前橋のほどよい郊外//興味のままに・・・で、チャンピオンズリーグ、Jリーグ、リーガ・エスパニョーラ・・・サッカー多し
2005/06/30 (Thu) シミュレーション完了

◆ブラジル 4-1 アルゼンチン
やっぱ、きつい!

今回は大会運営のシミュレーションも兼ねてたけど、こっち(TV視聴者)のシミュレーションにもなった感じ。

たぶん今回と同じように、(日本時間で)午前1時頃&午前4時頃開始の2試合と、あとは午後10時頃開始の試合があるんじゃないかと思うけど、午前4時頃のはさすがに・・・。
おそらく、準々決勝までの約3週間は毎日ぶっ続けだろうから・・・あな恐ろしや。

フランス・ワールドカップの時、日本初出場ということもあってテンションが上がり、全試合ライブで見続けた結果、オランダvsユーゴ(決勝ラウンド1回戦)のハーフタイムについに力尽きて爆睡したことを思い出す・・・(笑)
我ながらよく頑張ったなあ。

そういえば、フランスの時とほぼ同じなんだろうね。でも、さすがに今回は試合を選ぼう。
となるとやっぱり、スカパーの録画中継も重宝しそうだ。というか、NHKで見た試合もスカパーの実況・解説陣で見直したくなるような気もする(笑)


ええと、決勝戦の感想は・・・拍子抜け、の一言。
いったいどうしちゃったんだろ?アルゼンチン。

でも、互いの敵対心の凄さは伝わって来た。
キックオフ直後にリケルメを引っかけときながらにらみつけるロナウジーニョや、ブラジル選手に対して90分間絶えず蹴りつけ、踏んづけ、肘うちし続けるコロッチーニ(笑)



No.469/サッカー雑記

スポンサーサイト

サッカー:その他 | trackback(1) | comment(0) |


2005/06/28 (Tue) コナンといったら未来少年だよね

◆「BSアニメ夜話」
第4弾の初日は、宮崎駿の最高傑作という声も高い「未来少年コナン」。半ば賛同。

スペースシャトルが地面に突き刺さってる光景や、海の中にビルなどの街並みが沈んでる光景はけっこう衝撃的だった記憶があるなあ。
でも、ホントの面白さを分かったのは大人になってからだった。
ラナって、ただのかよわい女の子じゃなかったんだ!とか。

僕の最も印象的な場面は、モンスリーの部隊によるハイハーバー侵攻が大津波にあって失敗。モンスリーが茫然と「負けたわ・・・」とか言ってたシーン。
あと江川達也同様、僕もハイハーバーでのふつうの一日を描いた「島の一日」好きだったな。
それと、ジムシの飼ってた豚「ウマソー」のネーミングは最高だった(笑)

この日は宮崎駿と名コンビで、作画監督だった大塚康生さんがゲスト。少年時代の鉄道や軍用車両のスケッチには感嘆!



No.468/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/27 (Mon) 衣替えの季節

なんか、テンプレートの数がすごいことになってるな。約800種類だって!
季節(4ヶ月)ごとに変えようと思ってたけど、1ヶ月ごとでも困らなそうなことになってる。(デザインにこだわらなければ毎日の変更も可能か。)

せっかくなんで、テンプレートの変遷を記録しておくことにした。


「blue」

2005年1月1日、記念すべき最初のテンプレートに選んだのは公式だった「blue」。
ブルー系でシンプルなものと思ってて目に留まった。


「print」

ほどなく(日付不明)変えたのが、これも公式だった「print」。
同じブルー系で、さらにシンプル。印刷用紙風デザインも面白くて何の気なしに変更。


「gray」

たしか3月1日、これからは1ヶ月ごとに変えんべっと思って変更したのが 「gray」。これも公式だったかな?
グレイとグリーンの渋い色合いと、シンプルさが気に入ったのだった。
でもって、ビックリしたのはここまでの三つがいずれもYoung Youngさんの作成だったこと。
作者名なんか全く気にせずに選んでたのに


「sharpgreen」

そして、4月から使ってるのがNao-Net Designさんの「sharpgreen」。
春らしい感じのがいいやと思ってたら、明るいグリーンが目に留まった。

7月からは、初めて凝ったやつにする予定。



No.467/ブログ雑記

その他 | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/26 (Sun) だいじょぶか、ドイツ

◆ドイツ 2-3 ブラジル
直前にやってたワールドユースのオランダvsナイジェリアがPK戦にもつれ込み、さらにそのPK戦も12人目までもつれ込んだために、気づいたら前半30分越えてやんの。
ナイジェリアのあほ選手、キッカーに指名されてから靴ひも結んでんじゃないよ!

