前橋のほどよい郊外//興味のままに・・・で、チャンピオンズリーグ、Jリーグ、リーガ・エスパニョーラ・・・サッカー多し
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/02/27 (Mon) トリノ終わってうだうだと

個人的にオリンピックが面白いのは、ワールドチャンピオンを争う極限の戦いがまとめて見られるからで、日本選手の活躍はまた別の楽しみだったけど、さすがに今回ほどメダルが獲れないとテンション落ちていったなー。
メダルって、五輪観戦の疲労回復特効薬だったんだなと分かった(笑)

結局、今大会のメダルは金メダル1個。
前回からは1個しか減ってないし(といっても50%ダウンだけどさ)、その1個も冬季五輪の中でも人気競技での金メダル。
にも関わらず、前回より「惨敗」感が強いのはなんなんでしょう?

ただ惨敗といっても、実際にメダル逃した感があったのは、加藤条治と村主章枝(荒川とどっちかという感じだった)ぐらいだから、「実力通りの」惨敗って感じだったけど。

そういや、前回は里谷多英が序盤で獲ったんだったと思い出す。今回は13日目でようやくだった。「メダルなし」の状態が続いてたのが雰囲気的に大きかったのかも。
それから、世代交代の失敗がはっきりしたこともあるか。長野で活躍した選手がまだ頑張ってるんだもんな。ベテランの頑張りはそれはそれで感銘を受けるけど。
前回は、長野でピークを迎えた選手から次の世代が台頭する谷間の五輪という、楽観的な感覚がどこかにあったのかもしれない。

でもって、敗因はもうあちこちで出てる。強化の失敗やライバルの調査不足などなど。
競技によって違うけど、その根底にあるのは、やっぱりスポーツの地位の低さと競技環境の悪さだよなー。

どっかの知事が「気合いが足らない」とか言ってたけど、現状で競技続けてるだけで気合いあるんじゃないか?
今大会のわずかな「勝ち組」も、フィギュアは荒川静香がインタビューで答えたように相次ぐリンクの閉鎖がニュースになってたし、スキーはスノボに奪われて競技人口が減少中らしい。
カーリングだって、北海道出身の彼女たちが「チーム青森」にならなければいけなかった。
各協会のがんばりも必要だけど、国や社会のバックアップ体制もちゃんとせにゃと思う。

Jのビッグクラブには、早く他のスポーツチームを持つようになって欲しいな。
実際、皆川賢太郎はアルビレックスだしね。
グランパスなんかフィギュアスケート始めりゃいいのにと、勝手に思う。
ザスパもいつかスキーチームなんかできればね~。環境はサッカーより良いし(笑)

あとはメディアだなあ。
4年に一度だけ騒いでるんじゃないよ・・・と選手の多くは心の底で思ってるに違いない。
たしか、長野で開催したスピードスケートの世界選手権を放送するところがなくて、そうなると海外への放送もなくなっちゃうらしく、ISUが緊急声明出したなんてことがあった記憶。
視聴率ばっか気にしてたら、ライブドアの拝金主義への批判にも説得力がないぞ。


そして、僕も改めていろんなスポーツ見るぞという気分。まあ、ほとんどテレビだけどさ。
とりあえず、スカパーで見れるのでアルペン勢の活躍に期待。まずは、こっちで日本人初優勝だっ。
あと、3月始めにBS1でウィンターXゲーム(スノーボードクロスとか)を放送するらしくて、楽しみだ。


No.765/トリノ雑記

スポンサーサイト

トリノ五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2006/02/27 (Mon) 【16日目】 おつかれちゃん

次はバンクーバーだ!
いや、ペキンがあるか。だいじょぶか?あの国で(笑)

でも、その前にドイツ! そして、世界バスケ!(今年日本でやるんだよ)、もひとつ、世界ノルディック(札幌で2007年)!


