

◆やりすぎコージー
いつもは「やりすぎガール」のところでチャンネル換えちゃうのに、なぜか今週は第六感が働いた。

大橋アナがトチって、洗濯ばさみで舌を挟まれることに。
来週のAV祭りの前夜祭に(笑)

笑ったのは、さっき公式HP(http://www.tv-tokyo.co.jp/yarisugi/index.html)見たら、次回予告でこれが売りにされてた。 

お仕置きされる大橋未歩

しっかり、「やりすぎ」と決まり文句も言った。


No.523/テレビ雑記


テレビ | trackback(0) | comment(10) |


2005/08/12 (Fri) 8・12

前橋からは離れた山の奥深くとはいえ、世界最悪の航空機事故が群馬で起こったことで、8月12日は僕にも特別な響きを持ってしまった。

1985年8月12日たしか午後8時は過ぎてたか、テレビ見てたら「日航機がレーダーから消えた」というニュース速報が入ったのを覚えてるなあ。


今日は20年目ということもあり、次から次へと関連番組。
いろいろやってるけど、やっぱりあのボイス・レコーダーの生々しさは・・・。資料として新しいこともあるけど。

特に「これはダメかもしれんね・・・」という機長のつぶやきには血の気が引く。
人間が本当に絶望した瞬間とでも言おうか・・・。
当たり前だけど、想像も出来ない。
そして、墜落直前の「ダメだ・・・」もやりきれない。


そんなやりきれなさは、日本航空の対応の不誠実さや、事故調査のどこか政治決着って感じによって増幅された。
最近の相次ぐ不祥事もさもありなんって感じだ。

あーなんか、鬱々とした気分。タモリ倶楽部、早く始まらないかな。

No.522/群馬雑記





その他 | trackback(0) | comment(13) |


2005/08/11 (Thu) 高校サッカーランキング【総体 高校ランキング05】

過去5年間の高校総体の成績をもとに作成したトップ30。

・トップの国見以下、トップ3に変動なし。帝京の3位には以前に文句が来たけど、02年優勝、03年準優勝っす。
・優勝の青森山田は4位に。準優勝の那覇西が急上昇でトップ10入り。
・急上昇では、松山工が93位から68ランクアップ!

[順位-都道府県名-ポイント-昨年順位-今大会成績]

1:国見   70.4  
2:市立船橋 53.9       16強
3:帝京   45.3
4:青森山田 36.5 (△5)  優勝 
5:鹿児島実 24.4 (△10) 8強
6:多々良学園 22.0 (▼4) 1回戦
7:鵬翔   19.9 (△12) 16強
8:那覇西  18.9 (△51) 準優勝
9:岐阜工  18.3 (▼7)
10:藤枝東  17.8 (▼8)

11:滝川二  14.5 (▼9)  2回戦(シード)
12:桐光学園 13.8 (▼6)
13:韮崎   12.9 (△16) 16強
14:大分   12.2 (△27) 8強
14:桐蔭学園 12.2 (△36) 4強
14:鹿島   12.2 (△57) 4強
17:盛岡商  11.4 (△18) 2回戦 
18:前橋育英 11.2 (▼15)
19:東邦   10.2 (▼14)
20:成立学園 9.1
20:清水商  9.1 (▼13)

22:習志野  7.1 (△23)
22:渋谷幕張 7.1 (△23) 
24:大津   6.9 (△29) 16強
25:松山工  6.7 (△93) 8強
26:佐賀東  6.3 (△36) 16強
26:草津東  6.3       2回戦(シード)
26:奈良育英 6.3 (▼17) 
29:国学院久我山 6.1 (▼11) 8強
29:金光大阪 6.1 (▼19) 

・ちなみに昨年のトップ30から落ちたのは、八千代、境(鳥取)、富山一、佐野日大、星稜。

No.521/サッカー雑記

高校サッカーランキング | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/11 (Thu) 高校サッカーランキング【総体 都道府県ランキング05】

過去5年間の高校総体の成績をもとに作成。

・国見の貯金で長崎が首位をキープ。ただ、昨年からは26pts落とした。
・青森山田の優勝で、青森が4位浮上。那覇西の沖縄も11位に急上昇。
・一方、下位で目立つのは富山の急降下で、あわや最下位。新潟などとともに5年間勝利なし。がんばれっ。

[順位-都道府県名-ポイント-昨年順位-今大会成績]

1:長崎 70.0      長崎日大=2回戦(シード)
2:千葉 60.5 (△3) 市立船橋=16強、千葉敬愛=2回戦、流経大柏=1回戦
3:東京 60.0 (▼2) 国学院久我山=8強、実践学園=2回戦(シード)
4:青森 36.0 (△7) 青森山田=優勝
5:静岡 26.5 (▼4) 磐田東=1回戦
6:神奈川 25.5 (▼5) 桐蔭学園=4強、弥栄西=2回戦(シード)
7:鹿児島 25.0 (△9) 鹿児島実=8強
8:山口 21.5 (▼6) 多々良学園=1回戦
9:宮崎 20.5 (△11) 鵬翔=16強
10:岐阜 19.0 (▼8) 中京=2回戦

11:沖縄 18.5 (△38) 那覇西=準優勝
12:愛知 14.5 (△13) 中京大中京、刈谷=2回戦
13:兵庫 14.0 (▼9) 滝川第二=2回戦(シード)
14:大分 13.0 (△21) 大分=8強
14:茨城 13.0 (△36) 鹿島=4強
16:山梨 12.5       韮崎=16強
16:群馬 12.5 (▼12) 桐生第一=2回戦(シード)
18:大阪 12.0 (▼14) 芥川=16強、東海大仰星=1回戦
19:岩手 11.0 (▼18) 盛岡商=2回戦
20:愛媛 9.5 (△35) 松山工=8強

