前橋のほどよい郊外//興味のままに・・・で、チャンピオンズリーグ、Jリーグ、リーガ・エスパニョーラ・・・サッカー多し
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/06/25 (Wed) 日本代表:玉砕

-2014FIFAワールドカップ ブラジル- (グループステージC組)
(6/24) @クリチーバ[エスタジオ・パンテナル]
日本 1-4 コロンビア
【得】17クアドラード、45+岡崎慎司、55,82ジャクソン・マルティネス、90ハメス・ロドリゲス

元々コロンビアには太刀打ちできないと予想されたからこそ、その前の2試合、特に初戦が重要だと言われてたわけで。
ただ、8人も先発を入れ替えてきたと聞いてかすかに希望がわく。
とにかく、なんでもいいから1勝して欲しかった。

立ち上がりから無謀なほどガンガン前から行く日本。
前の2試合と違って湿度の低い気候。やはり調整の失敗、つまり合宿地の選定失敗が疑われた。
もちろん、不完全燃焼の2試合を経ての鬱憤晴らしというか、悔いのないよう思いっきりという選手のメンタルも作用したろう。

ただ、やはり余裕がない。
アタッキングサードのパスが雑でエリア内でシュートを打つところまではいけず。
逆に不用意なパスミスから一気にカウンターを浴びる。
結局それが失点に結びついてしまった。

ギリシャ先制の報に、あーあもったいない。

しかし前半ロスタイム、本田のクロスを岡崎が渾身の同点ヘッド。
一気に希望がわく。

が、それも後半からのハメス投入でしぼんでしまった。
防戦一方となり、再び失点。
日本はまずハメス対策に山口を投入せざるを得なくなった。

あとはもう、日本の攻勢が実るかコロンビアのカウンターが決まるかの勝負だったが。
仕方ないといえば仕方ないけど、ポゼッションサッカーするにはあれを防ぐ能力がGKとCBに必要だ。
積極的な守備ができなかったと言われるコートジボワール戦もこうなった可能性があったとう。

GKモンドラゴンの投入まで2006年とダブりやがる。

というわけで終わった。

取られた以上に取ればいいなんてスタイルのチームが成功した例を見たことがないので、こうなることも半ば予想してたが、それでもやはりこたえる。
8年ぶりの感覚だ。

(日本)

大久保嘉人
香川真司    本田圭佑    岡崎慎司
長谷部誠   青山敏弘
長友佑都  今野泰幸  吉田麻也  内田篤人
|川島永嗣|

62/青山敏弘⇒山口蛍
69/岡崎慎司⇒柿谷曜一朗
85/香川真司⇒清武弘嗣

(コロンビア)

A・ラモス
J・マルティネス        クアドラード
キンテーロ   グアリン
メヒア
アルメロ  バランタ  バルデス  アリアス
|オスピナ|

46/クアドラード⇒ハメス・ロドリゲス、キンテーロ⇒カルボネーロ
85/オスピナ⇒モンドラゴン



■順位
1 (9) コロンビア
2 (4) ギリシャ
3 (4) コートジボワール
4 (1) 日本

スポンサーサイト

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2014/06/15 (Sun) 日本代表:コートジボワールは強かった

-2014FIFAワールドカップ ブラジル (グループステージ C組)-
(6/14) @レシフェ[アレーナ・ペルナンブーコ]
コートジボワール 2ー1 日本
【得】16本田圭佑、64ボニー、66ジェルヴィ-ニョ  

まず天候が大雨と聞いて嫌な予感がしたのだ。
実際のピッチは水が浮いてる様子はなかったが、多少は重馬場になって日本選手の体力消耗を誘ってなかったか。
多湿の状況は日本に有利に働くはずだったが、結局前半ですでに体力を奪われた日本の方が参ってしまったようだった。

その、日本が体力を奪われた原因とされたのが守備だった。
積極的な前からの守備を止めて、自陣にリトリートして行うブロック守備をこの試合ではやったが、コンビネーション不足で機能せず、逆に相手のボールを追わされるハメになってしまい消耗したということだ。
ただ、直前のコスタリカ戦やザンビア戦でプレスをかわされる場面があり、その2ヶ国以上のタレントがいるコートジボワール相手に無闇にプレス行く危険を鑑みちゃったんだろう。
それもリードしてて、フツーなら無理する必要な状況だったし。

なんとか前半を1点リードで終え迎えた後半早々は数少ない日本の時間帯だったが、ラストパスがどうにも精度を欠きチャンスにならない。
すると、日本はここで遠藤を投入してしまう。
うーん、うまく行ってるところで切り札を使う必要はあったのか。
まあ負傷明け長谷部のリミットもあっただろうし、1点を守りきる守備力のない日本だからここで1点欲しかったのも確かだが。

さらに大久保も投入しようとしたところで、コートジボワールが満を持して動く。
ドログバがピッチ脇に現れただけで沸き起こる大歓声に、2度目の嫌な予感。
そしてそれは的中してしまった。