◆クロスカントリー (男子50kmフリー)
イタリアに最高のフィナーレ。

[金] ディ・チェンタ (ITA)
[銀] ディメンティエフ (RUS)
[銅] ボトビノフ (AUT)


蛯沢克仁:49位、駒村俊介:59位、成瀬野生:途中棄権



◆アイスホッケー (男子決勝)
 [金]スウェーデン 3-2 フィンランド[銀]

スウェーデンが2度目の金メダル。
ここまでの戦いぶりから見ればフィンランド有利かと思ったけど、なんか同じスカンジナビアの中でも相性というか精神的な力関係というもがあるのか、終始スウェーデンのペース。
フィンランドが先制しても、逆転された直後に追いついても、その流れは大きくは変わらなかった。
早すぎて見逃した第3P開始10秒のスウェーデンのゴールが、フィンランドには重くのしかかった。
スウェーデン アイスホッケーチーム


No.764/トリノ雑記

トリノ五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2006/02/26 (Sun) 【15日目】 皆川・・・

しばらく放心状態に陥った・・・。

-第2稿-

◆アルペン (男子スラローム/1回目)
皆川だったか~。
もしかしたら、佐々木に注目が集まってる分、気楽な皆川の方が来るのかなとも思ってたけど、3位とは!
横の「イチオシ」に名前載せといたかいがあった。
でもたぶん、経験したことのない巨大なプレッシャーとの戦いにもなるね。

そして、佐々木はもう2本目に迷う必要が無くなった。メダルかクラッシュか!

にしても、ロッカの転倒は衝撃的だったな。
アルペンはフィギュアとともに冬季五輪の人気競技だから、なんでもイタリアのメディアはとにかくロッカという感じだったそうだ。
重圧がでかすぎたんだろう。


◆アルペン (男子スラローム)
ただただ、脱力・・・。
まあ、残り2人で3位というところでかなりキツかったわけだけど、ライヒ、こけろよ~(笑)
でもアルペンでの4位って、他の競技のメダルに匹敵する快挙だと思う。

そして、湯浅もすごかった。2本目だけなら3位のタイム。今後が楽しみだ。
で、佐々木・・・。なんかトホホな終わり方だったな・・・。

[金] ライヒ (AUT)
[銀] ヘルブスト (AUT)
[銅] シェーンフェルダー (AUT)


皆川賢太郎:4位(入賞)
湯浅直樹:7位(入賞)

生田康宏:47位
佐々木明:途中棄権(2回目) 


皆川賢太郎


追記;
◆スピードスケート (女子5000m)
4連覇を狙ったペヒシュタインを、同走のヒューズが終盤に逆転し金メダル。
クラッセンは一大会史上最多、5個目のメダル。
日本勢はメダルなしに終わった。

[金] ヒューズ (CAN)
[銀] ペヒシュタイン (GER)
[銅] クラッセン (CAN)


石野枝里子:11位、田畑真紀:13位





No./762トリノ五輪雑記

トリノ五輪 | trackback(2) | comment(0) |


2006/02/25 (Sat) 【14日目】 もうすぐ終わりかあ

でも、絶妙のタイミングでJリーグが始まるな。

とりあえず、がんばった選手達のために僕ができるのは、TOTO買うことだな。 


◆クロスカントリー (女子30kmフリー)
チェパロワがリードする先頭グループからひとりふたりと脱落し、残り一周で10人ほどに。
そして、そこでコバルジクがスパートしたが失敗。チェパロワとノイマノバに追いつかれ最後のスプリント勝負になったが、この日スキーの滑りまくってたノイマノバが競り勝ち、初の金メダル。

[金] ノイマノバ (CZE)
[銀] チェパロワ (RUS)
[銅] コバルジク (POL)


曽根田千鶴:25位、横山寿美子:37位


ノイマノバ(左)。お子さんと。


◆アルペン (女子ジャイアントスラローム)
霧に加えて横なぐりの大雪にも見舞われたレース。
コステリッチが欠場、パーションも2本目に失速する中、1本目トップのマンキューソが逃げ切った。

[金] マンキューソ (USA)
[銀] プティアイネン (FIN)
[銅] オットソン (SWE)


広井法代:26位



◆スピードスケート (男子10000m)
同走のベルヘイエンの猛烈な追い上げを、猛烈なペースアップでかわしたヘドリック。凄まじかったな。
でも金メダルはデ・ヨンク。
前回は世界新を世界新で抜き返すなんてレースがあったけど、今回のスピードスケートはリンクの差とはいえちょっと地味だったな。

[金] デ・ヨンク (NED)
[銀] ヘドリック (USA)
[銅] ベルヘイエン (NED)



◆アイスホッケー (男子/準決勝)
 スウェーデン 7-3 チェコ

準決勝なんて舞台では珍しいかもしれない大味な試合だったな。
わずか30数秒でスウェーデンが先制し、合計10ゴールが乱れ飛んだ。

No.760/トリノ雑記

トリノ五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2006/02/24 (Fri) 【12&13日目】 荒川静香、金メダル