21:鳥取 9.0 (▼15) 境=1回戦
22:埼玉 8.5 (▼18) 浦和東、西武台=1回戦
23:岡山 7.5 (△26) 作陽=16強 
23:滋賀 7.5 (▼20) 草津東=2回戦(シード)
25:佐賀 7.0 (△31) 佐賀東=16強
25:奈良 7.0 (▼17) 一条=1回戦
27:宮城 6.5 (▼24) 東北=2回戦 
27:熊本 6.5 (▼24) 大津=16強
29:山形 5.5 (▼26) 山形中央=1回戦
30:秋田 5.0 (△46) 秋田商=16強
30:石川 5.0 (▼26) 星稜=1回戦

32:栃木 4.0 (▼22) 真岡=2回戦
32:徳島 4.0 (▼26) 徳島市立=1回戦
32:福井 4.0 (▼31) 丸岡=1回戦
32:高知 4.0 (▼31) 明徳義塾=1回戦
36:三重 3.5 (▼30) 四日市中央工=1回戦
37:北海道 3.0 (▼31) 帯広北、札幌東=1回戦
37:福島 3.0 (▼36) 福島工=1回戦
39:和歌山 2.5 (△41) 初芝橋本=1回戦
39:福岡 2.5 (▼38) 東福岡=1回戦

41:広島 2.0 (△43) 広島皆実=2回戦
41:香川 2.0 (△43) 香川西=2回戦
41:島根 2.0 (▼38) 大社=1回戦
44:京都 1.0 (▼41) 伏見工=1回戦
44:長野 1.0 (▼43) 武蔵工大二=1回戦
46:富山 0.5 (▼22) 富山第一=1回戦
47:新潟 0.0        北越=1回戦

No.520/サッカー雑記

高校サッカーランキング | trackback(1) | comment(0) |


2005/08/11 (Thu) 高校サッカーランキング RETURNS

高校サッカー関係の掲示板なんか見てると揉めてるわけですよ。
「もう静岡をサッカー王国と呼ぶな」「長崎は国見だけだから千葉が新しいサッカー王国だ」「いや、地域のレベルでは九州がトップでは」とか。

でもって、それならUEFAランキングみたいなのを高校サッカーで作ってみたら面白そうだなと思い立った。
群馬にも育英や前商がいるし、どのくらいの位置に来るのか興味あったし。

別に数学関係の専門的知識もないので、どっかに変なところがあるやもしれないけど、まあいいじゃん(笑)
あくまで参考記録で、だいたいの勢力図は示されてると思うので。

それに作って分かったけど、高校サッカーって地元の高校と一部の強豪校以外ってほとんど興味ないから、意外なところが上位にいたり下位にいたりしてビックリしたり、高校サッカーの見方がちょっと変わったりする。

それと当然ながら、群馬を含め特定の地域・高校・クラブへの肩入れは一切なし!

No.519/サッカー雑記

高校サッカーランキング | trackback(0) | comment(0) |


2005/08/10 (Wed) CLはいよいよ3次予選

-予選3回戦 第1レグ-
◆エバートン 1-2 ビジャレアル

念願のCL予選出場を果たしたチーム同士という、なんとも皮肉なカード。
どっちを応援すべきかかなり困る状況だったが、気づいたらビジャレアル目線で見ていた。やっぱり、普段リーガを見てるからなあ。

で、試合を見ててもビジャレアルの方がCLで見たいなと思うに至った。「アルゼンチン選抜」化して、テンポの良いパスワークが楽しいビジャレアルに対して、エバートンはこれでもかとハイボールを放り込む。
エバートンを全然知らないけど、プレミアでもこんなんだろうか?まあ、これはこれでイングランド的で良しだけど、好みではない。

ゲームはフィゲロアのファインゴールで先制したビジャレアルが、追いつかれた直後の前半ロスタイムにホシコの決勝ダイビングヘッドで勝利。
敵地で2点を奪っての勝利で優位に立った。


その他では、こっちも注目だったベティスvsモナコでベティスが1-0で勝利。
開幕の遅いリーガ勢だけど、ダテにこの場に来てない感じだ。

No.518/サッカー雑記


欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(11) |


| TOP | next >>

PROFILE

ペンギンジャンプ

CALENDER

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ENTRIES

ONGAKU

ビョーク 「ポスト」 ドアーズ 「ウィンタータイム・ラヴ」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ 「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」 電気グルーヴ 「虹」
ビートルズ 「リボルバー」 チャラ  「あたしはここよ」
カヒミ・カリィ 「アイ・アム・ア・キトゥン」 ジミ・ヘンドリックス 「ブードゥー・チャイルド(スライト・リターン)」
ルー・リード 「トランスフォーマー」 椎名林檎 「無罪モラトリアム」
吉川晃司 「モダン・タイム」 矢野顕子 「峠のわが家」

[アーカイブス]
…けっこうな動画集になってしまった
    

Twilog

    

CATEGORY

ARCHIVES

SouthAfrica2010

   

EURO2008

予備サイト
[ENTER]

GERMANY2006

折角なのでしばらく残しとこ。



DENTAKU

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

Gallery

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

FC2カウンター

OTENKI

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。