オーリエのクロスをボニーにヘッドで決められ同点。
ドログバの存在がコートジボワールの意志を統一させ、一方日本を怯ませたのは確かだが、元を辿ると日本のカウンター失敗だった。
香川と本田の距離が近すぎて短いパスを奪われたところからで、香川が真ん中にいるのだから右サイドバックは当然フリー。
そして懸命に左サイドをカバーしてた長谷部もいなくなり、狙いすましたクロスを送られてしまった。

そして、その修正もできないうちに立て続けにやられてしまう。
またもオーリエからのクロスから。
香川、フリーなのに気づけーと思ってるうちにやられてしまった。

2006年のオーストラリア戦を思い出すあっという間の逆転劇。
ただ今回は時間がたっぷり残っていたのだが、すでに日本には反撃する余力は少なかった。
大久保投入も柿谷投入も効果なく、誰がどこのポジションに入るのか混乱する場面も。
パスがつながらないんだから、単独突破できる斎藤の方が面白かった気がするが、直前のテストマッチでは期待されてない感じだったな。
結局最後は放棄したはずのパワープレーまで使い、それなら豊田選んでおけよという総ツッコミを受けながらの敗戦。
ベスト16進出はかなり厳しくなったな。

というか、コートジボワールフツーに強いじゃないか。
なんだったんだ、守備が弱いとかいうTV報道は。
それにしても、コートジボワールは日本のストロングポイント香川~長友サイドを封じる対策を施していたらしい。
日本の方は何か対コートジボワール対策やったんだろうか。
まさか「自分たちのサッカーをやる」だけじゃなかったと信じたいが。

なんだか選手達も僕も含めたサッカーファン、全国津々浦々でPVを行っていた日本人みんなが意気消沈してるような印象だが、それにしても本田の先制ゴールは凄かったな。
あのゴールがあっただけで、2006年とは違い、この試合を記憶から抹消することはできないと思えるゴールだった。

(コートジボワール)

ボニー
カルー    Y・トゥレ ジェルヴィ-ニョ
ディエ    ティオテ
ボカ    ゾコラ   K・トゥレ  オーリエ
|バリー|

62/ディエ→ドログバ
75/ボカ→ジャクパ
78/ボニー→ヤ=コナン

(日本)

大迫勇也
香川真司    本田圭佑    岡崎慎司
長谷部誠   山口蛍
長友佑都  森重真人  吉田麻也  内田篤人
|川島永嗣|

54/長谷部誠→遠藤保仁
67/大迫勇也→大久保嘉人
86/香川真司→柿谷曜一朗



日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/26 (Thu) なでしこ:順調なスタート

-ロンドン五輪 女子サッカー・1次リーグF組-
(7/25) @コヴェントリー[リコー・アリーナ]
日本 2-1 カナダ
【得】33'川澄奈穂美、44'宮間あや、55'タンクレディ

この前のワールドカップも初戦は実は苦戦したし、北京五輪に至ってはなんとか追いついてのドローと、初戦の苦戦は見越して観戦したので、前半ですんなり2点リードできたのは逆に拍子抜けだったな。
澤の浮き球⇒大野ヒールからの川澄の先制弾は鮮やか。

それでもやっぱり初戦は難しくなるものなのか、後半早々3点目を決め損なうと、逆に1点返されてしまったが、まあその後はほぼ危なげなく逃げ切って勝利。
順調に3ポイントをゲットした。

なでしこは大野をFW、川澄を左ハーフ、宮間を右ハーフに移動させてきて、一応成功したけど、宮間がイマイチだったのもそのせいかな。




(なでしこ)

大儀見優季   大野忍
川澄奈穂美               宮間あや
 澤穂希    阪口夢穂
鮫島彩   熊谷紗希   岩清水梓   近賀ゆかり 
|福元美穂|

63/大野忍⇒安藤梢

(カナダ)

タンクレディ    シンクレア
カイル                  マテソン
シュミット   スコット
セッセルマン モスカート チャプマン ウィルキンソン
|マクロード|

69/セッセルマン⇒ステュワート
70/ウィルキンソン⇒ゲイル
75/カイル⇒パーカー



日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2012/02/29 (Wed) 日本代表:消化試合だろ

-2012ワールドカップ アジア3次予選-
(2/29) @豊田[豊田スタジアム]
日本 0-1 ウズベキスタン


(日本)

ハーフナー・マイク
岡崎慎司    香川真司    藤本淳吾
遠藤保仁   長谷部誠
長友佑都  今野泰幸  吉田麻也  内田篤人
|川島永嗣|

60/藤本淳吾⇒乾貴士
66/ハーフナー・マイク⇒李忠成
84/長友佑都⇒駒野友一

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2012/02/25 (Sat) 日本代表:2012年始動

(2/24) @大阪[長居スタジアム]
日本 3-1 アイスランド
【得】2'前田遼一、53'藤本淳吾、79'槙野智章、90+3'スマウラソン

(日本)

前田遼一
大久保嘉人   柏木陽介    藤本淳吾
増田誓志   遠藤保仁
槙野智章  栗原勇蔵  今野泰幸  駒野友一
|西川周作|

(アイスランド)



||



日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2012/02/23 (Thu) U23代表:首位奪回