クリンスマンの攻撃的ドイツ代表を見て思い出すのは、最近のブレーメンとかレバークーゼンだったりする。
見てて楽しい攻撃サッカーだけど、守備は少々雑(笑)
まあ、今までの「バイエルン・ミュンヘン」より個人的には好きだけど、時たま守備が整備されたときしか「優勝」に縁がない雰囲気も似てたりするのはどうなのよ。
特に、まさか今後もフートで行くのか?ってあたりは注目。


ワールドユースをコンフェデと同じ時期にやっちゃったらダメだね。フル代表との差が如実に見えちゃって、いろんな意味で物足りなく感じて。
そうそう、高校野球で見る甲子園がプロ野球の時より広~く感じたり、三遊間にゴロが飛んだら簡単に内野安打でなんじゃそれ?って感覚。



No.466/サッカー雑記

サッカー:その他 | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/24 (Fri) Wあおい復活っ

「Wあおい」(笑)こと、宮崎あおい&蒼井優


映画「害虫」にて、好きな子を奪われ最後は放火された(蒼井優目線で)コンビが「ファイブミニ」のCMで復活!



映画とは違って、コミカルなものらしく、楽しみ。
この写真だけでもイイ感じだもんね。


久々にサッカー以外のこと書いたな~。



No.465/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/23 (Thu) ブラジル戦

日本 2-2 ブラジル
まあ、もちろん課題はまだたくさんあるし、グループリーグ敗退という結果は結果だから手厳しい意見もあって当然だけど、それはセルジオさん達に任せといて、僕としては手応えを得た良い大会だったなっ、という感想。
久々に中盤でポンポンとパスが回る代表を見て、なんだ、やれば出来るんだと少しホッとしてしまった(笑)

アルゼンチンやドイツとこういう公式戦で戦うチャンスを逃したことは残念といえば残念だけど、このコンフェデがワールドカップのシミュレーションになるわけもなく、本当のサプライズは本番に取っておけっ!て感じだ。

気になったのは2度目の同点にしてからの最後の数分間。
日本ってパワープレーが下手で(笑)今回は特に中澤もいなかったこともあるけど、この点だけは平山のいたユース代表の方が迫力あったなあ。

とりあえず、UAE~バーレーン~日本~タイ~ドイツの長旅、ご苦労様。

追記:俊輔の移籍金がつり上げられて、移籍に支障が出そうだな。心配。



No.464/サッカー雑記

日本代表 | trackback(1) | comment(0) |


2005/06/22 (Wed) 無題

ああああああああああ!
ミスター・キム、今ならかまわない。永田町あたりに核ミサイル一丁頼むっ

・・・ちょっと、今、暗黒面に入り込んでるのだ。あしからず。
たぶん、明日には治ってるでしょうといいつつ、絵文字をどれにしようか選択してるよ(笑)



No.463

その他 | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/22 (Wed) ユース、16強止まり

日本U-20 0-1 モロッコU-20
今大会で一番良い試合で敗退なんて、なんとも皮肉な結果。それも、ロスタイム・・・。
ただ、結局グループリーグでチームとしての自信というか確信を得ていたかどうかが、勝負の分かれ目になった感じで、オランダ戦はともかくベナン、オーストラリア相手の不甲斐ない戦いのツケとも言えたなあ。
まあ、この大会は将来に向けて何か掴めればいいんだけど、なんか消化不良で終わってしまった。

気になったのは平山。完全にナマりきってるなあ。
前回は徳永ががんばってたけど、兵頭ともども、やっぱり大学行ったらまずい感じ。

あとは大熊監督の采配もナマってた(笑)今大会は解説者も「分からないですね・・・」という交代が多かったし。
個人的には本田、前田をもっと見たかったなあ。

それと、チャレンジに行ってたのが家永と水野だけだった点については、前々回のワールドユースの記事を見てて笑ってしまった。
「勝負に行かない」「リーダーがいない」「コミュニケーション不足」・・て、同じじゃん!
結局、これって教育や日本社会の問題にまで行き着いちゃう。