この数日、トリノなんか見てる場合じゃなくなってたけど、さすがにね。

【13日目】

◆フィギュアスケート (女子シングル/フリー)
オリンピックはこわい。まさかスルツカヤが転ぶとは!
荒川の金メダルが決まった瞬間も、歓声よりもスルツカヤが敗れたどよめきの印象が強かった。
前回はクワンがまさかって感じだったけど、今回の悲劇のヒロインはスルツカヤになってしまったな。あと、サーシャ・コーエンはやっぱりサーシャ・コーエンだった(笑)

にしても、荒川はスゴかったな。この極限の場面で優雅にのびのびと演技。自己ベストのポイントをマークしてしまった。
ここまでの日本選手は、負けるのは仕方ないにしても、自身のベストパフォーマンスを発揮できないケースばかりだったからなあ。

荒川か村主どっちかがメダルは獲れそうだなとはSP終わって思ったけど、言っちゃなんだがまさかの金メダル。
これで日本選手が、四大陸・世界ジュニア・グランプリファイナル・世界選手権につづいて、最後にして最大のタイトルも獲得したことになる。

心身ともに4回転ジャンプは元より、メダルを争う状態じゃなかった安藤も、結果的にはバンクーバーへの投資みたいになった感じ。


[金] 荒川静香
[銀] コーエン (USA)
[銅] スルツカヤ (RUS)


村主章枝:4位(入賞)
安藤美姫:15位


荒川静香のイナ・バウアー

スルツカヤが転んだ・・・

ゴールド・メダル



◆カーリング (女子決勝)
[金]スウェーデン 7-6(延長11エンド) スイス [銀]

調子を上げていた日本でも勝てなかったスウェーデンが初の金メダル。
強豪国って平均年齢高い感じで、要するに日本に足りなかったものの一つは経験なんだろう。

【12日目】

◆クロスカントリー (男子スプリント)
地元・ゾルジも決勝(4人)に残ったが、メダルに届かず。

[金] リンド (SWE)
[銀] ダラゴン (FRA)
[銅] フレドリクソン (SWE)


恩田祐一:準々決勝敗退(5組6位)、駒村俊介:予選敗退(43位)



◆クロスカントリー (女子スプリント)
クロフォードは、スピードスケートみたいな腕の振りを推進力に、下り坂で一気にスパートする作戦が的中し、金メダル。

[金] クロフォード (CAN)
[銀] クンツェル (GER)
[銅] シドコ (RUS)


夏見円:準々決勝敗退(3組4位)、福田修子:準々決勝敗退(5組5位)



◆アルペン (女子スラローム)
勝負の2回目はバーンやセットだけでなく霧との戦いにもなり、1回目14位の地元・コスタッツァのタイムが霧の影響でなかなか破れない。
ところが、上位選手のところでフッと晴れてしまったりした。
その中で、1回目トップのパーションが悲願の金メダル。
コステリッチは精彩を欠き4位に。

[金] パーション (SWE)
[銀] ホスプ (AUT)
[銅] シルト (AUT)


星瑞枝:27位、廣井法代 :29位、関塚真美:38位


パーション lives now !


◆アイスホッケー (男子/準々決勝)
 フィンランド 4-3 アメリカ
 ロシア 2-0 カナダ

前回決勝を戦った2チームが敗退。といっても、予選の様子から見れば順当といえたな。
他に、スウェーデン、チェコが準決勝進出。

No.759/トリノ雑記



トリノ五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2006/02/22 (Wed) 【11日目】だんだんと

放送スケジュールもゆるくなってきた。

-第2稿-

◆ノルディック複合 (個人スプリント)
ジャンプを終えてトップと54秒差の12位だったゴットバルトが、爆発的な走りであっという間にトップ集団をとらえると、もたもたしてたらアッカーマンやマンニネンが来ちまうよとばかりにスパート。
合計6個目にして、ついに個人初の金メダル。

[金] ゴットバルト (AUT)
[銀] モアン (NOR)
[銅] ヘティッヒ (GER)


高橋大斗:15位、小林範仁:18位、渡部暁斗:19位、畠山陽輔:22位



◆スピードスケート (男子1500m)
アメリカ勢を抑えて、地元イタリアのファブリスがイタリア個人初の金メダル。パシュートに続く2冠を達成。
5000mでも見せた驚異の最終ラップはデイビスをも上回った。
関係ないけど、鈴木健(日テレ)の実況、ウザかったなー。

[金] ファブリス (ITA)
[銀] デイビス (USA)
[銅] ヘドリック (USA)


