FC2ブログ
前橋のほどよい郊外//興味のままに・・・で、チャンピオンズリーグ、Jリーグ、リーガ・エスパニョーラ・・・サッカー多し
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/03/09 (Wed) 欧州CL 決勝R1回戦第2レグ その1

◆チェルシー4-2(計5-4)バルセロナ
もしかしたら、モウリーニョはまず守備的に入って「1-0」をピンポイントで狙いに行くのでは?と思ったが、ゲームは予想外の点の取り合いに。

チェルシーの先制点は、すっ転んだシャビ(結局、この日のバルサを象徴するようなプレー)からボールを奪ってのカウンター。
早すぎる失点に、バルサも動揺。落ち着いて1点だけ取ればいいものを、焦ってカウンターを食らいあっという間に3失点。にしても、この日のバルサ守備陣はひどいのなんの。

チェルシー圧勝ムードとなったけど、ちょっと待てよ、と。こうなると必ず主審(コッリーナさん)にバランス感覚が生まれ、判定がバルサ寄りになるぞ。バルサが1点でも返したら、もう1点差。いや、実際は0.5点差だ。まだ分からん!
すると、予感通りにバルサにPK。1点返して「0.5点差」。そして、ロナウジーニョの魔法のようなトー・キック!チェフが反応もできなかった。形勢逆転。

ただ、バルサのリードも「0.5点」。バルサが勝つならもう1点追加しないとヤバかった。チェルシー攻撃陣も徐々に停滞していったけど、それでもこの日の守備じゃ終盤何が起こるか分からなかった。
そう考えると、イニエスタのシュートがポストを叩き、エトオがこぼれ球を外した時、もうバルサの命運は尽きてたのかもしれない!とは大げさかな(笑)

CKからテリーのヘッドで再逆転に成功したチェルシー。こうなると、ゲームは1点の守り方を心得てるチェルシーのものだった。

個人的には美しいアタッキングサッカーをもっと見たかったけど、「事実上の決勝戦」の名にふさわしい名勝負だった。

ミラン1-0(計2-0)マンU
マンUにもチャンスはあったけど、実際にはミランの完勝だったなあ。
老練な守備陣の前ではC・ロナウド、ルーニーも子供扱い。ただ一人がんばってたギグスが負傷交代した時点で勝負アリだった。

ギグスの負傷交代によりマークの空いたカフーが決勝アシストしたのも皮肉な話。

関係ないけど、カフーのいつもの「余裕の笑み」。僕はなんか不気味に感じるんだけど(笑)気のせいか。



No.356/サッカー雑記

スポンサーサイト

欧州チャンピオンズリーグ | trackback(2) | comment(0) |


| TOP |

PROFILE

ペンギンジャンプ

CALENDER

02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ENTRIES

ONGAKU

ビョーク 「ポスト」 ドアーズ 「ウィンタータイム・ラヴ」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ 「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」 電気グルーヴ 「虹」
ビートルズ 「リボルバー」 チャラ  「あたしはここよ」
カヒミ・カリィ 「アイ・アム・ア・キトゥン」 ジミ・ヘンドリックス 「ブードゥー・チャイルド(スライト・リターン)」
ルー・リード 「トランスフォーマー」 椎名林檎 「無罪モラトリアム」
吉川晃司 「モダン・タイム」 矢野顕子 「峠のわが家」

[アーカイブス]
…けっこうな動画集になってしまった
    

Twilog

    

CATEGORY

ARCHIVES

SouthAfrica2010

   

EURO2008

予備サイト
[ENTER]

GERMANY2006

折角なのでしばらく残しとこ。



DENTAKU

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

Gallery

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

FC2カウンター

OTENKI

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。