No.462/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/20 (Mon) ギリシャ戦

日本 1-0 ギリシャ
いや~、久々にキモチイー試合ちょっと意識を高く持って、選手の配置を換えるだけで、こんなに変わるもんなんだなあ。
ブラジル代表と言ったら確実に言い過ぎだけど(笑)それぐらいファンタスティックな気分だった。(デンマークぐらいがちょうどいいかな。)

確かにギリシャのコンディションは目に見えて悪くてマークはゆるゆるだったから割り引いて評価する必要はあるけど、国際試合で(それも公式戦)そんなの言い訳にならないし、そういう相手にきっちり勝利したのはヨカッタヨカッタ。

あと、本来なら最低でも2点目を奪っておかなきゃならないゲームで、「決定力不足」という課題がまたもや出て来たけど、久々に「攻撃力不足」から昇格だ(笑)
なんか、僕もチャンスをたくさん作ってたことで安心してしまった。僕もFWも、あんまりチャンスが多い試合に馴れてない(笑)

昨日のユース代表とは正反対の効率の悪い勝利だけど、こっちの方がイイね!

追記:TBSの方に出てる細田阿也さんもイイね!



No.461/サッカー雑記

日本代表 | trackback(1) | comment(55) |


2005/06/19 (Sun) ユース代表もクール・ビズ

◆日本U-20 1-1 オーストラリアU-20
罵詈雑言を準備してたら、なんという幸運
未勝利の勝ち点2でグループリーグ突破なんてアリかいな(笑)
まるで、フル代表みたいな超省エネ。そういや、クール・ビズなんてやってるけどさ(笑)

コンフェデ始まってるから、ここまでっ。



No.460/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/17 (Fri) 真夜中にブラジルを堪能す

◆ブラジル 3-0 ギリシャ
まずい日本料理の口直しとばかりに、また生で見てしまった。今、ひどい眠気。 

ブラジルが攻めても攻めてもゴールできない状況に、ユーロのイヤ~な光景がフラッシュバック。
こんな感じで、チェコもポルトガルもやられちゃったんだよな・・・。
そんな感じで、だんだんギリシャがウザくなってきた時だったんで、アドリアーノの大陸間弾道ミサイルシュートにはスッキリ!!

それにしても、ロナウジーニョ、カカ、アドリアーノ、ロビーニョによって紡ぎ出される攻撃はビューティフルでファンタスティックでスーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャスで・・・。ほれぼれ。
ここにいつもなら、右からカフー、左からロベルト・カルロスがガンガン上がって来るんだからなあ。
ちなみに、今リベルタドーレス見れてるので、右SBのシシーニョ(サンパウロ)は期待してたんだけど、イマイチだったな。

最後はリヨン名物、ジュニーニョ・ペルナンブカーノのFKもアーティスティックに決まり、終了。気持ちの良い朝を迎えたのだった。

というか、3戦目もこのメンバーで来られたら、日本、ボッコボコにされそうだ。



No.459/サッカー雑記

サッカー:その他 | trackback(1) | comment(47) |


2005/06/17 (Fri) メキシコ戦

日本 1-2 メキシコ
今からでも遅くない。監督代えるべきだよ(笑)
たぶん、「ちゃんとした」監督連れてくれば、1年でジーコ以上の仕事するんじゃないか?

奇跡的な先制点以外は、玉田が出て来た終盤までゴールの予感さえなく、同点にされてもリードされても全くリズムの変わらない単調なサッカーに終始。
柳沢の1トップも、偶然に機能したに過ぎなかったのが分かっちゃった。

たしかにメキシコはFIFAランク・トップ10のチームだし、ひとつの目標を達成した直後なんだけどね・・・。
だったら、余計にチャレンジしなきゃなあ。

昨日、果敢に攻撃を仕掛けるオーストラリア見ちゃったから、かなりガッカリ。
この調子じゃ、ギリシャ相手になんか何もできずにセットプレーでやられそう



No.458/サッカー雑記 

日本代表 | trackback(1) | comment(2) |


2005/06/16 (Thu) コンフェデも開幕っ

◆ドイツ 4-3 オーストラリア
アルゼンチンvsチュニジアはワールドユースと重なってしまったので。
つまり、生で見てしまった

でも、その価値はあった好ゲームで、それを演出したのがオーストラリアだった。
あのチームが今度からAFCに来ると思うと、けっこう大変だ。
欧州的な、フィジカルの強さを生かしたシンプルな組織サッカーって、日本はけっこう苦手なはずだし。