杉森輝大:24位、今井裕介:34位、牛山貴広:35位、中嶋敬春:38位



フィギュアスケート (女子シングル/ショートプログラム)
浅田真央がいないことで興味半減の女子シングル。
いつぞやの古橋広之進の如く、浅田真央が同じ時間に滑ったら間違いなくそっちを見ただろうな。
というわけで、寝てしまって再放送で見た。
ネガティブな雰囲気をまき散らし、「千葉すず」への道まっしぐらといった感じだった安藤はやっぱり失敗。「戦メリ」がどうもフィギュアスケートとミスマッチなんだよな。
荒川と村主が好位置に。
トップはスルツカヤではなく、コーエンと聞いて驚く。

荒川静香:3位、村主章枝:4位、安藤美姫:8位


サーシャ・コーエン


No.754/トリノ雑記

トリノ五輪 | trackback(0) | comment(1) |


2006/02/21 (Tue) 【10日目】 佐々木明ですが・・・

残るメダルの期待選手なんて報道されてるけど・・・、ファンだけど、その可能性は本人も言ってるとおりにギャンブルに成功するほどのレベルで・・・。
あんまし、期待しすぎないようにね。


-第2稿-

◆カーリング (女子/予選)
 イタリア 4-6 日本{小野寺、林、本橋、目黒}
昨日の好調さはどこへやら、ショットに正確さを欠いて最下位のイタリアに苦戦。
第9エンドで逆転し損ない、最終第10エンドを不利な先行で迎える苦しい展開だったけど、最後の最後に小野寺がスーパーショット。
イタリアのスキッパーの最終ショットがミスになり、見事な逆転勝利。

◆アルペン (男子ジャイアントスラローム)
ついにオーストリア男子に金メダル。やっぱり、ライヒだった。
1回目5位からの逆転金メダル。
ボディ・ミラーはようやく2回目にらしい滑りを見せたけど、1回目のビハインドがでかすぎた。

[金] ライヒ (AUT)
[銀] シェナル (FRA)
[銅] マイヤー (AUT)


吉岡大輔:24位、佐々木明:途中棄権(1回目)



◆アルペン (女子スーパージャイアントスラローム)
トップにいたコステリッチを、シード最終滑走のドルフマイスターが上回り、2冠。

[金] ドルフマイスター (AUT)
[銀] コステリッチ (CRO)
[銅] マイスニッツァー (AUT)



◆ジャンプ (団体ラージヒル)
ラージヒルの金銀メダリストを擁するオーストリアが初の金メダル。
日本は、葛西と岡部が2本目に「これが最後だっ」とばかりの大ジャンプを見せたけど、6位どまり。

[金] オーストリア
[銀] フィンランド
[銅] ノルウェー


日本{伊東大貴、一戸剛、葛西紀明、岡部孝信}:6位(入賞) 



◆カーリング (女子/予選)
 日本{小野寺、林、本橋、目黒} 5-11 スイス
ジャンプの中継が終わって、すでに中盤戦に入ってたこの試合の中継が始まった途端に致命的な4点を奪われ5点差に。
何をどうやったら4点獲られるんだよ・・・と落胆しつつ寝てしまった。
まあ、結局はカナダが勝ったので、結果に関係なく敗退になったわけだが。
日本は7位。
チーム青森のみなさん


追記:
◆アイスホッケー (女子/決勝)
 [金]カナダ 4-1 スウェーデン[銀]

試合の意義さえ感じてしまうカナダの圧倒的金メダル。
バンクーバーで終わりかな?

No.753/トリノ雑記

トリノ五輪 | trackback(0) | comment(1) |


2006/02/20 (Mon) 【9日目】おいおいおい

今週チャンピオンズリーグじゃないか?

-第2稿-

◆クロスカントリー (男子40kmリレー)
強豪国が互いに牽制して大きな集団を形成したまま迎えた第3走。
終盤に地元・イタリアのピレル・コットレルがスパート。スウェーデンだけがなんとか食い下がったが、アンカーのゾルジが着実に差を広げてゆき独走。
大観衆の熱狂の中、金メダルのゴール。
不振のつづくノルウェーはここでもメダル取れず。


[金] イタリア
[銀] ドイツ
[銅] スウェーデン



◆アルペン (女子スーパージャイアントスラローム)
霧がでてきて延期。

◆カーリング (女子/予選)
 日本{小野寺、林、本橋、目黒} 10-5 イギリス
3点取ったあとに3点取られたところはおいおいって感じだったけど、9回に再び3点取って結着。踏みとどまって6位タイ。
関係ないけど、本橋麻理の検索が増えてる(笑)

◆スピードスケート (女子1000m)
500mではフライングで失格になってしまったティメルが長野以来の金メダル。

[金] ティメル (NED)
[銀] クラッセン (CAN)
[銅] フリージンガー (GER)


吉井小百合:15位、岡崎朋美:16位、田畑真紀:17位T、外ノ池亜希:17位T


ティメル

 
No.752/トリノ雑記

トリノ五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2006/02/19 (Sun) 【8日目】 カナダ、敗れる!