-ロンドン五輪 男子サッカー・アジア最終予選-
(2/22) @クアラルンプール[ブキット・ジャリル・ナショナル・スタジアム]
U23マレーシア 0-4 U23日本
【得】33'酒井宏樹、44'大迫勇也、55'原口元気、60'齋藤学


(日本)

大迫勇也
原口元気     東慶悟      齋藤学
扇原貴宏   山口蛍
比嘉祐介  濱田水輝  鈴木大輔  酒井宏樹
|権田修一|

59/大迫勇也⇒永井謙佑
70/扇原貴宏⇒山村和也
83/原口元気⇒杉本健勇

日本代表 | trackback(0) | comment(0) |


2011/11/16 (Wed) 日本代表:ザッケローニ態勢初黒星

(11/15) @平壌[キム・イルソン・スタジアム]
北朝鮮 1-0 日本


日本代表 | trackback(0) |


2011/11/12 (Sat) 日本代表:3次予選通過

(11/11) @タシケント[ドゥシャンベ・セントラル・スタジアム]
タジキスタン 0-4 日本
【得】36'今野泰幸、61',90+2'岡崎慎司、82'前田遼一


(タジキスタン)

マフムドフ    サイドフ
ダブロノフ
D・バシエフ            ジャリロフ
ラビモフ
ラジャボフ  F・バシエフ サバンクロフ エルガシェフ
|トゥイチェフ|

57/ジャリロフ⇒ファトフロエフ
67/サイドフ⇒カムラクロフ
69/ラビモフ⇒サディコフ

(Samurai Blue)

ハーフナー・マイク
香川真司    中村憲剛    岡崎慎司
遠藤保仁   長谷部誠
駒野友一  今野泰幸  吉田麻也  内田篤人
|川島永嗣|

56/ハーフナー・マイク⇒前田遼一
86/中村憲剛⇒清武弘嗣
88/内田篤人⇒伊野波雅彦








日本代表 | trackback(0) |


2011/10/12 (Wed) 日本代表:タジクに爆勝

-2014FIFAワールドカップ アジア3次予選-
(10/11) @大阪[長居スタジアム]
日本 8-0 タジキスタン
【得】11',47'ハーフナー・マイク、19',74'岡崎慎司、35'駒野友一、41',68'香川真司、56'中村憲剛

終わってみれば、ベトナムの方が強かったじゃないかと苦笑してしまう圧勝。
ハーフナーの初先発初ゴールに始まり、駒野の代表初ゴール、この日の攻撃をリードした憲剛のゴール、そして不振だ不振だと煽られてた香川にもゴールが生まれた。

あまりにタジキスタンが緩すぎたので、懸案のポジションで活躍したハーフナーや憲剛の評価も保留だなあ。

(Samurai Japan)

ハーフナー・マイク
香川真司    中村憲剛    岡崎慎司
遠藤保仁   長谷部誠
長友佑都  今野泰幸  吉田麻也  駒野友一
|川島永嗣|

49/ハーフナー・マイク⇒李忠成
62/長谷部誠⇒細貝萌
77/岡崎慎司⇒藤本淳吾

(タジキスタン)

サイドフ
ジャリロフ マフムドフ サディコフ ファトフロエフ
ダブロノフ
サブロフ  サバンクロフ  エルガシェフ ラジャボフ
|トゥイチェフ|

39/ファトフロエフ⇒バシエフ
67/マフムドフ⇒ラビモフ
80/サイドフ⇒チョリエフ




No.2588/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) |


2011/10/08 (Sat) 日本代表:テスト不調

-キリンチャレンジ・カップ2011-
(10/7) @神戸[ホームズ・スタジアム神戸] 
日本 1-0 ベトナム

(Samurai Blue)

李忠成
香川真司          藤本淳吾
長友佑都   長谷部誠  細貝萌    駒野友一
槙野智章   今野泰幸  伊野波雅彦
|西川周作|

(ベトナム)



||




No.2585/サッカー雑記

日本代表 | trackback(0) |


| TOP | next >>

PROFILE

ペンギンジャンプ

CALENDER

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ENTRIES

ONGAKU

ビョーク 「ポスト」 ドアーズ 「ウィンタータイム・ラヴ」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ 「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」 電気グルーヴ 「虹」
ビートルズ 「リボルバー」 チャラ  「あたしはここよ」
カヒミ・カリィ 「アイ・アム・ア・キトゥン」 ジミ・ヘンドリックス 「ブードゥー・チャイルド(スライト・リターン)」
ルー・リード 「トランスフォーマー」 椎名林檎 「無罪モラトリアム」
吉川晃司 「モダン・タイム」 矢野顕子 「峠のわが家」

[アーカイブス]
…けっこうな動画集になってしまった
    

Twilog

    

CATEGORY

ARCHIVES

SouthAfrica2010

   

EURO2008

予備サイト
[ENTER]

GERMANY2006

折角なのでしばらく残しとこ。



DENTAKU

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

Gallery

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

FC2カウンター

OTENKI

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。