というか、前回大会にしっかりオーストラリアが出て来て、こんなサッカーやってればオセアニア地区に無条件に出場枠「1」が与えられたんじゃないかと思ってしまう。

あと、ドイツも若手選手が生き生きしててなかなか。テストの意味合いが強そうだった守備陣はひどかったけど。



No.457/サッカー雑記

サッカー:その他 | trackback(1) | comment(0) |


2005/06/16 (Thu) 眠っ

日本U-20 1-1 ベナンU-20
なんというか、じれったいチームだなあ。
特に攻撃面では水野のFKと家長のドリブルだけしか見どころがなくて眠かった。
些細なパスミスが多すぎて、数的有利も生かせなかったし。
どうやら追い込まれないと吹っ切れない、日本の悪癖は忠実に受け継いでる感じ(笑)

頭が回らないのでこのくらいでzzz。



No.456/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/15 (Wed) 週刊CL NOW その4

WC予選などでご無沙汰になったので、「週刊」をつけて取り繕っりして。

◆リバプール、1次予選出場
この一週間で最大のニュースはこれだろう。予想通り、特例が認められたようで。
1次予選からという決定も、よく考えたらそれしかないなという感じ。イングランドに5枠ってのは無茶だし、エバートンかリバプールかというのはFAの仕事だったろうし。

でもなんか、逆にリバプールにとってはめんどうな事になった気もする。
なにしろ、1次予選までは約1ヶ月しかなく、チーム作りをしながら真剣勝負をこなさなくてはならない。
まあ、1次・2次あたりは多少の問題があっても勝ち抜けるだろうけど。

で、3次予選だ。
来季のリバプールにとっての、もしかしたら最大の至福は、チャンピオンとしてビッグイヤーとともにアンフィールド(当然、本戦の開幕戦)に降り立つ瞬間だろうから、ここで負けたらUEFAの計らいは全て水の泡ですよ。
極端な話、本戦で今季のようなことはおそらくない(笑)だから、本戦はいいから、ここは絶対勝ってくれよ!


移籍ばなしや、決定したばかりの来季出場クラブはこっちに載せた。>>チャンピオンズリーグ・ノート



No.455/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/14 (Tue) ホワイト・ストライプス 「エレファント」

ホワイト・ストライプス 「エレファント」


レディオヘッドがメジャーのド真ん中で「キッドA」なんてのを作り、それがまた売れまくったことで、「ポスト・ロック」なるものは、もう終わりだなという感じだったのが2000年。

そして、その後に来るものがシンプルなギター・ロックだろうなんてことは、ちょっとロックの歴史を知ってればだいたい勘付くもんだ。
ギターロック好きによる「芸術気取ってんじゃねーよ」なんてツッコミもそんな雰囲気を醸し出してたし(笑)

すると案の定、出て来た出て来た!
ストロークス、ハイブス、ブラック・レーベル・モーター・サイクル・クラブ・・・。
そして、そんな中に浮上してきたバンドのひとつがホワイト・ストライプスだった。
赤と白のモノトーンというあまりに見事なビジュアル・イメージに、すわハイプか!?と思ったら、ホンモノだったんだな~。

僕はというと、「シンプルなギターロック」に特に思い入れもないので(キッドA大好きだし)、シンプルすぎて味気ないなという感じだった。
で、その評価を180℃変えたきっかけは、実はグラミーでのパフォーマンス。
「セブン・ネーション・アーミー」とかやってて、おわっカッコイーつーか、ライブも二人だけでやるのかよ!、と感動。
遅ればせながら、ちゃんと聴いたのだった。

この4thアルバムは、なんでもたった2週間で作ってしまったという「シンプル・イズ・ザ・ベスト」にも程がある作品(笑)
ある意味使い古された方法論を使って、これだけダイナミックでカッコイイことができる彼らに脱帽だ


追記:
グラミー賞パフォーマンス



The White Stripes - Seven Nation Army
ã?¢ã??ã??ã?­ã?¼ã??æ?½è¡?è?? 123Rock


>>アーカイブス

No.454/音楽雑記P

音楽 | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/13 (Mon) Kicking Beauty

◆第2回フジテレビ739カップ
面白かったっ。途中から裏でバルサやってたけど、こっちを選択したぞ。
その熱さたるや、「なんで、アイドルがフットサルやってんの?」などというつまらないツッコミの入る余地なし
フットサルコートはアイドルの新しいステージで、オーディションの応募用紙に「特技、サッカー」なんて書いておけば、合格するんじゃないか?なんて気もしてしまう(笑)