-第5稿-

◆カーリング (女子/予選)
 日本{小野寺歩、林弓枝、本橋麻理、目黒萌絵} 5-2 カナダ
優勝候補カナダに会心の勝利!
カナダのミスにも助けられたけど、それ以上に小野寺が今までの不振を取り戻すようにスーパーショットを連発してた。
この勢いを夜のスウェーデン戦につなげられるか?

◆アルペン (男子スーパージャイアントスラローム)
大雪の中の開催で、最初の方に滑った下位選手のタイムをこのまま誰も破れない雰囲気だったけど、さすがに中止。
最初からやり直しに。

◆クロスカントリー (女子20kmリレー)
第1走・福田が1位で第2走・石田にタッチする快挙。
ところが、石田がスイスの選手と交錯して痛恨の転倒。トップグループから遅れてしまった。
夏見もイマイチだったので、結果は大差なかったかもしれないけど、転倒なしでどこまで行けたか見たかったな。

[金] ロシア
[銀] ドイツ
[銅] イタリア


日本{福田修子、石田正子、横山寿美子、夏見円}:12位



◆アルペン (男子スーパージャイアントスラローム)
優勝候補の一角だったとはいえ、やっぱり驚いちゃうな。
オーモットが連覇を達成、五輪通算4個目の金メダル、合計8個目のメダルを獲得してしまった。
ヘルマン・マイヤーも惜しかった(0.13秒差)。でも、それだけオーモットが完璧だった。
ボディ・ミラーはまたも旗門に突っ込んでアウト。メダルなしに終わりそう。

[金] オーモット (NOR)
[銀] マイヤー (AUT)
[銅] ホフマン (SUI)


オーモット



◆スピードスケート (男子1000m)
シャニ・デイビスによる、黒人スピードスケート選手初のメダルは金色に。
これでアメリカは男子個人種目3連勝だぞ。

[金] デイビス (USA)
[銀] チーク (USA)
[銅] ベンネマルス (NED)


今井裕介:20、中嶋敬春:27位、牛山貴広:28位、長島圭一郎:32位


シャニー・デイビス


◆スキー・ジャンプ (個人ラージヒル/決勝)
1本目で1、2位につけたオーストア勢が、最後も140mジャンプの競演。
わずか0.1ポイント差でモルゲンシュテルンが逆転金メダル。

[金] モルゲンシュテルン (AUT)
[銀] コフラー (AUT)
[銅] ビステル (NOR)


岡部孝信:8位(入賞)
葛西紀明:12位、一戸剛:25位、伊東大貴:42位(1本目敗退)



◆カーリング (女子/予選)
 日本{小野寺、林、本橋、目黒} 7-8(延長11回) スウェーデン
調子が上がってきた時に、強豪と連戦が続くあたり巡り合わせも悪いな。
世界チャンピオン・スウェーデンの方がやはり一枚上手で、日本は崖っぷち。

追記:
◆アルペン (女子複合/後半・ダウンヒル)
やっぱり、コステリッチ。連覇。

[金] コステリッチ (CRO)
[銀] シルト (AUT)
[銅] パーション (SWE)



◆アイスホッケー (男子/予選ラウンド)
 B組 スイス 2-0 カナダ
スイスが守り勝って大波乱。
この日、アメリカもスロバキアに敗戦。NBAメンバーのアメリカが金メダルを逃したバスケ同様、アイスホッケーも強豪国とそれ以外の国の差が接近してきてるのかな。



No.749/トリノ雑記

トリノ五輪 | trackback(0) | comment(1) |


2006/02/18 (Sat) 【7日目】 ジャコベリス、やってもた

-第2稿-

◆アルペン (女子複合/前半・ダウンヒル)
強風のために開始時間を遅らせ、スタート地点をスーパーGの位置に下げて開始したものの、最初の滑走者の転倒を見て中止。
夜のスラロームを「前半」として行うことになった。