圧倒的なサポーターの数も含め、大会の主役はやっぱりハロプロのガッタス・ブリリャンチスHPになるけど、強力なライバルとして立ちはだかる野田社長のとこ(サンズ)のカレッツァの存在が大会を盛り上げてる。
不敵な笑みで戦況を見守る野田社長のたたずまいは、スポコン・マンガに出てくる敵役の監督そのものだし(笑)

そして、CHOOP(袴田吉彦が監督。恋から卒業生がなぜかいる。)、FANTASISTA(平均年齢14歳ちょっととやたらと若い)なども、その2チーム脅かしつつある感じ。

決勝は予想通り、ガッタスとカレッツァが激突。どうやら、キープレイヤーの是永美記(ガッタス)と小島くるみ(カレッツァ)が互いにマークを指示されたらしく、前半は膠着状態。
しかし、後半はカレッツァが2度リードしては、ガッタスが2度追いつく激闘に。あまりにスリリングな展開に、ベンチの辻希美は挙動不審(笑)
でもって、PK戦がまた互いに譲らずサドンデスにもつれこむ死闘。
もう感極まって泣き出す娘も多く、泣きながらシュートしてた娘もいた。しっかり決めてた。
最後はカレッツァのキャプテン河辺瞳が外すというバッジオな結末で、ガッタスが第1回の雪辱に成功したのだった。

ガッタスはさすがに吉澤ひとみ、藤本美貴、石川梨華、里田まい・・・など華やか。
でも個人的にツボだったのがGKの辻希美。とにかく危なっかしいけど、みんな真剣な表情の中で一人愛嬌があってさ

珍しく長々と書いたなあ。それだけ見応えあったのだ。



No.453/サッカー雑記

テレビ | trackback(1) | comment(62) |


2005/06/12 (Sun) ザスパの2勝目を堪能す

◆鳥栖 0-1 ザスパ
アウェイなんで群テレはやらず、Jスポーツ1の録画放送もついさっきあったのだった。

とてもJ2らしい?淡々とした膠着状態でまったりと観戦。そして、終了間際の決勝点はまさに「存在しないPK」によるイタリアンなもので苦笑してしまった。

でも、勝利は勝利!
この幸運を次節につなげよう



No.452/サッカー雑記

Jリーグ&ザスパ | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/11 (Sat) ワールドユース開幕っ

◆オランダ 2-1 日本
ホスト国との開幕戦、それも優勝候補ということでかなり難しい試合は予想されたけど、オブス・アベイェって、なんじゃあれ
中村北斗が対応の仕方を図ってるうちにやられてしまった。
フランスWCで韓国が大虐殺された試合を思い出したけど、なんとか試合になってよかったよ
ただ、最後のカレンと森本には決めて欲しかったけど
心配してた平山もゴールも決めたし、まずまず。さすがにバベルとは見劣りしてたけど、再び海外からオファーが舞い込む予感。なんとか順調に育って欲しいね

試しに絵文字を使ってみた



No.451/サッカー雑記

日本代表 | trackback(1) | comment(0) |


2005/06/10 (Fri) WC予選 高見の見物記

実際には日本はそんなに悠長な身分じゃないけどさ(笑)
でも、「ワールドカップの本質・面白さは、本大会には既に存在しない!」と言う人もいるくらいだから、予選も楽しまなくちゃ。
幸い、Jスポーツ1だけでなくBS1でもけっこうやってくれて嬉しい。

◆フェロー諸島 0-2 アイルランド
イスラエル戦と両方見られたアイルランド。2002年の好印象があるから、なんだか応援してしまう。
ブリティッシュ系の国はサポーターが大会を盛り上げてくれるし。
でも、けっこうきつい状況みたいで。
この試合も格下相手にきっちり3ポイントを確保したけど、前半はけっこう苦戦してた。

◆スペイン 1-1 ボスニア・ヘルツェゴビナ
こちらもリトアニア戦と両方見られたスペイン。この試合はなんとかロスタイム5分のゴールでドロー。ホームだから、それでも痛いな。
にしても、スペインの決定力不足がかなり重症な感じ。ホント、スペインみたいなのが「決定力不足」で、日本の場合はただの「攻撃力不足」なんだと分かるくらい、山のようなチャンスを決められなかった。

びっくりしたのがバルバレスのリベロ。前にボランチやっててびっくりしたけど、DFもこなせるのかよ!