◆スノーボード (女子スノーボードクロス)
女子も劇的だったな~。
独走して金メダルへはあとはゴールするだけだったジャコベリスが、ゴール直前のキック(と言うらしい)で余裕でエアーなんか見せたのがバカだった。
着地に失敗して転倒したその横を、フリーデンが抜き去って大逆転金メダル。
こんなことが五輪の決勝で起こるんだな。

藤森も大健闘。
正直遅いんだけど、準々決勝ではそれが幸運をもたらし、2位争いの選手のクラッシュで痛快な逆転2位。
準決勝に進出して、結局7位に入賞したのだった。

[金] フリーデン (SUI)
[銀] ジャコベリス (USA)
[銅] マルタ (CAN)


藤森由香:7位(入賞、5-8位決定戦3位) 


ジャコベリス、こける


◆クロスカントリー (男子15kmクラシカル)
ベールパルが連覇。
・・・ってなことより、おなじみケニヤのホイトのほかにも、そのホイトに触発されて競技を始めたというタイの49歳・ナグジャバラとか、五輪ならではの選手がたくさん(笑)
冬季五輪の中では始めやすい競技なんだろな。

[金] ベールパル (SUI)
[銀] バウアー (CZE)
[銅] アンゲラー (GER)


成瀬野生:42位
蛯沢克仁:43位
 



◆スキー・ジャンプ (個人ラージヒル/予選)
注目の原田はメンバーに入れず。
3選手とも決勝進出。岡部孝信はシード。
葛西はノーマルヒルでも予選は良かったんだよなあ。

葛西紀明:1位(決勝進出)
伊東大貴:6位(決勝進出)
一戸剛:18位(決勝進出)



◆アルペン (女子複合/前半・スラローム)
急遽前半になったスラローム。ダウンヒルは明日やるようだ。
うとうとしてしまい、2本目最後のシルト(AUT)がゴールしたところでちょうど目が覚めた(笑)
予想通り、コステリッチ(CRO)、パーション(SWE)、とシルトらオーストリア勢が上位を占めた。

◆アイスホッケー (女子/準決勝)
 スウェーデン 3-2(GWS2-0) アメリカ

2点のビハインドを第2Pで追いついたスウェーデン。特に2点目は1人少ない「ショートハンド」の状況だっただけに、大きかったな。
その後のアメリカの猛攻も、GKマルティンが大活躍。いくつセーブしたんだろ?アメリカの決定力不足にも助けられてたけど。
4分連続のパワープレーなんかもあったけど、アメリカはついに生かせず、逆に第3Pは攻め疲れした感じだった。
結局延長でも決着せず、勝負はゲームウィンニングショットにもつれこんだが、スウェーデンに傾いていたゲームの流れは変わらず。
3人目ウィンベリに続いて4人目ロートが決めたスウェーデンが、初の決勝進出となる波乱を起こした。

追記:
◆スケルトン (男子)
今回のコースでスケルトンは怖かったろうな~。
41歳・越の悲願はならず。

関係ないけど、国際組織としてはスケルトンはボブスレーと同じ組織になってて、リュージュはまた別の組織だと、調べて知った。

[金] ギブソン (CAN)
[銀] ペイン (CAN)
[銅] シュテーリ (SUI)


越和宏:11位
稲田勝:18位



No.748/トリノ雑記

トリノ五輪 | trackback(0) | comment(1) |


| TOP | next >>

PROFILE

ペンギンジャンプ

CALENDER

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ENTRIES

ONGAKU

ビョーク 「ポスト」 ドアーズ 「ウィンタータイム・ラヴ」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ 「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」 電気グルーヴ 「虹」
ビートルズ 「リボルバー」 チャラ  「あたしはここよ」
カヒミ・カリィ 「アイ・アム・ア・キトゥン」 ジミ・ヘンドリックス 「ブードゥー・チャイルド(スライト・リターン)」
ルー・リード 「トランスフォーマー」 椎名林檎 「無罪モラトリアム」
吉川晃司 「モダン・タイム」 矢野顕子 「峠のわが家」

[アーカイブス]
…けっこうな動画集になってしまった
    

Twilog

    

CATEGORY

ARCHIVES

SouthAfrica2010

   

EURO2008

予備サイト
[ENTER]

GERMANY2006

折角なのでしばらく残しとこ。



DENTAKU

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

Gallery

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

FC2カウンター

OTENKI

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。