◆エストニア 0-1 ポルトガル
危なっかしいスペインに比べて順調なポルトガル。ユーロ以来、立場が逆転?
組合せの違いもあるだろうけど、フェリペ監督の手腕も感じる。

◆イラン 1-0 バーレーン
アジア予選は、終わってみれば全くの無風地帯。中国のマヌケっぷりだけが際立つことに。
欧州、南米はもとより、アフリカあたりもかなり厳しい競争率なのを見ると少々気が引けるけど、まあ今回は日本と韓国のがんばりの賜物ということで(ホストだったとはいえ)。



No.450/サッカー雑記

サッカー:その他 | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/10 (Fri) 気分はドイツ

◆北朝鮮 0-2 日本
一晩明けて、いろいろ冷静に振り返ろうとしたけど、なんかもう「過ぎた事」はどうでもよくなってしまった。
コンフェデはじめ、もうワールドカップへの準備に気が回り始めてる。(早すぎ?)
でも、すでに出場の決まった国の中で(ドイツ除く)、いち早く国際Aマッチの公式戦を戦えるのは日本だけだし。有効活用しなくちゃ。(追記:アルゼンチンもいたようで)

とにかく、ここからは本大会のメンバー入りへ向けての選手同士の戦いも始まるわけだけど、今回は選考が前回よりさらに物議を呼びそうな予感。

現時点で勝手に23人を選ぶと・・・
GK/川口、楢崎、土肥
DF/宮本、中澤、田中、坪井、茶野
RW/加地、(三浦アツ)
LW/アレックス、三浦アツ
Vo/小野、福西、稲本
At/中田ヒデ、俊輔、小笠原
FW/高原、鈴木、大黒、柳沢、玉田、久保

ってあたりになるのかな。もちろん、小野、高原、久保はケガが治る事が前提。
FW6人は多すぎって感じだけど、絶対的な選手がいないだけに数打ちゃ当たる理論(笑)
遠藤、本山、中田浩、大久保、松井、石川、永井、今野、村井、田中達也・・・競争を活性化できる選手はまだたくさんいて大変なこっちゃ。
とにかくちゃんと試してくれよ、ジーコ。



No.449/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/08 (Wed) 祝!!

ぶっちゃけていうと、日本代表がいなくてもワールドカップを楽しむ自信はあった(笑)
でも、やっぱりね!
特にアジア勢に対しては、負けやがれ!という気持ちと、アジア枠をなんとかキープしてよ!という相反する気持ちに引き裂かれることになったろうし。

世界で一番乗りってのも、どうでもいいけど気持ち良い!
さあ、残り30チームの行方を高みの見物じゃああああ(笑)



No.448/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/07 (Tue) CL NOW その3

◆ビジャレアル、MFバレンシア(エル・ナシオナル/エクアドル代表)獲得
そんなことより、フォルラン、リケルメは残るんだろうな。

◆スパレッティ監督(ウディネーゼ)辞任
せっかくCL(予選)に導いたのに。こっちもやっぱり、魅力的なオファーがあるんだろう。

◆マンU、GKファン・デル・サール(フルハム/オランダ代表)獲得
シュマイケル以降、確固たる守護神が生まれないマンU。これで解決か?
でも、ファン・デル・サールもいつの間にか34歳なんだね。

その他、
◆アヤックス、FWローゼンベリ(マルメ/スウェーデン代表)獲得
◆PSV、MFバイリネン(ヘーレンフェーン/フィンランド代表)獲得
◆リール、MFギガ(チューリヒ/スイス代表)、DFリヒシュタイナー(グラスホッパー)獲得
◆ソコタ(ベンフィカ/クロアチア代表)、ポルトへ移籍



No.447/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/06 (Mon) スカパー大開放デーを振り返る

◆「Movin'you」(スポーツ・アイ ESPN)
EXエンタテイメントではみうらじゅんと安齋肇が勝手に観光してたけど、ちょっとザッピングしてたら発見。
小椋久美子&潮田玲子が出てたのだ。

◆「シャーロック・ホームズの冒険」(ミステリチャンネル)
無料デー恒例のホームズは「海軍条約事件」をやってた。
「バスカビル家の犬」の前編もやってたけど前編だけ見てもしょうがないのでスルー。

◆「ELEVATION」(スペースシャワーVMC)
わ~い!KLFの「ジャスティファイド・アンド・エインシャント」見れたっ!
契約してた頃、リクエストしたけど音沙汰なしだったのだ。
ちなみに、リクエストに採用されたことが一度だけある。電気グルーヴの「ドリルキング社歌2001」(笑)

◆「冗談画報2」(フジテレビ721)
すごいね。
15年前の劇団SHALALA(ウッチャンナンチャン、出川、入江雅人etc)、伊集院光、関根勤、ルー大柴、中村ゆうじ、ビシバシバシステム、遊機械全自動シアター・・・。
総集編だったので、ちょっとずつたくさん見れた。



No.446/テレビ雑記

テレビ | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/05 (Sun) 「満月」の夜が明けて

◆バーレーン 0-1 日本
昨日までの気の滅入るような不安はなんだったの?というほどの快勝だったな~。
あと1点ぐらい追加して、たまには楽にロスタイムを見させてくれよとは思うけど(笑)

日本の急造1トップシステムが妙に機能してたのも嬉しい誤算だったけど(日本代表で1トップが機能した記憶ってないよ!)、バーレーンが意外なくらい迫力がなかったのも嬉しい誤算だった。なんとかいうFWの不在は大きかったようだ。
それに、国外でプロとしての1年目を過ごした選手が多く、かなり疲労もあったらしい。

選手層といい、フィジカルの調整といい、まがりなりにもプロ化13年目&2度のWC出場を果たした日本に一日の長があったようで。
でも、そんな相手にビクビクするほど、今の代表がイマイチ信用できなかったんだけどね(笑)

MVPはやっぱり中田ヒデ。セリエAでの鬱憤を一気に発散したような強烈なリーダーシップで中盤に君臨。さながらドゥンガかロイ・キーンか。
おとなしい選手が多いだけに、こういうリーダー、やっぱり重要だな。

小笠原への評価も上がったかも知れないけど、まだまだ!
僕の小笠原への印象は「月」。要するに「太陽」がなきゃ輝かない。中田ヒデや俊輔や小野がいて、ようやく活躍できるという感じ。
だから、次の北朝鮮戦はまさに真価を問われる一戦になりそう。ここで「太陽」になれれば、秋にはセリエAでプレーしてるんじゃないか?

とりあえず、僕はそれまで浮かれて過ごすけど、監督、選手、スタッフはまだまだ気を緩めないでくれ。
そんな教訓をドーハで味わってるのも、「一日の長」になってるはず。



No.445/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/04 (Sat) これで決まったろ!

・・なんて思いつつ、とりあえず寝るっzzz。



No.444/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/02 (Thu) CL NOW その2

◆ジェラール(バルセロナ)、モナコ移籍
ファンボメルに押し出される形でサビオラと同じ道に。
モナコは他にもFWマウリダ(レンヌ)、MFソルラン(レンヌ)、GKバルムズ(ドルトムント)を獲得と、活発。

◆ウディネーゼも動く
DFビジガウ(リボルノ)、FWバレット、MFダゴスティーノ(ともにトレビゾ)を獲得。
予選でさえ初出場だからね~。

◆ベンフィカ、トラパットーニ監督辞任
11年ぶりのリーグ優勝に導きながら。
家族がどうこう言ってるけど、やっぱりセリエAのビッグクラブからオファー?

追記
◆ベティスもあった
FWレゲイロ(サンタンデール)を獲得。
こっちも補強に忙しい夏に。



No.443/サッカー雑記

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

PROFILE

ペンギンジャンプ

CALENDER

05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ENTRIES

ONGAKU

ビョーク 「ポスト」 ドアーズ 「ウィンタータイム・ラヴ」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ 「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」 電気グルーヴ 「虹」
ビートルズ 「リボルバー」 チャラ  「あたしはここよ」
カヒミ・カリィ 「アイ・アム・ア・キトゥン」 ジミ・ヘンドリックス 「ブードゥー・チャイルド(スライト・リターン)」
ルー・リード 「トランスフォーマー」 椎名林檎 「無罪モラトリアム」
吉川晃司 「モダン・タイム」 矢野顕子 「峠のわが家」

[アーカイブス]
…けっこうな動画集になってしまった
    

Twilog

    

CATEGORY

ARCHIVES

SouthAfrica2010

   

EURO2008

予備サイト
[ENTER]

GERMANY2006

折角なのでしばらく残しとこ。



DENTAKU

電卓

リンク

Gallery

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

FC2カウンター

OTENKI